みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

記録を残す鴻池事務所に拍手

2017年03月03日 | 憲法守るべし
小池晃議員の予算委員会での質問で、「森友学園問題」に国会議員が関わっていたことがはっきりした。
さらに自民党鴻池議員が記者会見して「森友」の籠池理事長夫妻が〝お金〟を持って会いに来たこと、「仲介」を断ったことなどを語り、小池議員が鴻池議員事務所の「面談記録」をもとに質疑していることを明らかにした結果、「森友」が国会議員に「仲介」を依頼していたことが動かしがたい事実となった。鴻池議員ではない〝不当な値引き〟などの働きかけをした議員が存在すると誰もが思うに違いない。
共産党の調査力、情報収集力にあらためて感心し拍手を送る。同時に鴻池事務所にも拍手したい。
昼の時間帯のTVでは、評論家が「普通、政治家事務所では面会記録などつくらない」と言っていたが、鴻池事務所は永田町の常識を破って、要所、要所に相手の印象のメモまでつけて記録していた。これでこそ政治家事務所だと思う。
防衛省に続いて財務省も文書を廃棄したので分からないと逃げている。「規則により廃棄した」というが、文書も国民の財産ではないのか。役所のものではない。こう簡単に廃棄できる「規則」ならば、規則を変えることを求めよう。
それにしても安倍首相の無責任さはひどいものだ。国民の負託のもとに総理大臣になっていることなど知らぬふりだ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野党は「森友教育」を根本か... | トップ | どれもこれも〝不適切”にしか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む