Fly with Angels(ブログ)

ドリーンバーチュー博士公認ATP(R)のルイーズが天使やスピリチュアルと日常の出来事をつづっていく日記です。

北海道旅行 1 (2007年)

2007-09-12 03:17:13 | 旅行
このブログで書く2度目の北海道旅行のブログです
昨日9月11日は新月でしたが、
この北海道旅行も実は今年の前半の新月の時にお願いしたものでした。
それも今度は一人旅ではなく、
妹か娘との旅をお願いしていました。
娘は予算の関係もあり、
バイトのスケジュールもありで行かれなかったのですが、
いつも忙しい妹が9月上旬に夏休みが取れそうとのことで、
スケジュールを調整して一緒にいくことになりました。
恐るべし新月の祈り
こんなにはっきりと願いごとがかなうものなのですね~
そして最初は私の一人旅の予定で
道内2泊のつもりで予定を組んでいましたが、
妹が参加することになり、温泉に行きたいという彼女の希望を考えて
札幌市内の温泉つきのホテルに3泊滞在することにしました。
これが結果的に私たちにとって幸いすることとなりました。

9月4日に私は大好きな北斗星で一日先行して出発し、
翌朝に羽田を飛行機で出発した妹と、
札幌駅で落ち合うという現地集合方式をとりました。
私は「飛行機嫌い」、妹は「長時間の電車など絶対にいや」なので、
しょうがないですよね~。
旅行会社では「イレギュラー」な旅を連発されてしまいましたが・・・(笑)
さて、私にとって北海道へ行くことは北斗星に乗ることでもあります
初日の北斗星は昨年と同じようにワクワク気分で乗りました
今回ちょっと驚いたのは学生らしき若者のグループが
たくさん乗っていたことです。
私が以前乗ったのは10月11月のシーズンオフなので、
学生より中年の男女、
またはお年寄りがメインの乗客だったので意外に思いました。
若者はきっと飛行機ですばやく行くのが
好きなんだろうと勝手に解釈してましたが(笑)
列車が走り出すと車掌さんから
「ロビーカーでの宴会はご遠慮ください」と
聞いたことのないアナウンスがあり、
これも学生グループのためかなとおかしかったです(笑)
案の定、宴会こそやっていませんでしたが、
小さなロビーカーは学生達のトランプ大会場と化していました
さて、北斗星での楽しみはなんと言っても食堂車グランシャリオに行くことです。
この日もそれを楽しみにしていましたが、
なんとなく、胃の具合がよくありません。
上野でお弁当を買って乗ったのですが、
どうもそれが胃にもたれているような感じです。
今日のグランシャリオでのティータイムは断念かなと思っていましたが、
「そうだ、私はなんのためにヒーリングをやっているのだろう」と思い、
大天使ラファエルを呼んで早速セルフヒーリングをはじめました。
そのおかげで、それから約1時間半後にはふっか~つ
予定どおりグランシャリオでティータイムをすごすことができました。
初日から大天使ラファエルに感謝しました

翌朝9時過ぎに予定通りに札幌駅に到着。
いつものことなのですが、遠足の小学生の気分(笑)なので
行きの北斗星ではよく眠れません。
この日も完全寝不足状態で札幌駅に降り立ちました
その日の朝東京を出発した妹とも、
予定通り札幌駅で落ち合うことができました。
私は列車で16時間、飛行機は1時間半
すごい差ですよね~(笑)
寝ぼけ頭の私と連日の仕事でお疲れの妹は、
まずは北大へ行ってぼけ~っと散歩することにしました。
私は以前行ったことがありますが、妹ははじめてとのことでした。
博物館や獣医学部の前にいる牛や馬などを見て、
ゆっくりと北大の中をまわって、
そのまま札幌駅に戻り、道庁のほうへ向かいました。
そのころには歩き疲れていたので、
札幌で遅い昼ご飯を食べて、
いったんホテルに向かい、チェックインをしてから
もう一度札幌に戻ることにしました。
今回のホテルは札幌駅からシャトルバスで40分ほどかかりますが、
そのバスに乗りさえすれば雨にもぬれずに
ドアtoドアなのがとても便利でした。
こうして札幌初日は平穏に過ぎました。
この日は曇っていましたが、雨にも降られず、
翌日は富良野あたりに行きたいねと話していたのですが、
テレビでは台風が刻々と東京に近づいていることが
ニュースになっていて、私たちにとって心配の種となりました



~~~続く~~~




Fly with Angels
today's message
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰ってきました | トップ | 北海道旅行 2 (2007年) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む