ロリカリアな日々

These Are The Days Of Our Loricaria

ニュージンジュリンロリカリア

2017-09-03 | ロリカリイクティス属(スプーンヘッド)

 

「おい、うちのご主人ロリカリアを買うみたいだぞ」

「また?」

 

 

 

 

 

 

こんにちは。craftです。

(・ω・)

 

 

 

 

 

 


何年ぶりでしょうか。

 

 




 

5年ぶり?

 

 

 




我が家にやってきましたよ。

 

 




 

ニュージンジュリンロリカリアこと、

 

 

 

スプーンヘッドロリカリアです。

 

 

 

上から見たところ。

 

 

 

斜めから見たところ。

 

 

横から見たところ。

 

お店曰く、パンタナルからやってきたとのこと、

 

 

Loricariichthys platymetoponじゃないかなと思うのですが、

 

 

Nさんに確認したところ、

 

 

platymetoponで間違い無いとのことです。

(^ ^)

 

 

 

これは以前飼っていたスプーンヘッドさんです。

LDFでplatymetoponとして紹介していましたが、

 

 

同じ種類だと思います。

 

 

丈夫で可愛いお魚でした。

水槽崩壊で死なせちゃったのが残念でしたが、

 

 

思わず、新しい子にお帰りといってしまいました。

 

 

ニュージンジュリンとはスプーンヘッドロリカリアのことで、

 

 

ロリカリイクティスの仲間なのですけどね、

 

 

うちにいたロリカリイクティスにはもう1種類ありまして、

 

 

 

Loricariichthys maculatusです。

顔が細くて、スプーンヘッドと呼びずらかったですけどね。(汗

 

 

 

ニュージンジュリンというからには、

 

 

ニューのつかない本家がいるわけでして、

 

 

いわゆるジンジュリンロリカリアなんですけどね、

 

 

こちらはロリカリイクティスではなく、ハルッティアの仲間です。

 

 

代表的?なのが、

 

 

ハルッティア プンクタータです。

ずんぐりむっくりが可愛いロリカリアです。

 

 

もう一種類のハルッティアがいまして、

 

 

この子です。

Harttia dissidensと思われる種類です。

 

 

絶対そうかと言われると難しいのですが、外見の特徴からそうじゃ無いかと思っています。

 

 

Planet Catfishを見ると、同じような写真が掲載されていますよ。

( それはそうでしょう、僕が投稿したんですから。(笑 )

 

 

そういうわけで、非常に久しぶりにお迎えできたこの子です。

もともと、非常に丈夫な子なので、今度は長く付き合いたいものですね。

 

 

 

(・ω・)ノ




craft



 

 

 
 
 


 

 

Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

Loricariichthys maculatus

2016-02-26 | ロリカリイクティス属(スプーンヘッド)

 

スプーンヘッドの名前で、

 

 

ペルーからやってきたこのロリカリアなんですけどね、

 

 

名前が判明しましたよ。

 

 

ドイツのNさんが写真を見て判別してくれました。

 

 

Loricariichthys maculatus

(ロリカリイクティス マキュラータス)

 

 

だそうです。

 

 

 

横から見たところ。

 

 

 

目が出てますねえ。

 

 

前に飼っていた、スプーンヘッドの

 

 

loricariichthys platymetopon

 

 

よりも出てる気がしますよ。

 

 

Loricariichthys maculatusとはどんなロリカリアなのでしょうか。

 

 

発見(同定)はなんと、1794年ですよ。

 

 

僕らまだ生まれてませんね。

 

 

最大で25cmになるみたいですよ。

 

 

結構でかくなりますね。

(・ω・;)

 

 

maculatusの生息地はスリナムなんですけどね、

 

 

このロリカリアはペルー便でファロウェラナッテリーとやってきたんですよ。

 

 

一方で、

 

 

ナッテリーもギアナに生息していますからね。

 

 

この子はスリナムあたりから来たのでしょうか。

 

 

それとも生息地は広いのでしょうか。

 

 

ちなみにロリアリイクティスの仲間なんですけどね、

 

 

見た目が繊細そうなんですけど、相当丈夫なのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Otocincus Data Fileが完成したそうですよ。

 

 

興味がある方はこちらからどうぞ。

(・ω・) 

 

 

 

 


(・ω・)/

 

 

craft

 

  

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

Otocinclus Data Fileを販売していますよ。

 

Comments (22)
この記事をはてなブックマークに追加

スプーンヘッドロリカリア

2013-01-29 | ロリカリイクティス属(スプーンヘッド)
今回はスプーンヘッドロリカリアを紹介したいと思います。
スプーンヘッドロリカリアは日本の流通名で、

loricariichthys sp cf derbyi(Fowler 1915)

もしくは

loricariichthys sp cf platymetopon

ではないかと考えています。
まだ結論はでていません。



以前はニュージンジュリンロリカリアで販売されていました。

ジンジュリンロリカリアはどちらかというとプレコみたいなロリカリアです。

が、スプーンヘッドのほうは、まさにスプーン。

頭でっかちなのです。




性格は温厚でロリカリアの中では物怖じしないほうだと思います。

じつは購入した当初、長生きしないと思いました。

というのはこのロリカリア、アシペンサーロリカリアに似て難しいと思い込んでいたのです。




実際飼育してみた感想はというと、非常に丈夫です。(^_^)

リネロリカリアすら死なせてしまった水槽大崩壊を難無く乗り切った強者でもあります。




長い袋のような口を持っていて餌を吸い込む姿はまるで掃除機のようです。

アシペンサーもそこそこ吸い込みますが、吸い込みっぷりではこちらが一枚も二枚も上です。

つぶらで大きな目がとてもらぶりーです。



温厚な性格故でしょうか。
リネロリカリア達との縄張り争いに勝てないのか、流木の下にいれてもらえず、大抵は流木の上か砂利にいます。



顔の周りに水平なエッジがあります。

スプーンヘッドロリカリアの幼魚は成魚と大きく異なるみたいで、違う種類と間違われるようです。

逆に、スプーンヘッドのインボイスとして別のロリカリアが販売されてたりします。

こういう場合は珍種が混じっている場合があるので要チェックです。



いるときはいるけれど、いないときはなかなかお目にかかれない不思議なロリカリアです。

お店で出会えたならぜひお迎えしていただきたいと思います。
(・ω・)ノ


Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スプーンヘッド・ロリカリア

2012-08-28 | ロリカリイクティス属(スプーンヘッド)
スプーンヘッド・ロリカリア
Loricariichthys sp


名前の通りスプーンのような顔をもつロリカリアです。



アシペンサーと同じく、砂地に口を突っ込んでバキュームするようにエサを食べるようです。



コリドラスタブレットを食べます。
横から見るとカエル顔です。



ニュージンジュリンロリカリアという別称もあるようです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加