みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

防衛省に新たな隠ぺいの疑い

2017年03月19日 | 憲法守るべし
南スーダンPKO部隊の「日報隠蔽問題」に関して特別防衛監察が始まったそうだ。
稲田大臣は、「元検事長が長となっている、陸自からの独立性が高い組織である」と強調して、隠ぺいの真相解明が期待されると繰り返している。ところが、特別監察の前例では、最も長くかかったものは1年2か月、最も短かったものでも4か月を要したそうだ。
稲田大臣が、「特別監察で徹底的に調査して、私の責任で改善する」と言うのは、つまり少なくても数か月は大臣を辞めないということ。その間は「特別監察の最中なので・・」と、この問題から逃げられる????

防衛省・自衛隊の隠ぺい体質を重ねて疑わせる出来事があった。
現役自衛官=防衛省情報本部所属の大貫修平3等陸佐が、文書を漏えいした犯人扱いされ警務隊から執拗な取り調べや配置転換を強いられたとして、さいたま地裁に提訴した。
その文書とは、統合幕僚監部の内部文書で、自衛隊トップの河野統合幕僚長が米軍高官と戦争法を先取りした議論をしていたことを記した会談記録のことで、戦争法の国会審議の際、2015年に共産党の仁比参院議員がこの文書を示して“軍部独走”を追及した。
大貫さんと弁護士によると、当時、政府は「確認できなかった」と存在を否定していたが、実際には統幕文書と同じ内容の文書が省内に存在し、「秘密」指定もされてなく、パソコンで職員が自由に閲覧できた。仁比議員が取り上げた翌日に「秘密」指定され、パソコン内にある文書の削除が指示された。
大貫さんの話に間違いなければ、防衛省は国会では「確認できなかった」、「同一の文書は存在しない」と説明しながら、かげで大急ぎの隠ぺい作業をしていたわけだ。国民に隠し事をする「軍部」は危険だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防衛相の資質・資格なし | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む