love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

「ルリユール」~~読書感想文です。

2017-06-09 | 本と雑誌

心が疲れている人にお薦めしたい本です~~♪

「ルリユール」 村山 早紀 著



「ルリユール」とは、フランス語で製本とか装丁の意味です。
特に、職人が手作業でつくる工芸品としての装丁やその技術のことをいうそうです。

この本に登場するルリユール職人は、どんなに傷んだ本でも元通りにできるという女性です。
ぼろぼろになった本を、魔法のような技で綴りなおす彼女。
依頼人の心をも修復しているんでしょう・・・。


< おばあちゃんの住む町で、夏休みを過ごすことになった一人の少女。
不思議な夢に導かれて訪れた洋館で、ルリユール職人の女性と出会います。
もともと本が大好きだった少女は、その技術に魅了され、「自分も誰かのためにステキな本を作ってみたい」と思い、技術の教えを願うのです。

優しい両親や姉と暮す少女ですが、本当の母は別にいたのです。今のお母さんのお姉さん・・・、
小さい頃から少女にとっては、叔母さんという存在でした。その叔母さんが遠いトルコで亡くなったため、この夏は新盆なんです。おばあちゃんや家族で叔母さんの魂を迎えるためにおばあちゃんの住む町に来た少女が、ステキな経験をする物語~~。

とにかく、ロマンチック~~♪
登場する人たちが、全員優しい~~♪
ファンタジーの世界が満ちあふれている物語~~♪

私たちは、日々生きている中で、様々なことにぶつかり、時には心も身体も疲れてしまうことがあります。そんなときに、この本を読むと、心も修復されて「生きているってステキだな~~♪」「こんなことが本当にあるかもしれない」「信じたい」と、癒されること間違いなし!

村山 早紀 さんの他の本の中で、
「コンビニ たそがれ堂」シリーズがありますが、こちらも楽しい~~♪

本当に欲しいものがある人だけがたどりつける、不思議なコンビニのお話。
「この世で売っているすべてのものが並んでいる。この世には売っていないはずのものまでが並んでいる」~~大事な探し物のある優しい人だけが見つけることができるコンビニ~~~、
面白い設定に拍手!

こちらは二冊読みましたので、またそのうちUPします(笑)
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理出席でした~~(苦笑) | トップ | 季節の変化を知らせてくれる... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「読書」! (MARINE)
2017-06-09 20:49:36
よく読書をされていますが,
目は大丈夫なのでしょうか?

私は年齢の関係上,だいぶ前から読書が辛いです。

6/4にひょんなことから文庫本を入手しました。
外国の古典的な推理小説でした。
6/5の夜から読み始め,6/6の夜に読み切りました。
裸眼で読めました。
眼内レンズ~~ (harusan)
2017-06-09 21:25:58
>MARINEさん、
20年ほど前に「網膜はく離」になり手術しました。
その時に「手元に焦点を合わせる眼内レンズ」にしましたので、本を読んだり書き物をしたりはまったく問題ありません。
軽い近視と同じ状態ですので、外出時は度の軽いメガネはかけています。

面白い本だと一気に読み続けてしまいますね~~♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL