みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

ミサイル発射と軍拡。どちらも知恵がない

2017年02月13日 | 憲法守るべし
風邪をひいた。インフルエンザではないようだが、せきが出て鼻水が出てひどかった。良い方向に向かっている。

北朝鮮がまたミサイルを発射した。当然国連安保理事会で制裁が議論されるだろ。ミサイルはおよそ500キロメートル飛んで日本海に打ち込まれた。実際はもっと長く飛べるものを、日米首脳会談で「日米同盟強化」を確認したばかりの両国へのけん制とすれば、日本海に落とすだけでも十分だったのだろうが、北朝鮮の度重なる核実験やミサイル発射は、日本の安全と東アジアの平和を脅かす許されない行為だ。
ひるがえって、北朝鮮から日本を眺めたらどんなふうに見えるのだろうか。核武装も容認する防衛大臣がいて、日米の首脳会談で首相は、「(日米同盟の)更なる強化を進めていく」と語り、大統領は「同盟関係にさらなる投資を行い、両国の防衛力をさらに高めていきたい」と応じる。
「核実験とミサイル発射」、「制裁と軍事力の拡大」、「ミサイル発射・・」の繰り返しで、将軍サマは楽しそうにしているが北の人民は〝かわいそうだ〟。日本国民もいつまでも安心できないし軍事費の増大に苦しむことになる。
発想を転換し、この悪循環から抜け出して、東アジアを平和の地域にする知恵を働かせてほしいと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「驕児」+「卑屈」は・・ | トップ | 森本学園の「教育」を許す教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事