みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

防衛相の資質・資格なし

2017年03月14日 | 憲法守るべし
稲田防衛相の国会答弁を聴いて、この人に戦争と平和の問題を預けていて大丈夫なのかと、しばしば思わされてきた。南スーダン派兵問題でも、沖縄新基地問題でも、オスプレー墜落問題でも・・・あまりに自らの“思想”にしがみついて、現実に目を背けた思考と答弁が多い。最も強力な「暴力装置」でもある「軍隊」を預かる以上、最も冷静に現実を直視して、最善の判断をすることができる人物でなければならない。稲田氏にその能力が備わっているようには見えない。
しかも、よくウソをついてきた。「森友」との関係でもウソがばれた。それもきのうまではむきになって完全否定していたことを今日はあっさりと認める。国会でウソをつくことは、国民にウソをつくと同じ。大臣失格だ。
これでは、マスメディアも少しは厳しいことも言わざるを得なくなったようだ。
しかし、安倍首相はここまで追い詰められた稲田氏を今も擁護している。首相にとっても命取りになるかもしれないのに守り続けている。やめさせるよりも打撃が小さいと思ってか無理して守り通そうとしている。それならば、安倍内閣にやめてもらいたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連合ってなんなんだ | トップ | 防衛省に新たな隠ぺいの疑い »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当にひどい話です (からしだね)
2017-03-16 08:53:10
稲田大臣は私も以前から政治家としての資質に疑問を持っておりましたが、今回の件はひどすぎますね。これで辞任しなければ、何事も「あっ、間違えました」「忘れていました」で済んでしまいます。
今の内閣は、数の力で何でもできると思っていますが、それを絶対に許せない姿勢を見せないと国全体が崩壊してしまう危機感をもっと多くの方に共有していただきたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む