love

神奈川の西に位置する「小さな町」で暮らす私。
日々の生活の中で、見たこと、感じたこと、思ったことを綴っていきます。

夏・・・バケイション

2002-07-18 | インポート
大阪に住むアメリカ人の男性からメールが届きました。
「この夏、日本語の練習のためにホームステイをしたい。受け入れてもらえるか」という内容でした。
彼はJET programme のメンバーとして来日。中学校で英語を教えているそうです。
「神戸のaiej satelite office で私のe-mailを教えられた」と書いてありました。
「ホームステイ受け入れ家庭」として神奈川県や、全国の交際交流団体名簿に載っているためのようです。

彼が希望してきた日程には、すでにイギリス人と日本人の家族の来宅の予定が入ってしまっていましたので、「計画を変更してみて」と返事をしました。
できるだけ希望は受けて上げたいのですが、小さな家ですので、2部屋しか提供できません。
女性同志、男性同志というのでしたら同じ部屋に泊まっていただくこともしますが・・・
とにかく、次のメールを待ちましょう。

カナダ人の友人は、今度の日曜日からタイへ行くそうです。なんと6週間です!
ビーチの近くのコンドミニアムを借りてのバカンスを楽しむのだとか。うらやましいですね。

アメリカ人の友人は、函館に3週間滞在予定だそうです。「イカイカ祭り」に参加したいって楽しそうに話していました。

日本語のレッスンをしている方達も、それぞれ
の国に1ヶ月程帰り、家族とひさしぶりにすごすのだと喜んでいました。

外国人の方達は、「休暇」を「心から楽しむ」ようにしていることが良く分かります。
「働く」ことと「バケイション」のバランスの取り方・・・感心するばかりです。
日本人の習慣にはないものですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加