ロリカリアな日々

These Are The Days Of Our Loricaria

モロウィとスチュワーチ、そしてsp ペルー

2017-01-09 | ヘミロリカリア属

 

毎週お休みの日は水換えをするんですけどね、

 

 

なかなか大変ですが、水換えの度にお魚を詳しく観察できたりするので割と好きです。

 

 

購入しばらく飼いこんだので、その後どうなったのか見て見たいと思います。

 

 

 

まず最初にお話ししたいのは

 

 

Hemiloricaria morrowiとHemiloricaria stewartiです。


どっちがどっちかわかりますか?

 

 

モロウィはペルー便でやってくるごく普通のロリカリアで、スチュワーチは2015年にスリナム便でやってきたロリカリアです。

 

 

その価格差10倍(笑

 

 

あまりの劇似のため、モロウィとスチュワーチはシノニムじゃないかと疑っていたんですけどね、

 

 

スチュワーチはそろそろ1年以上の飼育になりますし、生活にも慣れて発色も正常になっているんじゃないかと思って、今回見比べることにしたんですよ。

 

 

 

一見同じです。

 

 

上から見たところ、片方がメタボですがほぼ同じ。

右がスチュワーチですが、胸ビレが丸いですね。



これが決定的な違いになるのかどうか。

 

 

でもモロウィの中にも丸いタイプがいたりしたような気が。。。



スチュワーチを横から見たところ。

 

 

モロウィを横から見たところ。

 

 

 

 

尾びれの模様に関して違いがあるのでしょうか。

 

 

 

スチュワーチの尾ビレ。太いバンドに3本ほどの縦ライン。


 

 

 

 

 

モロウィ特有の太いバンド。よーく見るとスチュワーチと同じ?





外観的に決定的な違いが今ひとつわからないですね。





ただ一つ、わかりやすい違いがありました。




モロウィは簡単に捕まるけど、スチュワーチを手づかみするのは難しいです。(笑

 

 

 

うちにいるスチュワーチは現在のところ1匹しかいませんので、



モロウィのオス特有のちょび髭が生えるのかどうかわかりません。





モロウィのオス。

立派なちょび髭ですよね。 

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

次はHemiloricaria sp 'Peru'のインヴォイスで購入した2種です。

 

 

 

 

 

 

1匹目、ジェイズアクアリウムの店長さんが自分用にとストックしておいたものを売ってもらったものです。

 

 

すごい発色になりました。

 

 

格好いい、実にかっこいい。(笑

 

 

でもこれ、以前リオタイピチェと呼んでいるイキトス近郊で採れるロリカリアとは違いますね。

 

 

上から見たところ。

 

 

もう1匹の方。

まだ小さいですが、こちらはsp 'Peru'で良さそうです。

 

 

大きくなって見ないと確実とは言えないんですけどね。(汗

 

 

上から見たところ。

 

 

 

大きな違いは、体型と顔の形状です。

 

 

sp 'Peru'は顔の先端やボディが反っていて、いわゆるメリニタイプのボディをしています。

胸ビレの上に「つ」のマークもあります。

 

 

 

この写真だけ見ると、背中に(●)マークがあったらまるでファラックスですね。

 

 


一方、こちらの個体は下向きというか猫背というか、

 

いわゆるアイガンマナイタイプのボディや顔の形状です。

 

 

模様その他からアイガンマナイやアイガンマないタイプではないんですけどね。

 



うーん、この子一体何者でしょう。

(^-^;) 

 

 

 

 

 

 

 ところで、

 

 

 

 

 

 この子は落ち着いて良い発色になりましたよ。

めっちゃ綺麗になって良かったです。

(^ ^)/

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

craft

 

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

プチ御三家

2017-01-09 | ヘミロリカリア属

 

A4サイズの絵ですけどね、

 

 

並べてみたら15枚作っていました。 

 

 

 

でもって今日1枚追加しましたよ。

(^ ^)

 

 

シノドンティスです。

 

 

 

 

 

前回のカワセミに続いて鳥を描きました。

 

 

 

ヤマセミです。

 

 

 

鉛筆画も作ってみたんですよ。

 

 

左がパソコン、右が鉛筆画ですよ。

 

 

 

鉛筆画といえば、

 

 

プレコの鉛筆画も作ってみましたよ。

 

 

 

これから鉛筆画もやっていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

待っていたものが届いたんですよ。

(^ ^) 

 

 

 

 

これです。

ヘミロリカリア テフェアナです。

 

 

 

まだ小さいですけどね、

 

 

でもこれで、御三家が揃いましたよ。

 

 

メリニ、テフェアナ、バルセロスです。

 

 

 

まだ小さいのでわかりづらいですね。

プチ御三家です。(笑

 

 

 

レフェアナとバルセロスです。

よく間違われて入荷しますよね。

 

 

 

水槽に落ち着いた頃よーく見れば違いはわかりますね。

 

 

でもって、メリニです。

まだ小さいですけどね。

 

 

 

大きくなって欲しいです。

(^ ^)

 

 

 

 

 

 

そうそう、

 

 

 

 

 

今年の七草がゆはこれでした。

  

おかゆじゃなくて、七草お茶漬けですよ。

 

 

(・ω・)/


craft

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お正月

2017-01-02 | 熱帯魚

 

うりなんですけどね、



こんな格好で寝ていたので思わず撮ってしまいましたよ。

 爆睡中です。(笑
 



 

手、痛くならないんですかね。

 

(・ω・;)


 

 

一緒につまみを食べているところです。

 

 

 

 

今年は手描きのイラストもぼちぼち描いていこうと思うんですよ。

 

 

 

アピストグラマ アガシジィです。

 

 

手前はPCで描いたもので、奥が鉛筆で描きました。

ゲオもそうですけど、色が美しいお魚をあえて白黒で表現するというですね。

(^-^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近顔を出してきた子達を写真にとりましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘミロリカリア テフェアナ

 

 

ヘミロリカリア sp イミックス

 

 

ヘミロリカリア sp ペルー

 

 

ヒパンシストルゥス sp ニャムンダ ブラック エビルのチビさん

ハムハムしているのはクロレラタブレットです。

 

 


チビといえば、

 

 

パルヴァの卵が全員ハッチアウトしていました。

 

 

生後1日目の写真です。

 

 

大晦日に生まれました。

クリスマスの朝に産卵したのです。

 

 

元旦に孵化を狙っていましたが、なかなかそうはいきませんでしたね。

 

 

 

セゥドヘミオドン プラティセファルス

 

 

 

ロリカリア sp アルファ

 

 

ファロウェラ ヴィッタータ

 

 

ヘミロリカリア モロウィ

 

 

ヘミロリカリア sp アルゼンチン

 

 

 

 

 

 

ヒポプトポマ ソラカトゥム

 

 

 

ヒポプトポマ グラレ




 

オトシンクルス ミムルス


 この子もうちに来て何気に長いですね。

 

 

 

 

でもって

 

 

 

 

コリドラスです。

ステルバイとトリリネアトゥスの自然交配種だそうです。

 
 
 
 
 
 
 
コリドラスは手描きが映えるので、ぼちぼちイラストなんかも作っていこうと思いますよ。
 
 
 
 

(・ω・)ノ



craft


Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。

2017-01-01 | その他

 

 

 

年賀状用に描いた鶏ですよ。

 

 

基本返信専用人間なので、年賀状が来た人にはこれ送ります。

(・ω・;)

 

 

写真はカナダのDさんからいただきました。

 

 

年賀状で鶏描きたいから送ってーと言ったら、これが来ましたよ。

 何と、軍鶏です。

 

 

オスとメスで色が違うのだとか。

 

 

結構大変でしたが、完成できてよかったです。

 

 

 

以前購入したPseudohemiodon platycephalsですけどね、

 

 

購入時はこんな色だったのが、

 

 

こんな感じに、

 

ドイツのアクアリスト、Jさんによればストレスが原因なのだとか。

 

 

まあ、わかってましたけどね。(笑

 

 

でも、砂の色に影響されると思うとはNさんの 言葉ですし、

 

 

どっちも影響していると思いますよ。

 

 

コリドラスのイラストですけどね、

 

 

12匹描いて合計24匹になりました。 

 これでTシャツを作りたいと思いますよ。

 

 

 ポストカードもこんな感じに。(^-^)

 

 

 

オトシンクルスですけどね、

 

 

前回アクアF東京さんで購入したグラレと謎の子ですが、元気です。

ジャイアントオトシンは迫力があっていいですよね。

 

 

ソイルで弱酸性の水で飼育するより、砂とかベアタンクの方が調子がよさげです。

 

 

ソラカトゥムとか他のヒポプトポマも健在ですよ。

 

 

 

 メリニタイプと言うんでしょうか、同じボディタイプのヘミロリカリアを並べてみました。

こうしてみるとハセマニィはアイガンマナイタイプとは違って、こちらのグループだってわかりますよね。 

 

 

ベレンあたりで絶対普通に生息していると思うんですけどね、

 

 

本当に来ませんねえ。ハセマニィ。

 

 

去年予約したテフェアナですけどね、入金も済んであとは到着を待つばかりですよ。

 

 

ジェイズアクアリウムさん、ありがとうございました。

(^ ^)



ジェイズさんに手描きのイラストを作りましたよ。


描き初めのゲオです。

 

 

 

 

 

それではみなさん、本年もよろしくお願いします。

 

(・ω・)ノ

 

 

craft

 

Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年振り返り。

2016-12-31 | その他

コリドラスA4サイズシリーズ第二弾が完成しましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ2016年も終わりですね。

あっという間でしたね。

ええ、あっという間でしたよ。

何かしましたかね。

ちょっと振り返ってみましょうかね。

 

おみくじは末吉でしたね。新年は大吉を引きたいですね。

新年早々、バルセロスの名前で購入したロリカリアがテフェアナでしたね。

うりぼうさんから赤ランケを里子にいただきましたね。

コリドラスのゼブリナが初お目見えでしたね。Sさん、繁殖も成功してアクアライフに掲載されていましたね。

偽クリスタルマーブルオトシンがきましたね。

リネロリカリアspサンタイザベルをFBで紹介したらネグロ川にリネロリカリア属はいないと全否定されましたね。

Otocinclus data Fileの第2版を出しましたね。

Loricariichthys maculatusをお迎えできましたね。リミックスさんありがとうございます。

Pseudohemiodon apithanosの本物が来ましたね。

お世話になった方々にTシャツ作って送りましたね。

Parotocinclus eppleyiをお迎えしましたね。

Katsuさんからダークエビルのペアをいただいちゃいましたね。ありがとうございます。

(^-^)

「関係者のおかげで各種Data Fileシリーズが完成しましたよ。」というエイプリールフールネタでしたね。

ラディノロリカリアコンディが来ましたね。

ファロウェラナッテリーが来ましたね。

ロリカリアspアルファが来ましたね。アクアF東京さんありがとうございます。

みいさんからハルが来ましたが飛び出し事故で☆にしちゃいましたね。(;-;)

オトシンクルスのA4イラストが完成しましたね。意外にも今年の話なんですね。(汗

トランスルーセントオトシンがきましたね。

ヒポプトポマグラレがきましたね。anonymousさん同定ありがとうございます。

アクアリウムサンクさんがTシャツを送ってくれましたね。ありがとうございます。

(^-^)

Pseudohemiodon platycephalsの本物が来ましたね。

Pseudoloricaria laeviusculaがきましたね。ジェイズアクアリウムさんありがとうございます。

Rhadinoloricaria macromystaxがきましたね。

ベルギーの方に頼まれて彼の水槽のお魚を描いたら、泳ぐ魚のイラストに目覚めてしまいましたね。

Hemiloricaria forumosaがきましたね。アクアリウムサンクさんの場外ホームランですね。

ご飯の上に目玉焼きをのせて食べる、目玉焼き丼を思いつきましたね。(笑

わたさんのディスカスをイラストにしましたね。写真提供ありがとうございます。

Kさんのディスカスをイラストにしましたね。写真提供ありがとうございます。

卵を別で買って黄身だけ入れるという技を思いついてから、名店ではない親子丼とカツ丼ががさらに美味しくなりましたね。

ロリカリイクティスとストゥリソマイクティスの中間的な種類が1匹だけやってきましたね。アクアリウムサンクさんありがとうございます。

Katsuさんから頂いたダークエビル、3回産卵して水槽3本を占める大所帯になりましたね。

相当の完成度と新着種を持ってロリカリアデータファイルが完成しましたね。

ロリカリアデータファイルが日本語版にもかかわらず日本よりも海外で売れましたね。

ロリカリアデータファイルの英語版と中国語版の要望があってボランティアの翻訳をかって出る人が現れましたね。

アピストのイラストをいくつか作りましたね。

ロリカリアな日々4周年ということで、コメント常連さんにアピストイラストをプレゼントしましたね。

こざるがパソコンの上に現れ始めましたね。

レインボーフィッシュのイラストを作りましたね。

カナダ人の鶏マニアに頼まれてニワトリの絵を描きましたね。

イラストが100枚超えたのを記念にイラスト本作りましたね。年明けには1冊がカレンダーとともにアイスランドに旅立ちますよ。

月下美人さんからGuatemaran Platyをいただいちゃいましたね。有難うございます。

大倉山のカフェ夢うさぎさんに作品を置いてもらいましたね。

大型プレコのイラストを描きましたね。

卵生メダカのイラストを描きましたね。

カワセミのイラストを描きましたね。

FBでアーティスト系のグループにいくつか参加させてもらいましたね。

カレンダーを20セット作りましたね。おかげさまで初期製作分は完売です。

Xiphophorus sp. "Guatemaran Platy”をいただきましたね。月下美人さんありがとうございます。

久しぶりにいいサイズのテフェアナがきましたね。リミックスさんありがとうございます。

メリニが来ましたね。アクアF東京さんありがとうございます。

ベタのイラストを描きましたね。

Hさんからヒパンキをいくつか分けていただきましたね。有難うございます。

ごま塩ロリカリアはHemiloricaria platyuraではないかと話題になりましたね。

Melanotaenia coronaの白黒の記載写真から着色イラストを描きましたね。

セージさん色々な意味で新しい局面ですね。応援してますよ。(^ ^)

みいさんのところでピグミーが産卵しましたね。続くので期待ですね。

そらみちさん、スカイラインのホイールがピカピカですね。

イラストが160種を超えましたね。

おぴよさんのお宅がAL誌に掲載されていましたね。

ジェイズアクアリウムさんに手フェアナがまとまって来ましたね。ハマさんがゲットできてよかったですね。

実は僕も1匹だけですがテフェアナゲットできたんですよ。

年明けにやって来ますからまたテフェアナで始まる1年になりそうですね。(^-^)

 

 

 

 

いかがでしたか、なんだかんだで色々あった1年でしたね。

 

 

 

 

今年もお世話になりました。

 

 

来年もよろしくお願いします。

(・ω・)ノ

 


 

craft

 

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

メリークリスマスとコリドラス

2016-12-23 | イラスト

 

メリークリスマス。

 

 

 

毎年のことですが、楽しいですね。

(^ ^)

 







そんなことはさておき、








 

前回紹介した手描きのコリですけどね、

 Planet Catfishの管理人さんが欲しいというので送りますよ。

 

 

誰かにあげる、もしくは捨てるとFBでも言っていたのですが、

 

 

クレといったのは彼だけでした。orz...

 

 

せっかくのことですので、

 

 

1枚だけじゃ何ですね。

 

 

ちゃちゃっと追加で3枚ほど作りましたよ。

(・ω・)ノ


 

ステルバイ

 

 

コルレア

 

 

トリリネアトゥス

 

 

全部で4枚送りますよ。

 

 

 

 月曜にでも郵便局に出しておきます。

 

 

そのあと、イラストも描いたんですよ。

 

 

アクセルロディ

 

エクエス

 

アトロペルソナートゥス

 

グラキリス

 

 

 

 

このグラキリスがちょっと大変でして、

 

 

描くのがしんどくなったので途中でやめて描いたのがこちら。

 

 

バルバトスです。

 

 

僕にとっては、やはり手描きの方が楽ですね。

(^-^)

 

 

 

(・ω・)ノ


craft

 

Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アクアライフとかイラストとか

2016-12-19 | イラスト

いやあ、

 


もうすぐクリスマスですね。

(・ω・)ノ

うちでもぼちぼち、クリスマス飾りを始めてますよ。


 

あとは大掃除とか、そろそろ身の廻りのものを片付けないとです。(汗

 

 

アクアライフの今月号を買いましたよ。 

 おぴよさんのオタクのパクーがどーんと掲載されていましたね。

 

 

写真で見ても迫力ですねえ。

(^-^)

 

 

 でもって付録のカレンダーなんですけどね、

 これ、海外で欲しい人がいるんですよ。

 

雑誌アクアライフは日本語版と韓国版が販売されているはずですが、欧米や中国圏はどうなんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

イラストネタですけどね、 

 

 

夢うさぎさんに置かせてもらっているイラストを入れ替えましたよ。

 あとカレンダーも置いていきましたので、寄られたら見てくださいね。

(^-^)

 

 

 

 

 熱帯魚のイラストばかり描いているcraftですが、

 

 

ここ数日で日本の淡水魚を描きましたよ。

 

 

 略して日淡

 

 

 アユ

 

 イトヨ

 

 イワナ

 

 ミヤコタナゴ

 

オイカワ 

 

 オヤニラミ

 

 ウグイ

 

ヤマメ 

 

 トウヨシノボリ

 

こうして描いてみると、日本の淡水魚も絵になりますね。

ヨシノボリとかオヤニラミとか本気で飼育したくなりました。

 

 

そうそう、イラストといえば

 

 

多くの方は手描きでかかれるじゃないですか。 

 

 

僕はCadソフトで描く人ですが、鉛筆で描くとどうなるのかなとふと思ったんですよ。



なので、その辺にあったペンと紙にサクッと描いて見ましたよ。

 

 

コリドラスアルクアタスです。 

 実はこれ、製作動画をFBにアップしたらちょっとえらいことになりました。

(・ω・;)

 

 

1日で、いいねが80人近く、シェアが11人になってます。(汗

 

 

暇つぶしに20分くらいで描いたんですけどね、



やはりいつの時代も喜ばれるのは手描きなのでしょうか。

 


売ってくれという方もいましたが、非売品です。

 

 

そのうち丸めて捨てます。(笑

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 
 
Comments (12)
この記事をはてなブックマークに追加

Loricariaについて(ざっくり)

2016-12-19 | ヘミロリカリア属

 

前回ブログでロリカリアについて紹介してほしいとありましたので記事を書きましたよ。

できる範囲でということで、詳細は省きますよ。

( そこは雑誌や本などを購入するなど勉強してくださいね。)

(^-^)

あと、LDFの写真を使っていますが、基本的に著作権は僕にあるので真似しちゃ嫌ですよ。(笑

 


ファロウェラ属

枝のような形状のロリカリアです。

いつもじっとしています。

枝を好んで張り付きますから、できれば枝状の流木を用意してあげたいです。

うちでは、ヒーターのワイヤーがお気に入りです。(汗

植物質を中心に動物質の餌も与えます。



 

 

ストゥリソマ属

ロイヤルファロウェラと呼ばれるものは3種類知られていて、主にストゥリソマ フェスティバムが入荷します。

たまにオウレウムも来ます。

パナメンス採集ルートがないので来ませんが、古い雑誌には誤掲載されていることがあります。

植物質を中心に動物質の餌も与えます。

 

 

 

 

ラモンティクティス属

主に入荷するのは、リャネイロ、フィラメントーサ、スティバロスの3種類です。

お店によっては、コメットロリカリアの名称で呼ばれることもありますが、正式にはスーパーロイヤルファロウェラです。

植物性の餌を中心に与えます。

十分に広い水槽で飼育した方が良いと思います。

僕の印象は虚弱です。が、長期飼育されている方もいるので腕次第でしょう。

 

 

 

プテロストゥリソマ属

主に入荷するのは、プテロストゥリソマ ミクロプスだけです。

ブラックコメットロリカリアの名称で呼ばれますが、正式にはコメットロリカリアです。

植物性の餌を中心に与えます。

十分に広い水槽で飼育した方が良いと思います。

僕の印象は虚弱です。が、長期飼育されている方もいるので腕次第でしょう。

 

 

 

ストゥリソマティクティス属

 

ストゥリソマティクティス ライトニーの名前で入荷しますが、ほとんどはspです。

本物のライトニーはほぼ鼻先が無いくらいの短さです。

飼育はストゥリソマと同じで良いと思います。

植物質を中心に動物質の餌も与えます。

比較的丈夫です。 

 

 

ヘミロリカリア属

ロリカリアの中で最も種類が多くて、丈夫な種類が多いグループです。

動物性の餌を与えますが、ランケやイミックスなどが植物質もよく食べます。

ロリカリアに強くないお店ではリネロリカリアの名前で呼ばれますが、2001年にイスブリュッカー博士によって、ヘミロリカリア属に別れました。

欧米ではヘミロリカリアがよく使われますが、日本ではリネロリカリアの方が未だにポピュラーなようです。

コバイン博士によればシノニムなんでどっちでもいいそうですが。。。


 



 

レリーラ属

 

ヘミロリカリアから別れた属です。

これも決め手となる判別方法がいまいちで、自信がないのですが。

動物質の餌を与えますが植物質の餌も食べます。

写真はドイツの第一人者に同定してもらった個体です。

 

 

リネロリカリア属

 

見ての通り、ずんぐりで全身に毛が生えます。

この毛が生える状況からヘミロリカリアと別れました。

ウルグアイ、パラグアイ川水系に生息しており、アマゾン河やネグロ川にはいないとされています。

いたら大事件です。(汗

動物質の餌を与えます。

 

 

ロリカリア属

 

日本ではこのタイプを総称して、トライアングルロリカリアと呼ばれます。

三角形の背ビレ、三角形の頭から来ていると思われますが、誰が付けたのかわかりません。(汗


 


ロリカリイクティス属。

ずんぐりした頭からスプーンヘッドロリカリアと呼ばれます。

袋状の口で餌を吸い込みます。

動物質の餌を与えます。

非常に丈夫です。

 

 

ヘミオドンティクティス属。

ヘミオドンティクティスの仲間はこのヘミオドンティクティス アシペンセリウス1種のみです。

袋状の口で餌を吸い込みます。

動物質の餌を与えます。

非常に弱いです。

 

 


プセウドヘミオドン属

 

ツチノコロリカリアと呼ばれるグループです。

ぺったんこです。

ブラシ状のヒゲが生えています。

動物質の餌を食べます。

非常に弱いです。


 

 

 

プラニロリカリア属

 

ツチノコロリカリアと呼ばれるグループです。

ぺったんこで、頭部がディスク状です。

ブラシ状のヒゲが生えています。

動物質の餌を食べます。

非常に弱いです。

 

ラディノロリカリア属

 

以前はラディノロリカリアとアピストロリカリア属に別れていましたが、今では1つになっています。

ブラシ状のヒゲが生えています。

動物質の餌を食べます。

非常に弱いです。





 


 

セゥドロリカリア属

 

ヘミロリカリアに似ていますし、ヘミロリカリアとして入荷することが多いです。

よく見ると口の形状が違います。

動物質の餌を食べます。

非常に弱いです。


 

 

スパトゥロリカリア属

 

ブラシ状のヒゲが生えています。

飼育してしばらくは丈夫ですが、ある日ころっといきます。

底砂等を清潔にする必要有りかと思います。

動物質の餌を与えます。

 


 

 

ハルッティア属

 

ファロウェラのような吸盤状の口とプレコの体型をしています。

プンクタータやディシデンスなどが知られています。

動物質の餌を与えます。

 

 

 

 

ロリカリアとプレコ・オトシンクルスの違い。

 

一般的にはこういうことになっています。

 

スレンダーなプロポーション。(例外あり)

尾ビレからフィラメントが伸びる。

尾筒が横に扁平

 

まあ、ロリカリアとして販売されていますから間違うことはないです。


 

 

 

最後に、

 

 

細かいことは本を読むといいです。

海外ですと、

Catfish Atlas Vol1がいいですよ。英語ですけどね。

 

 

ロリカリア データ ファイルにもそこそこ情報がありますから良かったら買ってみてください。

以下のお店で頼めばお取り寄せできますよ。

 

名古屋 リミックス

沖縄 ジェイズアクアリウム

京都 アクアリウムサンク

東京 アクアF東京

 

 

(^-^)/

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 
 

Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

来年は酉年ですよ。

2016-12-11 | オトシンクルス

 

休日に久しぶりに熱帯魚巡りしましたよ。

 

月見堂さんです。

 

 

実はHさんのブリード個体を譲っていただけることになったんですよ。

CF血統が混じっているそうです。

 

 

Hさんこの度は有難うございます。

(・ω・)ノ



つきみ堂さんにカレンダー置いていきましたので、受け取ってくださいね。

 

 

せっかく来たので何か買っていきたいと思い、初めてのタティアを買ってしまいました。

 

 

ブルドックタティアと言うそうです。

タティア可愛いです。

 

 

死んだふりします。

 

 

でもって、次に寄ったのがこちら

アクアF東京さんです。

 

 

ポストカードが売ってますよ。

 

 

南米河川地図とロリカリアデータファイルも置いてあります。

 

 

 

で、こちらでもanonimousさんにいただいちゃったものが。

謎のジャイアントオトシンです。

 

 

通常のペルー便ではなく、コロンビア便とのこと。

 

 

学者に写真を送りたいと思いますよ。

 

 

アクアFさん、anonimousさん、有難うございます。

 

 

新種、新着種を追加してODF第二弾を出したいですね。

 

 

オトシンの専門書はほとんど聞かないので、特に海外需要がありますよ。

 

 

せっかくなのでここでもお迎えしちゃいました。

 

 

ヒポプトポマ グラレです。

 

 

 ソラカトゥム

 

 

バンブルビー

 3匹1セットで買うべきだったと後悔しています。(汗

 

 

 アクアF東京さんのブログで公開されていませんが、謎のスパトゥロリカリアがいましたよ。

 

 

1匹だけです。

 

 

カクエタエに酷似していますが、産地が違うんですよね。

 

 

なので、謎です。(汗

 

 

本日の収穫。

 タティアさんはケースに入れようとしたら大型水槽に飛び込んじゃって見つかりません。(汗

 

 

そのうち見かけるでしょう。

(^-^;)

 

 

何気に撮ったファロウェラの写真なんですけどね。

 

 

FBにアップしたところ、意外と好評でしたよ。

(^-^)

Farlowella paraguaiensisです。 

 

 

 

 

そうそう、

 

 

 

Fábio Roxoさんからイラストの依頼がありました。

 

 

何でも、論文に掲載したいのだとか。

 

 

とは言っても、学術的なイラストとかではなく、飾り付けみたいな位置付けなんですけどね。

 

 

以前描いたオトシンに追加して、プレコ2種、ロリカリアのイラストを描いて送りましたよ。

 

 

Panaque nigrolineatus

 

 

Pseudacanticus leopardus

 

 

 

Loricaria sp 'Atabapo'

 

 

イラスト掲載の原稿が届いたのですが、来年発表するまで情報制限です。(汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリオピニェイロさんがフィッシュマガジンに寄稿した雑誌が手に入りました。

とりあえず、火曜日にブラジルに雑誌を発送しましたから、7日くらいで届くのではないでしょうか。

 

税関職員や郵便関係者が盗まなければ。(汗

 

 

さすが日本の裏側ですよ。

 

 

郵便代が最高値でした。(汗

 

 

400円の中古雑誌を送るのに3500円の送料ですよ。(笑

 

 

記事を読んでみたんですけどね、内容が素晴らしかったです。

 

 

アクアライフでもぜひ取り上げて欲しいと編集の人にお願いしましたよ。

 

 

もしかすると掲載されるかもですね。

 

 

マラリアになんどもかかっては、魚の採集を続けたという彼の採集旅行記、ぜひ読みたいです。

 

 

マリオさん曰く、

 

 

最近の採集業者は金のために採集をする。

 

 

自分たちはまず旅(冒険)があって、その結果として採集がある。

 

  

いやあ、

 

 

ワクワクする話ですね。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

BCさんと言う香港の方がいるのですけどね、

 

 

 

 

 

彼の飼っているヒパンキが素晴らしかったので、画像を借りてイラストを書きましたよ。

 

 

BCさんは香港在住ですが、アメリカ育ちなので英語が堪能なんです。

 

 

 

L333です。

 

 

 

この模様を反転させたものがネガティブ表現というそうなんですけどね、

 

 

果たしてどういう表現になるのか見てみたかったんですよ。

 

 

それがこちら。

 

いわゆるメガクラウンゼブラという感じですね。

 

 

 

 

イラストネタで最後に

 

 

 

鳥です。 

 

来年は酉年ですからね、鳥を描いてみましょうかね。

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 
 

 

 

Comments (15)
この記事をはてなブックマークに追加

バルバトスってもうコリじゃないんですね。その2

2016-11-29 | 熱帯魚

 

 

毎週のことですけど、水換え風景です。

 

 

お風呂用ポンプで排水しています。

楽といえば楽ですけどね、

 

 

水槽が20本以上あるのでそれなりに時間はかかりますね。

 

 

熱帯魚部屋の温度は26度固定。

 

 

 

こちらはオトシン水槽。

 
 

 

下は主にファロウェラ水槽としています。

 

 

 
 
 
 
水換えついでにいくつか写真を撮ったので紹介しますね。

(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 ヘミロリカリアの怒りポーズです。

 

 

普段の様子がこちら。

 

 

 

 

でもって、

 

 

 

威嚇のポーズ。

  

「この水槽は俺が守る!」

 

 

と言っているのでしょうか。

(・ω・)

 

 

 

Katsuさんからいただいたダークエビルの親です。

 

 

 

3回の産卵でチビチビダークがたくさんになりましたよ。

1回目の子は6匹でしたが、大きくなったのでジェイズアクアリウムさんのところに里子に出しました。

 

 

こちらはHさんにいただいたヒパンキたち。

 

 

ヴィッタータのオス。

  

 

 

イミックスも飼い込むうちに貫禄が出てきました。

 先月産卵しましたがカビて全滅しました。(泣

 

 

黒い三連星。

 

 

 

モロウィ

 

 

テフェアナ

 

 

 2代目ベレンでお迎えした子です。

 

 

 

 

並オトシンが休憩していたのですけどね、

 

 

 

何となく模様がゼブラっぽいなと。

マクロスピルスの模様違いでしょうけど、模様探しも面白いですね。

 

 

 

 

先週のことですが、

 

 

 

メリニの頬のあたりに、できものができてました。(汗

 

 

 

薬を溶かして、薬浴していました。

 

 

 

果たして治るでしょうか。

 

 

とりあえず、魚自体は元気です。

 

 

 

 

 

豊橋アマゾンさんからバルセロスが到着しましたよ。

 

 

 

本物のバルセロスでした。(^-^) 

 

 

 

 

この細かいひび割れ模様はバルセロスですね。

 

やっぱり、きちんとしたお店で買うと外れませんね。

 (とりあえず御三家揃いました。)

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

この1週間ほど、海外の方といくつか のやりとりをしていましたよ。

 

 

香港にLDFを送りました。

いつも仲良くしているBCさんです。

 

 

ロリカリアを勉強するのだとか。

 

 

とりあえずマクロミスタックスの繁殖を狙うのだとかで、大量に買ったそうです。

 

 

頑張って欲しいですね。

(^-^)

 

 

続いて、これはレインボーフィッシュの絵ですね。

 オーストラリア在住のJWさん。

 

 

その辺の川にいるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこともさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

バルバトスネタです。

 

 

マリオピニェイロさんと言うかたに相談されたのですよ。

 

 

ブラジルはリオデジャネイロ在住の輸出業者さんです。

 

 

本を探しているのだとかで、日本のフィッシュマガジンに過去投稿したのだそうです。

 

 

大切な本なのですが、小屋が全焼して亡くなってしまったとのこと。

 

 

バルバトスに関する記事だったようで、

 

 

僕がバルバトスのイラストを発表したので手がかりがあると思ったみたいです。

 

 

1986年から1987年の雑誌でアクアライフかフィッシュマガジンとのこと。

 

 

手がかりのタイトルなんですけどね。彼が言うには

 

 

 

" barbatus my life"

 

 

 

だそうです。

 

 

我が人生のバルバトスってところでしょうか。

 

 

今回、いろいろな方に聞いて見たのですが、おぴよさんがそれっぽいのを持っていました。

 

 

これです。

おぴよさん、この度は本当にありがとうございました。

 

 

電話で相談したのですが、当然よもやま話で盛り上がって長電話に。

 

 

夜分遅くにご迷惑をおかけしました。でもめちゃ楽しかったです。

(^-^)

 

 

早速写真を彼に送ったのですけどね、

 

 

どうもフィッシュマガジンかもとのことです。(汗

 

 

フィッシュマガジンはご存知の通り、廃刊していますね。

 

 

なので、なんとか緑書房さんに連絡をつけたのですよ。

 

 

そうしたら見つけてくれました。

(^-^)

 

 

 

タイトルは、



「バルバの故郷リオに踊る」MARIO PINHEIRO



全然違うじゃん。(爆



1997年のフィッシュマガジン7月号でしたよ。

 


ヤフーショップで1冊だけ見つけました。

 

 

 中古で400円。

 

 

来週送ると言ったらめちゃ喜んでいましたね。

 

 

相談があったらなんでもして欲しいとのこと。

 

 

ブラジルに来たら歓迎するそうですよ。

(^-^)

 

 

いけないって。(笑

 

 

そうそう、

 

 

頼まれごとといえばもう一つ、この原稿を描いている時に来ましたよ。

 

 

Fábio Roxoさんからロリカリア科のイラスト依頼です。

(最近オトシンクルス ダニを記載された方です。)



何かに掲載するのだとか。



どうなるやら。



詳細はまた今度ですね。

 

 


(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 



Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

バルバトスってもうコリじゃないんですね。

2016-11-29 | 熱帯魚

 

うちの前からの景色です。

 

 

紅葉もそろそろ終わりですね。

 

 

 



と、思っていたら。






11月というのに雪がどっさり降りました。

(・ω・;)

 

 とりあえず交通機関が動いたので良かったです。

 

 

そんな最中、うりは相変わらずのマイペースです。

 

 

 

土曜日は急遽仕事になっちゃって、どこへも行けなかったので、

 

 

とりあえず駅ビルでスイーツを食べましたよ。

ワッフル専門店のマロンワッフルです。

 

 

 

デパ地下のいなげやで夜食を買って夜中に食べました。

 意外と侮れません。おいしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

お魚ブログなので、お魚の話題でも。

 

 

アシペンサーロリカリアですけど、僕にしては長生きさせてます。

 

 

ラディノロリカリアとセゥドロリカリアの同居です。

これならもう3〜4匹お迎えして、繁殖をと考えてしまいますよね。

 

 

ヘミロリカリア ハセマニィです。

 

 

ファラックスと並んで、我が家ではおそらく一番長いです。 

5年ですかね。 

 

 

 

バルセロスで入荷したテフェアナです。

 このくらい網目が出てると間違えないんでしょうけどね。

 

 

飼育してみないとわからないって時もありますよね。

 

 

実は今日、1匹だけ在庫していたバルセロスを注文しました。

 

 

明日届きますよ。

 

 

本物だったら、メリニ、テフェアナ、バルセロスの御三家を並べて写真撮りたいです。

 

 

本物のバルセロスだったら。。。

 

 

Hさんから頂いたヒパンキですけどね、元気ですよ。

 

ブリーダーさんが良い個体をお分けしてくれたからでしょうね、

 

 

めっちゃ丈夫です。

 

 

でも、プレコなんで水を相当汚しますね。

 

 

ファロウェラとどっこいです。(汗

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

月下美人さんに頂いたグァテマランですけどね、



120cm水槽に入れていたんですよ。



大きい子を小さい子が追いかけ回すようになりまして、それが2ペア。



なので、月下美人さんに電話してアドヴァイスを頂いたんですね。



水草を浮かせていると良いとのことなんで、早速45cm水槽に水草浮かして隔離しましたよ。



沢山生まれるそうなんで楽しみです。

 そうそう、

 

 

写真では分かりにくいですが青いような紫のような色になってきましたよ。

(^-^)

 

 

 

最後にイラストネタを。。。

 

 

 

ちょいちょい絵を描いてますよ。

 

 

アクアF東京さんのブログに、非常に魅力的なバルバトスの写真がアップされていたんですよ。

 

 

なので、さっそく許可頂いてイラストにしましたよ。

 

 

トレース終了時の写真がこちら。

こういう細かい模様系は実は描きやすかったりします。

 

 

手間はかかるけど、グラデーションが少ないので、色構成がシンプルなんです。

 

 

着色完了。



トレースラインと並べて、完成です。(^-^)/

バルバトスはコリドラスからScleromystaxに属が変わったんですね。



描いていると部分的ですが、形態的な差がはっきり分かりますね。





(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら


Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

A4 Size Drawing List

2016-11-29 | Drawing Li...

A4 Size Drawing List

 

No Flame Paper only.

Printing Photo quarity paper. 


Corydras


Discus

 

Gourami

 

Killi Fish

 

Loricaria01

 

Loricaria02

 

Otocinclus

 

Pleco Large

 

Pleco Small

 

Rainbow Fish(Large)

 

Rainbow Fish(Small)


Tetra

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Post Card List 01

2016-11-29 | Drawing Li...

Post Card List 01

 

 

Apistogramma agassizii

Apistogramma baenschi

Apistogramma bitaeniata

Apistogramma cacatuoides

Apistogramma diplotaenia

Apistogramma elizabethae

Apistogramma guttata

Apistogramma sp“JUrua Emerald

apistogramma steindachneri

Apistogramma trifasciata

Scleropages aureus(GoldenArowana)

 Scleropages formosus(Blue Arowana)

Scleropages legendrei (Red Arowana)

Scleropages macrocephalus(Silver Arowana)

 

Barbinae Pethia nigrofasciata(Black Rubi)

Barbinae Puntius titteya(Cherry Berb)

 

Beta Blue

Beta Red

 Beta Violet

Beta White

Carnegiella strigata(Marble Hatchet)

Cichlid Thorichthys meeki(firemouth cichlid)

Corydras adolfoi

Corydras aeneus

Corydras arcuatus

Corydras baderi 

Corydras burgessi

Corydras concolor 

Corydras duplicareus

Corydras paleatus

Corydras panda

Corydras parallelus

Corydras sterbai 

Corydras trilineatus

 Devario aequipinnatus

Discus Brilliant Turquoise

Discus CUIPEUA

Discus Red Turquoise 

 

 Gourami Trichopodus leerii (Pearl Gourami) 

Parosphromenus sp. 'Sentang'

Sphaerichthis vailanti(Chocolate Gourami) 

 

Trichogaster chuna(Golden Honey Dwarf Gourami) 

 

Trichogaster lalius var.(Sunset Dwarf Gourami)

Trichogaster lalius(Dwarf Gourami)

Trichopodus microlepis(Silver  Gourami)

 Trichopodus trichopterus var(Marble Gourami)

Trichopsis pumilis(Pygmy Gourami)

 Poecilia reticulata var((Guppy Mosaic)

Poecilia reticulata var(Guppy Blue Glass)

 

Poecilia reticulata var(Guppy Wienemerald)

Hypseleotris compressa 

Aphyosemion australe

Aplocheilus lineatus

Austrolebias nigripinnis

Chromaphyosemion bitaeniatum

Fundulopanchax nigerianus

Fundulopanchax sjostedti

 

Nothobranchius korthausae 

 

Nothobranchius rachovii 

 

Pseudepiplatys annulatus  

 

Hemiloricaria eigenmanni

Hemiloricaria melini

Loricariichthys hauxwelli

Planiloricaria cyptodon

Pseudohemiodon laticeps

Pseudohemiodon sp cf apithanos

Pseudohemiodon sp peru-I

Pseudohemiodon sp Peru

Rhadinoloricaria omation

Sturisoma festivum

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Post Card List 02

2016-11-29 | Drawing Li...

Post Card List 02



Acestridium dichromum

Corumbataia tocantinensis

Hisonotus chromodontus

Hypoptopoma psilogaster

Hypoptopoma sp 'Peru'

Hypoptopoma sp(Queen Giant Oto)

Otocinclus cocama Type I

Otocinclus cocama Type II

Otocinclus mimulus

Otocinclus sp Colombia

Otocinclus vittatus

Oxyropsis wrightiana

Parotocinclus dani 

Parotocinclus sp 'Peru'

Nannostomus Beckfordi

L25 Pseudacanthicus sp 'Ultra Scarlet Trim'

Panaque armbrusteri

Pseudorinelepis sp L95(Archer Fish)

Pterygoplichthys gibbiceps

L014 Scobinancistrus aureatus

L046 Hypancistrus zebra

L121 Peckoltia braueri

L134 Peckoltia compta 

L173 Hypancistrus sp

L201 Hypancistrus sp

L250 Hypancistrus sp

L260 Hypancistrus sp

L397 Panaqolus sp

 Poecilia sphenops(Black Molly)

Poecilia velifera(Serufin Molly)

 

Pterophyllum altum

 

Bedotia madagascarensis

Chilatherina alleni

Chilatherina axelrodi

Glossolepis incisus

Glossolepis Wanamensis

Melanotaenia boesemani

Melanotaenia corona

Melanotaenia lacustris

Melanotaenia praecox

Melanotaenia rubrivittata

Melanotaenia trifasciata

 

 

Iriatherina werneri(New Guinea Reinbow Fish) 

Kiunga ballochi

Kiunga bleheri

Pseudomugil cyanodorsalis

Pseudomugil furcatus

Pseudomugil gertrudae(Butterfly Rainbow Fish)

Pseudomugil mellis

Pseudomugil tenellus

Rhadinocentrus ornatus(Blue)

Rhadinocentrus ornatus(Purple)

Rhadinocentrus ornatus(Red)

RoachBotia striata(Zebra Roach)

RoachChromobotia macracanthus(Crown Roach)

Scleromystax barbatus

Axelrodia riesei(Ruby Tetra)

Boehlkea fredcochui

Gymnocorymbus ternetzi

Hemigrammus bleheri

Hemigrammus erythrozonus(glow light Tetra) 

Hyphessobrycon sweglesi

Nematobrycon palmeri

Paracheirodon axelrodi(Cardinal Tetra)

Tucanoichthys tucano

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

記載写真の塗り絵

2016-11-23 | Otocinclus

 

記載種の写真を元にイラストを起こしたんですよ。

 

 

以前に描いたレインボーフィッシュなんですけどね、



ANGFA magazineという雑誌に掲載されるらしいんですよ。

 

 

なので、公表は控えていたんです。

 

 

依頼者のDerekさんにそろそろオープンにしていいかどうか尋ねたんですけどね、

 

 

Go nuts.

 

 

と言われました。

 

 

直訳すると、




行け、木の実



もしくは

 

 

行け、ウ○コ

 

 

 

。。。。。

 

 

 

これはどういう意味なのでしょうか。

 

 

辞書を引くと、「頭がおかしい」という意味と「夢中になる」という意味に別れましたよ。

 

 

なので、本人に直接聞いてみたんですよ。

 

 

僕の翻訳ソフトは2つの違う意味を出すからわからないと。

 

 

yesかnoかで答えて欲しいと。

 

 

そうしたら、もちろんyesだということでした。

 

 

彼の中でGo nutは「Have fun」という意味だそうです。

 

 

 

というわけで、ブログに載せることにしました。

 

 

Melanotaenia coronaです。

 

 

上がトレース直後の白黒の絵、下が記載写真です。

知る人ぞ知るレインボーフィッシュの1種類で、

 

 

生きた姿は誰もみたことがないそうです。

 

 

なので、イラストのみが色付きで紹介されているわけですが、

 

 

僕の他に数人のイラストレーターに再現させるという企画みたいです。

 

 

ちなみに僕はイラストレーターなどではなく、ただのヘタレアクアリストです。

 

 

そんなわけで、Derekさんのご指導の元に出来たのがこちらです。

 

 

ややグリーンバージョン、これが採用だそうです。

 

他にも制作過程でいくつかの色のバリエーションを作りましたよ。

 

 

イエロー

 

レッド

 

 

ブルー

どれが本物に近いんでしょうかね。

 

 

一説によると絶滅したので検証のしようがないという話もありますよ。

 

 

 

 

 

でもって、






ここ最近話題になったのですけどね、

 



 

 

パロトシンクルスが記載されたそうなんですよ。

 

 

その名も、

 

 

パロトシンクルス ダニ(Paraotocinclus dani)

 

 

です。

 

 

タパジョス水系に生息しているそうですよ。

 

 

早速記載者の一人、 Claudio Oliveiraさんにおめでとうのメッセージを送ったんですよ。



でもって、ブログへの記載写真の掲載とParaotocinclus daniの絵を描かせてもらうことに。

 

 

これです。

 

 

標本写真と並べたのがこちら。

 

トレース直後の絵

日本の業者の皆さん、タパジョス川に住んでいるそうですよ。

 


 

ぜひぜひ、入荷をお待ちしております。

(^-^)

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加