わたらく本部。

がんばらない。今日できることを今日できなくてもきにやまない。をモットーに日々を送る主腐のだらけきった日記。

WJ45号感想。

2016-10-11 03:09:47 | WJ感想。
えれはいむです、元気です。

なんだかちょっと開いてしまい申し訳ない。
三連休でジャンプ土曜発売なのすっかり忘れてて。
日曜は恒例、子供会と町内会による子供神輿が朝からあって、疲れてバタンキューでした。

去年と違って運営する側でなく、当日お手伝いだけだったんだけどね。
今回はお神輿について歩くんじゃなくて、拠点の公民館で留守番だったんだけど、
長テーブルの搬出やビールやお弁当の搬入やら、力仕事多い…。
途中から腰がやばかった…(爆弾持ち)


今年は旦那が家にいるということで、旦那も参加させてやった。
本人は何もわからず突然放り込まれる感じでの参加だったわけだけど、
早朝からお神輿について回って、結構な距離を歩かされ、驚いたようだ。

ちっちゃい子まで、こんなに歩いて声出してがんばってたんか、
お母さん方中心でこんな面倒なことを毎年やってるのか、という驚きね。
すごいだろ、大変だろ、当日参加するだけでめんどくさいとか口が裂けても言えないだろ。
私は去年、まさにこの運営をやってのけたのだよ…。
本当は当日参加しただけの旦那には想像もつかない雑事が山ほどあるんだけどね。
詳しくは去年のブログにて。


とにかく、学校行事も地域行事もすべて私に丸投げしてスルーしてきたバカ旦那に、嫁の偉大さを少しは理解してもらえたようなので今回は大収穫でした。





んではWJ感想です。
8日土曜発売のヤツです。




ワンピ。
第842話 ”満腹の力”
ルフィ、まだクラッカーのビスケット(ややこしい)と戦ってた。というか食ってた。
美味なるサクサクおやつ私も食べたい…。少しだけなら。今度は熱いコーヒーが一杯こわい…。

「わからねぇ女は蹴りゃいいじゃん」とはサンジの口から衝撃のセリフが。ところでやっぱりこの子供時代のシーンをアニメでやる場合は育江さんが声やるんかな。
あれ、けっこうまんまチョッパーだったから、チョッパー出た後に子サンジ出るとばれちゃうよ。

「子供が罪を犯したら親も首を切る」とは。
最近芸能界で、まさにそんな話題の出た事件があったよね。
子供の罪で親が罰を受けるのがおかしい、っていう声が多かった気がするけど(主観)、子供の年齢にもよるのでしょうか。
私は子供が大人であっても無関係ではないとおもう派ですが。

ちなみにゼフの「子」に認定されてるのはチビナスくんだけ?まさかこのあらくれコックどもみんな「子供」だとか、白ひげのようなことを言ってるのかしら!
さすがにそれは責任取り切れなくない?

とりあえず、サンジがカリファの時に見せた「死んでも女は蹴らない」っていう不自然なほどの信念の理由が分かりました。
あの時は、さすがにネット上でも批判が多かったですよね。お前がカリファを倒さなかったせいでナミがカリファにやられてもそれはいいのか?とかね。

そういう理屈じゃないんだね。
女を蹴るとゼフが首切って死んじゃうからなんだね。
サンジの行動、発言にはすべてゼフがいるのだね。「女のウソは許すのが男だ」ってのもゼフの教えかね?それともルパンかね?

ギア4、汎用性高いな。
満腹バージョンはエネルのアマルみたいだな。いや、アマルそんなに丸くない。
吹っ飛ばすことでバトル強制終了。やっとこの島から脱出できるかー。
しかし次週休載!今回早売りだから、じつに半月以上おあずけってこと!?



新連載。歪のアマルガム。
おっぼえにくいタイトル…!「いびあま」?
先週、以前載った読み切りとは全然違う連載みたい、と言ったけど、そんなことなかったね。
主人公のキャラ設定はだいぶ変わってるけど、読み切りのヤツだった。
ホント主人公は全然変えてるけどね。表紙見たとき、一瞬黒子君かと思った。
最初、すごく古臭いラブコメ漫画でどうしようかと思ったけど、後半どうかな?受けるかな?
ちなみに息子の反応はイマイチでした。(あまりあてにならない息子指標)



ヒロアカ。
前回はホント、友情出演ってくらいしか出なかったサカマタさん、今回おいしい!
「敵っぽい見た目ヒーローランキング第3位」なのもしょうがない!もともと敵キャラとしてデザインされたんだもの!



ハイキュー。
恒例ハロウィン扉絵。でもなんか今回あまり力入ってない…?
去年だったかな?女子組のカラー扉がメチャクチャ可愛かったよね。



ワートリ。
今回、力関係すごく分かりやすかった!
そしてさりげにコナミちゃんもすげぇんだな…。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WJ44号感想。 | トップ | 娘10歳。 »

コメントを投稿

WJ感想。」カテゴリの最新記事