◆◆ piano風景 ◆◆

小さなピアノ教室のレッスン風景と日常です。

ホームコンサートに向けて

2017-07-17 14:39:27 | 教室便り
あつ~い毎日が続きますね~
体がいつもおもた~いです

ですが、11月に開くホームコンサートに向けての第一歩。
ゲスト出演していただくことになった、打楽器奏者の
山上竣也さんと、昨日初顔合わせしました^^

ちょっと前に、この動画を見つけて
Scaramouche: Brazileira. Darius Milhaud.


ホームコンサートで弾きたい!と思ったんです。

この曲は、ミヨー作曲「スカラムーシュ組曲」の3曲目で
「ブラジルの女」という題名がついている2台のピアノのための
曲なんですが、楽しい曲ですよね~

20年以上前に弾いたことがありますが、
ずっと大好きな曲なんです。

打楽器が入ると、さらに楽しい曲になると思って
姪っ子のお友達の山上さんにお願いしたんです。

小さい生徒さん達が楽しめるに違いないと思います~

打楽器をお願いしている山上さんは、こんな人です ↓

プロフィール

山上竣也(やまがみしゅんや)
横浜出身 大阪育ち
幼少期からピアノやドラムに触れ、両親の影響からジャズに興味を示す。
高校時代は吹奏楽部に所属し、また、バンド活動も行う。
現在は大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース 打楽器専攻に在学中。
作曲・編曲活動を交えながら、アンサンブルコンサート、幼稚園公演、
音楽朗読劇などでも演奏活動を展開。自身の所属するインストバンド
「UNITEDS」にも多く楽曲を提供しており、ライブ等で精力的に
活動している。
現在までに、堀内吉昌、小谷康夫、奥田有紀、各紙に師事


打楽器奏者なのに、ヤマハの指導グレード5級を取得されていて
ピアノの先生にもなれるんです

作曲をされるということで、ご自身の曲をYouTubeにアップされています。
UNITEDS「the (five) Senses (Live from "ENTER a NEW")」


ドラムが山上さんです!

ホームコンサートでは、ピアノは私と同女のピアノ科に通う
元生徒の杏奈ちゃんが弾くんですが、錆びついた私の腕が
山上さんや杏奈ちゃんの足を引っ張らないように
頑張らないといけません~

生徒のみなさん、保護者のみなさま

11月を楽しみにしてくださいね~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キラッとする瞬間

2017-07-14 14:04:20 | レッスン
レッスンをしていて、「アッ!今週はすごく練習がんばってきたな!」と思うことがあります。
そんな時は「すごい!頑張ったやん!」と思わず大きな声が出てしまいます。
するとその瞬間、生徒の目が「キラッ!!」と光り、顔がパッと明るくなるんです。

きっとおうちで練習を頑張ってやったと思うのですが、練習を頑張ったことに、
私が気が付いたことや、頑張って練習したことの結果を出せた・・ということで、
自信を持てたんじゃないかと思います。それで、目がキラッと光るんだと思います。

こういう瞬間は、しょっちゅうあるわけでなく、一年に一回あるかないか・・なのですが、
生徒の成長をまじかに感じることができると、とても嬉しく幸せな気持ちになります。

先日、年長さんのレッスンをしていて、この瞬間がありました
音譜が読めるようになってきて、ドンドン自分で弾いてきたので
「すごいやん!!」と思わず言ってしまったんです^^

「うん!」とうなずいた、その目が「キラッ!!」と光っていました
可愛く、貴重な瞬間です^^

残念ながら、自分の子育ての最中では、こういう瞬間を見逃してしまいました。
毎日一緒に生活していると、子供の成長が当たり前になってしまい、
貴重な瞬間に気が付かなかったのだと思います。

子供ってあっという間に大きくなってしまうので、保護者の皆様には、
私のように貴重な成長の瞬間を見逃さないようにしてあげてほしいな~と思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショパンの肖像画

2017-05-25 10:42:56 | 教室便り
妹から、ショパンの肖像画のポストカードをもらいました。
なんでも、妹の旦那さんの実家に眠っていたそうで・・
旦那さんが捨てようとしていたのを、私がもらったんです^^

ショパンの肖像画や写真と言えば







が、有名だと思うのですが

今回もらった肖像画は初めて見るショパン

妹の旦那さんの実家は、由緒ある名家で
珍しい物が眠っているんです。
このポストカードも、そのひとつでした。

若かりし頃のショパン。
気品がありますね~



早速、ピアノの上に飾りました。

生徒の皆さん、音楽室に飾っているショパンと違いますよ~
ぜひ、見てくださいね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待つこと

2017-05-18 07:49:28 | レッスン
30年ピアノを教えていますが
子供には、「伸びる時」があり、その時期は
グングンと伸びるようになると思うんです。

その「伸び時」は、子供によって来る時が違うので
伸び時が来るのを待ちながらレッスンを進めます。

その時でないのに、無理に伸ばそうとしたり
難しいことをさせると、ピアノが嫌になったり
しんどくなることがあるので、そうならないように
気をつけています。

自立してピアノが弾けるようになるには、
長い時間がかかります。

自分の好きな曲が弾けるようになる前に
ピアノが嫌にならないように、
レッスンしていきたいと思っています。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブロック

2017-05-12 07:56:18 | レッスン
小さい生徒さんのレッスンには、ご兄弟も
一緒に連れてこられることが多いので
レッスンの間、遊んで待ってもらえるよう
落書き用紙や、絵本、ブロックを玄関に置いています。

先日、小1のお姉ちゃんのレッスンに
弟くんが2人一緒にきて、
ブロックの取り合いになってしまい
ものすごいバトルが繰り広げました(笑)

それで、夕方に妹ちゃんと一緒にレッスンに来た
小1のGくんに、ブロックで車を2台作ってもらいました。
兄弟げんかせずに、2人で仲良く遊んでもらおうと思って。



このブロックは、大学生の息子が
幼稚園の時に買った物なので
無くなったパーツもあるんですが
上手に作れていると思いませんか?

私があれこれ注文したら、その通りに
真面目に作ってくれたんです^^

Gくんは、ピアノも頑張っています。
これからの成長が楽しみです~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加