半夏生の花咲く頃に

2017年07月17日 | 日記

帰り道、大きなオレンジ色の朧なお月様を仰ぎ見ながら、
夏に咲く小さき花を愛おしそうに心に抱くあなたの姿を思い出していたの。

8回目の夏、やっと私の中にストンと落ちたわ。
初めて聴いた時、あなたの澄んだ瞳を見つめながら、手では必死に歌詞をノートに書きとっていたの。
すぐにでもその歌詞を憶えたくて。
でもね、そんな時に限って無情にもボールペンがインク切れ。。。 
それでも頁を光にかざして、筆圧で窪んだ紙から言葉を拾い集めてはみたけれど…

きっとね、神様が、大事な大事なその瞬間を “ちゃんと心で聴きなさいよ” って、そう言っているのかなって、思ってね。
だから、それからは、心で聴くようにしていたの。

2番の歌詞がとても好きよ。
色彩的には暗いけれど、イメージ的にはとてもあたたかくて、
なんだか やすらぐなー、ほっとする。

ってなわけで、どうぞこれからもずーっと歌い続けてください☆ね。
癒し~☆


ps

森の仲間達にも久しぶりに会えて、ほっんとに楽しかったです!
食虫植物も頗る楽しそうでしたね~(←ツボ)観てみますねっ。

ありがとう!! またね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終わりなき巡る旅の途中で  | トップ | TOO HOT!! 両手ひ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。