みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

銃剣道は護身の武術ではない

2017年04月07日 | 憲法守るべし
本日(4月7日)の「しんぶん赤旗」は、青森県の日本共産党事務所に、元自衛官の男性から、政府が新学習指導要領の中学武道に「銃剣道」を追加したことに「銃剣道を中学生に教えるなんて、教育として間違っている。絶対にやめさせてほしい」と電話があったと伝えている。
元自衛官の男性が電話で語ったという部分は次のように書かれている。

「銃剣道の有段者だという男性は、『自衛隊の中で銃剣術を職業軍人として教育される。銃剣術は心臓を突く人殺しの術です』と自らの体験を語りました。『お互いに相手を突くのが銃剣道。相手の心臓(の部分)を突くと一本となる。防具はつけているが、衝撃は相当なものです』。男性は練習中に心臓を突かれ、死亡者が出るなど重大事故を危惧しました。『絶対に子どもに教えるものではないのです。これは教育ではないのです。自衛官だった仲間も、これを学校で教えるのは危険だと言っています。戦前、女性、子どもたちに、やりを持たせたのと同じではないですか』と憤ります」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民が説明を求めているのだ | トップ | 軍事で解決にはやっぱり反対だ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供たちの未来 (からしだね)
2017-04-11 08:11:27
今回の記事を読ませていただいて、「銃剣道」がいかに危険かよくわかりました。大体、どうしてこの種目を追加しなければならないのか疑問です。
森友学園の問題にしろ、「教育」をどういう方向に持って行きたいのか、子供たちの幸福を第一に考えて、私たち国民の側が常にチェックして行く必要があると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む