みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

米山さん新潟県知事になってください

2016年10月08日 | 憲法守るべし
新潟県知事選挙で5野党が推す米山隆一さんが支持を広げている。自公や財界は参院選の時以上に危機感を強め、慌てて〝大物議員〟を派遣してテコ入れしているらしい。民進党は電力労連に金縛りにされ、完全に埋没しているという。
米山さんが泉田前知事の路線を引き継ぐと公約したことで、原発問題が最大の争点になったからだ。
米山さんは1999年9月に東海村のJCO臨界事故があった時のことを語っている。(10月2日、JR新潟駅前での演説。しんぶん赤旗から抜粋)

その時私は「放射線医学総合研究所の当直医でした。核燃料をつくっている労働者が大量の放射線を浴びた事故です。『おい、大変な事故が起こった。すぐ診療に入れ』といわれ、びっくりしました。あまりにも事故がひどいので診る間もなく、その患者さんは、すぐに東大のICUに運ばれ、その後亡くなられほんとうに悲惨でした。そんな人をもう二度とつくってはいけないんです。・・・・福島原発事故の原因の徹底的な検証、事故が私たちや子どもたちの健康、生活、社会に与える影響の検証、万が一事故がおこった場合、みんなが本当に安全に避難できる方法の徹底的な検証、この三つの検証がなされない限り、原発再稼働の議論を始めることはできないんだ、それをはっきりとお約束させていただきたいと思います。
原発事故はとっても大きな話ですけれども、同時に、とってもささやかな話だと思います。新潟の町で、安全に安心に暮らしたい、命の不安を抱えることなく、子どもたちの健康の不安を抱えることなく安心して暮らしたい、それは、ささやかな願いじゃないですか。そのささやかな願いがかなえられない、そんな政治じゃいけないんです。だから私は、みなさんの思いを受けて立候補させていただきました。みなさんの思いを絶対にかなえさせていただきます。」






ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「永田町の」常識という言い... | トップ | どうしても米山さんに知事に... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も米山さんを応援いたします (からしだね)
2016-10-09 11:27:20
現知事が不出馬を表明してどうなることかと思っていましたが、森ゆうこ参議院議員などが中心になって米山さんが出馬されることになり、着実に支持を広げているようですね。

昨夜、NHKのETV特集で「原発にいちばん近い病院 ある老医師の2000日」という番組が放送されましたが、ご覧になられましたか(15日午前0時より再放送されます)。
福島第一原発から22キロのところにある病院の院長先生が、80歳を越えられても患者さんたちのために休みなく働かれておられる姿をとらえたものです。ご本人は淡々とされておられましたが、常勤の医師はご本人だけという厳しい環境で働かれておられます。

こういうドキュメンタリーを見ても(このドキュメンタリー自身は原発批判といったものではないのですが)、原発が事故を起こすことがいかに恐ろしいものであるかが伝わってきます。

新潟県の方たちにはご自身とご家族の本当の幸せを考えて、投票していただきたいものです。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事