love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

夢・・・願えば必ずかなうもの

2002-07-25 | インポート
カナダの一少年の願いでアフリカ・ウガンダに井戸ができ、多くの人達が救われたというお話しをテレビで見ました。

アフリカの人達が、きれいな水が飲めないために病気になり多くの命を失っている、という事を学校で学んだライアン少年は「いくらあったら井戸ができるの?」と先生にたずねました。
「70ドル位かな」という先生の言葉に、家のお手伝いをしてお金を貯めたのです。でもそんな金額ではポンプくらいしか買えないことが分かり途方に暮れました。しかし、彼はあきらめません。それまで以上にお手伝いに励んだのです。
そんな彼の様子に両親も「よい方法はないか」と友人に相談しました。
彼の思いが通じたのか、NGOの協力が得られたり、マスコミが取り上げてくれたり、ライアン少年自身が、あちこちで話しをしたりすることで、「アフリカに井戸を作る、ライアン・プロジェクト」の輪がカナダ中に広がっていったのです。
多くの寄付が集まり、40000カナダドルもの金額になりました。

そしてウガンダのある小学校の近くに井戸が作られたのです。

クリスマスに、隣人ご夫妻から「アフリカ行きのチケット」をプレゼントされたライアンは、大喜び。
一度「ライアンの井戸」と名が付けられて
た井戸を見たかったのです。

ウガンダで「井戸のポンプを押し、水を飲むライアン」・・・
映像を見ていて涙がでました。
小さな少年が「困っている人を助けたい」という純粋な思いが多くの人達を動かしたのです。

彼は言いました。
「夢は・・・願えば必ずかないます。世界中の人達が助け合えばどんなことでもできるのです」と・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祭り・・・も近く

2002-07-25 | インポート
町の中を歩くと、それぞれの家の前や通りにつるされた「祭り用のちょうちん」が今週になって急に増えました。夜になると太鼓の練習の音も聞こえます。
今度の土・日は私の町で「貴船まつり」が行なわれるのです。

国の重要無形民俗文化財にも指定されていて、宮城県・塩釜神社と広島県・厳島神社の祭りと並び「日本三大船まつり」の一つでもあります。
その歴史は古く、17世紀中頃に始まった「恩返しのまつり」と言い伝えられてきました。

町の生活基盤であった、漁業や海運業、石材業界における大漁や安全の祈願とともに、日常の安泰や活動の営みへの大いなる加護に深い感謝の心をこめての祭りだったのです。
そのため、それらの業種別に祭りの「役割」を分担していました。
この祭りの特色は、なんといっても「神輿」が海上渡御により村里にお出ましになるという船祭りであることです。

「小早船(こばやぶね)」
神輿の海上渡御のさいの花形といえる船です。
長さは12~3m、船体に細長い屋形が組みたてられ、前後左右を色とりどりの装飾で隙間なく飾りたて、船底には土俵を積んで重心を下げ船の転覆を防ぎます。
舳には舳乗り(世襲制で格式が高く、陣笠、袴姿に脇差をさし監視の役割をします)が座っています。
海上渡御の神事での見所は、船体を大きく揺さぶりながら方向を変える姿です。船の復元力の保持や組みたてられた屋形の安全性及び進水、操船の方法などに習熟した技術が要求されます。

「鹿島踊り(かしまおどり)」
悪疫退散と大漁や海上安全を祈願しての踊りです。そろいの浴衣姿に3色の色帯、揃いの手甲というあでやかな女装です。
昔は、漁業関係者の受持ちでしたが、今は、町内の小・中学生の有志が踊っています。
真夏の炎天下、真摯に踊る彼等の姿には頭が下がります。

「櫂伝馬(かいでんま)」
海上渡御にあたり、神輿船・小早船2隻・囃子船2隻の計5隻の船を曳航する2隻の手漕ぎの大型伝馬船です。曳航には相当の力を必要とし、航行の途中からは競漕も行なわれます。
この伝馬船の操作こそ海に生きる人々の必須の技術であったわけです。
石材関係者の役割でした。

「花山車(はなだし)」
18cm角の柱の上部に造花で飾りたてた笠の型を取りつけた万燈で、高さ約3m、重さは60kgにもなります。
石船関係者が担当し、日常の仕事を通じて養われた腕力を披露する「力くらべ」でした。

「真鶴ばやし」
海に陸に貴船まつりをにぎやかに盛り上げる「はやし」は「江戸神田はやし」の流れをくむともいわれていますが、起源は定かでないそうです。昔は、商店関係や若人衆が担っていましたが、今は「保存会」が伝統の継承に務めています。

毎年7月27日・28日の両日、勇壮・華麗に繰り広げられる祭りには、多くの観光客が訪れます。
就職や結婚で町を出た人達も、お盆よりこの時を楽しみに帰ってくる事の方が多いのです。
我が家も、外国人の方を含め、兄、妹家族が来ます。大勢でワイワイ楽しい時間がすごせるでしょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加