goo

ミュンヘン

事実って怖い。
イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。
年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもごく最近。
もっとよく考えてみないといけない問題なのかも。

上映時間長かったです。そしてずっと淡々としていました。
いつもだったらこんなに淡々とされると結構辛いんだけど平和を訴えるだけじゃなくてサスペンスとしての緊張感があるので全然飽きなかったです。(お昼食べた後でちょっと眠くなったけど)
一人一人のキャラクターや話が進むにつれて苦悩していくアヴナーの姿も抜かりなく描かれていました。

ホント何もかもが淡々としてるから人を殺すのもリアル。
どんどん簡単に死んじゃう。
「シンドラーのリスト」の虐殺も「プライベートライアン」のノルマンディー上陸とかもそうだけどスピルバーグが本気出して人を殺すシーンを作るとホントリアルで怖いです。

アヴナー達は家族もいる普通の市民だったはず。
冒頭のアヴナーからそんなことがわかります。赤ちゃんだって生まれるから希望ばかりだったはず。
なのにこんなことに巻き込まれちゃう。
何かこういうのっていうも上の人は何もしないですよね。
最初は素人集団だったアヴナー達だけどどんどん人を殺すという感情が薄れていきます。
でもそれは仕方のないことかも。怖いことだけどそんな風にならなきゃやっていけないでしょうし。そしてアヴナーはこれがホントに正しいのかって問題にぶち当たるわけです。
が、いくら断ることが出来ないからと言って任務を引き受けた当初はそんなことは思わなかったのでしょうか?
とかそんなことを考えました。でもそれは考え方の違いでしょうね。
愛国心やプライド、深いところでは宗教も絡んでると思うし。

今でも世界のどこかでこんなことが行われていると思うとホント私は何にも知らず平和に暮らしてるってことを実感しました。
日本人には分からない感情だって絡んでいると思います。
でも、やられたからやり返す。存在を知らしめてやる。力を見せてやる。
そんなことを言ってたらいつまでたっても平和が来るわけがないです。
もうどっちが悪いなんてそんな事比べられるわけ無いんですから。




コメント ( 25 ) | Trackback ( 58 )
« バス男/ナポレオ... シリアナ »
 
コメント
 
 
 
殺人の悪夢 (ノラネコ)
2006-02-09 12:12:07
TBどうもです。



>本気出して人を殺すシーンを作るとホントリアルで怖いです。



確かに・・・。

下手なホラー映画よりよほど怖いですな。

「宇宙戦争」のジェノサイドも凄かったし。

この映画のメッセージってすごくシンプルかつ普遍的だと思うんですよ。

「嫌な事はやめなされ!」

正義とか民族の誇りとか理屈をつけてもやってる事は単なる暴力であり、殺人。

結局それを許しつづけるかは、貴方達一人一人の問題だよ、現状で良いのかい?と問われてる気がしました。

特にラスト、そのまま現在につながってますからね。
 
 
 
報復の歴史 (たましょく)
2006-02-09 12:23:16
 TBありがとうございますm(_ _)m



 国のために、術を知らない者が、次々

と報復をする様は、拙さがあるだけに、

リアルに感じました。



 なんとも重い気持ちになってしまった

のですが、特に後半のアヴナーの精神状

態は、観ていて辛かったです。
 
 
 
淡々と… (charlotte)
2006-02-09 13:28:54
こんにちは〜

緊張感はかなりありましたよね!

そういうところはさすがスピルバーグ、エンターテイメント的です。(恐竜は出てきませんでしたけど…殴)

そうですね、淡々としてました。メッセージも「愚かさ」と受け取ってます。その淡々としたところが、自分の中で解釈がぐちゃぐちゃとなってまして…いまひとつ。考えさせられてるというより、淡々としたむなしさだけが印象的でした。
 
 
 
映画やマンガ (aq99)
2006-02-09 18:57:52
授業なんて!

数学も歴史も、みんな映画から勉強してしまえ!

と無責任に言い放ちますが、「ドラゴン桜」でも特に古文はマンガなどからイメージする方がいいと桜木先生はおっしゃってました。
 
 
 
スピルバーグB面 (kazupon)
2006-02-09 19:13:18
なななさんこんにちわ!

>スピルバーグが本気出して人を殺すシーンを作るとホントリアルで怖いです

ホント同感です。彼って「インディジョーンズ」や

「ET]なんかの娯楽作品の顔と、社会派系の作品の

面とあってこの作品はそのB面の作品ですよね。

でも一貫して襲われる側を実体験させる映画を

作ってるような気がします。特に「シンドラー」

と同様、人が殺されるときのあっけない怖さって

この作品でもビシバシ感じられました;;
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-02-09 20:44:48
こんにちは♪

暗殺する側もされる側も、普通の市民としての善良な顔も持っており、それがいたたまれない感じがします。

むなしさ、無力感が残ります。
 
 
 
TB有難う御座いました (マダムS)
2006-02-09 22:24:37
今晩は

 >日本人には分からない感情だって絡んでいると

その通りだと思います〜私たちの理解の及ばない問題だし、安易にどうしたら?などもとても言えないですよね・・見応えずっしりでした。
 
 
 
なななさん☆ (mig)
2006-02-10 09:08:11
ほんとにそう。

力の見せあい、やられたらやり返す、、、

キリが無いです。。。。



今の、戦争がないという意味では平和な日本。。。

どこまで忠実かは別としてもひとつの事実として

知る事、

そのキッカケになる作品でしたね

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-11 11:33:07
ノラネコさん

私もとてもシンプルなメッセージだと思いました。

そのおかげか素直に映画に入り込むことが出来ましたし見終わった後も考えるべきことが結構明確に出てきましたし。

正義とかそんなことを言ってる前にもっと彼ら自身に考えるべきことがあると思うんですけどね。

でも現実はなかなか上手くいきません。

ホントどこかで終止符を打たないと一生続いちゃいますよね。



たましょくさん

最初のアヴナー達は危なっかしかったですね。でもそれが普通の人なんだっていうことを思わせてくれたと思います。

彼らって普通の人なんですよね・・・

後半のアヴナー見ていてつらかったです。

それを表現したエリック・バナの演技もとてもよかったですね。



charlotteさん

恐竜出てきたら収拾つかなくなっちゃう〜(笑



私は「復讐の無意味さ」とメッセージは取っちゃったんですがそれは最終的には「愚かさ」に通じているかもです。

何かホント終わらせないとこの先もずっとそのむなしさが続いちゃいますよね。

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-11 11:50:55
aq99さん

実際授業でやられてもテストのためですからすぐ忘れちゃうんですよね(笑

授業中も起きてないですし(爆

でも不思議と漫画や映画ってやっぱ頭に入りますよね!興味も湧きますし。

桜木先生式勉強方式は大歓迎です!



kazuponさん

スピルバーグは考えさせる映画と楽しませる映画がホントはっきり分かれていますよね。

考えされられる映画はどこか賞狙いな感じもありますが(苦笑

>襲われる側を実体験させる

そういうのが上手いですよね。

スピさんが初めて(?)注目された「激突!」っていう映画も怖かったです。

あれも襲われる側の恐怖でした。



ミチさん

普通の市民ってことは私達と同じ立場ですものね。

家族もあり善良な顔もある。

そんな人たちがなぜこんなことをしなくちゃいけなくなったのかと思うと悲しくなります。



マダムSさん

結局彼らは私達と国や民族に対する思いってモノは違いますしやはり理解しにくいものですよね。彼らの場合とても重いものなんでしょうね。

映画も重かったですが観てよかったと思えました。



migさん

平和な日本にいるとこういうことがあるってことを忘れてはいけないけど忘れてしまいそうです。

今もあるんですよね。

この映画が無かったら知らなかったこと

でしたしこれからも知ることが無かったと思います。

この映画を通して少し色々考えられました。









 
 
 
バナの演技が凄い! (なぎさ)
2006-02-11 11:56:39
先日はTBだけで、すみませんでした。

E・バナのインタビューにあったのですが、映画って後先の順序はバラバラで撮影しますよね。

なのに、アヴナーが徐々に精神的に追い詰められてる表情がリアルに出てました。

「冒頭と最後を全く別人に見せたかった」とバナは言ってました。

目の下のクマをメイクと思ったが本当のクマだった、というくらい疲れ切った表情になっていたとか。

作品を選んで受けるという彼のこだわりが伺えますね。
 
 
 
TB&コメントありがとうございました! (睦月)
2006-02-12 14:28:09
なななさーん!こんにちわ!

いやあ・・・すみません。いつもTB&コメントお返事遅れて(泣)あちらにもお返事してます。

私、この映画にこんな現実や真実を突きつけられてだいぶヘコみましたよ。ちょっと最近、こういった作品が続きすぎて、自分自身が疲れきってしまいました。

日本人で良かった・・・つくづくそう思うんです。平和ボケ万歳!

 
 
 
ななな さんTB&コメント有難うございます (hide)
2006-02-13 12:46:12
ななな さんTB&コメント有難うございます

>「高潔」という言葉を聞いて違うだろって思いました。

(^_^;)確かにそうですよね。hideも彼らに驕りを強く感じました。彼らに真の平和は望めないのかもしれません

むなしいですね。ただhideもこのような映画の意義は強く感じ、観た事に満足してます
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-13 13:01:51
なぎささん

いえいえ、気にしないでください。



ホント冒頭とは別人でびっくりしました。

後半の苦悩な表情はとても印象的でした。

あんな風になるまで追い詰められたアヴナーの心情をとてもリアルに演じていましたね。

エリック・バナに拍手です!



睦月さん

気にしないでくださ〜い。

あとでそちらに行かしてもらいます。



現実にこういうことがあったんですものね。

私も日本人でよかったって思います。

平和ボケって幸せですよね。

でもそのせいかこういう中東問題って遠くの国のことにどうしても思えてしまっていました。

今では少しだけ考えたりしてます。少しだけ・・・ね。



hideさん

「高潔」って言葉を人を殺した後に使う時点で間違っているんですよね。

でもそれが彼らの考え方で彼らにとっては高潔を保っていたわけで。

その辺が私達にはよく分かりません。

でもスピ監督のメッセージはとても真っ直ぐ伝わってきた気がしました。

そういう意味でも見てよかったです。







 
 
 
日本人には分からない感情 (にら)
2006-02-13 15:55:41
何かで読んだ気がするんですけど、一般的米国人の多くは海外のことに関心がないらしいです。

なので、おそらくこの映画を見ても「なんかよくわかんな〜い、今回のスピルバーグつまんな〜い、ミュンヘンってな〜に、食べたらおいしい?」って思ってる米国の非ユダヤ、非アラブ人って多いはずです。



だから安心して下さい、って全然フォローになってませんが(笑)、TBありがとうございました。
 
 
 
「外国のことはわからない」は世界共通 (キャスト)
2006-02-14 16:57:58
コメントありがとうございました



ラストでアヴナーが「俺は人殺しをやったのか?」と言いますが、

これ結構重要なセリフですよね。

彼は殺人と国家のための暗殺を別に置いている。

善悪の基準がずれているので、第三者が客観的に意見を述べたところで解決するはずもなし。



スピルバーグ監督の人死に描写は一種の病気ですね。
 
 
 
パレスチナ (toe)
2006-02-16 02:10:33
こんにちは。



私も、この映画ができるまで「ミュンヘン事件」のこと、知りませんでした。



>日本人には分からない感情だって絡んでいると思います



同感です。

領土も宗教も特に争うことなく過ごしてきた日本人には、難しい問題ですよね。

この映画をきっかけに、少し考えてみたいと思います。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-17 13:02:46
にらさん

フォローありがとうございます(笑

そうなんですか、一般的米国人は関心がないと。自分一番なんでしょうか(笑

でも実際非アラブ人や非ユダヤ人だと関係ないじゃんって思ってしまう部分もあるかもしれませんね。



キャストさん

私達から見ちゃえばアヴナーのやってることは殺人以外の何者でもないですよね。

でもアヴナーにとっては国家のためなら違うんですからその辺がよく分からない私達にとっては実際どうしようもない戦いなのかも知れませんし。

そう思うとまたやりきれないですし・・・。



スピ監督はいろんな意味で怖いですね。



toeさん

多分この映画がなかったら知ることがなかった事件ですよね。

日本はホント平和ですよね。

宗教なんて一番ややこしい問題ですけどそれもないですし。毎日のほほんと平和ボケ中です。

でも映画を観てこの事件を知れたことも色んなことを考えることが出来たのもとても大きな収穫だったと思います。





 
 
 
「ミュンヘン」 (giants-55)
2006-03-01 19:29:57
書き込み及びトラックバック有難うございました。



爆破シーンは、真剣に怖かったです(^o^;;;。殺されて行く仲間との関係が、「アンタッチャブル」程密なものでは在りませんでしたが、その事が余計に暗殺チームのメンバー達の孤独感&恐怖感を増幅させている様な気がしました。



それと、不勉強ながらエリック・バナ氏をこの作品で初めて知りました。その気は在りませんが(笑)、何ともセクシーさを感じさせる役者さんですね。元々はコメディアン出身という事ですが、これから注目したい人物です。



これからも宜しく御願い致します。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-02 12:38:33
giants-55さん

仲間が殺された時もとても淡々としていてそれが逆に怖かったですね。

淡々としてる中にあんなでかい爆発音が響いてきましたかなさらにびっくりでした!!

それにしてもこんな映画作れちゃうスピさんはやっぱすごいですよね。



私はエリック・バナは「トロイ」で初めて知りました。でもあのセクシーさで元々はコメディアンなんですか?彼の苦悩の演技もこちらにビシビシ伝わってくる素晴らしい演技でしたね。



こちらこそこれからもよろしくお願いします。

 
 
 
Unknown (るるる@fab)
2006-03-06 21:45:38
多分・・・「普通」の尺度が違うのではないかなぁと思います、アヴナーは普通の「イスラエル」市民だったのではないかしら。

確かに気付くのは遅かったけど、妻や子を守る立場になって気付いただけマシだったような(笑)

一度国を無くした者達にとっては国土はとても大切だって事もあるかもしれないよね。まぁそれを言ってしまえばパレスチナの立場は?って気もするし、あぁ複雑。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-09 11:35:43
るるる@fabさん

私達からしたら普通じゃないけどアヴナーにとっては「イスラエル」の普通市民。

そこに考えの差が生じてしまうんですね〜。

気付いただけマシですがホント遅かったですね(笑)それまで私はアヴナー責めまくってました。あの時気付いてくれなかったら今でもアヴナーのことを責めているかと・・・

国、民族、宗教・・・色々複雑ですよね。
 
 
 
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-09-06 15:20:07
いつもありがとうございます!

日本人だって、ついこの間まで、同じような事やっていたんですyo。

最近だって、Ωなんとか教。

宗教がある限り、こういう事は、終わりそうにありません。
 
 
 
おっしゃる通り・・・ (メル)
2006-09-06 18:56:20
淡々と、すごいことなのに、進んで行きましたよね。

長い映画でしたが、私も飽きずに最後まで見れました。

ただ、見た後、暗くなっちゃいましたが・・。

この復讐の連鎖をなんとかしないと、もう何がなんだかわからない状態になっちゃいますよね。というか、すでになってしまってますが・・・。

この主人公だって、もう何が正しくて何が正しくないのか、最後にはわからなくなってしまってましたし・・・。



長い歴史を見ると、すでに旧約聖書の頃からこのあたりは民族間でもめてたりしてたので、一朝一夕には解決しないのはわかりますが、お互いがお互いを認めるという簡単そうなことが一番難しくて、いつまで経ってもできないのが人間なんでしょうかね〜・・・。

人間って素晴らしい、って思える希望に満ちた映画もたくさんあるけど、人間って悲しい・・と思える、このような映画もあって・・・。

どちらも人間をちゃんと描いてるんですよね。

だから(?)映画を見るのを止められません(^^ゞ

TBさせていただきました♪



(お先に〜・・ってことになったかも?!(^^ゞ

今日はわざわざ出先から、ありがとうございましたm(_ _)m)
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-09-08 13:18:24
猫姫少佐現品限りさん

宗教が悪いものだって思わないけどこのまんまこういうことが続いちゃったらね・・・

解決しなきゃならない問題だけど解決できないんですものね。

ホント糸口が見つからない問題。



メルさん

お互いを認めることって簡単そうに見えても何よりも難しいことなんでしょうね。

やっぱり先入観は先立つしコレに限っては昔からって言うことで今もいがみ合ってるってこともあるでしょうし・・・。

それが人間であり悪い所でもあるのかもしれませんが。

復讐の連鎖はどうすれば止まるか解決できないくらいの所までもしかしたら来ちゃってるかも知れないけどそれでも諦めずに解決への道を探して欲しいです。



でも人間はいい所だってちゃんとありますよね!

ホントだから映画を見ることは止められません♪
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。