みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

この頃の政治は唖然とすることだらけ

2016年09月18日 | 憲法守るべし
          猫じゃらし。赤まんまのアクセントがなくても輝いてます。


政府は、米軍ヘリパッド工事に自衛隊ヘリを投入して車両、重機を搬入した。
災害現場で被災者を救出したり救援物資を届ける自衛隊ヘリの活躍に、TVの映像を通して国民が〝親近感”を拡げている。それをいいことに、沖縄県民・国民の頭の上を車両を吊り下げた自衛隊ヘリを飛ばすとは。「自衛隊は米軍の下請けか」と怒りの声があがったのは当然。
福岡高裁那覇支部が、沖縄県・翁長知事の辺野古埋立承認取り消しは「違法」とする判決を出した。国の言い分に従い、「普天間の危険を除去するためには埋め立てを行うしかなく、これにより基地負担が軽減される」、「辺野古に反対する民意には沿わないにしても、基地負担軽減を求める民意に反するとは言えない」と断定して翁長知事・沖縄県民を「唖然」とさせた。
「本来あるべき姿としては、沖縄を含めオールジャパンで最善の解決策を合意して、米国に協力を求めるべきである」と和解勧告した同じ裁判長の判断とは信じられない。
鶴保沖縄・北方担当相の「注文はたった一つ。早く片付けてほしいということに尽きる」発言にも唖然とした。
日銀が、「2年程度で物価上昇率を2%にする」ために大規模な金融緩和をしたが、3年半たっても目標が達成できないので「できるだけ早期に」と改めるそうだ。早期に改めるべきは、アベノミクス応援の金融政策だろう。
富山市の自民党議員の政務調査費流用といい、豊洲市場移転をめぐる自民党都連の利権と都幹部の独断など自民党政治の堕落が目に余るが、それに対して〝果敢に戦いを挑む〟小池都知事に庶民が喝さいを送る。そんな図式がTVなどを通じてつくられている。例によってまた始まったかというところだが、小池知事が豊洲市場問題を徹底解明する、都政のドンと戦うと言っているところは応援する。ぜひそうやってほしいと思う。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり出てきた、見えてきた | トップ | 何たることか!大雨、台風の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本はエリートに主導される国 (ななし)
2016-09-18 13:51:11
かつて宮沢喜一が、日本は米国と中国に挟まれたビルの谷間のラーメン屋だと言った。
当時はバブルもあり、日本は経済大国。どうして首相が日本の事を小さなラーメン屋に喩えるのか不思議に思った。
しかし今は了解できる。
日本の指導層は官僚にしろ政治家にしろエリートだと思っており、民衆のことは言いなりにならない敵だと思っている。
だから自分達のことを小さなエリートグループだと見る。
そしてエリートグループを守る為に中国や米国と取引しなければならない。
日本の民衆を裏切っても、エリートグループを守らねばならない。
そういう意識が支配層にある。
自然を先生に (からしだね)
2016-09-23 11:39:20
最近また仕事が忙しくなり、記事を読ませていただくのが遅くなりました。ななしさん、はじめまして。このコメントを読んで下さるかどうかわかりませんが、ブログ主様も私のコメントだけでなくたくさんの方のご意見を読まれたいと思いますので、ぜひまたいらっしゃって下さいね(?私のブログではないのですが、、、)。

ななしさんも書いておられますが、国民のことを思いやる指導層、というものが本当にいなくなりましたね。
加藤紘一さんが最近お亡くなりになりましたが、この方は数少ないそういう方だったのですね。そういう方を選挙で落としてしまった私たちにもやはり責任があると思います。

ねこじゃらし、よくよく見ると可愛らしいですね。自然はどんな時でもありのままの自分に満足しているように思います。人間もそうありたいものですね。

コメントを投稿

憲法守るべし」カテゴリの最新記事