goo

【映画ノススメ】紅の豚

昨晩の横浜はすごい雷でした
今日も晴れてはいますが雷注意のようです
お出かけを明日にするか悩むところです

今朝もルイチャンに5時半に起こされました
1時間半散歩に行ってきました。今日はいっぱいお友達に会えて
ルイチャンうれしそうでした


さて今日のブログは月イチ企画のオトンの映画ノススメです
今回選んだのはこれです

「紅の豚」(1992年7月公開)
スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション作品


【あらすじ】
賞金稼ぎを生業とする飛空挺乗りポルコは、以前から対立している空賊
マンマユート団に襲われたバカンスツアーの女学校の生徒達を助ける。
その夜、幼なじみのジーナが経営するホテルアドリアーノへ出かけたポルコは
そこでカーチスというアメリカ人と出会い、彼の飛行技術の優秀さを察知する
同時刻のアドリアーノでは、ポルコに業を煮やした空賊連合が、ポルコに
対抗するためカーチスを雇う相談をしていた

数日後、飛行艇の整備のためにミラノに向かって飛んだポルコは、飛行途中で
カーチスに遭遇。離脱を試みるが格闘戦中エンジンが停止し、撃墜されてしまう
からくも一命を取りとめたポルコは、大破した愛機とともにミラノへ向かい
馴染みのピッコロ社に修理を依頼する。人手不足のピッコロ社で修理・再設計を
担当したのは、ピッコロの孫で17歳の少女フィオだった
当局の追及が厳しくなったためテスト飛行もしないまま、ポルコはフィオともども
完成した愛機でミラノを飛び立つこととなる

アジトに戻ったポルコはそこで空賊連合に襲われるが、フィオの強気な説得で
カーチスとの再決闘が設定される。カーチスは決闘に応じる条件として
フィオを賞品にすることを要求し、フィオもそれを了承する
後日行なわれた二人の決闘は、高度な飛行技術の競い合いとなるが、決着がつかず
ついに地上に降りたポルコとカーチスは殴り合いを始め、辛くもポルコが勝利を
得る

そこへやってきたジーナがイタリア空軍の襲来を告げる
ポルコはジーナにフィオを託し、カーチスと共に空軍のおとりとなって皆を
逃がした

フィオがミラノに帰る時になっても、ポルコはフィオの前に一度も現れなかった



この映画はスタジオジブリ作品にしては珍しくストーリーがしっかり
していて映画を見終わったあとじ~んとくるものがあります
またポルコの声を担当している森山周一郎がしぶいです
絵はもちろん綺麗です

最後ポルコは人間に戻ったのか、ジーナと結婚したのか
全てを謎に残しながら終わるところが大人のアニメという感じです

明日よりこの映画のパロディとして「紅のルイ」が始まります
かわいい系のルイチャンが渋いポルコを演じます
お楽しみに


ルイコレのペットランキングです

下のどれでもクリックいただくと今日のルイチャンのランキングをご覧いただくことが
できます
ペットブログランキング チワワ・ランキング 小型犬・ランキング 犬 写真・ランキング
犬 室内飼い・ランキング
犬絵・犬漫画・ランキング
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 酒は飲んでも... 【Today\'s Lo... »