みんなすてなんじょにがするべ!

今なすべきは意見を持ち発言すること。どうも心配な雲行きのこの国、言うべきことを静かにしっかりと言い続けたい。。

哀れ!金田大臣

2017年04月22日 | 憲法守るべし
昨日夜のTVでも共謀罪法案審議の様子が報道されていた。民進党議員の質問に大臣が答えずに法務省刑事局長が答弁する画像だ。階議員が答弁を求めたのは法務大臣であるにもかかわらず、委員長は再三刑事局長を指名する。共謀罪法案審議で繰り返されてきたことだが、本格的審議に入って余計ひどくなっている。
大臣はといえば、後ろを振り返って官僚の助言を受けたうえで自信なさそうに手をあげる、委員長は大臣を指さない。官僚が「答弁」した後大臣が同じことを繰り返す。
政府・自民党が決めたのが金田大臣に答弁させないようにして委員会審議を乗りきる作戦だそうだ。
金田大臣さん、そこまでされても大臣の椅子にしがみつくのか?安倍・菅・自民党は、〝同志〟金田大臣にそこまで恥をかかせて平気なのか?安倍・菅体制の権力維持のためには、国会の権威をふみつけても、民主主義に反しても、なんでもする政権に恐ろしさを感じる。
大臣と副大臣の答弁が食い違う、どうとも解釈できるような法律をこんな政府に与えたら大変なことになる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党は中川議員を辞職させ... | トップ | 共謀罪法はますます危ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む