goo

硫黄島からの手紙

2部作のもう一つ
こんなにも心を動かされるなんて思ってもみなかった・・・。

まるで日本映画を観ているような感覚でした。
でもどこかではアメリカ兵の彼らの姿がちらつく。
衛生兵を狙えと聞けば彼を思い出す。
硫黄島に上陸したときも父親たちでは日本兵の姿は見えずそれがリアルな感じでした。でもこの映画では日本兵の動きが伝わってきて逆にアメリカ兵が影を潜めている。どこかでリンクできるように作られているのです。
イーストウッドが撮ったこのやり方の巧さがすごく感じられました。
役者陣もそれぞれ上手かったと思います。
謙さん始め知っている人だらけでびっくりしたけど。
特にニノは目がとても良かったし考え方が今に近いものがあったから感情移入してみることができました。
きっとあぁいう考え方の人だっていましたよね。

アメリカが作ったはずなのに日本映画と思えるのはそこに流れる精神が日本のものだったからだと思います。
国のためになら命を捧げられる。でも本当は家族の元へ生きて帰りたい。
でも生きて帰ることが罪になる。
自決していく彼らを見て万歳と叫ぶ彼らを見て虚しさを感じた。
彼らのその姿を見ているとやり切れなくなり涙が止まらなかった。
「来世で会おうという」言葉と「靖国で会おう」という意味の違いさの重み。
その姿は今まで見たどの戦争映画よりも痛々しかった。
はっきり言って彼らの気持は今の私からは理解できないもの。
潔く死ぬことが何一つとして偉いとは思えない時代。
でも今そう思えることは幸せなんだと思う。でも世の中にはまだまだ争いがあることを悲しく思う。

それでもどこの国も戦争が早く終わり無事に帰ってくることを願う家族がいる。
帰りたいと願う彼らがいる。
彼らが手紙に書く思いは家族への気持が溢れている。たくさんの気持が綴られている。
アメリカも日本も母が思うことは一緒。
「無事に帰ってきてください」
敵同士であったってだって同じ人間なんですもの。
この映画が持つメッセージはありきたりだと思います。
でもそのことを真っすぐにしかもシンプルにここまでぶつけてくる映画は他にはない。
どちらが悪いとかではない。どちらが残酷とかではない。戦争は人を変える。人生を奪う。
それはアメリカ人であろうが日本人であろうが変わりはない。
2本が1本となり受け取ったメッセージは戦争の虚しさでした。

「父親たちの星条旗」の感想はこちら
この映画良くここまで日本語に出来たものだと感心でした。
それともちろん日本人もですがたくさんのアメリカ人にも観て欲しいと思いました。

コメント ( 29 ) | Trackback ( 54 )
« 武士の一分 鉄コン筋クリート »
 
コメント
 
 
 
こんばんは♪ (ゆかりん)
2006-12-15 22:29:17
日本製作ではないのにここまで描かれてしまうとやられたという感じですね。
「父親たちの星条旗」であの時日本側ではどうだったんだろうと思うシーンもちゃんと描かれてましたね。
アメリカ人も日本人も同じ人間なんだというのが伝わってきましたね。
家族を思う気持ちは一緒なんですよね。
 
 
 
アメリカの母の手紙 (にら)
2006-12-15 23:18:32
うろ覚えですが手紙の中に「あなたの信ずる正義」という言葉があったと思います。
それが強く胸に突き刺さりました。

そんな感慨とは無縁に、今日も明日も「正義の味方」が活躍する子供向け番組が放送され続けるんでしょうけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
母の想い (悠雅)
2006-12-15 23:42:36
こんばんは。
不景気で生き難い昨今だけれど、
少なくとも、同じ昭和の終わりのほうで、息子を授かったこと。
この時代に息子を世に送り出せたわたしは、幸せな母だと、
つくづく思いました。
日本であれアメリカであれ、いいえ、世界中のどの国でも、
母の想いは同じはず。
戦地へなど遣りたくない。生きて帰って来てほしい。
その思いを持った女たちが手を繋げば、少しは世の中が変わらないだろうか…
そんなことを考えてしまいます。
 
 
 
なななちゃん★ (mig)
2006-12-15 23:53:29
こういう作品を、今だからこそ、と撮れるイーストウッドすごいですね。

二作品立て続けに観たかった気もするなぁ、、、。

日本人の当時の兵士たちの気持ちは皆同じ。
世界中のひとにも届くといいね、、、、
 
 
 
勧善懲悪などありえない (現象)
2006-12-16 01:30:21
こんばんはー。
製作スタッフにも日本人が多くいたのでしょうか。
よくぞここまで調べてくれたものだと感服しました。
セリフやその精神までも非の打ち所がなかったと思います。
シンプルなメッセージながら、どストレートで投げ込んできて、
ズシリと心に響きました。
 
 
 
女目線 (charlotte)
2006-12-16 02:21:31
こんばんは。
女目線で常に見てた気がします。
手紙を受け取ったら私ならなんて書くだろうとか、赤紙を受け取った時は?とか。
母だったら、妻だったら・・・今現在の自分の立場にどうしても重ねて見てしまうんです。

彼らはとても家族思いの、良き夫であり父達でした。
どの国の人たちでも同じということを、二部作という形で示してくれたイーストウッド監督は、アメリカの人でありながらこんなにも日本を理解しようと努力してくれたのかと思うと、それだけでも私は泣けてきます。
相手を理解しようとする気持ち・・・忘れないです。
 
 
 
こんにちは☆ (きらら)
2006-12-16 10:03:47
アメリカ人が取った日本の戦争映画、、、
かなりぐっと来ましたね。やられました
あの自決のシーンは見ているのが本当に怖かったです。
「父親たち~」ともうまくリンクしていて
さすがイーストウッド!素晴らしい!
この映画、海外でいろいろな賞をとって、いろんな国の人が見て、その方たちの感想とかぜひ聞いてみたいです。
 
 
 
Unknown (あさこ)
2006-12-16 14:43:07
なななさん、こんにちは!
「来世で会おう。」と言った時「なんで靖国じゃないの?」
と思いました。「来世」の方が本音だったのでしょうか?
敵を知ることの大切さ、今のアメリカの人たくさんに
この映画を見てほしいと思いました。
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2006-12-16 17:03:50
バロン西が米兵を助けるシーンがとても印象に残っています。
どこの国の母親が自分の子供を戦場に出したいと思うでしょうか。
そんなシンプルなことをあの時初めて知るなんて、軍国教育の洗脳の恐ろしさを感じました。
二度とそういう世の中にしてはいけないと強く思いますね。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-16 21:04:35
ゆかりんさん
日本では作れないような気がします。
どうしてもお涙頂戴になっちゃうだろうし・・・
この映画はそんなことなくただ淡々とでも力強く戦争の無意味さを伝えてくれましたね。
国が違っても人種が違っても家族を思う気持ちは一緒。
そんな当たり前のことをもう一度真剣に考えさせてくれました。

にらさん
戦争に正義も何もないかもしれませんが正義の気持を持つことは大切だと思いました。

子供たち向けの「正義の味方」にはただ単純な意味しかないですからね(苦笑
それでも子供たちはヒーローと正義を信じているんだから何も信じないよりかはまだいいかな?とか思います。

悠雅さん
私も昭和の最後に生まれこの平和な時代に生きることを幸せに思います。
この時代も今争いが起きている所も誰が進んで自分の子供を戦地に送りたがるのでしょうか。
誰もそんな事願ってもいないんですよね。
女性の強さや優しさはとても尊いものだと思うのです。
だからこそ悠雅さんの仰るように世界中の女性が手をつないだらもしかしたら世界は変わるかもしれませんね。

 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-16 21:16:08
migさん
今だからこそやっと撮れるようになったんでしょうね。
さすがのイーストウッドでした。
私もこんなに間をおかずにいっその事同時公開でも良かったと思うんだけど・・・
それでもこんな風に2本見て大切なメッセージを受け取れたことをありがたく思います。

現象さん
日本人の方も何人かいらっしゃったと思います。
それに脚本の方も日系人ですがよくもこれだけ書き上げたと感心してしまいますよね。
イーストウッドがやるからにはちゃんとした日本になっているだろうとは思っていましたがまさかここまで素晴らしいとは思っていませんでした。
ホントきちんと日本のことを調べて作ってくれたことを嬉しく思います。
ストレートな真っ直ぐなメッセージ。受け取れてよかったです。

charlotteさん
女性目線で見てしまうのは当たり前のことだと思います。
だってcharlotteさんだって母であり妻なんですものね。
そういうことを考えるとあの時代の母や妻たちがどれだけ苦しんで自分の息子や夫を戦地に行かせたか・・・
考えただけでやり切れない思いに出来ない気持ちになります。
自分の家庭を持っていない私でもやり切れなくなるのですからこの映画を見た母や妻たちは相当な思いを感じたでしょうね。
相手を理解する気持がいつか争いをなくしてくれればいいのに・・・
イーストウッドが作り上げた日本。こんなにも素晴らしい映画を作ってくれてお礼をいいたい気分です。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-16 21:24:55
きららさん
すごく重いですがでもこの映画を観てそのメッセージを受け取れてよかったです。
自決のシーンはホント見てられなかったです。
彼らの気持は理解できないけどなぜか涙が止まらなくて・・・
この映画を世界中のたくさんの人が見て何かを感じてくれたらいいですね。
もちろんアメリカでも小さな公開でしょうけどできるだけたくさんの人にこの映画を観てもらいたいです。

あさこさん
私は何となくバロン西さんらしいなと感じました。
彼を全然知らないけど何となくあの時代には珍しいアメリカ的な広い考え方を持っていそうでしたから「来世で会おう」と言ったのも納得できました。
私にとってもそう言ってくれたほうが何か安心しましたし。
アメリカでは小規模公開みたいですけど口コミでも何でもいいからたくさんの人に観てもらえるようになって欲しいですよね。

ミチさん
アメリカ人も同じ人間だとあの時初めて知ったかのような彼らの様子。
そんなことがわからなくなっていた時代があったと思うだけで悲しくなります。
でも軍事教育が主流のあの時代では当たり前の考え方だったんでしょうね。
生きて帰ってきて欲しいと願った母たちの気持ちが痛々しくも優しく伝わってきたシーンでしたね。
 
 
 
Unknown (風情♪)
2006-12-16 21:28:24
こんばんは♪

謙さんも二宮クンもヨカッタのですが憲兵あがりの
清水の心情の移ろいが見事だった加瀬亮に尽きまし
たね!先の2人は早々とアカデミー候補だと言われ
てますが個人的には栄冠は加瀬亮にくれてやれって
ぇところです♪ (゜▽゜)v
 
 
 
両方に共感 (メビウス)
2006-12-17 02:02:02
なななさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

『父親~』ではほとんど銃器のみの登場で不気味に描かれていた日本兵ですけど、本作はその銃器の後ろ側でアメリカ兵を狙っている日本兵を映し出していて、2作観て初めて両方の視点が分かる見せ方は個人的に良かったですね。
今までの戦争映画などは、やっぱり一方の視点で描かれていたので、敵味方双方に共感できなかったのですが、硫黄島2部作はその条件をクリアしていたので、凄く感情移入も出来ました。
 
 
 
Unknown (詩音魔)
2006-12-17 11:28:28
TBありがとうございました。

この映画、日本人的でもなくアメリカ人的でもない、高い地点からの映画で、イーストウッドの神に近づく能力に感動しました。
 
 
 
こんにちは (ノラネコ)
2006-12-17 14:46:46
tb&コメどうもでした。
私は今アメリカに来ています。
伏兵から一躍オスカーレースの台風の目になった事で、この作品はとても大きな注目をあつめています。
当初はアートシアターでの限定的な公開ですが、多分たくさんのアメリカ人がこの作品を観て、自分たちの敵が何者だったかを知るでしょう。
来週の初日には、私ももう一度観に行こうと思っています。
 
 
 
ハリウッドが描く日本 (Hitomi)
2006-12-18 21:27:36
なななさん、こんばんは。
ハリウッドが描く日本ってどこか間違ったというか変なのが多い中、この映画で描いている日本はまるで記録映画を見てるかのような日本でした。
イーストウッド監督のすごさ改めて感じました。

この映画を鑑賞してから1週間以上過ぎましたが、未だにどう表現していいか迷ってます。
ただ彼らの必死の戦いがあるからこそ今の日本がそして私たちがここに生まれているというのは確かですよね。
 
 
 
こんばんは! (こべに)
2006-12-18 22:29:25
いつもTB&コメントありがとう!
ホントにシンプルでしたね。
公平に描くという視点も素晴らしいと思いました。
「戦争ほど悲惨なものはないと実感させてくれる映画でしたね。
しっかりと受け止めて語り継いでいくことが生きてる私達の使命だと思いました。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-20 09:44:39
風情♪さん

演技面では謙さんや特にニノにやっぱり目が行ってしまいましたが加瀬君も良かったですよね。

静かだけど力強さを秘めた感じでした。彼もまた目が良かったと思います。冷たいようなでも必死そうな目でした。





メビウスさん

やっぱり一方から描くと偏るわけではないけど何となく分かりづらい気持ちの部分も出てきますものね。

味方がいて敵がいてそれでも双方は同じ人間であり気持ちの面では通うものがあるってことを伝えるのにはこの手法は絶大な効果があったと思います。

本来の戦争映画はこうあるべきなのかもですね。





詩音魔さん

イーストウッドはどこまでも変わっていきますよね。もうおじいちゃんなのにこんなにも新しいことをして。

双方どちらにも偏らないこのような映画を作った彼はまだまだ今後が楽しみですよね。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-20 09:57:35
ノラネコさん

あら!アメリカにいらっしゃるんですか。

当初は「父親たち~」が有力と見られていましたがこっちは完全に抜き去ったって感じですよね。

それでも2本で1本と考えてどちらもたくさんの人に見てほしいです。もちろんアメリカでも色んな世代の人に幅広く見てほしいですね。

また見てきたらアメリカでの反応とか教えてください。





Hitomiさん

イーストウッドが撮るんだからなんちゃってニッポンにはならないだろうとは思ってなかったですがあまりの完成度の高さには驚きました。

感想を聞かれても「見て」としか言えない自分がいます。あの時の彼らがいなかったら日本はなかったかも知れませんからね。ホントに見て良かったと思いました。





こべにさん

人間がいがみ合い争うことの虚しさがよく出ていましたよね。同じ人間同士で思うことは一緒なのですからね。

この映画を見て受け取ったメッセージはとても重いですがいつまでもに語っていかなきゃと思いました。
 
 
 
こんばんわ (睦月)
2006-12-22 22:43:34
TB&コメントありがとうございました。

日本人ではないイーストウッド監督だからこそ、こういった視点でこの戦争について描けたのかなあなんてそんなことを思いました。

私は父親たち~の方をまだ観ていません。
でもこの作品を観たら、そちらも絶対に観ねば・・・と強く思わせられました。
表裏一体・・・これは2作品あって初めて成り立つ、一つの戦争を描いた映画だと思います。

たぶん・・・
今の私達に出来ることって、こういった作品に向き合って、そこから汲み取ったことを伝えていくことだと思うので。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-22 23:23:08
睦月さん

たぶん日本人には作れないと思います。演出や脚本意外にもやっぱり見る目が違うなって。

この作品を観たなら「父親たち~」もぜひ観てください。やっぱり2本で1本の映画だと思うです。だって戦争は片方の視点だけではないんですもの。

こういう映画って向き合うのが難しいけど睦月さんの仰るとおり平和ボケ中の今映画から何かを汲み取ることが大切なんですよね。

こういうとき映画って素晴らしいと思うのです。
 
 
 
こんにちは☆ (orange)
2006-12-23 10:05:07
なななさん☆
コメント&TBありがとうございました~!

一つの戦場を二つの視点から見た試みは、この作品で始めて生かされてきましたね。
一人一人の兵士に素顔があり、国籍を超えて家に帰りたいと思う気持ちは一緒なのだなと、アメリカ兵の手紙のエピソードで立ち上らせるあたりがじーんときました。

アメリカの監督が描いたという事も重要ですが、クリント・イーストウッドが何よりも描きたかったのは、国の違いでは無くて、自分自身の持つ気持ちから生まれたプロジェクトなのだなと痛切に感じました。
この2部作はこれからも語り草になるであろう傑作だと思いましたね♪
 
 
 
こんにちは (カヌ)
2006-12-23 13:08:39
アメリカ兵士の母からの手紙を読むシーンは、
母親の子を思う気持ちがつづられてましたが、
現代人の私たちは当たり前と思えても、
当時の日本人には、驚きだったということが
驚きでした(^^;
 
 
 
 (aq99)
2006-12-23 22:46:21
キムタクの目より、ニノの目ですよね~。
私にはもひとつだった「父親たち~」が、なんかいい作品だったんでは?と錯覚してしまいそうになります。
この2部作構成もすごいアイデアでした。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-25 16:35:31
メリークリスマス

orangeさん
両方の視点から戦争を描くってことは最初はぴんと来なかったのですがこの映画を観てその手法をとった本当の意味が分かりましたよね。
誰もが同じ人間であり、同じような気持を持っていることがあの手紙のシーンではっきりしていましたよね。
でもあの時そのことに初めて気付いた日本兵が何とも切なかったです。

こういう映画を撮るからイーストウッドの次の作品が楽しみで仕方なくなってしまいます。彼にはまだまだ活躍して欲しいものです。

カヌさん
あの手紙のシーンは日本人もアメリカ人も同じ人間だということを切実に伝えていましたよね。
現代の私達からは逆に彼らを同じ人間だと思わないようにすることが難しいですよね。
でもそれが当たり前だったんですからホント悲しい時代です。
でもそんな時代があったことを忘れてはいけませんね。

aq99さん
どう考えてみてもキムタクよりもニノですね。
だって何かレベルが違いましたもの。あれはキムタクにはできないですね。
私も「父親~」は若干眠気も感じたりしたんですけどこの映画と二つで考えて見るとこの作品ほどすごい映画ってないんじゃないかって思えてしまいます。

 
 
 
ありがとうございます♪ (由香)
2006-12-31 11:07:34
こんにちは!
TBのお返しをして頂き、コメントまでして頂いて、
本当にありがとうございました
『戦争は人を変える。人生を奪う』・・・そうですね。
恐ろしいことです。
硫黄島での出来事を知らずに過ごしてきましたが、
この映画をきっかけに知る事ができて良かったと思います。多くの方に観て貰いたい映画ですね。
 
 
 
コメントありがとうございます (ななな)
2006-12-31 11:44:07
由香さん
いえいえ、こちらこそTB&コメントありがとうございます♪
この映画を観て誰にも彼らの人生を奪う権利なんてないのに・・・戦争って何て無意味なものなんだろうって強く思いました。
私も硫黄島の存在すら知らなかったのですがこの映画を観て多くのことを学んだと思います。
こういう映画が今作られてそれを観ることができてホント良かったです。
 
 
 
あけましておめでとうございます♪ (sally)
2007-01-07 00:05:14
なななさん、今年初めてお邪魔します^^
二宮くん、良かったですよねー!
松潤といい、嵐は侮れない(爆)
特に二宮くんと加瀬っちのエピソードは胸が締め付けられるようでした。

映画を観ていると、アメリカ映画なのが不思議なくらいで・・・でもやっぱり日本映画とは違うような気がしたり。戦争の中での人間の姿を描いた点では、前作と共通していましたね。

今年もよろしくお願いします^^
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。