アロマテラピーなどの日記

現在アロマテラピーインストラクター合格を目指し、スクールに通っています♪

⑧サンダルウッド

2005-05-20 10:54:07 | アロマテラピー エッセンシャルオイル関係
サンダルウッド (オリエンタル系)

科名: ビャクダン科  抽出部位: 心材  方法: 水蒸気蒸留法
<ブレンドファクター> 6 (保存する場合は4)

   
<作用> 鎮静、抗感染、抗炎症、利尿、去痰、強心、うっ血除去、うっ滞除去、催淫

<心への働き> 心を深く鎮め、穏やかにする。 
           性感を高める。

<体への働き> 気管支系の不調を改善する。 (のどの痛みなど)       
           心臓を強化し、血行を促進する。

<肌への働き> 肌をやわらかくし、引き締める。特にトラブル肌に。(肌質を選ばず、使えます) 
          切り傷・ひび割れ
にも。

※サンダルウッドは日本では通常、白檀(びゃくだん)と呼ばれる。
※香りには持続性がある。宗教儀式や瞑想などに、昔から用いられてきた。

禁忌事項 鬱状態のとき

<個人的感想> 寝る前に時々焚いています。寝る前のマッサージにも少量入れるのが好きです。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ⑥グレープフルーツ | トップ | ⑩ジュニパー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL