激安dvd販売店

http://www.sbsdvd.com/

森山良子「ムッシュらしい一生」かまやつさん偲ぶ

2017-03-07 13:45:40 | 日記
歌手森山良子(69)が6日、月曜日パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC 10」で、1日に膵臓(すいぞう)がんで死去した歌手ムッシュかまやつさん(享年78)の死を「最後まで生ききった。ムッシュを誇りに思っています」などと悼んだ。

 

闘病中にザ・ローリング・ストーンズの曲を聞きながら「こんなにうまかったのか。悔しい」と語ったというエピソードも明かした。

 

他にも「どんな人にも丁寧な言葉遣いで、家に帰ったら『べらんめぇ』の江戸っ子おじさんになる」「わざとらしいことが嫌い」「おれが死んでもべーべー泣くな。ヘラヘラしていろといつも言われた」「ほめられることを恥ずかしがる人だった」などと、故人の素顔を声を詰まらせながら明かした。
Love Cheque ~恋の小切手 DVD
0307134351
 

 

かまやつさんと、父の日系2世ティーブ・釜萢さんとの親子関係も語った。「不器用な2人で、息子も(父親に)しっかり甘えられなかった。天国の入り口でティーブパパが待っているかもしれませんね」。

 

追悼コーナーでは、リスナーからのリクエストとかまやつさんにまつわる多くの思い出話を紹介。「我が良き友よ」など多くのヒット曲を流した。

 

2人はいとこ同士。昨年10月から、かまやつさんは森山の自宅に住みながら通院治療を行っていた。死去が明らかになった際、森山は「たくさんの良き仲間たちに恵まれ、自分の音楽を大切にギリギリまで活動できた」とコメント。病院でもギターを弾いて歌っていたとして「最後まで音楽を肌身離さず、どんな時もムッシュらしい一生だった」としのんでいた。
恋する、おひとり様 DVD
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビビット」で“やらせ”?行... | トップ | 遺品や原画に「妖怪が出る」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。