気まぐれ日記

高3の長男・中1の次男…の母である私の日常。
愛犬グレース17歳1ヶ月と27日で虹の橋へ…
愛犬クレアの育犬に奮闘中

ねずみ騒動

2017-07-23 22:45:09 | Weblog
もうかれこれ1ヶ月半以上たつのですが、あれは6月初め頃。
あるときは天井からバタバタと足音。ん?泥棒??
あるときは壁をガリガリする音。・・・あきらかに何か動物だよね!?

我が家は借家でして、築18年でそこまで古くもなく、しかも木造ではないので何か動物が天井裏に入ってくるなんて思いもしないことでした。おかしいな、ほんとかな?と思いながらも2週間くらい様子見。ネットで検索すると、ハクビシンかイタチかネズミか・・・というところ。家の中で遭遇することはないとはいえ、やっぱり衛生的にも気になり、ネットで調べたねずみ駆除業者に依頼すると、当日すぐに来てくれることに。(ここまでは本当に順調でした。)立ち会って、みてもらおうにも、天井裏を見られる場所がユニットバスの天井のところしかなく・・・そこからみていただいて、天井裏にいるのはねずみとわかりました。(フンと足跡が決め手。)ところが、侵入口がどこかわからない。おまけに賃貸住宅。業者さんいわく、大家さんから連絡をもらわなくてはならないことと、侵入口がわからない以上、せっかくお金をかけて駆除してもまた戻ってきてしまうかもしれないとの話。このときは、空き室になっている1階部分は鍵がないので見ることはなかったのですが、ひとまずそれで引き上げて終了。

さっそく大家さんに連絡をとって、ねずみが天井裏にいること、おおまかな駆除料金を伝えると、そんなに高いの~?と駆除を渋る大家さんとしてあるまじき回答。ちょっとちょっと~、だからといって放置していいわけないでしょ。貸してる家がねずみに破壊されちゃうかもしれないんだから。(でもうちの大家さん、こういうこと言いそうな人なのよね。)

夜中になるとねずみの声や足音、ガリガリ音が怖くて、なんだか眠れない日々・・・(私以外はみんな普通に爆睡していて、すごいな~と思ったけど

このままでは困るので、電話でなくFAXで、とにかく現状と、もしもこのままならもうここには住めない旨伝えました。ちょうどもうすぐ更新時期ということもあったし、何もしてくれないなら即引越しをと思い、物件探しも平行してはじめました。(まぁ、そうはいってもコーが受験生だし、できれば今年は引越しは避けたいと思っていましたが。)その夜、夫に電話してもらうと、FAXの内容がきいたのか、はたまた考えを改めたのか、ねずみ駆除に前向きな回答。とりあえずこちらで調べた2社に見積もりをとってもらうこと、1階の鍵を借りて1階も含め建物ごとみてもらうこと・・・になりました。

ところが、今度の2社は連絡当日に来てくれない業者さんで、1週間10日くらいが経ちやっと1社目の方が。そこに至るまでも夜中のねずみのガリガリ音に怯え、正直もうどこでもいいから引っ越したいくらいの気持ちになっていた私、心待ちにしていた駆除業者の方に聞きたいこともたくさんあったのですが、この1社目の方がまぁ~期待ハズレ。初老のおじいちゃんって感じの人が一人できて、どんな状況か聞いてはくるものの、天井裏すらまったく見ない。1階の天井点検口も床下も全然見ない。「はぁ~、わかりました~。見積もりあとで送ります」だけ言って、あっという間に帰っていきました。ものすごくがっかりして意気消沈。絶対あの業者にだけは頼みたくない。そもそも駆除できそうな気がしない・・・
更にその3日後、2社目の業者さんが、今度は2人組でおそろいの作業着で来てくれました。天井裏や、1階の点検口、床下、建物の表などみてもらい、侵入口になっているのはおそらく1階床下の配水管のところ・・・とのこと。フンのサイズから、おそらくクマネズミで、数はそこまでたくさんはいなさそうな感じとのことでした。

大家さんに見積もりを送るとのことだったので、大家さんからの連絡を待っていたのですがいっこうに連絡なし。結局それからさらに1週間程たって、こちらから連絡してやっと業者へ依頼した旨伝えられました。(見積もり金額を値切っていたらしい)でも実際来てくれるのはそこからさらに1週間以上先のこと。その間、天井裏でバルサンを焚いてみたり、お香を焚いてみたりして、最初の数日はそれでもちょっとはねずみがおとなしくなったのだけど、それで何でもないことがわかると、再び騒ぎ出す

で、先週の火曜日、やっとや~っと業者さんが来て、侵入口と思われるところ2箇所を塞ぎ、天井裏に粘着シートと毒餌をしかけてもらったわけですが、その作業をしてもらった夜、粘着シートをしかけていない壁のあたりでねずみのガリガリ音その翌日からはねずみと思われる音はしないけど・・・じゃぁ、あのときのねずみは何処へ・・・!?どこかで死なれてもいやだし、かといって他にも侵入口があるのにわかっていないんだとすると、いたちごっこになる可能性があり、やっぱり不安は残っています。今週木曜に再び業者さんが来る予定だけど、果たしてどういう判断になるのか・・・。

すっかり音に敏感になってしまったせいなのか、夜中になるとまだ時々ねずみの音がするようなときもあるし、おまけに今回ねずみの駆除業者さんに入ってもらったおかげで、この建物の床下に水がたまって池状になっている=欠陥住宅であることがわかったし、正直ちょっとモヤモヤしております。ひとまず今後2年は更新してここに住むけど、その先は引越しも考えざるを得ないかなとも思っていて。こういうことでなければ、ここにずっと住むつもりでいたし、引越しなんて面倒だしお金かかるしイヤなんだけど・・・。うちは2階より上の階のみを使っているので床下の水にはまったく気づかなかったけど、大家さんいわく、この建物を建てた当初からそういう状態で定期的に水を抜いていたらしい。(ホントかな~!?)どっちにしてもそういうことになってると、建物も傷みやすくなるだろうし、気のせいか電車が通ったときなど、以前より揺れを感じるような・・・

ねずみ騒動が完全に解決したわけではないけれど、とにかく、もう二度と天井を住まいにしないでほしいなと願うばかりです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体調不良頻発中 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む