みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

良いレポートでした!あさイチのアッキーとヤナギー

2017年05月15日 | 憲法守るべし
けさのNHK「あさイチ」の「ヤナギー&アッキ―がゆく沖縄旅行」は、沖縄観光旅行かと思いきや、“本土”に住む国民に対し問題提起をした立派なレポートだった。沖縄の不動産屋には「軍用地売ります、買います」の看板が出ているのにはたいへん驚いたが、いろいろ考えさせられた。
沖縄復帰から45年、今も「沖縄は、米軍基地がなければやっていけない」と思っている本土の国民はおよそ6割に上るという。「基地がなくてもやっていける」と思う人は約3割。“本土”が“沖縄”を「知らない」ことの一例として紹介されていたのだが、同じ質問に沖縄県民の答えの割合は3割対6割、本土の逆の割合になっている。
本土の多くの国民の認識は「基地は沖縄のためになっている」のだから「沖縄に基地があることは仕方がない」となリかねない。米軍に土地を奪われた人には国からお金が出ているんだろう?というような沖縄へのやっかみ・反感を生むことにもつながっていると思う。


    「春の野原」 野草か野菜が〝野生化〟したものか分からないが菜の花に似た花が咲いていた
        
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「9条3項」は日本会議〝発〟 | トップ | 森友学園の教育方針が変わっ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私たちが問われ続けていること (からしだね)
2017-05-17 08:46:59
私は記事中の番組は見ていませんが沖縄の問題を考えるきっかけになる良い番組だったのですね。
辺野古に関心を持ち始めた頃、ある週刊誌に沖縄の基地問題が特集されていまして、その中に「沖縄では基地がある前より無くなってからの方が税収や雇用が増えている」という記述があり、そうなんだなあと思ったものです。

本土と沖縄では意識の差に開きがありますが、何より沖縄に負担を押し付けて何も感じないということが一番の問題なのだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む