みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

翁長知事は立派だ

2016年12月13日 | 憲法守るべし
最高裁は、翁長知事の辺野古埋立承認取り消しに対して、国が違法として訴えた裁判の判決を弁論を抜きで20日に言い渡す決定をした。これまでの例から、弁論をしないことから「知事敗訴」が確定することになるらしい。
それに対して翁長知事は「敗訴」が決まったとしても、あらゆる手法で基地建設を阻止するためたたかう気持ちを表明した。
翁長知事は、ほんとうにしっかりした信念をもった方だ。県民・国民への公約を最後まで守り実現するための努力を尽くそうとする、民主主義に忠実な政治への姿勢を賞賛したい。たとえ、翁長知事が裁判で敗れても、輝くのは安倍首相の方ではない。
政治上の立場は違っても、自民党や公明党議員は翁長知事の政治に対する姿勢を見習い自らを反省すべきだ。選挙で掲げた公約を平気で投げ捨てる、公約しないこと・小さい声でつぶやいた程度のことは、国民が反対してもゴリ押しして進める。こんな政治家・政治はごめんだ、要らない。
《 緊急に追加 》
民主党が自民党とカジノ法を少し修正して委員会で可決することで同意したとNHKニュースが伝えた。
民主党にとっては、カジノ法案とは簡単に妥協できる程度の“軽度の”悪法だったのか?それとも民主党が簡単に態度を変える軽い政党なのか?


      ここからイラン旅行記
イラン革命後の激しいインフレに加えて、「イスラム法に基づく政治」が強められたことに、都市の住民を中心に〝静かな反発〟がひろがっているとガイドは語っていた。
革命後、イスラムの指導者と政府は、イスラム教誕生後の歴史を重視して国民に〝押し付け〟ようとするのに対して、それ以前の歴史も語るべき、学ぶべきだとする声もその一つだそうだ。
イスラム以前の歴史の象徴がアケメネス朝キュロス大王だ。キュロス2世(大王)がメディア王国を破って、イラン高原全体がペルシャ人の国となったのがイランの始まりだからだ。

キュロス大王の墓  アケメネス朝ペルシャの最初の首都パサルガダエにある。宮殿跡とともに世界遺産
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党しっかり!!野党はが... | トップ | イラン建国の祖の誕生日に »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沖縄の怒りは日本の怒り (からしだね)
2016-12-15 07:56:40
先日、沖縄でオスプレイが墜落する事故がありましたね(防衛相は「不時着水」、米軍準機関紙は「墜落」と表現しているそうですが)。翁長知事は「起きるべくして起こった事故。抗議したい。」と話され、改めて沖縄での基地問題がクローズアップされてきたと思います。

翁長さんは、裁判所の和解案を受け入れた時点で少し距離感を感じるようになったのですが、彼の場合、最も信頼すべきはその「深い郷土愛」なのではないでしょうか。これは、政治信条よりもさらにゆるぎないものなのだと思います。

今回の事故をきっかけに、沖縄のみならず日本全土で「米軍基地の問題」を共有しなければと思います。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事