みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

秘密国家のおそれあり

2016年12月28日 | 憲法守るべし
私はしんぶん「赤旗」も購読している。日本共産党の機関紙だが、党のことや関係することだけが書かれているのとはちがう。必要な情報が得られ、ものを考えるのに欠かせない新聞と思って読んでいる。
今日の一面2番目の記事見出しは「派遣陸自が日報廃棄 南スーダン武力衝突時の資料」だ。たぶんこれは「赤旗」以外の新聞などは報道していないと思う。

「赤旗」は、事実を次のように伝えている。
「戦争法のもとでの活動を国民や国会が検証するために欠かせない1次資料が、自衛隊内の判断だけで廃棄されていました。廃棄は、首都ジュバで政府軍と前副大統領派の武力衝突があった同時期の7月7日~12日の派遣部隊の活動日報について、ジャーナリストで『平和新聞』編集長の布施祐仁さんが9月に行った行政文書開示請求で分かりました。防衛省は今月2日付で『すでに廃棄しており、保有していなかった』と不開示を通知していました」
そして、PKO業務文書の保存期間は作成翌年度から3年間だが、短期に目的を終えるものは作成翌日から1年以内の廃棄を認めていると解説している。

これまでも、日本政府の公文書や議事録などに対する考えや扱いが、国民主権からかけ離れていることを示す例はいくつもあった。戦争法のもとで、自衛隊の立場が強まっているときに、自衛隊の活動にますます国民の目が届かなくなっていくのは大変恐ろしいことだ。
国民の前に出される文書は墨塗りが今や〝当たり前〟になっているが、今後はその文書すら「政府の判断で」廃棄されていて提出できないのも当たり前になりかねない。秘密国家ニッポンに向かってまっしぐらに突き進んでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相は公開質問状に答え... | トップ | 稲田大臣はなぜ靖国参拝にこ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年一年ありがとうございました。 (からしだね)
2016-12-30 14:58:46
今回の記事の件は初めて知りましたが、このようなことは派遣されている自衛隊の方たちに対してもあまりにもひどい行いだと思います。活動日報は現場の人間の大切な記録です。しかもこのような重要な日報をこんなに短期間で廃棄するなどとは考えられないことです。
以前、「日本の大手新聞は本当のことを報道しないので、あるアメリカの大学図書館が日本の実情を知るために『赤旗』を定期購入するようになった」という内容の記事を読んだことがあります。日本のマスコミは自分たちの使命というものについてもっと真剣に考えていただきたいものです。

さて、今年も残すところあと2日となりました。1日早いのですが、この投稿を今年最後のコメントとさせていただきます。

ブログ主様、今年も様々な情報をお知らせくださり、ありがとうございました。また、素敵なお写真の数々もありがとうございました。ブログ主様は歴史に特に関心をお持ちのようですが、得意分野を生かされ、領土問題など、今年もたくさんのことをお教えいただきました。
特に、「イラン旅行記」は毎回楽しみに読ませていただき、美しい風景など、これまで私が持っていた中東に対するイメージが一変してしまいました。
来年もどうかお体にお気を付けいただき、力強いメッセージを書き続けてください。
この1年は決して社会的、政治的に明るい1年とは言えませんでしたが、何が起きようと自分をしっかり持ち、決してあきらめないことが大切だということが実感できた年であったように思います。
この思いを胸に、来年も前を向いて歩いていきたいと思っています。
どうか良いお正月をお迎えください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む