つれづれなるままに・・

日々感じたことを武蔵野の地から発信したいとおもいます

食中毒

2010-06-26 12:38:00 | Weblog
下痢と嘔吐。 「食中毒かしら・・? ノロウイルスかしら・・?」といろいと考えたけれど、私の周りでは誰も同じ症状のものはいないし、私自身も病院にもいかずになんとなく治ったのですから、結局は年齢のせいで暑さに負けたのだろう・・と、自分なりの結論を出しています。

でも、これからの季節、食中毒だけは気をつけなければなりません。

と言うことで、今日は朝から台所のシンク周りと冷蔵庫の掃除をしましたが、何といっても、家事の嫌いな奥様ですから、もう、それだけでクタクタに疲れてしまいました。

午後は、また、お昼寝です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

愛情

2010-06-24 12:40:43 | Weblog
下痢と嘔吐がひどく、昨日からダウンをしています。

食中毒かしら・・とも思ったのですが、他の家族は元気だし、まったく原因がわかりません。
本当は病院に行きたいのですが、その気力もなく、せめて、脱水症状にならないように水分の補給に気をつけながら、ひたすら寝ています。

体調を崩すと、周りの者の愛情の度合いがわかりますねぇ・・?

息子は優しかった~ それに引き換え夫は・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

布団

2010-06-22 13:29:23 | Weblog
その昔、私が嫁ぐとき、母は手作りの布団を持たせてくれました。
夫婦用と来客用、それに、まだ生まれていない子供用のものまで、幾組もの布団です。

『一番、上等の綿を入れておくからね。キチンと手入れをしながら使えば一生使えるのよ・・』

私に言い聞かせるように、そう言っていた母の言葉を守って、時々は打ち直しに出しながら、私はいまだにその布団を使っています。
本当は、羽毛のものに変えたいのですが、姉さんかぶりをしながら綿入れ作業をしていた母の姿を思い出すと、どうしても、今の布団を処分できないのです。

と言う訳で、今年も業者に手入れをお願いしました。
秋口には、また、新しくなって戻ってくるでしょう・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010-06-21 21:28:10 | Weblog
強い日差しの中を30分も歩き、全身汗まみれで着物も帯もヨレヨレです。
おまけに、家を出るときは曇っていたので、日傘を忘れてしまい、バッチリと日焼けもしてしまいました。

暑さに弱く、夏の嫌いな私には受難の季節の始まりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

留袖

2010-06-20 16:58:09 | Weblog
いろいろな事情から、真夏の暑い盛りに挙式をすることになった我が二男ですが、その新郎の親としての衣装はどうしたらよいものか・・と、迷っておりました。

というのも、私は黒留袖は持っていますが、袷のものだけで、絽や紗という盛夏用のものがないからです。 それで、専門家に相談してみましたら、ホテルなどで挙式をする場合は、90%以上が、季節を問わず袷の留袖を着用するという答えが返ってきました。

その理由として、ホテルは冷暖房管理が行き届いているということに加え、袷に比べ、単衣のものは重量感がなく、写真映りが悪いからだそうです。

そういえば、歌手の水前寺清子が、ステージで単衣を着ることはないと言っていたことを思い出しました。
理由は同じで、単衣のものは重量感に乏しく、見栄えがしないからと・・。

言われてみれば、そうかも知れませんねぇ・・。

まあ、そういう訳で、私は手持ちの黒留袖で間に合わせることに致しました。
ふぅ~ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

体調

2010-06-15 06:58:31 | Weblog
昨日は、羽織るものがほしい程だったのに、今日はまた、蒸し蒸しと暑くなりそう・・。

こんな定まらない天候のせいか、私の周りでは体調を崩している人が多く見受けられます。
かく言う私も、ちょっと、喉が・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごま豆腐

2010-06-13 15:48:45 | Weblog
精進料理や懐石料理に欠かせない『ごま豆腐』、私は大好きなのですが家族はあまり食べませんので家で作るということはなく、いつも、自分で食べる分だけを惣菜屋さんで買っていました。

でも、今日は一念発起して、自分で作ることに・・。

本当は、胡麻を炒ってすりつぶすところから始めるべきですが、そこは省略して、手軽な市販の瓶詰めのものを使います。

鍋に、胡麻とくず粉とだし汁をいれ、火にかけて煉ること30分余り・・。
それは、手が腱鞘炎になるのでは思うほどの重労働でしたが、つややかに煉り上がったものを見ると満足感が広がります。

でも、こんなに苦労して作っても家族は食べないし、やはり、自分が食べたい分だけ買ってきた方がよさそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルバム

2010-06-10 08:27:27 | Weblog
久しぶりに古いアルバムを出してみました。

私達の結婚式に始まり、息子たちの成長を中心にした我が家の歴史の記録です。

いつの間にか、半間の押し入れに入りきれないほど、アルバムの数も増えました。
私達家族の上に、それだけの歳月が流れたのだと、改めて実感しております。

写真とともに出てきた、私の亡き父からの手紙の文字は、涙にかすんで読めませんでした。

一緒にアルバムを見ていた二男夫婦は、自分たちの歴史を刻み始めたばかりですが、彼らの未来が、どうか、幸せでありますように・・と、母は祈るばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落とし文

2010-06-08 17:37:48 | Weblog
今日のお茶室の床には『平常心是道』なりのお軸がかかり、竹の『せせらぎ籠』に『破れ傘』と『野あざみ』がひっそりと活けられておりました。

そして、主菓子の銘が『落とし文』・・。

『落とし文』と言うのは、その昔(平安朝の頃でしょうか・・?)、恋しい人が通りそうな所にそっと置いておいた恋文のこと。
現代のように、メールや電話で一瞬にして自分の思いを伝えることが出来る時代から見れば、なんと悠長で、奥ゆかしいことだろうと思います。

お茶の世界って、なんとなく浮世離れをした感じもしますが、でも、だからこそ、私は心惹かれるのです。(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老眼

2010-06-05 09:33:11 | Weblog
めったに針などを持つことのない私ですが、それでも、時々はボタンつけや、繕いものをするために裁縫箱を持ち出すことはあります。

でも、最近は、針穴に糸を通すことも一苦労で・・。

老眼が進み、眼鏡が合わなくなってきているのかも知れません。

早めにメガネ屋さんに行って、調整をしてもらつもりではいますが、でも、これからは眼鏡だけでなく、補聴器や義歯などの世話にもなるのだろうなぁ・・なんて考えたら、何だかわびしくなりました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加