みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

下種(下衆、下司)の勘繰り

2017年06月17日 | 憲法守るべし
政府・与党は共謀罪法を異常手段をもって成立させたが、それで国民の批判が強まる以上に「加計問題」で批判される方がよほどこわかったようだ。
首相は「集中審議は避けられない」と深刻な心のうちを自民党に伝えたらしい。高村副総裁は、「首相はしっかり説明して野党の下種の勘繰りを払しょくしてほしい」と語って、わずか数時間の集中審議を行い〝形をつくって〟国会を閉じた。自民党の竹下国対委員長は「今日は終業式。ほっとして一拍置こう」と休会中にこの問題で集中審議することを拒否した。
主権者・国民が下種(下衆)扱いされ、議会制民主主義が自民党、公明党などによって壊され、国権の最高機関・国会が政府の下請け機関のようになった状況をよく表した言動ではないか。
「げす」は下司とも書くが、山本地方創生相の「文科省から出向している職員が事実を確認しないまま隠れて書いたメールだ」発言も、この部下職員を「下司」と見下したところで言えたものだろう。「森友」でも総理夫人付出向職員が勝手にやったことと責任を押し付けて疑惑にふたをした。またもやテレビドラマや映画にヒントを与えるような〝おもしろさ〟ではないか!

大阪地検は森友学園を強制捜査するというが、国民の目を籠池氏の詐欺に向かわせて安倍夫妻の疑惑からそらす効果も出てくる。安部政権や自民党、公明党が「下種の勘繰り」とののしりながら、実はこの上なく恐れている「下種の勘繰り」をますます鋭く磨いていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファシズムが進む異常な政治... | トップ | 首相のごまかし講演にだまさ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たった一人を変えることから始めましょう。 (からしだね)
2017-06-18 13:57:39
共謀罪の強行採決は日本の国政に汚点を残すものでした。強行採決後の内閣支持率はまだ出ていないようですが、結果は現実として受け止め、ひとりひとりがしぶとく、しつこく、しなやかに、意見を発して行くことがますます大切になってくると思います。

はるさんと言う方が、世論調査の細かい分析をツィッターで発信されています。最後にその中から一つご紹介させて頂きます。

たった一人を変えることが未来に絶大な影響をもたらす可能性がある。そしてその絶大な影響は数値ではかれない場合がある。
6月11日 はる/三春@みらい選挙プロジェクト

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む