みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

また一歩追い詰められた安倍夫妻

2017年05月09日 | 憲法守るべし
安倍首相は、都合よく自分の主張ができる部分は総理大臣の立場を利用して語り、都合の悪い説明しにくいところは、それは答える立場にないと答弁を拒否する使い分けを繰り返している。その最たるものが昨日の、民進党の長妻議員の「真意を教えてほしい」との要求に、「総理としてここにいる。(知りたければ)読売新聞を熟読したら」というような答弁だ。なんと思い上がった態度だろう。読売新聞は、こんなふうに安部のスポークスマンのような言われ方をされても、それを逆手にとって権力と近いことを“強み”にして影響力の拡大をはかるのだろうか。

安倍・菅の思惑に反して国民はますます「森友問題」に関心を強めている。どの世論調査でも「政府の態度は納得できない」と思っている国民が7割、8割の上っている。
籠池氏がまた新たな証言をしたと朝日新聞が報じた。見出しが「昭恵氏との写真、14年提示 籠池氏、近畿財務局に」となっている。
14年4月、昭恵氏に幼稚園で講演してもらった際に建設予定地で記念撮影したものを近畿財務局の担当者に見せた。安倍首相夫人の「(支援を)分かってもらわないと(いけなかった)」と籠池氏は語っている。首相はきっと「籠池氏に利用された」と弁解するだろう。
「森友問題」で籠池氏のやったことは許されない不正だが、国会で語った以後の彼の「証言」は、首相や官僚が言っていることより事実に近いとおもう。籠池氏側の要求が実現してきた経過に照らせば“納得”できることが多い。「物証」も多々出ている。安倍首相夫妻が関わっていたことは疑いの余地がなくなってきている。一方、安倍も官僚も説明を拒み、必死になって隠すための屁理屈を並べているから疑いはいっそう深まっている。彼らは泥沼にはまった状態になりつつある。


    「春の野原」 ハコベ  野の草花は小さくて地味に見えるものが多いけれども、近づいてよく見ると
                  それぞれが引き付けるものをもっています。
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党は総裁の党議破りを放... | トップ | 共謀罪と改憲を絶対ゆるさない »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハコベの花言葉 (からしだね)
2017-05-10 08:13:12
最近の安倍さんの増上慢ぶりはひどいですね。国会中継を見ていても(かなり前からそうでしたが)、相手の質問にまともに答えず、滔々と自分の言いたいことだけを言う。とても総理大臣とは思えません。
こういう人を総理大臣として戴いていることの意味を、私たちはもっと考えるべきだと思います。

ところで釜石の山火事はその後どうなのでしょうか。最近あちこちで住宅の火災や山火事があり、心配です。周辺にお住まいの方のご無事を祈っております。

ハコベのお写真、可愛いですね。ハコベと言う名前は知っていても、どんなお花か気に留めたことがありませんでした。花言葉を調べたら、「初恋の思い出」と言うそうです。ぴったりだと思われませんか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む