goo

クラッシュ

またまた重い、けど・・・

たくさんのエピソードは全てが繋がっている。
ほとんどが悲しみの連鎖でした。
誰もが主人公で本当に日常的な日々。
黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。
その時は人種差別を扱った映画なのかなぁって思ってました。ちゃんと十分過ぎるほど扱って今でもこんなんなんだって驚いたけど。
だってもっと少なくなってるかと思ってたから。それはとても悲しかった。
でもホントは群像劇でした。

人種差別を軸にその中でいろいろな人の人生が交錯していきます。
そしていくつかの伏線は全てがどこかできちんとつながっていました。
たくさんのエピソードがあるけどそれをこんなに上手くまとめ上げるってすごい!
少しこんがらがる所はあるもののぐいっと映画の中に引き込ませてくれるのでホントに集中して観れてあっという間に終わってしまいました。
それで不思議と余韻が残る。後からじわじわ~っと。
2,3日くらい残るんじゃないかなってくらいに。

一つ一つのエピソードの描かれ方は浅くても必ず何か引っかかる。
人種差別警官の黒人女性を助けた時が何かすごい印象的でした。
彼はあの時彼女に助けを拒否されて初めて自分がしたことの酷さを知る。
そして彼女の傷の大きさをはじめて知る。
彼にもたくさんの人生に苦悩がある。
そのやりきれない気持ちが結果人種差別となり女性に酷いことをしてしまったことは許せないけど・・・
でも仕方ないのかも。ぶつかって初めて知る人の気持ち。
それがすごい胸に来ました。

あとは「透明マント」のエピソード。
一つだけ御伽噺のようなお話でした。
たくさんの愛が溢れていました。
でもそれが引き起こしちゃう悲しい事件。
大丈夫だよって囁く娘と叫ぶパパ。
でも「天使」がいたんです。

誰もが人生に側面を持っている。
それは悲しみだったり辛さだったりどうしようもない思いだったり。
そして誰もがどこかで繋がっていたいって思ってる。
ぶつかることで感じる悲しさや憎しみはいつか違う思いに変わっていく。
それは愛だったり一人じゃないっていう実感だったり。
ラストはとても優しい音楽の中で描かれる愛する人への思いや悲しい現実そして奇跡。
それが不思議と心地よくて。
結果この重い映画を少しだけ優しい気持ちになれる映画にしてくれたんだと思います。
人は一人じゃ生きていけない。
でもこんな風に人とつながってると思うと人生捨てたモンじゃないかもですね。
とにかく観て欲しいです。

「ミリオンダラー・ベイビー」を書いたといい、この映画を作ったといい
この人次はどんな映画作るのかな?

追記
大本命の「ブロークバック・マウンテン」を破ってオスカー受賞しました。
すっご~い!!

コメント ( 35 ) | Trackback ( 72 )
« いつか晴れた日に ホテル・ルワンダ »
 
コメント
 
 
 
ふたつ・・・ (charlotte)
2006-02-19 18:47:35
こんにちは!

あつかましくも二つもTBつけさせていただきました。

あとから感じるものがどうも多くてまた見に行きました。透明マント・・・なんだか凄くあったかいお話だったなあ~と今でも思い出します。

ペルシャ人のおじさん、救われてよかったなとホッとした気分でした。あの女の子可愛らしかったですよね
 
 
 
TB有難う御座いました♪ (マダムS)
2006-02-19 23:09:22
良い映画でしたね^^

そうですよね・・最近の流れでは以前よりもうそんなに人種偏見は無くなったかに思えていましたが・・まだまだ根強くあったんですね~ もう一度観たいです。
 
 
 
こんばんは (ノラネコ)
2006-02-20 23:23:42
良い映画でした。

人々の”クラッシュ”は哀しい連鎖も生むけど、人はやはり人がいないと生きていけない。

そんな人間の寂しさから、最後は希望を感じさせてくれました。

ポール・ハギスの次回作はイーストウッド監督の「Flags of Our Fathers」と自身が監督の「Honeymoon with Harry」ですが、どっちもすごく楽しみです。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-21 13:59:16
charlotteさん

透明マントは一つだけ不思議とふんわりしていて温かかったですよね。

子供が可愛いのがまたずるいです~!

それだけであの子を守ってあげたいっていう気になりますからね。

だから彼女が飛び出した時はこっちがドキドキでした。

この映画はcharlotteさんみたいに2回観たら違う発見をして2回とも違うように感じるんでしょうね。



マダムSさん

私もなくなるまではいってないもののてっきり少なくなってるのかと思ってました。

ですがまだまだあるんですね。

こちらからしてみれば何であるの?という感じですがそれが昔からあるんですからね。

根はまだまだ深いみたいですね。

でも人種差別も巧く織り交ぜて何か人としてのつながりも感じさせてくれたいい映画だったと思います。



ノラネコさん

人間なんてぶつからないと生きていけないものですからね。

でも寂しさのその先に希望があるって思うと少しだけ優しくなれるような気がします。

やっぱり一人じゃ生きていけないって思いますよね。



またイーストウッド監督と組むのですか?

え~と、硫黄島の戦いですか!(今調べました)

この二人のタッグならこの作品もまた楽しみになりそうです。



 
 
 
こんにちは。 (もじゃ)
2006-02-21 17:20:23
TB&コメントありがとうございます。

観る前に予想していたのとは印象が違いました。

救いが無くドーンと落とされると思っていたので...。



たしかに重いテーマでしたが、その中に優しさが垣間見れて良かったです。

俳優さんたちも豪華で、みんな巧かった。
 
 
 
TBありがとうございました★ (さわわ)
2006-02-21 23:01:27
ほんと素晴らしかったですねこの映画。

ミリオンダラーもものすごく心にズシッときましたし、

この先の作品も楽しみ(と言えるかな?汗)ですね

しかし今年はほんと良作が豊富でまだ2月なのにこの先が心配になるくらいです・・(汗)

 
 
 
こんにちは (toe)
2006-02-22 02:18:52
お互い衝突しあいながらも、触れ合いたいと願っている。

ステキな映画でしたね。

それに、たくさんのエピソードが、最後にキチッとはまるところは、私もすごい!!と思いました。

是非、たくさんの人に観て欲しい映画ですよね。
 
 
 
はじめまして (しましま)
2006-02-22 16:24:16
TB&コメントありがとうございます。

なななさんがこの映画を観て感じたこと、

まるまる同じことを私も感じました!

今も残る人種差別のこと、「透明マント」のエピソード。

人種差別の酷さに打ちのめされ

可愛い少女の行動に心癒されました。

また、遊びに来ます。
 
 
 
TB&コメントありがとうございました! (睦月)
2006-02-22 22:38:22
なななさーん!こんばんわ!いつもありがとう!

よい作品でした、ホントに。見終わったあと、なんだかとっても綺麗な気持ちになったんですわ。人間のリアルをキチンとみせつつも、最後には「やっぱ人間っていいじゃん」って思わせてくれる・・・そんな映画。

透明マントのエピソード・・・ホントに良かったです。あの子がホントに撃ち殺されていたら・・・この作品はこんなに高評価ではなかったかもしれないなあ・・。
 
 
 
Unknown (margot2005)
2006-02-23 00:14:03
コメントありがとうございました。

皆さん絶賛の素晴らしい映画でした。

オスカー作品賞に期待したいですね。

群像劇であり、それぞれのエピソードが巧く繋がっていて、さすが監督の手腕かと納得しました。
 
 
 
救出 (にら)
2006-02-24 11:04:56
やりきれないエピソードが、TVプロデューサーの奥さんをマット・ディロンが助けるところから、やりきれなさの先に救いのあるエピソードに変わってくるんですよね。



ほんとうに、見事な群像劇でした。



てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-24 11:13:04
もじゃさん

私も予告を観てると「また重そうだな」とか思いましたが意外にもみ終わると何だか優しくて驚きました。

いい意味で期待を裏切られましたね。



さわわさん

「ミリオンダラー・ベイビー」を書くし、何かを訴えかける力もあるし、脚本も上手いし、見終わった後にもじわじわくるし何かこの人すごいですよね(笑

期待するのはよくないかもですが次も期待してしまいますね。



toeさん

衝突することで生まれる何か。

クラッシュという題名がぴったりでしたね。

そしてあのバラバラを最後にきちっとまとめ上げる脚本の上手さは圧倒的ですよね。

「有頂天ホテル」も最後にまとめ上げましたがこういう風なの見るとホントすごいなって思います。



 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-24 11:25:45
しましまさん

人種差別はずっと減っていたと思っていたのでその辺の衝撃はありましたがそれ以上にこの映画の上手さっていうのに驚きました。

透明マントはいいですよね~。

温かくて可愛くて。



私もまた遊びに行かせていただきます。



睦月さん

キレイな気持ちって言うか人間ってそういうもんだよなって思いました。

一人じゃ生きていけないから人とであって関わっていく。でもそれは素敵なことですよね!

私もあの子が撃ち殺されていたらず~んとしたまんまでこの映画あんまし好きになれなかったと思います。



margot2005さん

オスカーは「ブロークバック~」が有力みたいですがこの映画もいいところまで行って欲しいですね。

最低でも脚本賞を獲ってもらいたいです。

やっぱり脚本の上手さは素晴らしかったですからね。



にらさん

マット・ディロンが助けた後から奇跡とも言える展開でしたね。

やりきれない思いが救いに変わることによって人は優しくなれると思います。

映画を見終わった後も優しい気持ちでした。

 
 
 
TB&コメント、ありがとうございました。 (テクテク)
2006-02-24 12:54:19
こんにちは。



この映画の良さは、ただ重いだけのテーマで終らず、

優しい気持ちに救われるところですよね。

私は、この監督の事を後に知ったのですが、

「クラッシュ」を観ている時に、「ミリオンダラー・ベイビー」の雰囲気を感じていました。

どちらもメッセージ性の強い作品ですが、

今後の映画にも注目したいところです。



そういえば、「ホテル・ルワンダ」もご覧になったんですね

私は近日中に観に行く予定なので、まだレビューは読ませて頂いていませんが、

観た時は、またコメントを送らせて頂きます

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-02-28 12:37:29
テクテクさん

「ミリオン~」の雰囲気を感じましたか?

確かにどちらもキチンとした作りの中にしっかりとした重いメッセージがありますよね。

でも見終わった後の感じは「クラッシュ」の方が優しくなれる感じで好きです。

「ミリオン~」はすごい映画ですがあまりにも重過ぎてしまって・・・(汗

それにしてもこの映画の監督さんはただ者じゃありませんね!



「ホテル・ルワンダ」素晴らしい映画でした。

また感想お待ちしています!
 
 
 
TBさせていただきました (Sis.C)
2006-03-07 01:10:10
こんにちは。TBさせていただきました。

ひとは見かけで判断できないけど、普段見かけで判断してるなあ・・と思ってしまいます。天使・・良かったですね。
 
 
 
Unknown (ノカオイ)
2006-03-09 10:05:22
こんにちは。昨日、クラッシュを観ました。

この映画のいいところは、要所要所に「救い」があることかなぁ、と。登場人物すべてが善と悪の二面性を持っていて、そこから衝突と悲劇が生まれるのですが、同時に「救い」も残されているところが、リアリティを増していると思います。難しいテーマを正面から扱っているけれど、後味が悪くない。むしろ、後からいろいろと思い出して考えされられる、というのはいい映画だと思いました。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-09 12:13:27
Sis.Cさん

私も無意識に見かけで判断しちゃってます。

無意識ですから自分自身に嫌な気もしません。

でも無意識だからこそ差別がなくならないんですよね。

天使は可愛いし悲しいし優しいしでとても温かくなりました。



ノカオイさん

そうですね。悲しみの連鎖でもどこかで必ず「救い」が用意されてるから優しい気持ちになれたんだと思います。

どこかで「救い」がある、私達の日々の生活もそうだと思います。だからこそこの映画にほんの少しだけどこかで共感できたと思います。

後からじわじわと染みてくる不思議な映画でもありました。

オスカー受賞も納得です。
 
 
 
透明マント (aq99)
2006-03-09 22:43:37
透明マント+女の子は強力でした。

同じくらいの年頃を持つ私には、ホントたまりませんわ。

銃の音なんて聞こえてこない家だから、毎日ぐっすり寝ていますよ~。

「ムニャムニャ、パパ、だいすき・・・」

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-12 16:54:48
aq99さん

パパを守るためには知る姿はただでさえ来るのに同じくらいのお子様をお持ちの方にはすごいでしょうね。

「ムニャムニャ、パパ、だいすき・・・」と呟いて毎日ぐっすり眠るお嬢様のお顔を見るだけでホント幸せなんでしょうね。可愛いだろうなぁ~♪
 
 
 
返TB&コメント、ありがとうございました! (honu)
2006-03-18 15:34:05
こんにちは~

天使のような女の子は、本当に可愛かったですね

テーマがテーマだったので重いだけの作品かと危惧しながらの鑑賞でしたが、観終わった後の気分は思ったほど悪いものではありませんでした。

脚本&監督をしたポール・ハギスは、人に対して人一倍、慈しみの心を持った方なのかもしれませんね 
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-20 12:50:39
honuさん

観ている間は重いですが観終わってみると不思議な優しさがあることもこの映画の素敵なところですよね。

そうかもですね。ポール・ハギスは人間を人一倍よく知っていて慈しみの心を持った方かもですね。

そんな彼だからこそ今後の作品も期待してしまいそうです。
 
 
 
TBさせていただきました (りょう)
2006-03-20 23:04:51
色々と考えさせられる映画でしたね。

レビュー読ませていただいてたら、またうるうるきちゃいました;;



「天使」のエピソード、ほんと泣ける・・・
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-23 12:09:08
りょうさん

見終わった後もですが今思い出しても何だか不思議な気持ちになる映画でしたね。

この映画のじわじわ具合は半端じゃなかったです。



「天使」は子供も可愛いしあんな風なのはやっぱ泣けちゃいますよね!
 
 
 
Unknown (るるる@fab)
2006-03-30 23:52:58
この国で生きてゆくのって大変そうだなぁというのが第一印象(笑)事故にあったときあれくらい文句バシバシ言えないといけないの?とか。

それぞれのエピソードをもう少し長く観ていたかった気もします、それでもここまでまとまっていたのは見事でした。

あ、バトンはまだ書いていないのよ、週末にでも(遅くてゴメンね)。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-03-31 13:05:29
るるる@fabさん

事故ったときにすぐさま出てきて口論でしたものね。

しかもずいぶんなことを言ってましたね。

日本ではあんまり考えられないかも・・・

でも脚本の巧さはすごかったです。あんなバラバラをキチンとまとめ上げるなんて!



いえいえ、いつでも良いので大丈夫ですよ。

お暇な時にどうぞです♪
 
 
 
Unknown (ルーピーQ)
2006-04-02 00:44:32
なななさん、今晩は☆

ようやく観ることが出来たのでお邪魔します♪

数十人の登場人物を纏めて複雑に絡めた脚本に脱帽でした。

どのエピソードも秀逸ですが、中でも「透明マント」のくだりは印象に残ります。

重くて痛い映画でしたが、ほんの少しの希望も見れて良かったです。^^
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-04-04 13:35:34
ルーピーQさん

「透明マント」はいいですよね~。

あのくだりはすごく美しくて優しく感じました。

それにあれだけの登場人物をしっかり巧くまとめるのはすごいですよね!

映画も良かったですがそれ以上に脚本の巧さにびっくりでした。
 
 
 
はじめまして (berabo)
2006-04-09 00:38:15
ども、beraboと申します。



「透明マント」のエピソード。愛にあふれ、まさに、LAの奇跡といった感じですね。



TBさせていただきました。



また、寄らせてください。

 
 
 
そうなれば・・・ (はっち)
2006-04-09 17:39:37
TBどうもでした~♪

>彼はあの時彼女に助けを拒否されて初めて自分がしたことの酷さを知る。

そして彼女の傷の大きさをはじめて知る。

そうなってくれたら嬉しいですよね!彼の黒人差別って何かきっかけがあったはず、だったら何かのきっかけで治る事もあるんじゃないかと・・・彼の言葉が本当なら、父親は黒人と一緒にゴミにまみれて仕事してた人ですからねぇ~♪
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-04-10 10:21:28
beraboさん

初めまして。

TB&コメントありがとうございました。

この映画とてもよかったですね。

ホント「透明マント」は愛と優しさがいっぱいで・・・すごく心に残りました。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。



はっちさん

彼が彼女の傷の深さを知ってくれてたら嬉しいですよね。あれがきっかけで。

簡単なことではないけどそれがいつかは差別をしなくなることにも繋がるかも・・・

でも何だか彼なら大丈夫な気もします。

こちらの希望も入ってますがね♪そんな希望を持つことも良いですよね?!





 
 
 
こんばんわ (ハッチ)
2006-06-27 00:47:01
深い!とても深すぎますねこの映画。

現代社会でも十分に起こってる人種差別。

その問題と向き合い、その中でのさまざまなクラッシュ。。

本当凄い考えさせられましたね。

鍵屋のダニエルが娘にあげた妖精のマント。

本当に泣けました。

是非TBさせてくださいね
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-06-28 20:56:12
ハッチさん

人種差別という現実を通して人間の様々な思いを見せてくれた映画でしたね。

この映画が持っている力もすごいと思います。

妖精マントのエピはホントいいです・・・。

もう一回みなきゃって思っています♪
 
 
 
ヘッドライトと言うメタファー (TATSUYA)
2006-12-18 21:57:46
達也です。
硫黄島→ポール・ハギスつながりで、
『クラッシュ』を観ました。
もう皆さんとっくに詳細なレビューを書かれているので、
新たに気付いたことを1つ。
必ずペアの男女や仲間が登場する群集劇なのですが、
そのペアのメタファーが、車のヘッドライトではないかと言うことです。
そして、一台だけヘッドライトが片方の車が登場します。
これはクリントの流れを汲むポール・ハギスのレトリックではないでしょうか・・・。

@_@ トラバさせていただきます。

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-20 09:32:18
TATSUYAさん

この作品を見たあとにイーストウッドの作品でポール・ハギスが書くということで楽しみにしていた硫黄島でしたがその期待に答えてくれましたね。

ヘッドライトですか。そんなところにも何かを仕掛けているんですね。

この映画は見るたびに何か新しいものを見つけられそうですよね。そう思いつつも2度目が見れていないので見なきゃと思いました。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。