みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

共謀罪通してすべて落着とはとんでもない!

2017年06月13日 | 憲法守るべし
今国会会期はこの1週間だけになったのに、共謀罪法案については答弁の変更、新たな疑問がまだ出てきている。にもかかわらず、与党=自公は参考人質疑が終わったならばすぐにも採決する構えだという。与党のいつものことではあるが、参考人質疑はただの形にしてしまうつもりか?
最も肝心な「組織的犯罪集団とは何か」の説明が少しずつ変わり、環境保護団体なども“かくれみの”を付けているかもしれないので「組織的犯罪集団」と判断される場合がある、誰が判断するかといえば捜査当局だとなった。その団体の周辺にいる者が計画した場合も対象になるというのだから、環境保護活動などをしている“一般市民”が知らぬ間に“周辺者”にされて共謀罪の対象になる心配はないのかなど、国民が感じている疑問を解消せずに強行採決で成立させるなど許せない。
共謀罪が成立すれば、加計問題も森友問題も〝おわり〟になって一安心という安倍内閣・自公の筋書き通りに進めさせたら、日本の政治史にまた一つ汚点を付け加えることになる。
盛岡では15日に共謀罪は廃案「夜デモ」がある。国会内の野党と共闘して盛岡でも頑張る!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公明党ブレーキは壊れたままか | トップ | ファシズムが進む異常な政治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む