★Casa Galarina★

映画についてのあれこれを書き殴り。映画を見れば見るほど、見ていない映画が多いことに愕然とする。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカン・スナイパー

2015-02-27 | 洋画(あ行)
★★★★ 2014年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド

(映画館にて観賞)

とにかくブラッドリー・クーパーの役作りが凄い。首回りがびっくりするぐらい太くて、筋肉もハンパなく。
カイルになりきろうとした熱意がそのままスクリーンに映し出されていました。
オスカーとらせてあげたかったなあ。
物語はいつものイーストウッドでとても淡々と進む。観客に余韻を残す無音のエンドロール。
砂嵐のシーンは迫力満点でした。

この記事をはてなブックマークに追加

味園ユニバース

2015-02-26 | 邦画(ま行)
★★★ 2015年/日本 監督/山下敦弘

(映画館にて観賞)

山下監督作品ではありますが、やはりジャニーズ主演の企画物ですね。
昨年、GOMAのライブで味園ユニバースで熱狂した輩としては、
味園というハコの猥雑さ、異様なものを丸ごと飲み込む大阪ナニワの魔窟としての存在感をもっともっと感じさせて欲しかったなあと。
そこがすごく残念。ライブとしての映像の迫力がないんですわ。カメラがねえ。ちょっと物足りない。
普通の日常の風景はいいんですけど。いいライブ映像を撮るって、別物なのかなと思いました。
あとはね、二階堂ふみ。大阪弁がすごくうまくてビックリした。
私はこってこての大阪人なんで、なんちゃって大阪弁にはドン引きするんですけど、違和感なかったです。がんばったね。

この記事をはてなブックマークに追加

アンヴィル! ~夢を諦めきれない男たち~

2015-02-13 | 邦画(あ行)
★★★ 2009年/アメリカ 監督/サーシャ・ガバシ

(DVDにて観賞)
かつてのロックスターが給食センターで配達って、まるでミッキーロークの「レスラー」じゃん。
笑っちゃいけないんだろうけど、いいトシしたオッサンの子どもみたいなケンカに笑いがとまらん。
一途にやり続けることの凄さってのよりも、やっぱり本人たちが言っているように、家族の支え、いや、支えてはいないか。
半ば呆れてもいるけど、好きなようにさせているっていうのかな。それが印象に残った。
日本のファンはあったかいね。

この記事をはてなブックマークに追加

変態家族 兄貴の嫁さん

2015-02-12 | 邦画(は行)
★★★★☆ 1984年/日本 監督/周防正行

(DVDにて観賞)
これはもう、爆笑に次ぐ爆笑。
ポルノ映画で小津をやるという、関係者に激怒されなかったのか!?という実験作。
小津ならではの繰り返すセリフ回し、ローアングルのカメラワーク。
パロディでも、オマージュでもないんです。完コピなんです。
大杉蓮の笠智衆っぷりが最高に笑えます。美術が種田陽平という発見も楽し。
小津とは何かを考える上でも貴重な1本。傑作じゃない、これ?

この記事をはてなブックマークに追加

ミッション・トゥ・マーズ

2015-02-11 | 洋画(ま行)
★★★☆ 2000年/アメリカ 監督/ブライアン・デ・パルマ
(DVDにて観賞)

デパルマだから、もっと奇天烈SFかと思ったら意外とマジメじゃん(笑)。
主演のゲイリーシニーズの小粒な悪役感が、全体の調和を乱しているんだけど、
それを作品の個性ととらえられるかどうかがポイントか。
ラストはいわゆる死を目の前にした走馬灯のように駆け巡る過去。
そこから、彼はどんな未来を手にしたのか。余韻の残るラストでした。

この記事をはてなブックマークに追加

さらば、愛の言葉よ

2015-02-10 | 洋画(さ行)
★★★★☆ 2014年/フランス 監督/ジャン・リュック・ゴダール

(映画館にて観賞)

かつてない斬新な3D体験でした。
右目と左目の映像が違うんだもん!これは凄い。
ブチ切れの音楽と編集。詩のようなセリフの洪水。
何せ3D映像が奥行き凄いし、色使いはウォーホールのポップアートのようで。
とにかく挑戦的な作品。目が覚める思い。

この記事をはてなブックマークに追加

イップ・マン 最終章

2015-02-09 | 洋画(あ行)
★★★☆ 2013年/香港 監督/ハーマン・ヤウ

(DVDにて観賞)
アンソニー・ウォンがんばってますけど、やっぱドニー・イェンのイメージが強すぎるかな。
カンフー映画って、武術シーンの素晴らしさを堪能できるのはもちろんだけど、
俳優の色気を感じる映画でもあるんですよね。私にとっては。
普段は鷹揚でのんびりした人物(カンフー達人はこういうキャラが多いと思う)が
いざ闘いになるとキレッキレになるところがすごくセクシーなんですよ。
まあ、晩年編なので、それを期待するのも無茶ですかね。

この記事をはてなブックマークに追加

哀しみのトリスターナ

2015-02-08 | 洋画(か行)
★★★★☆ 1970年/フランス・イタリア・スペイン 監督/ルイス・ブニュエル

(DVDにて観賞)

ずいぶん昔に見て、すっかり物語を忘れていたのですけど、この作品は「昼顔」と対になっているのね。
下半身不随になった夫を見下ろしていた妻が、本作では反対に車椅子に乗るようになっているのよ。
いずれにしろ、服従と支配、サディズムとマゾヒズムを男と女のねじれた関係性であぶり出す。
やっぱり、こういう変態映画が性に合ってます(笑)。とても面白かった。

この記事をはてなブックマークに追加

レゴムービー

2015-02-07 | 洋画(や・ら・わ行)
★★★★ 2014年/アメリカ 監督/フィル・ロード 、 クリストファー・ミラー

(DVDにて観賞)

とにかく全部レゴの凄さ。
これに圧倒されるんだけど、だんだんそれに飽きてきた頃に
今度はストーリー展開としてのひねりが用意されていて。巧いなあ。
私はこのひねりに全然気づかなかったよ。
クリエイター魂炸裂だね。面白かった!

この記事をはてなブックマークに追加

疑惑の影

2015-02-06 | 洋画(か行)
★★★★ 1942年/アメリカ 監督/アルフレッド・ヒッチコック

(DVDにて観賞)
アンクル・チャーリー(男)とヤング・チャーリー(女)。
同じ名前が示唆するように、様々な表と裏が描かれていく。
人の、世の、裏を知り、成長する少女の物語。アラバマ物語的な展開。そちらが主題か?
ヒッチコック的サスペンスを期待すると肩透かし。とても不思議な映画。

この記事をはてなブックマークに追加

真夏の方程式

2014-09-16 | 洋画(ま行)
★★★★ 2013年/日本 監督/西谷弘

いやあ、カメラがいいじゃないのぉ~~。
と思ったら、カメラマンが柳島克己。北野組の人じゃんか。なるほどなるほど。道理でね。
引いたショットが多くてすごく落ち着く。
作品全体もすごく抑制がきいている。
決め台詞もなく、ドラマの音楽もなし。
前作「容疑者Xの献身」とは別物。
ガリレオ臭をことごとく排除した構成に大変好感が持てるのでした。
これは映画館で見るんだったな。

この記事をはてなブックマークに追加

イントゥ・ザ・ストーム

2014-09-15 | 洋画(あ行)
★★★ 2014年/アメリカ 監督/スティーヴン・クエイル

(映画館にて観賞)

いわゆるPOVってやつなんだけど、やはり私はこれは誰の目線なんだ?というのが終始気になった。
この作品の場合は、カメラを持っている人間が、
主人公、主人公の弟、ストームハンターのカメラマン(それがふたりもいる!)、youtuberとたくさんいるから、
今の映像はこのうちの誰かだよと辻褄が合うように作っているわけだけども、
どうもそれがPOVを成立させるための作り手の誤摩化しにしか見えない。
災害が起きてパニックになるという演出を盛り上げるのにはPOVはもってこいなんだろうけど、
カメラの持ち手が多いことが、自然に作品にのめり込むことを邪魔してしまう。
尺が短くてコンパクトに人間模様をおさめているのは、良かったけどね。

この記事をはてなブックマークに追加

ダラス・バイヤーズクラブ

2014-09-14 | 洋画(た行)
★★★☆ 2013年/アメリカ 監督/

(DVDにて観賞)

マコノヒーの痩せっぷりはすごい。
その辺は一見の価値ありだろうけど、
演出や映像で「おおっ!」となったところがあったかというとこれがあまりなく。
マコノヒーがメキシコの病院で大量の蛾が飼育されている部屋に入るシーンくらいかなあ。
いわゆる絵で何かを見せるという意図を感じられたのは。
南部男どもの偏見のくだりも、割と想像通りというか。
せっかくロデオといういい題材があるのに、もう少しそこでいい映像ができないかなあ。
マコノヒーの体以外で驚きのない脚本だった。ちょっと肩すかし。
作品賞も脚本賞も取れなかったのに納得。

この記事をはてなブックマークに追加

ブリングリング

2014-09-13 | 洋画(は行)
★★★★ 2013年/アメリカ 監督/ソフィア・コッポラ

(DVDにて観賞)
貴族出身のヴィスコンティが貴族を描けるように、
セレブなソフィアコッポラだからこそ、セレブの実態を描けるということ。
ブランド品を盗みまくり、悪いこととも思わず、FacebookにUPしているティーンエイジャーも馬鹿だけど、
彼らを取り巻く大人もどっこいどっこいで。
アメリカは病気です!すんません!っていうね。

例えばさあ、男たちが集まって、汗かいて、頭使って金塊強奪するとかいう話があるじゃない。
井筒監督の「黄金を抱いて飛べ」みたいなさ。あれとはもう、真逆なわけよ。
適当にビバリーヒルズの邸宅を夜の散歩してるだけで3億とかすぐに盗めちゃうんだから。
なんかもう、厭世の感。だね。

若者を諭すわけでもなく、鉄槌を下すわけでもない。
やっぱ私はソフィアコッポラ好きだなあ。この醒めた視点が。

この記事をはてなブックマークに追加

ソウルガールズ

2014-09-12 | 洋画(さ行)
★★★ 2012年/オーストラリア 監督/ウェイン・ブレア

(DVDにて観賞)
舞台は戦時中のベトナムだが、
いろんなところが「ドリームガールズ」とかぶりまくりで、ちょっとしらけてしまったのだった。
ここまで一緒にせんでもええやん。
畳み掛けるソウルミュージックの数々は堪能。
普通にいい映画でした。でも、感動で号泣、とか、ないなあ。。。
サファイヤズのメンバー、一人ひとりの個性が弱いよね。魅力に欠ける。
戦争慰問の過酷さもさほどなく。なんか、さら~~~っと終わってしまったのでした。

この記事をはてなブックマークに追加