みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

ファシズムが進む異常な政治の状況だ

2017年06月15日 | 憲法守るべし
安倍内閣・自公は驚くべき奇策、異常手段で共謀罪を“成立”させてしまった。国会の権威をここまで貶めた自民党、公明党、維新などに厳しく抗議する。
委員会採決を飛ばしたのには公明党が委員長であることにも関係があるようだ。またこの党の狡さが出た。公明党が強行採決したと言われたくない、都議選に影響させたくない打算があったのではないか。都議選では、さっさと自民党を捨てて小池知事・「都民ファースト」と組みながら、国政では自民党から離れず、民主主義破壊の共犯をつとめる。
この頃の国会には、“民主的”にファシズムが忍び寄っていると感じる場面がいくつもあった。
義家文科副大臣の発言はその一つ。文科省官僚の良心に基く行動を処分すると平然と言ってのけた。「良心を処分する」ところは共謀罪法とまったく同じだ。
安倍内閣は、すべて「法に基づいて」「適切に」行われているからと「問答無用」で押し通してきたが、義家の説明もそうだ。法に基けば一般的にそうだという言い方で圧力をかけ黙らせる手法だ。共謀罪法が施行されれば、国民、マスメディアを委縮させて黙らせる効果があると指摘されているが、そうした“黙らせる政治”がすでにずいぶん進行している。
答弁不能の大臣を安倍の真意を理解した官僚が後ろから支える姿が何度もテレビに映し出された。あのマスクをして大臣を操る光景も異様だ。その大臣はうつろな表情で、目だけは敵意をたたえて官僚の言うとおりのことを口にする。
野党議員に〝諭されて〟神妙な顔をしていた官僚が、答弁に立ったとたん何かにとりつかれたような表情に変わって決まり文句を繰り返す。安倍のご意向・ご威光がこのように浸透しているとは恐ろしいことだ。
官房長官は、総理の過ちをいさめる役を果たすべき最も首相の近くにいる閣僚だが、菅は国民によって選ばれた自覚はまったく持もっていないようだ。メディア各社の記者に激しく追及されて、答えに窮しても顔をひきつらせながら同じ言葉を繰り返して説明を拒否する。安倍を守ることが使命と必死だ。
政党(自公維)も官僚もあげて安倍に忠誠をつくす政界の異常は、ファシズムが民主主義を装った「平穏な社会」のなかで静かに進行していると思わされる。非常に恐ろしい状況だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪通してすべて落着とは... | トップ | 下種(下衆、下司)の勘繰り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む