風に吹かれて花と緑の日々

2017年04月25日 | 日記

    あの日の僕らはいったい何を想って生きていたの?

            花びらを巻き込みながら街路樹を通り抜けるクールな風にナックルボールを投げかけた。


      沈黙が野音を包み込み、幻想がひっそりと佇んでいた。

                 それらを護るように、木洩れ日射す銀杏並木が今を歌う小鳥達に手を差し伸べていたね。

 


とーっても久しぶりに、有楽町~銀座、日比谷~霞が関をお散歩。
大都会のオアシス・日比谷公園はやっぱりいいですね。安らぎます。
お昼時を過ぎた霞が関界隈は人通りもまばらで、街路樹をすり抜ける風がどこか郷愁を帯びており、ふっと異国を思い出させるような風だったのでした。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華の嵐 | トップ | 白いお部屋と大聖堂  ~ 愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。