わたらく本部。

がんばらない。今日できることを今日できなくてもきにやまない。をモットーに日々を送る主腐のだらけきった日記。

WJ20号感想。

2017-04-20 02:46:49 | WJ感想。
えれはいむです、元気です。


桜も散り、ジワリと汗ばむほど暖かくなってきましたね。

とかいいつつ、ものすごい豪雨もあったり。
こちら広島では月曜日にその豪雨が直撃し。
朝は普通の雨だったのに、そのあと警報が出たりして。

午前中に買い物に行きそびれた私は、豪雨の中、買い物に行く。
息子にノートを大量に買うよう頼まれてたので、最寄りのスーパーではだめだったの。

で、家に帰り着くと、子供たちがすでに帰ってきていて、「母さんトイレが大変だよ」と。
見てみると、天井の換気扇のカバーから水がポタポタ。

新聞紙がガムテープで張り付けてあったんだけど、それがもう完全にびっしょびしょで、そこから水が垂れてた状態。
ちなみに天井に新聞紙を張り付けたのは娘らしい。

「え?娘がどうやって天井に!?」
「椅子持ってきて貼った…」

なんとか対処しようと一生懸命の娘を思い浮かべて感動…。
いや感動してる場合でなく。

管理人さんを呼んでみてもらう。
今まで台風や豪雨でもこんなことなかったのに!

とにかく便座の上に換気扇があるので、座って用が足せない!
試しに頭の上にバケツを掲げて用を足したけど、さすがにバカっぽくてむなしかったわ…。

雨が小降りになったら水漏れも止まったけど、根本的な解決にはなってない。
今日は業者さんが来て換気扇のカバーを外してみたりしてたけど、結局よくわからんみたい。
マンションの図面をもらってきてあらためて調べてみます、と帰って行ったけど、大丈夫なのか。

梅雨時が来る前になんとかしてほしい。




んではWJ感想。




ワンピ。
第862話 ”頭脳派”

扉絵。なにこれ可愛いな~。シャンバギ好きにはたまんないだろうなー。
若レイリーさんもいるし!


本編。
サンジの顔がひどい…。ひどすぎる…。

え、ケーキの上でドンパチおっぱじめる気?
大事なケーキがぐじゃぐじゃになるし、いやそれ以前に血とかもっとグロいあれそれとかをケーキの上にぶちまけることになるんじゃぁ…!(ヤメロ

キスの前にサンジが鼻血吹いてぶっ倒れる最悪の事態はなんとか回避できたww
けど。

あ、そういう感じに?
三つ目コンプレックス設定だったんだ。
もう…だって首長とか足長とか半魚人とかタマゴとかいろんなのがいるのに、いまさら三つ目が醜い化け物なの?
ビッグマムにしたって、嬉々としてブルックを抱きしめて寝てたくせに、三つ目の娘が気味悪いとか、え~~~~~っ?としか…。

そんなんサンジが気にするわけはまったくなく。
だって、手も足も鳥そのものだったモネさんだって普通にメロリン対象だったし。

しかもよく考えたらサンジもうプリンちゃんの三つ目見てたわ。
レイジュと話してるところ覗いてたもの。
三つ目だからのけぞったわけじゃなく、ただただ本当に綺麗だからびびったんだろうね。

しかしこれでプリンちゃんは取り込めそうだね!
私の勝手な計画、ビッグマムからサンジに関する記憶を抜く→バラティエ襲われない→気兼ねなく航海できる、の構図が実現できそうだ!

もちろんビッグマムと和解できれば一番問題ないんだけど、やっちまったな、ルフィがな…。
ママがあんなにも!あんなにも楽しみにしていたウェディングケーキを!
ぶち壊し&食い散らかし。

分身は鏡で作られたのかな?一人なんかクオリティの低いルフィがまじってるね?
当然全部がオリジナル並みの戦闘力や覇気を持ってるわけではないよね。



ハイキユー。
もう5周年かあ。おめでとう!
なんか、前の周年カラーもこの子が出ずっぱでなかった?作者のお気に入りなのかね?



ネバーランド。
フィル…奇跡の四歳児。この子がむしろ一番の上物だわ。
うちの息子も4歳くらいの時はたいがいデキた幼児だったけど(親バカ)、
こういう小さいのに聞き分けのいい子はな…いろいろため込んじゃうタイプだからちゃんと見といてやらないとダメだぞ?
一人で抱え込ませた上に放置とかけっこうひどいぞ?




ペコマリ。
マモルにタイガくんの姿が見えるのも事情を一瞬で飲み込んじゃうのも、やっぱ古市くんの生まれ変わりだからだね?
どうでもいいけど、ショートケーキのショートはショートニングのショートのことで、カットケーキという意味ではありません…。



U19。
もう駄目なのか、打ち切り決定なのか…。
これ息子が一押しだったんだけどな。
もうホントめちゃくちゃ褒めちぎってたんだけどな。
残念です。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今時は必須らしい。 | トップ | 春眠ところかまわず。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む