ルールーのお気に入り

野球(ファイターズ)・映画・本・写真・TV・料理・旅行・嵐&東方神起(^^;;;
お気に入りをツラツラと…

映画『アイランド』

2005-07-31 12:54:40 | 恋する映画
貴方に500万ドルというお金があったら、
今より60~70年長く生きられるとしたら、
自分のクローンを依頼しますか?



監督/マイケル・ベイ
キャスト/ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、マイケル・クラーク・ダンカン、ショーン・ビーン


『アイランド』詳しい情報は→コチラ
(ネタバレというか、これくらいは知っていた方が楽しめるという程度のことを書いてます。なんの予備知識もない方がいいという人は読まないでね


もしなんの予備知識もなく冒頭のシーンを見ていたら…

海に浮かぶ美しい島々、サファイア色の海と透き通るような空、キラキラと光る太陽‥‥その景色を空からなめるように高速で映すカメラワークに、これから始まるストーリーはきっと『グランブルー』みたいな映画だろう、と想像したかもしれない。

スタイリッシュなクルーザー、シフォンの布が揺れる向こうで微笑む美女に手を差し伸べようとした次の瞬間、何者かに海に引きずり下ろされて、それが悪夢だと知る。
そして見ているわたしたちも一瞬にして、この物語がリアルな恐怖と不安、緊張感に満ちた映画だと悟るのだ。。






最初に『アイランド』というタイトルを知ったときは、まさか“アイランド”にそんな恐ろしい意味がある、こんなストーリーだとは想像もしなかったというか。

簡単に説明すると、今から約20年後の近未来の地球は大気汚染に被われてしまうのだけど、地下には汚染から守られた清潔な都市空間があって、そこで汚染から助け出された人々が暮らしている。
一見、選ばれて生き残った人達…
無機質だけどスタイリッシュな居住空間、管理の行き届いた生活は、安全で快適だけど、退屈そのものだ。
(わたしじゃ、絶対1週間くらいで飽きる

ここで暮らす人達の唯一の楽しみであり夢は、地上で唯一汚染から逃れた美しい楽園「アイランド」に行くことで、毎日のように行なわれる「アイランド行き抽選会」が彼らの最大の関心事だ。
でも主人公のリンカーン(=ユアン・マクレガー)がある日見つけたのは、換気口から入ってきた1匹の蛾。
外の空気は汚染されているんじゃなかったのか?

疑念を抱いた彼が施設内を探索して見てしまったのが、自分達は臓器提供を目的に、クライアントが保険契約した、彼らのクローンであるという事実。。
つまり“アイランド”なんて真っ赤なウソで、「アイランド行き抽選会」は、無作為に選ばれた幸運な人々ではなくて、臓器を摘出するために施設を離れる死の手術台への切符だったのだ!!

その事実を知ってしまった後、施設内で親しくなったジョーダン(=スカーレット・ヨハンソン)が次なる「アイランド行き」に当選。
で、そこから2人の命がけの逃亡が始まる…

というお話なんですけどー



さっき「わたしだったら1週間で飽きる」と書いたけど、実は彼らはそういう“自我”を持たないようにプログラミングされているわけなんですね。
クローンと言っても、現在動物で実験されているような、誕生してから同じ年月をかけて成長するんじゃなくて、特殊なビニールのケースみたいな中で、実際のクライアントと同じ年齢くらいに一気に成長するわけです。
だってそうじゃなきゃ、臓器提供するのに年齢のギャップがあるものね。

で、このクローンが作られる過程のシーンがすごい衝撃的。
たった20年後の近未来に、ここまでのことができるようになるかなーと思うと甚だ疑問だけど、ありえない話ではないかも。





誕生したクローンは「自分は人類絶滅の危機を生き延びた特別な人間だ」という記憶をインプットされて、教育も15歳相当のモノまでしかされない。
男女間の愛情とか、そういう「クローンとして余計な感情や思考」もいっさい排除されるわけ。
なのにどうしてリンカーンは疑問を持ったりしたかというと、同じ時期に作られたクローンにはそういう能力がちょっと残っていたとか。。
でも逃亡した2人は「愛」という感情を知らないから、互いの間に生まれる感情に戸惑いながら、「生きる」ために必死で逃げるわけなんですよね。

興味深かったのは、クライアントはみんな、自分達のクローンがまさか自分と同じように生きて生活しているとは思っていなくて、それはまるで植物のようなものとして認識されているのだけど(だから罪悪感を持っていない)、じゃあどうして「植物的」なものではダメなのかというと、試行錯誤をくり返した結果、「人間と同じように生活し、感情を持たないと臓器も成長しない」というくだり。

ひゃ~、もし本当にこんなことを考える人が出て来て、実際に人として生きてないと臓器も使い物にならない、なんてことになったら、この話あながち絵空事ではなくなるかも?

あと、映画の中で2015年に新たな優生保護法が施行されるという話が出てきたのも興味深かったです。
現状からどんなふうに踏み込んだ法律ができるのか…
もちろんこれは映画の中での話なのだけど、なんとなく怖いような気分。。

まぁとにかく映画は実はココまでが導入部、という感じで、この後ものすごい「生き延びるための死闘と、ピュアな魂から生まれる愛」というのが繰り広げられるわけなんですが…

はっきし言って、この2人を抹殺するための犠牲が多過ぎ!(笑)
それにこれだけの騒ぎを起して、この組織のことが全く世間にバレずに済むわけないじゃん。(^^;;;;;



監督は『パール・ハーバー』『アルマゲドン』のマイケル・ベイ監督ですが、とにかく完璧主義者で、映像には圧倒されます。
TVでメーキングをやっていたんだけど、とにかくそのこだわりは半端じゃないですね。
特に近未来の都市空間なんて、実際の大きさのセットを、目に見える表面の部分だけじゃなくて建物?として創っちゃったらしいですし。

それがまたとてつもなく大きいの。(@_@;)
大きいだけじゃなくて、いろんな部分やあとアイテム、デザイン的にも見る価値は十分にあると思います。
クローン達が身につけるコスチュームやシューズ、シューズはプーマだったけど、コスチュームはタッキーニかな?アレ。

あと、とにかくアクションがものすごくて、でもわたし的には何もあそこまで表現しなくてもーという感じでしょうか?(^^;;;;;


・・・そんなわけで
ルールーのお気に入り度
★★★★★★(60点/100点満点)
※わたし的ツッコミどころがありました(笑)


人間のクローン、ということを考えてみるのに、とてもいい機会になる映画だと思ったかな。
臓器提供だけでなく、例えばおばあちゃんが若い頃に戻りたい!なんて希望を持って、自分の若い頃のクローンを移植することができたとしたら、なんてことを考えると、ニーズは出てくるかもしれませんね。(怖っ)

で、最初の「自分だったらクローンを依頼するか?」ですが…
長く生きたい、死にたくない、というのは誰もが多少は思うことなのかもしれないけれど。
わたしは無理!
だってそんなお金持ちになっているとはとうてい思えないもん!(笑)
じゃなくて、やっぱり怖いかな、世の中や自分にいろんな歪みが出てきそうで。
だってわたしのために、もう1人のわたしが死んじゃうんですよ!
ダメダメ、絶対ダメ!!!


あとスカーレット・ヨハンソンの新たな魅力も発見!
(といっても、そんなに詳しくないんですがー 『真珠の耳飾りの女』や『ロスト・イン・トランスレーション』の女優さんですね。この後『理想の女(ひと)』という映画に出るみたいけど、全然違います)


【ちょっとネタバレ

最後のシーンの今後が気になります。
あの人達…ちゃんと…(以下省略


っつーか、長く書き過ぎ!(笑)
あと2本映画観たけど、もっと短くしなくちゃ(汗)


人気ブログランキング
↑ひっそりと参加中♪(笑)
1日1クリック有効です♪応援よろしくです~


当ブログの【映画レビューINDEX】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テニススクール | トップ | 映画『モディリアーニ~真実... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇宙狼)
2005-07-31 21:37:00
 うーむ。ルールーさんのレビューは読む者を映画を観たくさせますね。素晴らしい。



こういう映画、米映画では多いですよね。シュワルツネガー主演でもクローンの映画があったし。もろにアメリカ社会の抱える歪みというか不安を具現化しているというか。アクションであり、ラブロマンスであり、SFであるんだけど根底には深く重いテーマが流れているという。



ここ2~3年はテレビを見ていない(以前は映画やスポーツやニュースは見てた)ので、映画は映画館かDVDでしか観ていませんが、こういう映画はやはり大画面で観た方が面白いでしょうね。







宇宙狼さん♪ (ルールー)
2005-08-01 08:10:38
いらっしゃいませ~&どうもです



正直こういう設定は、自分の身近な問題としてはありえない話だったので驚きましたね。

でも「人間のクローン」と考えるととてつもなく人道的には問題があるようだけど、今後例えば美容整形とか、一般の人にとって身近な部分から徐々にそういった技術が知らない間に使われ始めたり、なんてことはありえるかも?



それにえてしてこういう技術を莫大なお金儲けのために使う人って出てきがちだし。。

考えてみたら起こりそうなリアル感がありますよねー(怖っ)



まぁ、そういうお話にアクション&ラブロマンスを絡めるのは、お約束という感じでしょうか?



ニュース23で (てるみん。)
2005-08-01 22:22:57
おすぎも絶賛してたじょー^^
がはは、やっぱり? (ルールー)
2005-08-01 23:02:59
まぁ、シリアスなことは置いておいて、単純に楽しめる映画でしたわ。

とにかくお金かかっているという感じ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『アイランド』を観て来ました! (★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...)
2005年7月29日(金) 凱旋門の日 1836年の今日、ナポレオンが 1806年に建造を命じたパリの凱旋門が 完成したことに由来する。凱旋門とは 兵士が戦地でとりつかれた 悪霊をはらい落とすためのもの #10 (2005.7月から起算) アイ
■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験~『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ (太陽がくれた季節)
おはようございます! 今週も、数多くのTB、数多くのコメントを頂きまして まことにありがとうございます!! ◆―さて、土曜日です、 7月最後……から2番目の(^^)週末です、 気持ちの良い週末にしたいですね、 ◆◆―さてさて(^^)、日曜日(7/24)です、
「アイランド」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
昨日『亡国のイージス』と合わせて観てきたのが『アイランド』です。 主演は『スター・ウォーズ』新シリーズの「ユアン・マクレガー」、そして『ロスト・イン・トランスレーション』の「スカーレット・ヨハンソン」。監督は『アルマゲドン』『パールハーバー』の「マイケル
『アイランド』 (京の昼寝~♪)
■監督 マイケル・ベイ■キャスト ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ショーン・ビーン、スティーブ・ブシェミ、マイケル・クラーク・ダンカン、ジャイモン・フンスー□オフィシャルHP  http://island.warnerbros.jp/ マイケル・ベイ監督が近未来、臓器
「アイランド」ありえそうで怖い世界 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
ショーン様、渋くてかっこよかったですね~。 きっとココちゃまやrukkiaちゃまの目が{/hearts_pink/}{/hearts_pink/}になってるんじゃないかと思いました。 ショーン様だって、はじめは多分、世の中のために画期的な企画だと思って始めたビジネスだったんだと思います。
予告編はネタばらしすぎ◆『アイランド』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月19日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて この作品って、予告編を観ると思い切りネタをばらしちゃっているんだけど、それって知らない方が絶対に映画を楽しめると思うので、私は予告編で触れているネタばれには触れずに書こうと思っている。 とある施設で働く
アイランド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
会社さぼって、(ちゃんと有休とりましたけど(笑)今日は映画三昧しちゃうかなぁ~ 『アイランド』は、そのときの2本目の映画です♪ ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン出演っていうだけで、予告でそそられちゃった(笑) クローン技術が発達し、自分の...
「アイランド」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は秀君と「アイランド」の試写会です。秀君が出張から早い時間に帰ってこれると言う事で並んでもらいました。マイケル・ベイ監督作品なのでちょっと期待しつつ、あんまり期待すると・・・と思ったりとか。でも、秀君がたしか4月の頭くらいに行った試写会で予告を見て「
アイランド (ももママの心のblog)
近未来を舞台にした豪快なアクション映画。{/good/}ユアン・マクレガーは実は、かなり若い!{/up/} 2005年 アメリカ SF アクション ラブロマンス 2005年8月5日 川崎チネチッタ 監督・製作 マイケル・ベイ(「アルマゲドン」「パール・ハーバー」) 出演 ユアン・マクレ
試写会「アイランド」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「アイランド」開映14:30@よみうりホール 「アイランド」 THE ISLAND 2005年 アメリカ 配給:ワーナー・ブラザーズ 監督:マイケル・ベイ 製作:マイケル・ベイ、イアン・ブライス、ローリー・マクドナルド、    ウォルター・F・パークス、ケニー・
アイランド (女ざかり映画日記)
★★★★アイランドです。楽しめました。
アイランド (Akira\'s VOICE)
都合の良い展開があるものの,見応え満点のアクションと, 人類への警告が絡み合い,最後まで飽きずに楽しかった!
THE ISLAND(2005,U.S.) (The Final Frontier)
 やっと観てきました。Ewan McGregor様主演の THE ISLAND  予告編の段階で半分くらいネタバレしているようなもので(クローンだの 施設(?)から逃げるだの…)、あんまり細かいことを気にしなければ観て楽しめる。そんな感じの映画でした。なんてったって監督がマイケ
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ
アイランド-映画を見たで(今年115本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、スティーヴ・ブシェミ、ショーン・ビーン 評価:84点(100点満点) 近未来SFアクション映画。 ひねりもなく、至極真面目にまっすぐに作ってあります。 それはそれ
アイランド 今年の232本目 (猫姫じゃ)
アイランド いやぁ、おもしろかった。 うちの姉君、最近、少し良くなってきたのですが、まだ安静生活。で、アイランド見たいから、借りてこい!と、、、新作だから、全部貸し出し中yo。といっても、誰かが返しに来るまで、そこで待っていろ!と、、、 最初の近未来的なお.
「アイランド」を観た。 (私でもいいですか?新館)
近未来、完全に管理された施設の中で、過ごすリンカーン(ユアン・マクレガー)。彼は他の者たちと同じ服を着て、同じような食事をして、同じような仕事をして、過ごしている。 彼ら
アイランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アイランド 制作:2005年・アメリカ 監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、スティーヴ・ブシェミ、ショーン・ビーン あらすじ:汚染された外界と隔絶され、殺菌・脱色されたようなモ...