ルールーのお気に入り

野球(ファイターズ)・映画・本・写真・TV・料理・旅行・嵐&東方神起(^^;;;
お気に入りをツラツラと…

映画『かもめ食堂』

2006-03-28 23:29:55 | 恋する映画
映画全体に流れるゆるーりとした時間と、このポスター↑でも見られる心の中にス〜ッと爽やかな風が吹くような澄んだ空気感。
フィンランドの街並って、きっと日本人の心の琴線にぶるるんて共鳴してしまう、何か郷愁のようなものがあるのかも。

白夜とか、ムーミンとか、ノキアとか、その程度のイメージしかなかったけれど、映画で繰り広げられるフィンランドのライフスタイルには、本当の意味の“豊かな生活”とか“ゆとりの心”が感じられて、現代の日本人がどうにも憧れてしまうのがわかる気がします。



そんなフィンランドに魅せられたプロデューサーの意向で作家の群ようこさんが書き下ろした長編を、「バーバー吉野」などで知られる荻上直子氏が監督した今作品。

物語は、フィンランドの首都ヘルシンキで、日本人女性サチエ(=小林聡美)が「かもめ食堂」という小さな店をオープンさせたところから始まります。

来る日も来る日もお客さんは来なくて、でもサチエは「真面目に働いていればいつかきっとお客さんは来る」と信じている。
やがて最初のお客さまである日本かぶれの青年トンミが出入りするようになって、日本のアニメ「ガッチャマン」の歌を教えてほしいと頼まれるものの、サチエは冒頭部分しか思い出せずに気になってしかたがない。
そんなある日ミドリ(=片桐はいり)と出逢い、さらには何やら訳ありなマサコ(=もたいまさこ)とも知り合って、物語は静かにゆっくりと動き始める…




さして大きな事件も劇的な展開などもなくて、毎日淡々とゆったりとした時間が流れていきます。
それなのに、なんなんだろう?この面白さは!(笑)
なんていうか、小鼻をふくらませて「ムフフフフ…」と笑うような、自然な笑みがあちこちでこぼれてしまうのです。

やっぱりキャスティングの勝利ですかね。
とにかく主演の小林聡美はじめ、もたいまさこ、片桐はいりの3人の実力派女優の演技は絶品です。

特にもたいまさこの絶妙な“間”が本当に素晴らしい。
傷心のフィンランド女性の心を掴むシーンで、まるで彼女の言葉を理解しているように振る舞うのですが、
「マサコさん、フィンランド語ができるんですか?
「いいえ
その無表情な表情ったら。(爆)
ただそこに居るだけで自然と笑いが込上げて来るなんて、スゴイ存在感。(笑)

片桐はいりも、普段の特異なキャラクターとは違った繊細な女性を自然に素敵に演じているし(「豚身」には笑った^^;)、小林聡美にいたってはいつもながら完璧♪
フィンランド語も、テキパキとお料理する姿も、サチエという女性を、まるで当ててホンを書いたような自然な雰囲気で演じてます。

そしてなんといってももうひとつの主役が、日本のソウルフードおにぎりを始めとするお料理の数々。
ごはんから立ち上る湯気とか、本当に美味しそうで幸せな気分になれますよ♪



建築や工業デザイン関係に興味のある方には、フィンランドの家具や小物のデザインが素晴らしいことなども注目されているようですね。
実際、映画の中に出てくるお店のシンプルで気持ちの良い空間、家具や食器のセンスの良さには目を見張りました。

そしてなんといっても森と湖に囲まれたのどかな風景のなんと美しいことか!
夏は白夜が続くため、太陽の恵みが街の隅々にまで行き渡っているような空気感と色合いです。



たとえお客が来なくても毎日お皿をピカピカに磨き、夕方にはプールで泳ぎ、家でもきちんと食事を作り合気道のトレーニング?をして、毎日を変わりなく健やかに過ごしていく。

当たり前のようでなかなか出来ないことを毎日気持ちよくやるということ…
サチエの真心のこもったおもてなしや料理は皆の心をゆるりと解きほぐして、観ているわたしたちにも自然と笑顔があふれていくのです。

本当の意味の“シンプルで豊かな生活”を感じさせてくれる映画です。
ゆったりほっこり親近感たっぷりの、「癒し」というよりも「気持ちいい」がしっくりくる感覚。

美味しい空気、爽やかなそよ風の中で、太陽に向かって目を瞑って瞼の裏をオレンジ色に染めながら、両手をいっぱいに広げて大きく深呼吸をして、思わず「嗚呼、気持ちい〜い」って声が出てしまうような…
そんな映画なのでした。(笑)



・・・そんなわけで
ルールーのお気に入り度
★★★★★★★★★(90点/100点満点)
※ひさびさに気持ちが良くなる映画でした♪



おまけ

パンフレットがまたとても可愛いのです。

トランク型のパンフレット。
これで600円♪


写真がとにかくイイ感じなのです。


「かもめ食堂」のメニューも載っています。
他にシナモンロールやおにぎりのレシピも。



フィンランドって、なかなか面白そうな国なんですよ。

エアーギターコンテストがあったり、奥さんを担いで走るコンテストがあったり。
あと日本語では可笑しい意味の発音の言葉が多いようです。
「プータロー」は、プ−(=木)タロー(=家)で「ログハウス」のことだとか。
また名前には「トラ」さん、「パンツ」さん、「アホ」さん、「ロバ」さんetc.…(笑)

フィンランド人気がアップすること間違いなしの映画でした♪

「かもめ食堂」公式サイト

かもめ食堂占い

フィンランド人だったら占い


←ひっそりと参加中♪(笑)応援よろしくです〜

当ブログの【映画レビューINDEX】
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『キャッチボール ICHIRO meets ... | トップ | WBC優勝トロフィー@3/29 M−... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らなかった… (サク)
2006-03-29 19:33:54
小林聡美さんが好きである自分。なのに、こんなよさげな映画に出ていたとは…。

しかし、聡美ちゃんは大のムーミン好きなので、フィンランドでのお仕事は頷けました。

ルールーさん、いい情報をありがとう〜!



ちなみに、私の名字は「パンクネン」でした(笑)
サクさん♪ (ルールー)
2006-03-30 12:06:56
こんにちは〜

サクさんは小林聡美さんのファンだったんですね。

本当に彼女は素晴らしいですよねー

「神はサイコロを振らない」もホントよかった。。(涙)

ところでこの映画ですが、わたしは最初はただ「かもめ食堂」という不思議なネーミングとポスターやチラシの写真にすごく惹かれて観に行ったのですが、観て大正解♪

小林聡美ファンなら絶対に観るべし!!!(笑)

ちなみにわたしは「ムッチャネン」でしたー
こんばんわ (かのん)
2006-03-30 21:57:28
TB、コメントありがとうございました。

片桐はいりさんってその個性からキワモノ的な役が多かったりしますが、この作品では一人の女性としてとても輝いてみえました。一番良く行く近くのシネコンでも上映することになったので機会があればもう一度観てくるつもりです。
こんばんわ! (睦月)
2006-03-30 23:01:11
ルールーさん!いかがお過ごし?



睦月ね、この作品明日観に行く予定だよ。

とっても評判もいいし、もともと気になりつつ、なんだかさっぱりいけずにいたの。

最近・・・またとっても疲れて余裕がないから。この作品で心を気持ちよくしたいんだあ♪

楽しみ!映画論アップしたら、またお邪魔します♪
かのんさん♪ (ルールー)
2006-03-30 23:39:39
コメントありがとうございます

片桐はいりさん、本当にこの映画では素敵な女性をキメ細やかに演じてましたよね。

なんかじわじわ拡大して上映されるみたいで、わたしもまた観たいなーと思ってます。

今後ともよろしくです〜
睦月さん♪ (ルールー)
2006-03-31 00:02:31
オー!わたしは元気ですよー

睦月さんはまたお疲れモードなのね。

きっとこの映画を観たら、気分がほっこりほんわか気持ちよくなりますよん

レビュー楽しみにしていますからね〜
はじめまして (とむぼん)
2006-04-09 13:45:29
駒吉さんところからぽちっと来ました♪

私も小林聡美さんが大好きです。

「かもめ食堂」はじんわり暖かくなるいい映画でしたね。

本当にこんな食堂があったらいいなぁ〜と思いました。

TBさせてくださいませ♪
とむぼんさん♪ (ルールー)
2006-04-09 20:37:19
はじめまして&コメントありがとうございます

小林聡美さん、本当に巧いですよね。

もう完璧

本当にあんな食堂があったらいいですよね〜

週に3回くらい通っちゃいそうです。

というか、わたしもお手伝いしたくなりますわ。
忘れていた大切なことたち (かえる)
2006-04-10 14:38:38
こんにちは。

心洗われる素敵な映画でした。



>当たり前のようでなかなか出来ないことを毎日気持ちよくやるということ…



サチエさんのそんな日常にとてもうたれました。



>本当の意味の“豊かな生活”

を実感できました♪
かえるさん♪ (ルールー)
2006-04-10 17:58:43
コメントありがとうございます♪

本当に、映画館を出て来る人たちの顔つきが、みんなニコニコ〜っとしていて気持ち良さそうでしたね。

サチエさんの日常の過ごし方は本当に魅力的で、かつ見習うべきことがとても多かったです。

フィンランド、行ってみたいですよね〜

今後ともよろしくです〜

(かえるさんなので、絵文字全部カエルでまとめてみました^^;)
気持ちよかあ!! (睦月)
2006-04-13 02:56:33
ルールーさん!こんばんわ。TB&コメントありがとうございました。



すっかりまた最近疲れてしまっていた睦月の心に、見事なストライク・・・そんな作品でしたわ。ホントに、思い切り両手広げて「気持ちよかああ!」と深呼吸したくなる映画。最高です♪

素朴な和食があんなに美味しそうに見える映画って、初めて観たかもしれないなあ・・・。
睦月さぁ〜ん♪ (ルールー)
2006-04-13 17:15:45
やっぱツボにきましたか?

よかったよかった。

ホント、空気が澄んでいる感じで気持ち良かったよね〜

これはDVD欲しいなぁ。
こんばんは! (かりめろ)
2006-04-16 22:39:31
とってもステキな映画でしたね☆

物語はゆったりしているけれど、決して緩んでいるわけではないし、なにしろ空気感がとっても心地よくって!

ほんとに見に行ってよかったと思える映画でした☆



私が行った映画館でも満員で、ぎりぎり補助席に座りました(笑)一番前のはしっこでしたがそんなこと気にならないほど、集中してみていました☆
かりめろさん♪ (ルールー)
2006-04-16 23:51:43
こんばんは☆

コメント&TBどうもでした

奇遇ですね、わたしもギリギリセーフ、一番前の端にようやく座れてなんとか観ました。(^^;;;

この大フィーバーはしばらく続きそうですね。

もう1回くらい観たいな〜と思いつつ、立ち見だったらと思うと躊躇してしまいますわ。

功績 (kimion20002000)
2006-06-22 03:41:58
TBありがとう。

この映画、ほとんど、俳優と監督、原作者そして、スタイリスト、音楽、が賞賛されるけど、本当に、この奇蹟のような映画が出来たのは、たぶん、プロデューサーのセンスと頑張りだと思うな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
かもめ食堂 /小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ (カノンな日々)
ヨカッタぁ、最高ォォ!コレ、絶対チョーオススメですッ!めっけもんの当たりクジって感じでとっても気分いいです。監督は「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」の荻上直子さん。この監督の力量はやっぱり本物ですね。「バーバー吉野」を気に入った方ならまず大丈夫、基本的.
かもめ食堂。 (フェン太侍)
今日は『かもめ食堂 』を観てきました! 北欧家具が好きなのでILLMUS によく行くのですが、 北欧つながりでオールフィンランドロケの『かもめ食堂』のセットが ILLMUSに展示されていて観にいきたいなと思ってました。 おまけにシネスイッチ銀座は、 金曜日
【劇場鑑賞30】かもめ食堂(ROUKALA LOKKI) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いらっしゃい(o゜▽゜)ゝ♪ ハラゴシラエして歩くのだ。 かもめ食堂。 それはフィンランドの ヘルシンキにありました。
映画:かもめ食堂 (駒吉の日記)
かもめ食堂@シネスイッチ銀座 「コピ・ルアック」 「ガッチャマンを全部歌える人に悪人はいない・・・と思う」 「私の荷物、まだ届かないですか」  金曜のシネスイッチ、長蛇の列で立ち見もでていました。普通だったら立ち見ならあきらめますが・・・どうしても観
かもめ食堂 (とにかく、映画好きなもので。)
   それは、フィンランド、ヘルシンキの街中にある小さな食堂。  メインメニューはおにぎり。    サチエさん(小林聡美)は、お客さんが中々やってこない中で、一人のんびり店を構えていました。  ある日、初めてのお客さんトンミがやってくる。
映画 「かもめ食堂」 (ひなたぼっこは3時まで)
「かもめ食堂」のことはこちらでどうぞ。 「かもめ食堂」公式ブログもあるでよ。 群 ようこ かもめ食堂 ↑こちらは原作本。 とてもゆったりとした気分になり、こった肩の力も抜ける、 なんともじんわり微笑みたくなる映画。 見終わって出てく
『かもめ食堂』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ほのぼの優しく居心地のいい かもめ食堂。 食べることは生きること。 オリジナリティをもって、マイペースでいこう! フィンランドのヘルシンキに日本人のサチエがオープンした食堂の物語。アイドル映画もあふれ、メインに置かれるのはもっぱら華のある女優というのがス
カモメ食堂 (Saturday In The Park)
 日本  監督:荻上直子  出演:小林聡美      片桐はいり      もたいまさこ      マルック・ペルトラ   フィンランドのヘルシンキでかめも食堂という小さな食堂を営む日本人女性サチエ。 シンプルなおにぎりを看板メニューにフィンランドの人にも
かもめ食堂 (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → かもめ食堂 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやっ
かもめ食堂 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ここは・・・美味しく生きる場所  
かもめ食堂 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
オールフィンランドロケとなった邦画です。 何故か、フィンランド、ヘルシンキで「和風の家庭料理を中心とした料理を出す『食堂』」を開いている日本人女性サチエ(小林聡美)。そして、この女性とヘルシンキの街で出会う、ミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)
【映画】かもめ食堂 (かりめろ日記)
■観覧場所 名演小劇場■ ■脚本・監督 荻上直子■(←【恋は五・七・五(2005)】) ■原作 群ようこ■ ■cast 小林聡美 片桐はいり もたいまさこ ほか■ ■Introduction■ 東京から10時間、日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。 そんななん.
『かもめ食堂』 (京の昼寝〜♪)
それはヘルシンキにある食堂でした。こころをこめた「いらっしゃいませ」とおにぎり。毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。 ■監督・脚本 荻上直子■原作 群よう子(「かもめ食堂」幻冬舎刊)■キャスト 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、マ
『かもめ食堂』を観た (★CAFE COURONNE★     器用ビンボーの戯言)
前評判が高かった。カモメ食堂を観に行った。 元々、『やっぱり猫が好き』から小林聡美という女優さんが好きで、 ドラマ見たり、彼女の書いたエッセイを読んだりしていました。 舞台になったフィンランドは、数年前に行って以来、 もう一度訪れたい外国のひとつとなって
ハラへった〜! (○○をアレしちゃいました)
この映画、レストランでなくて食堂、なんですけど 出てくる料理の数々におなか空きます。たぶん。。 空腹で行って、静かな映画館で おなかが鳴らないようご注意下さいね! (鼻をすする声じゃなくおなかの音が響きますよ) それと、料理もですが、なにより女優さんが
かもめ食堂占い〜 (京の昼寝〜♪)
 映画『かもめ食堂』について、観た方の感想をあちこち徘徊しながら読んでいるうちに、面白いものを「ドリアンの言いたい放題」さんのところで発見しました ちょうど映画を観た後なのでこれはグッドタイミング、占いどきですね〜 早速チャレンジしてみました 「かもめ食
★「かもめ食堂」 (ひらりん的映画ブログ)
小林聡美主演。 全編フィンランド・ロケで作ったらしいね。 共演は、片桐はいり、もたいまさこ・・・すんごいオバサン・トリオ。
「かもめ食堂」 ( poco a poco)
観て来ましたよ〜、「かもめ食堂」! フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした
【劇場映画】 かもめ食堂 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやってきません。サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。ある日、ついに初めて ...
『かもめ食堂』 (アンディの日記 シネマ版)
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]        (公式サイト) (公式ブログ) 癒し度 [:おはな:][:おはな:][:おはな:][:おはな:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】荻上直子 【脚本】荻上直子 ...
かもめ食堂 (東京ミュービー日記)
かもめ食堂 監督:萩上直子 出演:小林聡美/片桐はいり/もたいまさこ ほか 昨日は休み。 とはいえ会社にも出向く。 そんな合い間を縫って2本映画鑑賞。 よくやるなぁと。 こんなに映画好きやったっけ・・・。 まぁ、ブログ始めて観に行く頻度が高まっ ...
『かもめ食堂』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
CAST:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ フィンランド、ヘルシンキで日本食屋「かもめ食堂」を営むサチエ(小林聡美)。しかし開店して一月経っても全く客は入らなかった。そんなある日、ある理由でフィンランドにやってきたミドリ(片桐はいり)と出 ...
映画 かもめ食堂感想 (日々の書付)
先日、ようやく、映画「かもめ食堂」を見てきました。 本当は銀座まで映画を見に行きたかったのだけれど、ネットで調べたらいつも満席状態だし、パンフレットも売り切れで買えなかったという人もいたので、思い切ってうちから40分ほどのシネコンへ行って見まし ...
NO.155「かもめ食堂」(日本/荻上直子監督) (サーカスな日々)
たった2館で上映された「かもめ食堂」は、 女性たちの先進的な意識にシンクロした。 もともと東京と横浜の、たったふたつの単館で、この作品は上映された。多くのミニシアター系映画と同様に、評判がよければ、上映期間が延長されたり、上映館数が拡大されたりす ...
「かもめ食堂」を観た! (とんとん・にっき)
シネスイッチ銀座で、「かもめ食堂」を観ました。以前、観たいと思ってネットで検索したら、映画館での上映はもう終わっていました。遅かりし由良の助。最近、どうしても観たくて、また調べてみたら、下記のように書かれていました。 ◎大ヒット御礼により、シ ...
「かもめ食堂」を観た! (とんとん・にっき)
シネスイッチ銀座で、「かもめ食堂」を観ました。以前、観たいと思ってネットで検索したら、映画館での上映はもう終わっていました。遅かりし由良の助。最近、どうしても観たくて、また調べてみたら、下記のように書かれていました。 ◎大ヒット御礼により、シ ...
かもめ食堂 (シネマ通知表)
2005年製作の日本映画。 人気作家・群ようこの原作を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が小林聡美主演により映画化。フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」を経営する日本人・サチエの前に、ある日ミドリとマサコが現われ、店を手伝い始める。 日本人とフィンラン...
「かもめ食堂」 主義はあるけど、肩に力が入っていない生き方 (はらやんの映画徒然草)
フィンランドのかもめはまんまるなんですねえ。 サチエの生き方がいいですね。 マサ