ロリカリアな日々

These Are The Days Of Our Loricaria

ポポー

2016-05-22 | Otocinclus

何でしょうかね。

 


ここ最近、新規のお迎えがないのですよ。



何か、ネタはありましたかね。






ええと、




 

おお、





ありましたよ。





思い出しました。




 

ゼブラオトシンを記載した魚類学者、



レイズ博士なのですけどね

 

 

先週、彼とコンタクトをとっていたんですよ。

 

 

オトシンクルス ヴィッタータスとヴェスティトゥスの違いを知りたくてですね。



ある仮説を立てたのですよ。



両種は記載年代が相当離れているじゃないですか。



最初にO.vestitusが記載されて、後世の学者が同じ魚をO.vittatusと名付けたのではないかと。



ドイツのオトシンマニアのMKさんもその可能性はあるかもねと言ってました。



同じことを、レイズ氏に尋ねたのですよ。



「O.vittatusとO.vestitusは結局のところ同じではないか。」



彼曰く、



「O.vittatusとO.vestitusは明らかに別種だ。君がそう考えるのであればそのことについて議論しよう。」



学者と議論するつもりはないんですね。(笑



別種であるという意見が得られたところで、

 

 

2つの写真を送ったんですよ。

 

 

 

 

FBでこの写真をアップしたときは、海外のマニアからBがヴェスティトゥスだという意見をいただいたのですよ。

 

 

レイズ氏はこの写真を大学の仲間であるパブロさんと慎重に検証したそうですよ。

 

 

その名前、どこかで聞いたことあるなと思ったら、

 

 

Otocinclus.batmaniの記載者ですよ。(汗

 

 

1つはヴィッタートゥス、もう一つはウァオラニじゃないかと回答がありました。

 

 

ウァオラニは違うんじゃないかと思いつつ、1方向の写真のみですしね。



ただはっきりと、その中にはヴェスティトゥスは含まれていないというんですよ。

 

 

「じゃあ、生きた写真もってませんか?」

 

 

と聞いたのですよ。

 

 

「残念ながら持っていないよ。でも、君ならきっと手に入れることだろう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、予言だけされても。(汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェスティトゥスの特徴しらなきゃ見つけようがないじゃないですか。(笑

 

 

なので、特徴を教えてくれないかと頼んだのですよ。

 

 

そうしたらオトシンクルス属に関する論文が送られてきたんですよ。

 

 

英文がびっしりで全て読めそうにないのですが、

 

 

並オトシンのことがいろいろ書かれていて、標本とイラストが結構掲載されているじゃないですか。

 

 

もちろん、ヴェスティトゥスも。

 

 

いやあ、この論文にはやく会いたかった。(笑

 

 

以前anonymousさん監修のもと、アクアF東京の店長さんがセレクトしてくれた

 

 

Otocinclus sp cf vestitus

 

 

ですけどね、

 

 

これ、限りなくvestitusに近いんじゃないかと思うんですよ。

 

 

その写真がこちら。

 

 

 

いろいろ並オトをゲットして論文の写真と比較してみたいですね。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

(・ω・)/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日アクアライフ編集部の方よりメールをいただいたのですよ。

 

 

赤ランケを飼っていて繁殖を狙いたいんだそうですよ。

 

 

で、買い足したいのでどうしたらいいかというんですね。






「熱帯魚屋さんに行くといいですよ。」






と一瞬思ったのですけどね。(笑

 

 

たまたま、うりぼうさんが赤ランケの繁殖に成功していたのを思い出したんですよ。



僕も幼魚を何匹か里子にいただいていたので、

 

 

オスメスがわからないなら、数匹いただいては?



あと、赤ランケの繁殖した人をあまり聞かないので取材されては?



とも言っておいたのですね。

 

 

無事、里子成立しまして、あと繁殖の記事とかも協力してほしいとのこと。

 

 

というわけで、

 

 

里子の顛末はアクアライフ6月号に掲載されていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東の庭の池なのですけどね、

 めったにいかないので、メンテしなくてひどい状態なのですよ。(汗

 

 

南東なのに裏庭という我が家の設計。。。

 

 

水を抜いてしまいましたよ。

 

で、ここに何を植えるかというとですね、

 

 

ポポーです。

 

 

 

ポポーの枯葉は大きくてまるでマジックリーフのよう。

 

 

秋になるとどさっと落葉するのですよ。

 

 

でもってその葉は、ランケはじめロリカリアの大好物なのです。

(^-^)

 

 

それに、

 

 

実が取れれば、バナナとカスタードクリームを足して二で割ったような味だそうですから。

 

 

それはそれで楽しみなのです。

(何年先のことやら。。。)

 

 

(・ω・)/



craft



craft shopはこちら


 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

Comments (20)
この記事をはてなブックマークに追加

休日ですから。

2016-05-15 | ロリカリア属


ブラックラグーンを以前紹介したじゃないですか。



動画を見てハマっている人もいると聞きますよ。



その上で、



マキシマムザホルモンの便所サンダルダンスをあわせるとけっこういけてたりするんですよね。



こちらです。










そんなことはさておき、








 

今日は土曜のお休みでしたので、いろいろしましたよ。

 

 

 

まずは水換えをしたんですよ。

 

 

水換えと同時に、お魚の移動もしたのですよ。

 

 

大量にお魚を☆にしたので、空き水槽がいくつかでたからです。

 

 

で、

 

 

移動しているついでに、ランケオラータとイミックスを写真にとりましたよ。

 

 

ヘミロリカリアspイミックス(左) と、ヘミロリカリア ランケオラータ(右)

 

 

パラグアイ産の典型的なランケです。

 

 

顔アップ。

背ビレが丸いですね。

 

 

こちらはイミックス。

ことらは背ビレが細いですね。

 


尾ビレアップ

典型的なランケオラータの尾ビレですね。横V字模様です。

 

 

こちらはイミックスの尾ビレ。

やや不鮮明ながらアイガンマナイと同じ縦ラインです。

 

 

ランケオラータの顔を上から見たところ。

 

 

 

こちらはイミックス。

 

 

典型的なランケオラータです。

 

 

こちらはイミックスですが、目、つぶっていますね。(汗



イミックスの名前の通り、アイガンマナイタイプとランケオラータをミックスしたようなロリカリアですが、



ランケオラータもアイガンマナイも同じヘミロリカリアであって、属が異なるわけではないのですから、イミックスのような中間的な種類が存在してもおかしくはないわけですよね。

  


イミックスはアイガンマナイタイプに混じっている可能性があります。

 

 

コロンビア便のロリカリアが来たら要チェックです。

 

 

イミックスはたまーに1匹か2匹混じるかどうかというお魚ですが、

 

 

ありがたいことに我が家では人工孵化に成功したおかげで、数匹のイミックスがいます。

 

 

また増やしたいですねえ。

(^-^)

 

 

ちなみにこれは、ロリカリアspアタバポに混じっていたというランケタイプ。

 

 

ランケが量産型ザクならば、こちらはシャア専用ザクといったところです。 

このなんともいえない模様は素晴らしいです。

 

 

 これも上から見るとイミックスに似ているんですよねえ。。。

 

 

 

ちなみにこちらがイミックス。

 

 

 

ファロウェラも移動しましたよ。

 

 

この間の病気で無傷で生き残ったのはファロウェラ達ですよ。

 

 

ファロウェラ ヴィッタータです。 

 

写真では伝わらないのですが、めっちゃ金色していました。

 

 

状態の良いファロウェラは金色になるのでしょうか。それとも逆?

 

 

お腹の鱗は2列です。

  

 

 

 

パロトシンクルスSP'バンブルビー'です。

     

いつもとは違う流木にいますよ。

 

 

最近オトシン水槽に水中モーターを追加したんですよ。

 

 

ふだん淀んでいるスペースにも、適度に水流が行き渡るようになったんですね。

 

 

なので、オトシンたちの居場所が広がりました。

 

 

やっぱり水流のあるところを好むんですねえ。 

 

 

水換えが終わって、

 

 

今年も中庭の池をリセットしましたよ。

 

 

こんな感じ。

ウッドデッキが汚いですね。高圧洗浄で掃除しないと。(汗

 

 

水槽のメダカたちを放流しました。

小屋のメダカのいた水槽にメダカの稚魚が生まれていましたよ。

 

 

でもってこちらは西庭の池です。

  

枯れた水草を出して、これまたリセットですよ。

 


水草を投入して中庭のメダカとエビを半分こちらに移動する予定です。

 

 

でもって東庭の池なんですけどね、

こちらは滅多に見に行かないので、樹木を植えることにしましたよ。

 

 

水を抜いて、土を入れました。

さらに園芸用の土を通販で買い足したのですが、まだ到着しません。(汗



 

中に結構な数のミナミヌマエビがいましたので、中庭と西庭の水槽に移動しますよ。

 

 

その後、ホームセンターの買い物に奥さんに付き合いまして、


 

お昼ということで、ラーメン屋さんに行きましたよ。


 

むつみ屋さんというそうです。

 

 

みそラーメンの専門店ですね。

 

 

でも僕は魚介醤油ラーメン。(笑

 

 

みそラーメンやさんがあえて作るだけあって、美味しいですよ。

 

 

こちらが奥さんが食べた、名古屋のみそラーメンです。

 

 

 

でもって、吉田フィッシュファームさんに行ってきたんですよ。



リセットした西庭の池に入れる水草を買うためです。

 

 

以前から目をつけておいた、アマゾナと思われる超ロングノーズなファロウェラを買おうと思ったんですけどね。

 

 

水槽でお亡くなりになったのか、それらしいのがキラスネ社に処理されていましたよ。(汗

 

 

で、



その帰りにスイーツでも食べようかということになって、

 

 

南大沢方面のカフェレストランにいってきましたよ。

 

 

気分は軽井沢ですよ。(笑

 

 

で、

 

 

すごく女子力の高いスイーツをいただいてきましたよ。

 

 

僕はブラッドオレンジジュースと幸せのオレンジムース。

 

 

奥さんはブラックコーヒーと栗の渋皮煮タルト。

最近買い物帰りにスイーツ店探すのが習慣になっていますね。(汗 

 






 

そうそう、






 

 

来月になったらTシャツ作りますよ。

 

 

先週の制作風景。(笑

1着1着心をこめて作っています。

 

 

うそです。

 

 

おおうそです。

 

 

人生で二回目の嘘をついてしまいました。

 

 

本当はめんどくさいと思いながら作っています。(笑

 

 

数量限定ですが、販売しようと思うのですよ。



こちらは本当です。(笑

 

 

販売というか、

 

 

海外の方がどうしても欲しいと希望しているので、



制作費と送料を負担してくれれば作ってあげるよということです。

 

 

この機会に乗っかりたいという方、僕までメールなりでおしらせください。

 

 

(ほぼ)制作原価と 送料だけで作りますよ。

 

 

ちなみに先週アクアF東京に送ったのはこちら。

 

 

店長さん、お渡しいただいてありがとうございました。

(^-^)/

 







(・ω・)/


 

craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

Comments (12)
この記事をはてなブックマークに追加

O-room過去ログ23

2016-05-15 | O-room過去ログ
IW? (せん)
2016-05-13 21:10:56
〜(m∵)mオジャマシマス

anonymousさん、そんな大きな話になってしまうのですか。
非常に申し訳ない写真になってしまうのですがこんな感じでした。
https://i.imgur.com/VmQHLLg.jpg

確認していただいたら削除します。
 
書き忘れいろいろ (せん)
2016-05-13 23:07:08
〜(m∵)mオジャマシマス

皆さんのバンパイアさん、元気そうですね。
うちのはまだ本調子でないのか、目の色が
少し薄い気がします。
anonymousさんの前からの写真は何かに似てると思っていたら、さっき思い出しました。
たれぱんだです(失礼)。

ネグロさん、キレイですね。こんなのもいるのかと驚いています。
 
グッズ作れそう? (anonymous)
2016-05-13 23:50:55
せん さん、画像ありがとうございます。

スゴイですね、あのゼブラ。(-_-;)  
デビルマンの頭に見えました。(古っ!)(笑)

ヴァンプは、...............たれパンダ!?(爆)

これはもう........グッズ開発に取り掛かるべきですかね?

craftさん、いかかでしょうか? 「垂れヴァンプ・ヌイグルミ」!

若い女性にも、オッサンにも.........大人気確実??? (笑)
(60%くらい本気です)(;´・ω・)

 
O-Room (craft)
2016-05-14 07:12:13
表紙をいじってみました。
(・ω・)/
 
ニュー? (せん)
2016-05-14 09:33:18
〜(m∵)mオジャマシマス

craftさん、おはようございます。
オトシンさんがこれだけ並ぶと壮観ですね。
そのなかでもファロウェラはやはり異彩を放って見えます。

ところで、アクアFさんのブログでニューゼブラさんが紹介されていますが、あれも不思議な感じがしませんか?
ゼブラさんに並オトさんのバンドくっつけたような・・・。
みなさん、どう思われますか?
 
ニュー? (せん)
2016-05-14 09:33:39
〜(m∵)mオジャマシマス

craftさん、おはようございます。
オトシンさんがこれだけ並ぶと壮観ですね。
そのなかでもファロウェラはやはり異彩を放って見えます。

ところで、アクアFさんのブログでニューゼブラさんが紹介されていますが、あれも不思議な感じがしませんか?
ゼブラさんに並オトさんのバンドくっつけたような・・・。
みなさん、どう思われますか?
 
Re せんさん (craft)
2016-05-14 11:59:13
ゴールデンウィーク中にがんばってイラスト作りました。
(^-^)
グリーンファロウェラは当初ロリカリア亜科の分類だったみたいですね。
ファロウェラキーパーとしては明らかに違うのですが、オトシンとしても異色ですし、中間的な存在でしょうかね。
ゼブラオトシンについてはバリエーションが多いですよね。
ゼブラとニューゼブラは別種だろうというのがゼブラ記載者のレイズ博士の意見ですが、しかし非常に密接な関係があるとも言ってますし。興味深いですよね。
(^-^)
 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-14 17:02:52
みなさんこんにちは

せんさん私も同じことを思っていました、体形もニューよりもCOCAMA(リアル)に近く白いバンドの数も尾鰭含めず4本、でも体側に
ヴィッタートゥスなどに見られるラテラルバンド? これってCOCAMA+並オトのハイブリッドのような・・
昔からラテラルバンドが入るCOCAMAやニューはたまに見かけてましたが(明るさによって入ったり入らなかったり)ここまではっきり
入るこはなかなかみないですよね

anonymousさんのところのニューもこれはさすがにイレギュラーの内容超えてますよね、COCAMAやニュー共通の特徴ともいえる尾鰭の
シングルラインが2本になってる Σ( ̄ロ ̄lll)  はじめイレギュラーに目がいっちゃって気づきませんでしたが

やはり生息域がかぶっている場合、自然界でも異種交配があるんですね、イレギュラーパターンも含め珍しいんでショップでお目にかかれる
機会はかなり低いですが、 ゼブラの珍ものなんてさらに珍。近所のショップなんてニューがいることさえまれですから

それにしてもバンパイア大人気ですね、みなさんの画像を見てたら我慢できなくなって入荷予定のところに予約を入れちゃいました。(^▽^) 
グッズいいですね、ぬいぐるみだったら人気でそう。

とうとうO-Roomに表紙がつきましたね、craftさんのおかげで少しずつオトシン界が華やかになっていきますね。



 
憶測ですが。。。 (anonymous)
2016-05-15 00:13:13
みなさん、こんばんは。

話題に上がっていますラテラルバンドがあるニューゼブラですが、
先日の私の写真の個体は、それと同じ個体群の子です。

ニューゼブラには、少なくとも2つのタイプがいそうですね。

Aタイプ=ゼブラ模様 →リオ・ティグレ?

Bタイプ=ラインが割れたような細かい模様、
     もしくはラテラルバンド中心の模様? →生息地不明

ローカリティーが分かれば、面白いんですけどねー..........(;´・ω・)

あと(自分だけかもしれないですが)、Aタイプの方が飼いやすいような
気がするんですが、皆さんはどう思いますか?



 
補足 (anonymous)
2016-05-15 09:57:53
おはようございます。
昨日の続きですが、写真で補足します。

Aタイプ http://imgur.com/QFg3bga
時々黄色くなる。

Bタイプ http://imgur.com/29w4qq7
黄色くなったのを見た事が無い。

やはり、地域変異でしょうか?………
 
Unknown (tnhr)
2016-05-15 17:13:31
こんちはー(・∀・)

たれヴァンプかわいいですねー、オトシンに惹かれる理由の一つがわかった気がする(笑)

先日の尾鰭のタイプとABタイプは関係あるんでしょうかね
とりあえず昨日確認出来たY模様は二匹ともBっぽいです、色はどーだろなーもっかい確認します

あとリアルゼブラですがI模様がずれたのか誰かにいたずら書きされたのか変な模様のがいたので
http://i.imgur.com/8v6pdKO.jpg
体やw模様よりイレギュラーのラインのほうが色濃いんですよね〜
 
コメント移動しますね。 (craft)
2016-05-15 23:11:50
だいぶたまってきたので、このへんでコメント移動しますね。
(・ω・)/
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-room過去ログ22

2016-05-15 | O-room過去ログ
やはり別種のようです。 (craft)
2016-05-08 04:53:59
これが例の標本でしたか。
(^-^)
僕も見つけた時に、これがanonymousさんが言っていたやつか?と思いました。
ペルーとボリビア、水系が離れすぎてますね。それにこの体型の違いだと、普通は別種として紹介すべきですが、どこの部分でCopeさんは同種と判断したんでしょうかねえ。

O.VittertusとO.Vestitus同種説by craftですけどね、標本も目視できたことですし、別種の線でいきたいと思います。(笑
言い間違い説は却下ということで。(笑
( こういう無茶振りをすると、海外の方、結構真剣に否定してくれるんですよ。(笑)
ヴェスティトゥスの特徴を知りたいと聞いて回ったんですけどね、なかなか教えてもらえないので、叩かれ覚悟で振ってみましたよ。

今回のブログ

http://blog.goo.ne.jp/loricaria/e/f1b5ccb58b1561c7a1583dff90b25032

で掲載した写真2種の尾ビレの違いについて、個体差じゃないか?と無茶振りぎみに聞いたところ、やっとスティーブン グラントさんという方が、尾ビレ付近のラインの突起模様が小さいタイプがヴェスティトゥスじゃないかと答えてくれました。
 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-08 05:54:27
みなさんこんばんは、anonymousさんあらためましてはじめまして、そしてありがとうございます。
帰ってきて見たらものすごく濃い内容がアップされていて、即座に画像共々保存させていただきました。

たかが並オトされど並オト、オトシンを集めだせばいずれ通る並オトの世界。しかし情報乏しく参考になる書籍もないなか、それでもここを見つけた人たちにとって指標となる見分け方が確立されればこんなにありがたいことはないです。

そして帰ってからずっとアップ画像とうちの子たちの画像を見比べていたのですが
マクロスピルスと信じていた子がひょっとするとsp. コロンビア? http://i.imgur.com/RoMHWZf.jpg

今回ヴェスティトゥスと思った子 http://i.imgur.com/af3MTSV.jpg  
(導入中のため色は出てませんが色々な特徴がODFのヴェスティトゥスににてる。)

数回にわたりハントしてきた子達がほぼすべてヴィッタートゥスのタイプ違いっぽい事実。


本当にオトシンは難しいですね。ヽ(T-T )ノ

craftさんのおっしゃるとおり名前がよく知られているヴェスティトゥスはヴィッタートゥスの1タイプなのかもしれないですね
ヴェスティトゥス謎すぎです。 昔は並オトいえばヴィッタートゥス、ヴェスティトゥス、アフィニスってぐらいと有名だったのに
 
尾びれ基部 (anonymous)
2016-05-08 11:01:13
craftさん、「Catfish Atlasの346ページに掲載されている写真とそっくりな子」
というのは、横浜から来た子ですか? 

もしそうでしたら、同便で2タイプの魚が入っているという事か、
尾びれ基部のパターンが違うように見えるが、じつは同1種。。。。。
という風に考えられますよね?
どっちなんでしょう?

そのタイプは飼っていないので、すごく気になりますね。
昔いたような気もしますが。。。。。。その頃はあまり気にかけてませんでしたから。


trans-lucentさん、こんにちは。
並オトシン図鑑を楽しんで頂いたようで良かったです。(`・ω・´)b

それで、写真の子ですが、マクロスピルスで合っていますよ。
尾柄が深く、マッチョなのがマクロです。
あと、ラテラルバンド内にドット模様も見えるはずです。これが最大の特徴ですね。
(見えにくかったらフラッシュ撮影してみて下さい。)

今回、ネタ的な“図鑑”ということで、故意に面白そうな写真を選んでおります。
一般的なタイプとは違う魚もいることをご了承ください。

例えば、
 金色に光る ワオラニのオス。
 スポット模様で、黄色味の強い sp.コロンビア。
 黄色味の強い sp.ボニータ。
 スポット柄が強く出ている マクロスピルス。 
の4種は少し変わっておりますのでご注意ください。ではー

 
赤い目 (せん)
2016-05-08 20:57:19
〜(m∵)mオジャマシマス

trans-lucentさん、バンパイア情報ありがとうございます。
大宮まで行ってきました。片道2時間くらいかかりましたが、無事ゲットできました。
実物を見たのも初めてだったのですが、予想外に小さくてビックリでした。
どうも、画像の大きさと〜cmという情報から実際の大きさに脳内変換するのが苦手らしいです。
赤い(オレンジ?)目が印象的でいつかは、と思っていたのでこの値段で手に入れられて万々歳です。
なんとか長生きしてもらえるよう頑張ります。

craftさん、以前の記事にゼブラさんを発見した学者さんがニューゼブラさんの標本を欲しがっているというようなお話があったかと思うのですが、乾燥している状態でも大丈夫でしょうか?
最近、ニューゼブラさんが1匹亡くなってしまいまして、いつもなら近くの公園に埋めに行くのですが、そんな話があったのを思い出して残してあります。
ニューゼブラさんの学名については、チャームさんがcacomaだって主張してるのはただのスペルミスでしょうか。
 
ニューゼブラ (craft)
2016-05-08 22:02:48
ニューゼブラですが、おそらく死んだ直後かできれば生きたままホルマリン漬けだと思います。(汗
その子は天国に行けるよう葬ってあげてください。
(^-^)

エバースさんにどなたか協力者がいないか打診していますが、なかなか難しいですねえ。
5体検体を確保できればDNA分析をかけると言っていましたよ。
cacomaはスペルミスだと思います。
たしか原住民のcocama族からきているんんじゃないでしょうかね。
それ以前にO.cocamaの記載者のレイズ博士にいわせるとニューゼブラはO.cocamaではないそうですよ。(笑
 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-08 22:39:41
anonymousさん craftさんこんばんは

同定ありがとうございます。マクロスピルスは初めて意識して並オトから抜いてきたこだったのでちょっと焦りました。
うちのこ sp.コロンビアの画像と瓜二つに見えたので・・・ラテラルバンド内のドットですかこういう情報助かります。
それにしてもから番までショップで見ても見分けられる自信ないですね。

ヴェスティトゥスの件でCatfish Atlasの記載がでていたので手元を確認 ?(」゚ロ゚)ノ?混乱してしまいました。
Catfish Atlasではヴィッタートゥスとヴェスティトゥスの写真逆にしか見えません、このあたりは専門家の方達でさえ意見が分かれるようですね。

 ,舛覆澆縫凜Д好謄トゥスのような気がするこ  http://i.imgur.com/9NhZ15f.jpg
 ベアタンクで水あわせ中ほぼ模様が消えるこれはODFの情報と一致、でもcraftさんからの新情報尾鰭の突起模様小さいタイプがヴェスティトゥスであれば違うかな

◆.凜ッタートゥスだと思っているこ  http://i.imgur.com/25FwohB.jpg
 ラテラルバンドの太さからワラオニではないはず、Catfish Atlasのヴェスティトゥスの写真に似てる?

 ヴェスティトゥスのような気がすることいっしょに抜いてきたこ  http://i.imgur.com/Z50tsJm.jpg
 全体的に色が濃くラテラルバンドも太く背中との隙間もない、ベアタンクで水あわせ中,里海醗磴ぢ凌Г消えなかった、尾鰭の模様(ころころ変わりますが)も黒部が多い感じ,離織ぅ廾磴ぁ

ヴィッタートゥスとヴェスティトゥスこの2種は一番有名だから狙ってみよう(ちょっと前の私)なんて気軽に触れていい分野ではないようです。
 でもかわいいからいいや \(^0^)/ それではー


 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-09 01:18:39
せんさん どういたしまして役に立ててよかったです。

バンパイアオトシンは飼育した感想として、水質にもそこまでうるさくなくそこそこ丈夫ですが、ボルケーノなどといっしょで溶存酸素量の低下に
ものすごく弱いです、これから暑くなる季節を迎えるため高水温、及びそれによる水草・バクテリアの弱体化で水槽内の溶存酸素量が減ってしま
うと真っ先におちてしまいます。そのためエアレーションは必須にしてあげてください、水流もあった方が調子がいいです。

(高水温時は水自体に溶け込める酸素量が減り、逆に一般的な好気性バクテリアと呼ばれるものは増殖を強めこの段階で水槽内溶存酸素を大量に消
費してしまいます。あと水草が繁茂した水槽であっても溶存酸素量が減っているため、夜間消灯時水草が光合成から呼吸に切り替わると、光合成に
よって作り出された酸素もあっという間にを大量に消費してしまいます。)

旧ナンノプトポマ属バンパイア・ボルケーノ・ロボコットとくにこの傾向が強いため気をつけてあげてください。以前これにより1晩にボルケーノが
全滅してしまいました。他のオトシンや生体は何とか無事でしたが

あと偏食傾向も強いため気をつけてあげてください、うちはもともとは茶ゴケ・昆布以外になかなか餌付かず、アカムシ・イトメに餌付くと他を口に
しなくなったため、憂慮していたのですが数日前1匹が亡くなってしまいました。植物性の餌も必須です。

溶存酸素と餌付けさえうまくいけば、高水温自体にはむしろ強く(30℃位までなら食欲がでて調子が上がる、私感ですが)
見た目も派手でエキノドルスにくっついてゆらゆらしている姿を見ているとものすごくなごみます。

               http://i.imgur.com/bDZYZ6l.jpg
               ://www.dailymotion.com/video/x498e0r   先頭にhttpをつけてください

         値段は高いですが買ってよかったと思わせてくれるそんなこたちです。
 
Unknown (ルイ)
2016-05-09 13:56:01
anonymousさん

解説ありがとうございます!
画像を見るとなるほどと思うのですが、自分やショップの水槽を見るとわからなくなりますね(笑)
ジャイアント系はうちの水槽に種類が多く、同定できているのですぐわかるのですが…

まずは並オトもうちの水槽に何種類いるのかをよーく見てみることにします。
 
ヴィッタートゥスとヴェスティトゥス (craft)
2016-05-09 22:09:43
ヴィッタートゥスとヴェスティトゥスについて、以前もしかしたら同種じゃないかといった僕ですが、実はO.cocamaの記載者であるレイズ博士にもそんな質問をしたんですよ。
いわく、博士の意見では別種だそうです。
というわけで、彼がどこで違うと思うのか聞いてみたいと思いますよ。
 
地域変異? (anonymous)
2016-05-09 22:34:16
trans-lucentさん、画像を拝見いたしました。

1と3は同じかと思います。でもって、2はヴィッタータス系ですねー。

そもそもプチ図鑑のcfヴィッタータス,鉢◆,修靴董。磽罐凜Д好謄トゥスЛ
は単なる地域変異だと思っているんですよね。(-_-;) 

ただ、来た年や便が違うので、データとしては分けておいています。
あとで小さな違いに気が付くかもしれないので。。。。。

実際、´△任垢函▲灰蹈鵐咼△離凜ッタータスのほうが頭部のトゲの
密度が低いという印象を受けています。
この辺が分けている理由です。

ただ、異種とするにはあまりにも小さな違いですよね?
体形は一致していますからね。

一応 「 これはコロンビアの子、これはボリビアの子、ペルーの子」
と記録しておきたいだけですよ。(笑)

あと、Catfish Atlas でこの2種が逆になっているんですか?なるほど。。。。。
それが正しい可能性は高いかもしれませんね。
私も以前、「これ、逆だったりして。。。」などと考えたことがありますよ。(笑)

それと実は、数日前にヴィッタータスの標本写真をcraftさんに頂いたのですが、
体形はのリオ・ベニに近い魚でした。(でも地域が少し違います。)

そうなると一番よく入荷する ´▲織ぅ廖,竜はヴィッタータスでは
なくなりますね。
呼び方に困ってしまいます。。。。。。(笑)



 
ネタです (anonymous)
2016-05-09 23:14:46
ちょっと並オトから離れて、気分転換的なネタです。

先日、不思議な魚を入手しました。
皆さんはこういうのを見たことございますかね?
(意外と結構いたりして。。。。。。(;´・ω・))

下の2枚の写真をご覧ください。
水合わせ中で、画像が汚くてすみません。

1.素直な方はこちらから。。。。。↓
http://imgur.com/nv6hrTc


2.「いや、ワシは天邪鬼じゃけんのぅ!」
という方はこちらから。↓ 。。。。。(笑)
http://imgur.com/6Wj3fiQ

これって。。。。。。あり? でしょうか。。。。。(-_-;)
 
Unknown (せん)
2016-05-11 01:09:55
craftさん、やっぱり乾燥しちゃうとダメですよね。
チャームさんはゼブラさんはcocamaでニューゼブラさんはcacomaになってるんですよ。
最初は、似た種類だから学名も似せたのかと思っちゃいました。

trans-lucentさん、飼育情報ありがとうございます。
手探り状態なので助かります。
1匹は流木やら底砂やらをハムハムしてる所が観察できましたが、もう1匹は姿すらほとんど見せてくれません。
慣れて出てきてくれるようになるといいのですが。
 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-11 05:53:18
anonymousさんこんばんは

最近画像のような白地の多いこの、画像をたまに見ることがありますね、
リアル、ニューともにいるみたいなんでショップでいないか私も探したりもしたんですが、実物を目にしたことはないですね
まず地元のショップにこういう珍モノは入荷されないですね、以前finさんでダルメシアンタイプと紹介された記憶があるのですが
やっぱりかっこいいですね、tnhrさんのところのこも白地の多い名前通り”ゼブラ”みたいな綺麗なこでしたし

人気のあるキンペコみたいにもう少し簡単に繁殖ができらばこういうこからとんでもないこが生まれたりするんですよねー。

そういえばゼブラのリアルとニューをDNA分析するという話がありましたが、          ついでにヴィとヴェも・・・

はなしはかわりますが、暖かくなってきて水槽数本が不調気味に、ブログ見ていてcraftさんところでもかと気分も ↓
せっせと低床の掃除と水換えを繰り返してる状況です。
みなさんも暑くなってくると水槽内に好ましくないものも増えてくると思いますので気をつけてください。

せんさん、早く慣れてくれるといいですね
ちなみにうちのこは、いまだに顔を近づけると一目散に逃げていきます。(T-T)
でも空腹時は餌場に陣取り早く餌くれ状態です。このときはカメラのレンズを2センチ位まで近づけても微動だにしないです。
これもひとつの慣れですかね。  http://i.imgur.com/ctN81js.jpg 

それでは


 
スベッたかも? (anonymous)
2016-05-11 20:22:48
trans-lucentさん、すいません。
書き方が悪くて、ネタがすべったようです。orz (笑)

確かに体の模様が細かくて面白い個体なのですが、
尾びれの方を皆さんにお見せしたかったのです。

並オトのように、Wマークが2つでてしまっているんです。
(最初のは Y に近いですが。。。。。)

私は初めてこんな個体を見たので、少し驚きました。
ハイブリッドでもなさそうですし、単なる偶然でしょうかね?
 
バンパイア (ルイ)
2016-05-11 23:14:08
私もバンパイアネタに乗っかってみます。
うちのは水草か流木かマジックリーフをかじっているばかりで人口餌に興味があるのか不明です。
他のオトシンは慣れると隠れるのですが、バンパイアは前に出てくれることが多いですね。
値段の分だけサービス旺盛なヤツです(笑)
https://imgur.com/fR45Sjs
 
Unknown (tnhr)
2016-05-12 06:23:06
みなさんこんにちは〜ヽ(・∀・)ノ

ウチのバンパイアさんはいつも隠れてるけど見えるとこにいますね
http://i.imgur.com/cvHKO9I.jpg
普段はあまり動かなくてボケ〜っとしてるけど餌に対しての反応はいいです
水流に関してはそれほど好きではないのかな?
他のオトシンはたまにこんなんなっちゃってます(笑)
http://i.imgur.com/0VHfyMu.jpg

ニューゼブラの尾鰭模様anonymousさんの個体ほどハッキリしていませんがウチの15匹中3匹はYっぽい模様あります
http://i.imgur.com/JDmm0YR.jpg
画像粗くてすいません(汗)
以前はニューゼブラ体格差がそれぞれあるように見えてハイブリなのかな〜なんて考えてたこともありましたがよくよく考えたら並オトシンってw模様途切れるパターンではハの字で真ん中途切れること多いからやっぱり違いますかね?

そういえば以前相談したドンキーフェイスのコは病気だったのか少しずつ治って?口吻伸びつつあります
元気悪くなかったので特に何もしてなく原因もわかりませんでしたが良かったです(^^)v
 
YW (anonymous)
2016-05-12 18:31:31
tnhrさん、情報ありがとうございました。

いましたか、YWマーク!
やっぱり模様が乱れた個体に多いですか?

ニューゼブラでは、たまにある表現とでも
思えばいいですかね。
コカマの方でもあるのだろうか???(;´・ω・)

ところで、皆さん、ヴァンプの画像貼りまくって
ますねーー(笑)。2年前なら想像も出来ない状況ですよ。

去年は5回くらい輸入されましたかね?
最後の方は売れ残っていたほどでしたから。。。。。

また……… 来そう………かも???

http://imgur.com/OuB1DdX 「ホントか?!」(笑)
 
模様 (せん)
2016-05-13 00:23:01
〜(m∵)mオジャマシマス

皆さん、こんばんは。
以前、うちにいたニューゼブラさんは尾びれの付け根から真っすぐのびた黒い線がWの真ん中の頂点まで繋がっていました。Yの部分がIになった感じでしょうか。

面白い?模様といえば、こんな子がいます。
コロンビアっぽい並オトさんですが、尾びれ付近の模様が消しゴムで乱暴に消されたような感じです。
https://imgur.com/OmleVqj

もうひとつ。こちらはネグロさんですが下半身がヒョウ柄っぽくなってます。
https://i.imgur.com/ca6fyCC.jpg

まあ、うちの水槽にいないだけでよくあるパターンなのかもしれませんが。
 
バリエーション (anonymous)
2016-05-13 07:52:12
せん さん、これまた珍しいですねー。
繋がっているとなると、かなり学者泣かせのニューゼブラですよね?(笑)
定義を定められなくなってしまいますから。。。。。。(-_-;)

ネグロって模様にこだわって選ぶと、楽しいですね。
私もヒョウ柄の個体が好きで、体色が明るいのを探したりしましたよ。

http://imgur.com/LRLO6WM
 
削除します (anonymous)
2016-05-13 07:55:29
オトシンプチ図鑑の画像を、今晩か明日削除いたしますので

よろしくお願いします。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-room過去ログ21

2016-05-15 | O-room過去ログ
比較 (anonymous)
2016-05-03 10:46:15
別の写真です。
クリスタルジャイアントはまだ水合わせ中の写真しか無く、
画像が汚くてすみません。

クィーン 雌? http://imgur.com/qXeUjg7

クリスタル  http://imgur.com/oAf9EUQ

あと、クィーンの胸鰭の曲がり方が強いかもです。
同個体  http://imgur.com/4pO2I5G

ヒポプトポマは難しいですねぇ.….(;´・ω・)
 
なるほど (せん)
2016-05-03 11:34:49
〜(m∵)mオジャマシマス

anonymousさん、おはようございます。
詳しい見分け方のご教示、ありがとうございます。
確かに1の個体は他に比べて黒っぽいですね。
あの後、O-roomの過去ログを読んでいたら、模様で見分けようとすると混乱の元、という話が出ていて納得しました。

目測ですがクイーンさんの方は下半身?が1.5倍くらいありそうですね。
上半身-下半身のバランスという意味ではシロガスターをそのまま縮めた感じでしょうか。
http://i.imgur.com/iTYCcCk.jpg

クリスタルはスケスケってことなんですね。
そういう意味では水合わせ中はスケスケでしたね。
http://i.imgur.com/aQdN0Re.jpg

今回は勉強になりました。ありがとうございましたm(_ _ )m
 
近いですね (anonymous)
2016-05-03 12:06:29
いえいえ、いつも言葉で表すのが下手で………
ご迷惑おかけいたします。

確かにシロガスターも体前半部が短めでしたねー。
でもハナが長いので独特の雰囲気ですね。

また何かございましたら、よろしくお願い致します。
 
クリスタルジャイアント (craft)
2016-05-04 21:05:46
この4〜5日間、オトシンイラスト作り続けていたのでほとんど浦島状態です。(汗
クリスタルジャイアントオトシン、かっこいいですねえ。
6日に到着予定ですが、無事でありますように。
トランスルーセントオトシンもかっこいいですね。
僕としては、
クリスタルキングオトシンに1票。
古。。。(笑
 
オトシンTシャツ (craft)
2016-05-04 21:21:06
オトシンTシャツ作ろうと思うのですよ。

家内製手工業につき、少数限定ですが。
 
Unknown (trans-lucent)
2016-05-07 04:55:44
みなさんこんばんは、ゴールデンウィークも終わってしまいましたが、アクアショップでは8日までGWセールをやっている店舗が多いみたいですね、
それでちょっとネットを散策していたのですがこの時期にバンパイヤオトシン(ホワイト)がアクアライズ大宮店でセールになってますよ、店舗
限定のようなのでお近くの方どうですか? (通販対応してないみたいなんで私はなくなくあきらめました。)

anonymousさんはじめまして、いつも詳しい情報、そして復帰!ありがとうございます。
オトシンで解らないことがあればO-roomの過去ログの投稿をいつも読み返させてもらっています。そのかいあってかやっと私も並オトハントにて
ヴェスティトゥスっぽい子を迎えることができました。 (ODF+今回のブログオトシン特集+O-roomの過去ログよりそれでも自信50%ですが)
オトシンは本当に難しいです。それにしても最近並オト結構混ざり多くないですかちょっと前までワラオニ、spコロンビアばかりだったのに。

 
たかが・されど 並オトシン (anonymous)
2016-05-07 15:01:25
trans-lucentさん、初めまして。m(__)m

O-roomでの書き込みをいつも読ませて頂いておりました。
そして、trans-lucentさんの探求心の強さに驚いておりました。

今日はtrans-lucentさん、そしていつもO-roomを
見て下さっている “並オトシン好き” の方々に、
ご迷惑をおかけしたお詫びに「 プチ並オト図鑑 」を!! やろうかと思いました。(笑)

タイプ別に分けていこうと思います。では、いざ!!


っと、その前に(笑)、sp“〇〇”と変なスぺイン語が
付いているものは自分にとって区別しやすいように
勝手に作った名前です。
超インチキですので皆様はご使用なさらぬよう、
ご注意下さい。

「ビッタ―タス・タイプ」
 cf ビッタ―タス コロンビア便
  http://imgur.com/uZ5btIX
◆cf ビッタ―タス ペルー便 ,箸曚榮閏錙
  http://imgur.com/ohZgLWR
 cf ビッタ―タス Rio Beni ボリビア
  http://imgur.com/PhX6VDY

ぁ sp.Peru “Redondo”
  http://imgur.com/XDIl7ee
ァsp.Peru? “Bonita” 
  http://imgur.com/rAdqXAK
  http://imgur.com/MynkB7U (ペア)

ΑOtocinclus Huaorani
 http://imgur.com/BQuwxnf


「ヴェスティトゥス・タイプ」 全てコロンビア便
Аcf ヴェスティトゥス ノーマルタイプ 2014
  http://imgur.com/2VTxxzA
─cf ヴェスティトゥス ロングノーズ タイプ 2016 
  吻部以外はΔ塙鷸。 
  http://imgur.com/KMbQTQn 
 cf ヴェスティトゥス ロングフィン タイプ 2015
  http://imgur.com/I9inLS8


「コーダルスポット・タイプ」
 sp. コロンビア
  http://imgur.com/TkeLqmO
 sp.Peru  “Punto Grande”
  http://imgur.com/DnpWE2r

 Otocinclus Macrospirus
http://imgur.com/eZJ4JjV
 sp. Manaus  (ブラジル版 マクロスピルス?)
http://imgur.com/ZeQf0GY


「ミサイル型」 
 Otocinclus Mura
http://imgur.com/bqxdK51
 sp.Tapajos 
  http://imgur.com/3QZHQ6u


以上が私が今まで自分の目で見てきた並オトになります。

この他にも「ハセマニー」「sp.マデイラ」などの珍種や、
混じりでしか入手出来ない種類もまだまだ存在すると
思います。

あと、上記種の入手方法など、何でも良いのですが、
ご質問やご意見がございましたら(どなたでもOKですので)
是非お聞かせください!m(__)m

trans-lucentさん、今後もどうぞよろしくお願い致します。
そして引き続き、並オト・ハンティング頑張って下さい! 

追記: データが非常に多いため、各写真のリンクは
   1〜2週間ほどで削除する予定です。
 
Unknown (ルイ)
2016-05-07 16:20:23
こんにちは。トランス争いに出遅れたルイです。

anonymousさん
並オト分類ありがとうございます!
ODFと今回の画像を参考に見分けていくとこんな感じですかね?

尻尾付け根に大きな●
→背中の模様がマダラ:マクロスピルス
→マダラじゃない:コロンビア

体の横の線と背中に隙間がある
→ビッタートゥスorワオラニ

体の横の線と背中に隙間がほぼない
→ヴェスティトゥス

そもそもなんか形違う
→ムラ

そして早速質問なんですが、ビッタートゥスとワオラニの差がイマイチわかりません。
何かポイントありますか?
 
違い (anonymous)
2016-05-07 17:18:21
ルイさん、こんにちは。

質問ありがとうございます。m(__)m
最初に一つだけ………
spコロンビアは「細かいマダラ模様〜ベタ塗り」と結構
バリエーションがありますよ。

対して、マクロスピルスはマダラというよりは
「ドット〜斑 模様」です。
を見比べますと、のペルー種の方がドットが大きいようです。

それでご質問のワオラニとヴィッタートゥス。。。。。。
もっと分かりやすい写真を出しますね。
ワオラニ ♀ http://imgur.com/paCBkAo
▲凜ッタートゥス ♀? http://imgur.com/i3dtzfX

ヴィッタートゥスの方が寸詰まり体形に見えませんかね?

他にもラテラルバンドの太さ、頭部の形、吻の長さ、背部の模様
などに違いが見られます。

余談ですが、ワオラニとうちのリオ・ベニは非常に似ていますよ。
(体形がです。)混ぜられたら、背中のメラニンパターンで
判断するしかなくなり、非常に悩むことになりますね。(笑) 

「うちのリオ・ベニ」と言う理由は、この子が少数派だったからで、
もう1タイプは´△竜と似ておりました。良い写真がなくて
出しませんでしたが………。(-_-;)


 
ヴェスティトゥス (craft)
2016-05-07 20:23:46
ヴィッタートゥスについては標本とか情報が集まるのですが、ヴェスティトゥスの情報ってなかなか集まらないですねえ。。。
標本マニアのTさんでさえ、ヴェスティトゥスの標本については手に入れられず。。
海外のオトシンマニアに聞いてみているのですがなかなか答えが出ません。(泣

そこで、大胆に仮設を立ててみようかと考えています。(汗
 
Vestitus続きです。 (craft)
2016-05-07 20:57:55
今しがた、ドイツのオトシンマニアとチャットしてたんですけどね、やはり彼も
「Vestitusはこんなに有名なのに実物を見たことがなくて不思議だよね」と。
で、1872年の記載ですし、もしかしてcopeさん、vittatusをvestitusとして紹介した可能性は?と尋ねたところ、その可能性はあるかもと。
オトシンマニア第一人者の彼も知らないというのはさすがに謎です。
それと、Planet CatfishでOtocinclus Vestitusで紹介されている写真ですけどね、JJさんが撮影しています。
以前ロリカリアでも載せていたので、詳しいと思って彼に訊いたところ、自分はお魚詳しくないから他で聞けといわれました。
それ以来彼の写真は信用してないのです。
(^-^;)
 
ありました。 (craft)
2016-05-07 21:16:33
ヴェスティトゥスの標本見つけました。
たぶん。
://tinypic.com/view.php?pic=1z2oqbm&s=7#.Vy3bcWO2V7M

直接リンクだと防いだと怒られます。
先頭にhttpをつけて移動してみてください。
 
何故? (anonymous)
2016-05-08 01:27:04
craftさん、こんばんは。

これが例の2種類載せている疑いがある標本写真ですよ。

なぜこれほど違う魚を同種と言っているんでしょうね?
単に標本が変形したのでしょうか?

ロレト(ペルー)とボリビア。。。。。。
ちょっと、水系が離れ過ぎだと思いませんか?

とりあえず、レコタイプを基準に考えるのが賢明でしょうね。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-room過去ログ20

2016-05-15 | O-room過去ログ
オトシンクルスレアランキング (craft)
2016-04-09 19:10:55
Anonymousさんより頂きました。
オトシンクルスレアランキングです。
(^-^)

多分下に行くほど入手困難ですね。

1 sp コロンビア
2 cf ビッタ―タス
3 マクロスピルス
4 ワオラニ
5 cf ヴェスティトゥス ノーマルタイプ
6 ムラ
7 sp ペルー (ぺルヴィアン ビッタ―タス)
8 cf ヴェスティトゥス ロングフィンタイプ
9 sp マナウス
10 sp ピメンタル
11 ハセマニー
12 その他 諸々(sp ボリビア など)
 
Unknown (tnhr)
2016-04-10 02:13:21
おぉレア度ランキングですか( ̄△ ̄;)
まだまだ現物見たことないのばかりですねぇ…といってもワオラニもヴィッタートゥスと判別出来るか怪しいんですが(^^;

このランキングでは非レアなspコロンビアさん5匹いるんですがウチの水槽内ではかなりの6529レア魚です
ベアタンクだからまだ影は確認出来るけど水草水槽だと月1で見れたらいいほうなんじゃないかと思う(´・ ω ・`) 
ヴィッタートゥスさんは逃げないどころか指に吸い付いてくることもあるぐらいなんですけどね
 
Unknown (tnhr)
2016-04-10 02:34:12
trans-lucentさん
そ〜なんです!一応ニューゼブラだけで10匹以上はいるんですけどこのコ白地が多いからかパッと見で区別できるんですよね
お腹大きいからメスだと思ってるんですけど繁殖させたわけじゃないんで自信はないです(._.)

ただウチのコ見る限り体高あるコとないコがいるんですよね
http://i.imgur.com/bsfyjyq.jpg
んであるコのほうが上見でお腹がデカいと
リアルのほうも3匹しかいないしニューよりわかりにくいけどやっぱり体高違うコはいます

繁殖させたわけじゃないし適当なこというと悪いかと思いましたけどあくまでも推論ってことで皆さんの意見頂けるとありがたいです(_ _)
 
鑑定お願いします (ルイ)
2016-04-23 17:45:54
行きつけのショップで並オトシンの目利き練習をしていたら、気になったコがいたので買ってみました。

https://imgur.com/fmvIUUI
https://imgur.com/w77iLob

他のコに比べてロングノーズ気味なんですよね。
導入中のため若干色飛びしてますが、ここの皆様のご意見を伺いたいです。
 
Re ルイさん (craft)
2016-04-23 18:28:42
どこ便ですか?
混じりのムラ?
そういえば、ちょっと前まではspコロンビアばかりだったのに、最近ビッタートゥスを見かけますね。
 
Unknown (ルイ)
2016-04-23 20:32:55
craftさん
やはりムラっぽいですかね。
どこ便なのかショップに問い合わせたところ、調べておいてくれるそうです。

私もコロンビアからビッタートゥスに変わっていたのが気になって、水槽に張り付いた次第です。
頑張って探せばあと数匹見つけられそうな気配でした。
 
Unknown (tnhr)
2016-04-25 00:29:58
混じってたのを見つけるなんてすごいですね〜(゚ロ゚)
ビッタートゥス多いなーとは思ってましたけどあの中から見つける自信はありません(~_~ )

並オトシンレアランキングの中で頭が二等辺三角形なのはムラだけなんですかね?
spピメンタルはcharmさん画像しか見つけられませんでしたがこれも頭が長いのかな?
 
Unknown (trans-lucent)
2016-04-25 04:00:15
こんばんは
ルイさんの画像見させてもらいました、私にはヴェスティトゥスにも見えるのですが、ムラにしては目が大きく見えますし画像の子の特徴として
尾鰭に入るラインがビッタートゥスやムラの2重Wでなく、太い1ラインW この特徴ってゼブラ以外のオトシンクルス属ではOtocinclus batmani 
(バットマンオトシン)ぐらいしか思いつかないんですが、(体側の黒いラインがつながっているので違うでしょうが)落ち着いて色がのれば
尾ひれのラインかなり目立つようになってかっこいいんじゃないですか。
というわけで私はオトシンクルスSPに1票させていただきます。
ちなみにうちにいるムラさん http://i.imgur.com/ue4Wzvx.jpg

私からも質問があります、今年入荷されたグリーンドットパラオトシン2種類いるような気がするんですが、いろいろな方のブログでも以前購入
した子達とは違う印象(ドットが小さい)の報告があり 今回ここにいる皆さんの検証能力をお借りしたいです。

 http://i.imgur.com/CbhPb0l.jpg   2店舗で数匹ずつ購入、購入店舗毎に違った印象の子達が届き画像2匹が印象違いの子
 http://i.imgur.com/bDOpdUk.jpg  体型が1まわり大きく特に横に大きい、ドットが非常に小さくパウダー状、水質悪化に弱い印象
 http://i.imgur.com/vtgNeE4.jpg   体型がスレンダーでドットが大きく上記種より水質変動に強い印象(画像2匹のうち上が今年お迎え下が                  2年前この2匹はおそらく同じ種)

この差が種の差なのか地域差もしくは亜種によるものなのか、まさか雌雄差なのかどなたか情報お願いします。
ちなみに Parotocinclus eppleyi ←エプリーて読むんですね今回調べてて唯一解ったこと。

あとtnhrさん情報ありがとうございます。体高による違いですか…ねらってみたいんですけどね、並オト+ゼブラの繁殖
 
Unknown (ルイ)
2016-04-27 00:11:29
craftさん
コロンビア便らしいです
同定のヒントになりますかね?

tnhrさん
あまりにもたくさんいたので、1匹くらい変なのがいるだろうと頑張りました。

trans-lucentさん
うーん…ムラではなさそうですねぇ。
手前に出てきてくれた時に色が落ち着いた画像上げます。
うちにもグリーンドットがいるのでそちらも合わせて。
うちのはドットというより細かい線が散らばってるような柄です。
 
Unknown (craft)
2016-04-27 00:23:21
Parotocinclus eppleyi エプリーでいいみたいですね。Anoさんも同意していました。
ルイさんのオトシン、Anoさんが調査中みたいですよ。
ルイさんの投稿見て、急遽購入したそうです。(笑
今後の展開を待ちたいですね。
次のウログ記事でオトシンやる予定です。
 
Unknown (ルイ)
2016-04-27 21:09:36
anoさんが動いたと聞いて私も追加してきました(笑)
よくあの画像だけで見分けましたね。流石です。
見分け方ですが、trans-lucentさんがおっしゃるように黒い尾ビレでだいたい見分けがつきます。
あとは腹ビレが強いらしく、壁にくっつくと尻尾が持ち上がっているのでこれも特徴ですかね。

ちなみにチャーミングなお店のニュージャイアントオトシンはinexpectatumでしたよ
 
第3の目? (anonymous)
2016-04-28 00:50:50
ルイさん、どうも有難うございました!! 

直接ルイさんにお礼を申し上げたくなり、久しぶりにO-roomにお邪魔しています。

「ヴェスティトゥス タイプみたいなのがいるな」とは思ったのですが、
ハナが長いことには気が付かずにいました。
しかもその日は荷物が多くなりそうだったので、スルーしてしまいました。(笑)

それにしても、ルイさんの素晴らしい観察眼に脱帽です! (`・ω・´)b 

ちなみにその後、私が入手したのはこの子です。1匹しか残っていませんでした (-_-;)。
http://imgur.com/KMbQTQn
http://imgur.com/eRaaYNQ (上部)フラッシュが邪魔ですみません

これと同じでしょうかね?見ての通りルイさんの個体ほど吻部は長くありません。
個体差? それともまた別の種類ぽいでしょうか?

これはこれで個人的には初めて見るタイプなんですよね。(/・ω・)/
大満足です。でも、もっとハナの長いのも見つけたいですね。(笑)

“黒い尾びれ”についてなのですが、特に並オトに関しては入荷時に
尾が真っ黒になってしまう個体が多いものです。

飼育するにつれて本来の模様に変化していくはずです。
(なかなか戻らないことも時々ありますが。。。)

例を挙げますと、下が“ダブルWマーク”を持つワオラニの入荷直後の尾です。
http://imgur.com/YfbIKkV

今回の子については体や尾のメラニンパターンを含め、
これからどんなオトシンになるか楽しみです!
年に1回くらいしか来ないグループなので、大切に飼育したいですね。






 
トランスオトシン (せん)
2016-04-30 08:08:29
〜(m∵)mオジャマシマス

戸田のかねだいさんにトランスオトシンなるオトさんがいました。画像を見た限りではクイーンに似ているような気がします。
1週間ほど前にも入荷情報があったのですが、気付いた時には売れていたので今回は購入してみました。まだ残っているようですので、気になる方は確認してみてください。
 
Re:トランスオトシン (loricaria)
2016-04-30 08:09:56
情報ありがとうございます。
(・ω・)ノ
アクアFさんにも入ってますよ。
予約しました。
(^-^)
 
Re:トランスオトシン (せん)
2016-04-30 21:21:49
〜(m∵)mオジャマシマス

アクアFさんにも、というのは店長さんのブログにでてきたクリスタルマーブルオトシン?でしょうか?
そちらも昨日お邪魔して連れてきました。明日トランスオトシンが届いたら比べてみます。
 
トランスオトシン (tnhr)
2016-05-01 02:58:29
こんばんはヽ(・∀・)ノ

私も先週悩んでるうちに乗り遅れた組なのでアクアFさんで予約しました(^^)

飼育経験なし&現物見たことないのですがジャイオト特集や他のサイトの画像も尾筒あたりの模様は皆同じように見えるんですがどうなんでしょうね
ともあれ欲しかった種類なので届くのが楽しみです(*^^*)
 
◣マーク (anonymous)
2016-05-01 11:28:43
tnhrさん、こんにちは。

この2種、尾びれ基部の下葉寄りに出る模様は似ていますよ。

この“◣三角マーク”は、ヒポプトポマに一番多い模様です。
特に小型種は皆この模様だったりします。(ボルケーノは例外)

クイーンジャイアント 
http://imgur.com/Q0WwRYX  (体全体)

クリスタルジャイアント(=トランスオトシン)
http://imgur.com/2WEjkd5  (尾びれアップ)
http://imgur.com/5puB71L  (体全体)

クイーンのほうが尾びれのストライプ模様がハッキリ出ます。
体のメラニンパターンに大きな違いがあり、
体形も若干違いますね。

関係ないのですが、今ペルーから変な並オトが入って来ています。
興味のある方は、お店の水槽をチェックしてみて下さい。
(もしかしたら関東限定かもしれません 汗)

cfビッタ―タスに酷似している種、spコロンビアに近い種、
そして………………これです。 ↓
http://imgur.com/PmRRqhB  (上部)
http://imgur.com/XDIl7ee   (顔)

来週も何か入荷があるらしいですね。楽しみです。
 
クリスタルジャイアント (tnhr)
2016-05-02 00:22:46
anonymousさんこんばんはですヽ(・∀・)ノ

やっぱり体の模様違いますかね
クイーンはうちのはどれもマーブル模様だけどかねだいさんのはバンドだし体側線が切れてるんだよな〜って
ただ背中模様は個体差あるだろうし尾鰭がよくわからなくて即ポチできなかったんですよねぇ(~_~;)
早くスケスケなコを迎えるのが楽しみです(笑)
 
Queen?Crystal? (せん)
2016-05-03 05:06:56
〜(m∵)mオジャマシマス

tnhrさん、anonymousさん、こんばんは。
横から失礼します。アクアFさんとかねだいさんで購入した個体の写真を撮ってみましたので軽く見ていただきたいと思いまして(汚い画像で恐縮ですが)。

アクアFさんとかねだいさん、合わせて5匹購入したのですが1匹だけ尾びれの模様がはっきり見える個体がいました。
 1.尾びれに模様が見える個体
 http://i.imgur.com/C2511yv.jpg

その他の4匹は大体こんな感じです。
 2.尾びれに模様がほとんどない個体
 http://i.imgur.com/Egb3jQC.jpg

anonymousさんの画像と見比べると1がクイーン、2がクリスタルということになるのでしょうか。

水合わせ終了後、水槽に入れる直前にも写真を撮ったのですが、その時とは全く違う模様・色合いになっておりどちらで購入した個体かわからないのが痛恨です。

余談ですが、クリスタルというのは額にある家紋みたいな模様のことでしょうか。
 
色黒タイプ (anonymous)
2016-05-03 09:49:17
せんさん、おはようございます。

1.の子は確かにラインが濃いですね。
体色自体も濃いと言ってもよろしいでしょうかね?
だから尾びれの模様も濃いのでしょうか?

私もこの種類についてはそれほど数を見てないのですが、
こういう個体は初めてです。。。。。。かも?(-_-;)
尾びれはあまり判別ポイントとしては、良くなかったようですね。
すみませんでした。

結論を言いますと、1.もクリスタルジャイアントに見えます。
どこを見ているかといいますと、吻先端〜背びれ基部の距離です。
(体長に対して、この距離の割合)

クイーンは特徴的な体形をしていまして、この距離が短いのです。
他にも、吻が短く、体高がある、などの特徴があります。
目の大きさにも少しだけ差があります。

見慣れてきますと、「背中の深さと形・顔つき」だけで
見分けられるようになると思いますよ。
沢山の魚を見て、目に焼き付けるしかないですよね?

あと、クリスタルジャイアントには色が濃い個体群と、
薄い個体群がいるようです。(今回は濃いタイプですね)

色が薄いタイプを、下(腹)から見た時に、他種よりは透明感があります。
これが名前の由来だと思うのですが、流石に。。。。。大げさですよね?(笑)

今回は色黒タイプだったのにも関わらず、珍しく
“トランス=translucent=半透明”という名前が付けられましたねー。
流石にクリスタルとは呼べなかったみたいですが。。。。。

追記:前に載せたクイーンの写真なのですが、若いオスの写真でした。
メスを載せた方が良かったかもしれませんね。特徴が分かりやすいので。。。
良い写真があれば、そのうちリンクを貼っておきますね。では。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-room過去ログ19

2016-05-15 | O-room過去ログ
グラレとスペクタタム (craft)
2016-03-20 08:25:58
本物のグラレの見分けかたをanonymousさんが突き止めたようですよ。
 
Unknown (おぴよ)
2016-03-22 01:45:59
こんばんは♪

相変わらずのご活躍に素直に頭が下がります♪
素晴らしい出来事なんでしょうなぁ♪

ODFを見てますが・・・
勉強不足です。
本当にみません。
 
Unknown (tnhr)
2016-03-25 04:59:41
こんばんは( ´ ▽ ` )

グラレってのはおっきいジャイアントオトシンさんですかね?
種類はわかんないですけど昔飼ってたジャイアントさんは結構性格キツくてそれからジャイアントさんは避けてるんですよねぇ(U+256FU+2022U+FE4FU+2022U+2570)
まぁその子にあった環境を用意できなかったともいえるわけで判別出来れば観察もしやすくなりますね
 
Unknown (trans-lucent)
2016-03-28 00:10:33
こんばんは

ジャイアントオトシンは種、雌雄、固体によって性格がかなり変わるみたいで、うちにいる子は全水槽中1,2番目に大きいですが大人しく夜間給餌
以外では定位置から動くこともないですね。 以前は並やゼブラ(機Ν供砲箸盧泳してたのですが、いつもまわりに小さい子たちが集まって
小さな群れの守り神みたいな雰囲気でした。
欠点は大きいので水を汚しやすく、力も強いのでレイアウトにはむかず餌場も広い底面が必要この点で、現在はオトシンで唯一ベアタンクプレコ
水槽の住人です。
   http://i.imgur.com/MiYjyD3.jpg  Hypoptopoma thoracatum?だと思っている子ひょっとしたらelongatum、gulareかも
グラレとスペクタタムがジャイオトであること自体tnhrさんがコメントされるまで解らない私ですが、ジャイアントオトシンの見分けかたが
確立されればオトシン好きには朗報ですね。

少しきれいに撮れたのでもう一枚
   http://i.imgur.com/TdQSgU1.jpg
暖かくなってきました、皆さんの水槽はどうですか?

 
Unknown (ルイ)
2016-03-28 20:22:54
うちのジャイアントも定位置から動きません。
レイアウト変更や水換えをすると定位置が変わりますが、
基本給水パイプかヒーターの電源線ですね。
細長いものに縦にくっつくのが好きらしいです。
今や簡単に写真に写る定位置ではないので導入初期のものですが。
 
Unknown (ルイ)
2016-03-28 20:32:00
途中送信してしまいました(汗)
https://imgur.com/G1PAuHs
https://imgur.com/d8CfI4m
thoracatumだと思ってます。
incognitumよりは薄く、psilogasterよりは厚く広く。

グラレとやらが何者なのか気になります。
 
グラレ (craft)
2016-03-28 22:02:40
よくネットとかで学名にグラレって掲載されてますよね。
でも、はっきり区別できるかどうか。
anonymousさんからグラレの見分け方をつかんだと報告があったので、ここに掲載してよいか聞いてみますね。
 
それから (craft)
2016-03-28 22:04:20
ブログ本文のほうでも書きましたが、最近論文に強い人と知り合ったので、知りたいことがあったらここで言ってくださいな。
聞ければ聞いてみます。
ただし、その方は論文が趣味であって、オトシンにつよいわけではないので、学術的なことしか返ってこないかもしれませんけどね。
 
Re ルイさん (craft)
2016-03-28 22:06:13
写真見ました。
ソラカタムっぽいですね。
それにしても美形。
(^-^)
 
Re trans-lucentさん (craft)
2016-03-28 22:09:04
ソラカタムじゃないんじゃないでしょうか。
尾ビレにラインが伸びないですよね。
Hypoptopoma inexspectatumだと思うのですが。
 
Unknown (trans-lucent)
2016-04-01 04:37:19
ODFに載っている画像からスペクタタムはもっと体高がうすく目が赤い印象が強かったのですが
画像は若魚なので一見するとまったく違って見えるんですよね
 http://i.imgur.com/SahAwWX.jpg   側面画像
再度過去記事とログを読み返したところ ジャイアントオトシン”ペルー"で記載されていたものに体形、模様が酷似を確認。
anonymousさんのコメントよりHypoptopoma.incognitum どうやらこっちみたいです。

あらためてジャイアントオトシン判別難しいです。写真を撮りなおして比較していき結果、予想と違っていました (・x・。)??
ちなみにincognitumの意味はラテン語で不明。なんだそれ\(゚ロ゚ )
craftさんとanonymousさんがジャイアントを特集をくんで判別してくれてなければ調べようがありませんでした。

質問なのですがオトシン全般、体形からわかるものは別として属ごとに雌雄のわかり易い判別方法・ポイントがあれば教えていただきたいのですが。
(特に旧ナンノプトポマ、パロトシンクルス、オトシンコカマ)
 
オトシンの雌雄 (craft)
2016-04-01 22:33:32
確か、Oxyropsis wrightianaは見た目で雌雄が区別ついたとanonymousさんが言ってましたよね。
みいさんのところの子と僕のところの子が同じ時期に買ったOxyropsisで、違いは雌雄差だろうと。
頭部の形状が違っていたような。
一方で、
ロリカリアの場合、総排泄口の形状で雌雄が区別できるようなのですが、オトシンの場合ってそんなことないでしょうかね?
そこで区別がつくと非常に楽なのですが。
 
グラレ (craft)
2016-04-01 22:47:47
グラレの模様ですけどね、頭部の模様のまだら感がincognitumと違うそうですよ。
僕もいろいろな写真を探して見比べてみたいとおもいます。
できればゲットしたいですね。
 
Unknown (trans-lucent)
2016-04-02 09:32:28
頭部の模様ですかいろいろなサイトのグラレの画像を見たのですが模様字体が出ていないものが多く体形は体高のある
ジャイアントという印象ですね、これはという状態のいいグラレの画像見てみたいですねー。
雌雄に関してですが飼育しているオトシン達の排泄口あたりの形状をいつも観察してみても明確な違いを見出せないんですよね
頭の形で見分けられるのであれば朗報なのですが。
 http://i.imgur.com/8Vgw5wB.jpg   ルテオフレナートゥス(タイガージェットオトシン)左が雄 右が雌
腹部ぽっこり以外の差異が・・・ この種はオスには腹びれにヒダ状の膜があるそうなのですが。

 
Unknown (tnhr)
2016-04-03 02:27:06
画像荒くて非常に申し訳ないのですがウチのメスだと思われるコ

http://i.imgur.com/CjaGLJs.jpg
http://i.imgur.com/LnUAfr7.jpg

わかりにくいけど肉眼だとなんかぴょろ〜んと出てる気もする
このコは隠れはしないんだけどあまり動かなくて腹をうまく撮れないんですよね(^^;
ただ他のメスっぽいコは出てない気もするからある程度成熟したら出てくるのかも?
とりあえずもうちょいマシな画像撮れるよう頑張る(・∀・)

そういえばジャイアントオトシン入れました
たぶんソラカタム
まだ数日ですがルイさんとこのコと同じであんまり動かないっすね
大人しいコで良かった(´∀`; )
 
male or female (craft)
2016-04-03 11:35:45
ただいま。

Otocinclus male or femaleのキーワードでWEB巡回してきました。(笑
えー、得られた結果が

メスはオスより大きくて太い

でした。orz

オトシンはよくペアで泳ぎ回りますよね。
なので、特定のペアを認識できる何かが必要だと思うのですが。

ちなみに鮎やサバなどはオスとメスが外観上区別がつかないんだそうです。
なぜなら集団で受精して産卵するので、特定の相手がメスかオスか関係なく、アピールする必要がないからなのだとか。
ちなみにモンシロチョウは紫外線カメラでみると区別できるんですよね。

もしかして臭い?(笑
 
Unknown (trans-lucent)
2016-04-04 01:51:32
craftさんお疲れ様でした。

『メスはオスより大きくて太い』

正にそのとーり。( ´ ▽ ` )ノ  ちょっとふきだしてしまいました。
ネグロなどはある程度成熟するとこれで十分判別可能なんですが、並を筆頭に大きくて太いのが雌雄差なのか個体差なのか微妙なんですよね
ゼブラなんかよく食べる子はみんなお腹パンパンだし、ボルケーノやバンパイアなどの仲間は表から見ると太って見えるけど裏から見ると骨格に
よって腹部がふくれない感じで見分けつかないですし、かと思えば同じヒトプトポマ属のジャイアント系はお腹ぷっくりですし。
他種のように鰭の形状や模様、色彩、総排泄孔の形状、産卵管の有無などで見分けられればらくなんですが。
鮎やサバってそうなんですか たしかに鮎の産卵シーンを映像で見ると1匹の雌の産卵に多数の雄の受精行動ですもんね、しいて言うなら婚姻色
で相手を認識してるんですかね。

tnhrさん白地が多くてきれいな子ですね、うちのゼブラさんたちは見えるところにいるのですが明るいうちは水槽前面に来てくれないため撮影
できないんですよね、ぴょろ〜んと出てるものひょっとして産卵管ですか?もしそうなら成熟したゼブラの雌は見分けやすくなるかも、それと
産卵管が見えるぐらい大きくなると他魚の場合、産卵直前の可能性がありますよね。
 
詐欺サイトについて (せん)
2016-04-07 03:10:18
~(m∵)mオジャマシマス
オトシンについて検索していて詐欺サイトに行きつきました。
TOPページに行っても店名、社名等の表示はなく、すべての商品の価格が横線で消され、赤字で2割引きで表示されています。
画像はネット上からかき集めており、チャームさん、AQUA-Fさん等のものを確認しました。
流通量の少ないお魚を検索すると、上位に表示される可能性が高くなるかもしれません。
ちなみに自分はオトシンミムルスでした。
こちらに書くべきなのかは迷いましたが、お魚でフィッシングされてはシャレになりません。ご注意ください。
 
Re せんさん (craft)
2016-04-09 14:08:46
詐欺サイトについて、アクアFさんが書かれていますね。
http://shimatyuu.jp/blog-entry-859.html
海外が偽装しているらしく、日本の警察では手がでないんだとか。
そういうのこそ、ネット対策してほしいんですけどねえ。
本当に、ネット通販するときは気をつかたいです。
(^-^;)
 
vistetus? (craft)
2016-04-09 17:27:49
Anonymous さん情報です。
オトシン好きに流して下さいとの事なので。
Otocinclus vistetus らしきオトシンがいるとのこと。
レア度はムラ以上とか。。。
Act2さんです。
僕は3匹お迎えすることにしました。
種類の真贋含め、購入は自己責任でお願いしますよ。
まあ、並オトシンクルスの値段ですけどね。(笑
 
記事訂正 (craft)
2016-04-09 18:46:13
レア度はムラ以上と書きましたが間違えましたすいません。
(^-^;)

ムラ以上ではなく、ムラに次いでレアでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-Room

2016-05-14 | O-room

O-room

 

ブログの内容がオトシンと関係ない場合に、オトシンネタを書き込むのって気が引けますよね。

 

(^-^;)

 

なのでオトシンコメント専用のブログ記事を作りました。

とある熱帯魚屋さんの店長と話していたんですよ。

お店にくるけど、ブログやネットはあまりしない人も書き込める場所が欲しいねって。

なので作りましたよ。


ここはオトシンクルスの情報交換の場所です。

基本的にブログ記事に意味はなく、コメント欄のみ活用してください。

ようするに掲示板ってことです。


カテゴリーはO-Roomです。


オトシンクルスについて質問や報告をしたい人が書き込む場所です。

コメントはコピーを取った後、定期的に削除します。

ようするに情報収集と情報交換の場です。

ここはオトシンクルスについて、コアでマニアックな話題が行き交う場所です。

オトシンクルスに興味のない方はスルーした方がいいかも。

(^-^;)

でも、オトシン好きなら、別にマニアックなネタじゃなくても、どんなコメントでも歓迎です。

 

でも、他のブログ記事がオトシンの内容だったら、どっちに書き込んでもいいですよ。

(・ω・)/

Comments (16)
この記事をはてなブックマークに追加

オトシンクルス3種

2016-05-08 | オトシンクルス

 

120cm水槽なのですけどね、

 

 

ファロウェラとヘミロリカリア、それからジャイアント系のオトシンを同居させていたんですよ。

 

 

ところが、

 

 

病気が発生しまして、次々と死んでしまいました。(泣

 

 

水槽を移動して120cm水槽をリセットしたんですよ。

 

 

でも、120cm水槽にいた住人はその後移動した先でも発病しまして、

 

 

ほぼ壊滅してしまいましたよ。

(´; ω ;`)



リセット後にパイロットフィッシュとして入れたアイガンマナイタイプはなんともないようです。

 

 

ところが、

 

 

ファロウェラだけは全員無事なんですね。

(まだ予断を許さない状況ですけどね。。。)

 

 

不思議です。

 

 

思いつくのは、

 

 

底にいると感染するということでしょうか。。。

 

 

モロウィは全滅、パルヴァは2匹残して壊滅。

 

 

フォクソセファラ、カストロイなども壊滅状態。

 

 

たいていの病気には無関係のこの子たちもやられてしまいましたよ。

 

 

うーん、直前にお迎えした子が原因なのか、それとも他の何かなのか。

 

 

とりあえず、今後お迎えする時は別水槽で様子見するようにしないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

craft Tシャツなのですけどね

 

 

作っては人に配る僕ですが、

 

 

僕自身は1着も持ってないのですよ。(汗

 

 

厳密に言うと2着もっているんですけどね。

 

 

メーカーに作らせたやつです。(汗

 

 

出来が悪くてとても人様に配れない2着でして、部屋着用にしています。

(^-^;)

 

 

というわけで、

 

 

今回自分用に5種のTシャツを作ることにしましたよ。

(・ω・)/

 

 

 

ロリカリアTシャツ

 

 

 

 

 

コリドラスTシャツ

 

 

 
 
 
 

 

プレコTシャツ

 

 

 
 

 

オトシンTシャツ

 

 

 

 

ウルスカTシャツ

 

 

 

 

 

ウルスカTシャツだけ何故か着てみましたよ。

 

これで夏も大丈夫ですよ。(何が)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カネダイさんに入荷していたトランスオトシン、実は僕も欲しかったのですけどね。

 

 

即売で買えなかったんですよ。

 

 

でもアクアF東京さんが入荷するということで、予約したのですよ。

 

 

で、それが到着。

 

 

トランスルーセントオトシンです。

クリスタルマーブルオトシンのコモンネームらしいです。

 

 

トランスルーセントオトシン

クリスタルマーブルオトシン

 

 

ともに名前が示すように到着直後の時は半透明の面白いオトシンですね。

 

 

写真じゃ伝わりづらいですが、中身が透けて見えますよ。

 

 

でもって、水槽にいれた直後がこちら。

 

 

 

また、カネダイさんでバンパイアオトシンの名前で入荷しているのと同じ子も買いました。

 

 

この子です。

バンパイアオトシンではないと思います。

(^-^;)

 

 

横から見たところ。

一見するとロボコットオトシンに見えますよ。

 

 

ODFにも掲載されているロボコットはこちら。

 

 

 

横顔アップ

 うーん、

 

 

違いを見分けるのは難しいですね。(汗

 

 

ところで、

 

 

今回注文したのは2匹なのですが、

 

 

箱の中にはなんと、3つの袋が入っていましたよ。

 

 

3匹目はこの子です。

 

 

でかい。

 

 

ジャイアントオトシンです。

 実はこれ、anonymousさんが買って入れてくれたんですよ。



グラレとインコグニトゥムの違いについて模索しているようで、僕にも実物を見せてくれるというわけです。

 

 

本当にありがとうございます。

(;ω;)

 

 

自分用のついでと言ってはなんですが、お礼にオトシンTシャツを送りますよ。

 

 

このTシャツ着てオトシンマニア全開でお願いします。(笑

 

 

ところで、

 

 

この写真をある方に送ったのですよ。

 

 

ドイツのMKさんといって、ロリカリアマニアのNさんから紹介されたのですけどね。

 

 

「友人に地図を買いたい奴がいるから売ってくれ」というんですよ。

 

 

それ以来のおつきあいなんですけどね、

 

 

オトシンとなるとまずは彼に相談しているのですよ。

 

 

レイズ博士に会いにイギリスのカンファレンスに行くようなオトシンマニアです。

 

 

まあ、

 

 

イギリスとドイツって日本で言うところの東京と九州くらいの遠征感なのでしょうかね。

 

 

彼にグラレかインコグニトゥムかどっち?と聞いたんですよ。

 

 

「インコグニトゥムはボリビアに生息していて、そこには輸出業者がいないよ。」

 

 

とのこと。(汗

 

 

インコグニトゥムってわりとポピュラーじゃないんですかね。(汗

 

 

じゃあ、グラレ?ってことになるのですが、判定は難しいと。

 

 

一方で、

 

 

Catfish Atlas著者のエバースさんにも訪ねたのですよ。

 

 

「自分が見る限り、インコグニトゥム。」

 

 

即答でした。(笑

 

 

うーん、意見が分かれましたね。(汗

 

 

採集地がトカンチンス川のLajeadoで取れたということですからタクアリ川でしょうか。

 

 

 このジャイアントオトシン、いったい何者に落ち着くのでしょうかね。

 

 

今後の展開がワクワクしますよ。

(^-^)

 

 

MKさんにもTシャツを送ることにしましたよ。(笑

 

 

いつも相談に乗ってもらってますからね。

 

 

ぜひ、次回のカンファレンスにはこのTシャツを着ていただきたいものです。(笑



(・ω・)/

 


craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

 

Comments (25)
この記事をはてなブックマークに追加

オトシンクルスとか

2016-05-04 | オトシンクルス

 

久しぶりにオトシンネタですよ。

 

 

オトシンクルスのイラストを作っているんですよ。

 

 

9匹作ったらTシャツにしようと思っていたんですけどね、

 

 

結局12匹作りましたよ。

 

 

 

Parotocinclus sp 'Bamblubee'

 

 

 

 

Oxyropsis wrightiana

 

 

 

 

Otocinclus sp Colombia

 

 

 

 

Otocinclus mimulus

 

 

 

 

Otocinclus cocama Type I

 

 

 

Otocinclus cocama Type II

 

 

 

 

Hypoptopoma sp(Queen Giant Oto)

 

 

 

 

Hypoptopoma sp 'Peru'

 

 

 

Hypoptopoma psilogaster

 

 

 

Hisonotus chromodontus

 

 

 

Corumbataia tocantinensis

 

 

 

Acestridium dichromum

 

 

 

 

 

 

全部並べるとこんな感じ。

(・ω・)/



 

 

 

 

 

並べるとイラストっぽいんですけどね、今回、頑張って似せたんですよ。 

 

 

ボルケーノオトシンの制作画像がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトシンクルス ヴィッタートゥスとヴィスティトゥス

 

 

 

なんか似ていませんか?




言葉が。。。

 

 

 

何がどう違うのか調べていたんですよ。

 

 

オトシンクルス ヴィッタートゥス

 

 

で、比較のために写真を撮っていたのですけどね、


 

 

 

あれ、もう1匹やってきましたよ。

(・ω・;)

 

 

 

おいおい(汗


じゃまだよ、君たち。(´・ ω ・`)

 

 

 

 

 

気を取り直して、

 

 

 

 

 

オトシンクルス ヴィッタートゥスです。

 





Catfish Atlasによれば、

 

 

側面のラインからくるコブが小さいのがヴェスティトゥスというみたいなんですけどね。

 

 

Catfish Atlasの346ページに掲載されている写真とそっくりな子

 

 

 

 

一方で、anonymousさんからcf vestitusで掬ってもらったこです。

見極めポイントは、体側のライン(ラテラルバンド)の上部の白いライン(ていうかスキマ)がないか不鮮明なのだそうで、ヤブカジさんの見解に側しているそうです。

 

 

Planet Catfishには異なる種類の魚の標本画像がvestitusとして掲載されているらしく、ID(同定)は困難なのだとか。

 

 

 

また、ヴェスティトゥスはレアなので滅多に見られるはずがないという海外のご意見もあったりして。

 

 

 

 どちらもアマゾン川水域にもラ・プラタ川水域にも生息しているようです。

 

 

 

うーん、

 

 

 

僕にはまだまだよくわかっていません。(汗

 

 

 

 もうちょっと調べたいと思いますよ。

 

 


(・ω・)/

 


craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

Comments (16)
この記事をはてなブックマークに追加

春だからいろいろとあります。

2016-04-24 | 熱帯魚

 

まずはコリドラスネタですよ。

 

 

壁に卵が産み付けられていたんですよ。

 

 

メスが勝手に生んでいるのかなと思ったのですけどね、

 

 

2匹がイチャイチャしているのを発見したのですよ。

 

 

1匹は、アクアリウムバスで買ったメタエとアドルフォイのハイブリッド。

ウィステリアの香りのぱふさんブリードですよ。

 

もう1匹は、コリばかチームの方々とOFF会でつきみ堂に行ったときに買った、

ステルバイとトリリネアトゥスの自然交配です。

 

 

 

何回もTポジしています。

この風景はいつぞや、ふくしさんのお宅で見た光景じゃないですか。

 

 

産卵するそばから食卵するので

 

 

ある程度産んだら親を隣の水槽に移動しました。

 

 

そこでも産んでいますけどね。

 

 

合計4品種のハイブリッドですか。

 

 

孵化したら面白いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガストの新作限定商品ですよ。

 

 

タコライスです。

出前なのでプラスチック容器です。

 

 

これは美味しいですよ。

 

 

定番商品になりませんかねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土曜日にふらりと行ってみたんですよ。

 

 

八王子サイエンスドーム。

 

 

通勤バスの中で「つぎはサイエンスドーム」をやたらというので気になっていたんですね。

 

 

 

竜巻発生装置。

 

 

 

八王子の地層。

真ん中の黒いのはゾウの歯だそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥さんに頼まれたんですよ。

 

 

近所の本屋で売ってないので、ネットで買って欲しいというんですね。

 

 

The Highlander Takes A Bride




直訳すると



「ハイランド人は橋を架ける」



ですかね。


 

楽天ブックスで購入することに。
 
 
 
 
しばらくして、でてきたんですけどね。
 
 
 
 
ポチッと行く前に、奥さんに確認が必要になりましたよ。
 
 
 
 
なぜなら、邦題が




「 口づけは情事の後で 」




。。。。。。。。。。




エロ小説かい。(笑

 

 

奥さん曰く、

 

 

スコットランドが大好きで歴史ファンタジーを買うのですけどね、

 

 

いつもこんな邦題が付けられて迷惑なのだそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 (・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇になるといろいろしますよね。

 

 

人によってはクロスワードパズルとか、ルービックキューブとか。

 

 

頭を使うんですけど、頭を日常から離してくれるそれら、

 

 

僕の場合は、

 

 

お魚イラストです。

 

 

おでかけ前の奥さんの支度待ち時間とか、

 

 

そういう時間にちょいちょいと。。。

 

 

最近作ったのがこちら。

 

 

Hemiloricaria meliniです。

 

 

LDFの初代表紙になった写真ですね。

 



完成。

かなり正確に再現したのですけどね。



いまいち迫力がないですね。

(^-^;)





でもって




アピスト アガシジィです。



ワイヤーフレーム

色々なアピストの写真をかき集めていいとこどりで合成。



レンダリングしたのがこちら。

エフェクトかけすぎ?



色の派手さがいまいちですかねえ。

(^-^;)



まあ、気が向いたら修正します。



他にもオトシンとかやっていますけど、作りかけちうです。










そんなこともさておき、

 

 

 

 

 

 

 



お迎えしました。

グリーンファロウェラに3匹混じっていたそうです。



アクアF東京さんから買いました。

 

 

グロウFも一緒に買いましたよ。



いつもありがとうございます。

今度は長生きしておくれ〜。



ちなみにダイクロナムの2匹は絶好調ですよ。

(^-^)











お迎えといえば、










建材サンプルを取り寄せたのですけどね、



その余りを水槽に使っています。




前回と同じ材質なので多分大丈夫とは思いつつ、



アク抜き兼ねてメダカ1匹で同居テストすること数日。

問題ないようでしたので、各水槽に入れました。



このサイズはアクア用品では売っていないので、手に入れられてありがたいです。

(^-^)










さらにお迎えといえば、











みいさんからいただいちゃいましたよ。

 

 

ハルです。

 

Harttia punctata

 

ですよ。

 

2年以上飼育されてるんですよ。

 

すごいです。

 

責任重大。(汗

 

ハルを手放すと聞いたときに、声をかけてくれたんですよ。

 

これは僕が貰わないとと思ったんですよ。

 

なぜなら、みいさんとのブロ友の付き合いが、このハルがキッカケなのです。

 

 

 

この記事です。

 

 

 

自分のコメント読み返してみましたよ。

 

 

ちょっとロリカリアを知ってるからといって、ずいぶん上から目線のコメントですよね。。。。

 

 

猛省します。

(^-^;)

 

 

ヘタレアクアリストのcraftですが、できる限り大事に育てたいです。

 

 

みいさん、この度はありがとうございました。

(^-^)

 


 



(・ω・)/

 


craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 


     

 

   

Comments (16)
この記事をはてなブックマークに追加

クロッソロリカリア

2016-04-17 | Rhadinoloricaria

庭のエアコン室外機の際に咲いていたんですよ。

 

 

 

ムスカリですね。

どこからやってきたのやら。

 

 

 

 

 

買ってきたお花はすぐ枯れるのに、なぜか勝手に咲いたお花は元気ですね。

 

 

 

 

 

 

 

去年だったか見つけた近くの小さなパスタ屋さんです。

 

 

サケとオレンジのパスタです。


ここのパスタ屋さん、相当美味しいです。

 

 

 

パスタを食べて、口の中にオレンジの香りが広がるのですよ。

(^-^) 

 

 

 

ジ○リーパスタでは絶対でない味というか。(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お迎えしたロリカリア sp アルファなんですけどね。

 

 

1匹はお迎えした時と同じブラックですが。

 

 

 

もう1匹はこんな感じに。

 

 

でまた、今夜エサをあげようとしたら両方ともブラックに。

 

 

ロリカリアは本当に色と模様を変えますねえ。

(・ω・)/

 

 

 

 

 

 

最近、珍種ラッシュの続くロリカリアですけどね、

 

 

 

 

 

 

またまたお迎えしてしまいましたよ。

 

 

 

 

 

 

クロッソロリカリア(Crossoloricaria)です。

 

アクアリウムサンクさんから連絡があったのですけどね、



なんでも、

 

 

San Juan Riverの支流Choco川で獲れたそうなんですよ。



ラディノロリカリア(アピストロリカリア)を希望していたのですが、この子が来たのだとか。



いや、これはこれで面白い子ですよ。

(^-^)



採集地まで教えていただいたものの、種の特定については即答できませんでしたよ。



飼いこむことで解ることもおおいですからね。


 

上から見たところ。

 

 

斜め前から見たところ。

フラクタルな模様がなんともいいですね。

 

 

正面から見たところ。

 

 

 

下から見たところ。

 

 

 

斜め上から見たところ。

一見ツチノコロリカリアなのですけどね、ツチノコほど平べったくない感じなんですよ。

 

 

肉厚というか。

 

 

でこの子が一体誰なのかということなんですけどね、



Nさん曰く、

 

 

Crossoloricaria venezuelae


もしくは


Crossoloricaria varigata

 

 

の2種類のうちのどちらかだろうということですよ。

 

 

その見分け方を教えてもらいましたよ。

 

 

写真はとりましたので、

 

 

こんどゆっくり調べてみたいと思いますよ。

 (・ω・)




CrossoloricariaもRhadinoloricariaに編入ということなので、



Crossoloricariaはシノニムという扱いなのでしょうかね。






 

 

というわけで、

 

 

 

 

 

 

 

水あわせも終わって、いよいよ水槽に投入ですよ。

 

ラティセプスさんがじゃまって言ってそうですね。

(・ω・;)

 

 

 

(・ω・)/

 


craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 


 

Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

Loricaria sp Alpha

2016-04-15 | ロリカリア属

 

アクアF東京さんにロリカリアが3匹入荷したんですよ。

 

 

ていうか、

 

 

問屋さんから引き取って欲しいと置いていかれたとか。(爆

 

 

着状態が悪かったのか、1匹は☆になっちゃったそうなんですけどね。

 

 

なんでもそっちの子が珍しげだったとか。。。

 

 

あとの2匹は残っていて、いわゆるトライアングルロリカリアなんですよ。

 

 

そこで、LDFで確認したのでしょうか。

 

 

シミリマにしてはちょっと雰囲気が違うと思った店長さん。

 

 

僕に同定依頼のメッセージを送ってきたんですよ。

 

 

グアマ川で獲れたそうなんですけどね。

 

 

僕もシミリマにしてはカッコイイかも?と思い、



いろいろと調べてみたのですが、確証まで至らず。。。

 

 

Nさんに質問したんですよ。

 

 

Nさん「craftはもうそれをゲットしたのか。」

 

 

こういう反応のときは、珍しい場合ですね。(笑

 

 

craft「まだだけど、面白ければ買うかも。」

 

 

Nさん「それはゲットするんだ。」

 

 

ということで、2匹ともお迎えしちゃいましたよ。

(^-^)

 なかなかのお値段でしたが、希少性を考えると爆安かもしれませんね。

 

 

黒いロリカリアですね。

 

 

顔アップ。

 

 

 

なんていうか。

 

 

カッコイイです。(^-^)

 

 

背ビレに角度があって長くて、ジェット戦闘機のよう。

 

 

下から見たところ。

 

 

宅急便屋さんが重くて大変だったそうで、

 

 

でかい発砲容器にそれはそれはすごい水量の水に入っていたのですよ。

 

 

なので、今回水合わせをするのをやめて、

 

 

水槽の水を一旦空にして、それから袋の水を入れました。

 

 

この量です。(笑


そのあと残り3分の1を水道水を入れました。

 

 

水換えの日だったので、一緒にやったというわけですよ。

 

 

ところで、このお魚の種類ですけどね、

 

 

単純に外観の特徴から

 

 

Loricaria birindelliiかなと思ったんですよ。


 

Nさんいわく違うとのこと。

 

 

イスブリュッカー博士が、数年前にこの魚を

 

 

Loricaria sp Alpha

 

 

と名付けたそうです。

 

 

ロリカリア sp アルファ

 

 

なんてカッコイイ響きなんでしょうか。

(^-^)

 

 

Catfish Atlasの600ページに記載がありましたね。

 

 

シングー川水域で獲れたとあります。

 

 

ちなみに総排泄腔を見てもらいましたが、

 

 

両方ともオスでした。orz

 

 

うーん残念。(^-^;)

 

 

でも、Nさんがぼそっといったのですよ。





 

 

Nさん「craftはこれを2匹も持っているんだな。。。」





 

 

え、



そんなに貴重なんですか。(汗

 

 

Nさん、このたびは色々と教えてもらってありがとうございます。

 

でもって、

 

アクアF東京さん、いい買い物させていただきました。

 

ありがとうございます。

(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのアピサノスさんなんですけどね、

先週1匹が急死しまして、残り2匹なんですよ。

(^-^;)

 

 

総排泄腔でオスメスを見分けられるというのがNさんの持論なのですけどね。

 

 

本人に写真を送ってみてもらったのですよ。

 

 

最初の子

 

 

次の子

 

 

 

最初の方はメスで、次の方はオスかもしれないとのことです。

 

 

でも、確実かはわからないよとのことでした。

 

 

まあ、写真ですからね。

 

 

それにしても、

 

 

なんとかペアリングできるかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクアリウムバスですけどね、

 

 

 

僕は参加しませんよ。(笑

 

 

 

でも、

 

 

 

どこかのブースでロリカリアな日々グッズが買えるかもしれませんよ。

 

 

探してみてください。(笑

 

 

(・ω・)/

 


craft


 

craft shopはこちら。

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 

 

 

Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

並ロリカリアと呼ばれたお魚たち

2016-04-09 | ヘミロリカリア属

 

以前のことなんですけどね、

 

 

Googleストリートビューの撮影車を見つけたんですよ。

 

 

あわてて携帯のカメラで撮影しようとするものの、間に合わず。。。

 

 

Googleの撮影車は行ってしまったのでした。(汗

 

 

で、昨日ストリートビューを確認してみたんですけどね、



しっかり写っていましたよ。(笑

必死に携帯出して操作している男が僕です。(笑

 

 

Googleさん、車のナンバーとか、顔とか、キチンとぼかしているんですね。

 

 

ちなみに撮影車はでかい球体のようなカメラをボンネットの上に積載してました。

 

 

でかいロゴでGoogleとありましたから、気をつけていれば見つけられると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、本物のアピサノスだの、ラディノロリカリアだの、レアなロリカリアが続いたじゃないですか。

 

 

なので、今回は並ロリカリアと呼ばれる面々を紹介したいと思いますよ。

 

 

正確には、かつて並ロリカリアと呼ばれた、ですかね。

 

 

名前もつけてもらえず、ただ単にロリカリアの名前で販売されていた彼ら達。

 

 

今ではたいていの種類は学名、もしくはインヴォイスネームで販売されますけどね。

 

 

以前は、ロリカリアといえば以下のような数種類がただ単にロリカリアの名前で1000円程度、もしくはそれ以下のお値段で販売されていたんですよ。

 

 

ヘミロリカリア アイガンマナイ

ヘミロリカリア パルヴァ

ヘミロリカリア モロウィ

ヘミロリカリア ハセマニィ

ヘミロリカリア ファラックス

 

 

ロリカリアマニアにはおなじみのこの子達を紹介したいと思うんですよ。

 

 

今更ですけどね、クローズアップしてみたいと思いますよ。

(`・ω・´)

 

 

 

まずはこの子から。

 

 

ヘミロリカリア アイガンマナイ

(Hemiloricaria eigenmanni)

 

未だにアイガンマナイの特徴をわからないって人は国内のみならず、海外でも多くて、何の種類か教えてくれっていう投稿が最も多いと感じます。

尾ビレ、背ビレ、胸ビレに1本ラインがある、大きくても13〜15センチくらいのロリカリアです。

オリノコ川、メタ川の水系で採集され、コロンビア便でやってきます。

厄介なのはですね、アイガンマナイとそっくりさんがいるってことなんですよ。

アイガンマナイは尾筒底部に黒いストライプがあるのが特長です。

尾筒底部にストライプのないのが、アマゾン川水系やネグロ川などから採れてコロンビア便以外からもやってきます。

コロンビア便からもストライプのない種類がやってきます。


このそっくりさんが本種を難しくしている要因じゃないかと考えています。

僕を含めロリカリアマニアな人たちはこのそっくりさんをアイガンマナイタイプと呼び、一応アイガンマナイと区別しています。

そう書くと、「リアルアイガンマナイ入荷!」とかいって高く販売しそうなお店が出てきそうですけどね。(笑

アイガンマナイ自体安価なロリカリアの代表格です。

 

特長がないのが特長みたいな本種、

 

僕の記憶なんですけどね、以前あまり学名が使われなかった頃、スタウトロリカリアの名前で本種もしくは、アイガンマナイタイプが売られていたと思います。

ただ単にロリカリアという販売名以外にアイガンマナイやアイガンマナイタイプは、

ハセマニィ(hasemani)

ミクロレピドガスター(microlepidogaster)

モロウィ(morrowi)

パルバ(parva)

ファラックス(fallax)

と様々な名前で販売されてきたのですよ。

(僕も初めて本種を買ったときはパルバとミクロレピドガスターの名前でしたね。)

ファラックスやパルヴァなど、これらのお魚はきちんと学名のある別種ですよ。

最近では、それらの種類が区別されて販売されますが、以前はごちゃまぜだったんですね。

ところでこのアイガンマナイ、

恐らく最も丈夫なロリカリアのひとつです。

水道水から立ち上げた水槽にアイガンマナイを入れてパイロットフィッシュにしても、彼らは何の問題もなく水槽が立ち上がるまで付き合ってくれます。

繁殖力も旺盛で、産卵用の筒を入れておくと必ずと言っていいほど産卵して、もうやめてくれといわんばかりに増えます。(笑

卵はそれはそれは綺麗なグリーンです。

そんな強健種の彼らも稚魚時代は非常に弱く、どうやったら生き残るのか、様々な餌や水槽環境を試してきました。

今ではある程度繁殖方法が確立していて、謎だった初期飼料もほぼ分かっています。

 

 

 

ヘミロリカリア パルヴァ

(Hemiloricaria parva)

パルバというこの名前、いろいろな種類につけられるのですよ。

もうあれですよ、種類が特定できないものはパルバにしておけみたいな。

主にパラグアイ便のロリカリアにパルバという名前がつけられることが多いです。

かつてモロウィのことをペルー産パルバという名前で販売されたことがありましたが、ペルーにはparvaは生息していませんよ。(笑


ヘミロリカリアパルヴァはHemiloricaria parvaという学名のあるロリカリアです。


僕はあえて

パルバ → 熱帯魚屋さんが流通する俗称(parvaではない種類にも付けられる)

パルヴァ → Hemiloricaria parvaの名称

として区別しています。


ヘミロリカリア パルヴァはラ・プラタ水系で取れるロリカリアで、パラグアイ産やパンタナル産、アルゼンチン産のパルヴァがやってきます。

ダッシロリカリア フィラメントーサという名前でも本種はやってきますが違います。

ダッシロリカリアはそうそう簡単には販売されないと思います。(笑

そもそも、本物のダッシロリカリアの特長を知る人がほとんどいないでしょ。(笑

以前はパラグアイアン ロリカリアと呼ばれていまして、パラグアイ方面からくるロリカリアの混じりとして少数が稀に輸入されるという位置付けだったのですよ。

顔は一般的なロリカリアより細く長く、イケメンロリカリアの名を欲しいままにしてきました。

状態が良ければ背ビレ、胸ビレ、尻ビレからフィラメントが伸長し、ストゥリソマに近いグループなんじゃないの?と思わんばかりです。

その姿だけではなく、産卵についても本種にかぎってはガラス面に産みつけることが多いです。(産卵用の筒にも生みますが)

これらの産卵形態はストリソマやファロウェラ、ストゥリソマティクティスの特長ですが、本種はおそらくヘミロリカリアとストゥリソマの中間的な種類なのでしょう。

って、Catfish Atlasにも書いてありますけどね。(^-^)

 

でも気弱なのでガッチリと卵を守りきれず、お父さんはどかされて他の魚に卵を食べれらてしまいます。

 

産卵を確認したら僕の場合、周りの魚を全移動です。(笑


 

 

 

ヘミロリカリア モロウィ

(Hemiloricaria morrowi)

 

 

以前はヘミロリカリア モロウィといえば、アイガンマナイの姿形に似た乳白色のロリカリアのことでした。

一説にはほぼ輸入されることのないロリカリアといい、

一説には繁殖が容易で国内繁殖ものが出回っているといい、

どっちやねんと。(笑

でも結局のところ、当時モロウィと呼ばれていたそれらはアイガンマナイタイプのことだと考えています。

僕が最初に本物のモロウィに出会ったのは、市ヶ谷フィッシュセンターでした。

当時の販売名は「マナウス産リネロリカリア」。

2匹買って帰りましたが、小さくて雌雄の判別も出来なかったんですね。

Catfish Atlasにはこれに似たロリカリアが紹介されていました。

書籍に書いてある、顔の先端から3分の1のところに長めの髭が生えるというその特徴は確認できませんでした。

(僕はこれをモロゥイのちょび髭と呼んでいます。)

一方、雑誌には本種と酷似するロリカリアがハセマニィの名前で紹介されていました。

モロウィなのか、ハセマニィなのか、はたまた別の種類なのか、当時は色々と思いを巡らせていたわけですよ。

まだ小さかった個体がやがて成長し、ある日1匹の顔からちょび髭が生えているのを発見したんですよ。

このちょび髭が見られた時点で、この種類がモロウィであると確信したんですよ。

もう1匹にはヒゲが生えてなくて、ペアじゃないかと喜んだんですけどね。

やがてもう1匹にもヒゲが生えてきてオス2匹ということに。orz

ブログで紹介した影響でしょうか、業界が研究したからでしょうか。

モロウィの名前は業界にも知られることとなり、正式な名前で販売されるようになったんですね。

モロウィはオスメス複数飼育していますが、いまだに産卵を見たことがないですね。

繁殖が容易どころか、さっぱりですよ。

(まあ、容易なのはアイガンマナイだからなのですが。)

さて、特長なんですけどね。

もうツッコミどころ盛りだくさんなほど特長がありますよ。

顔ですがゴツゴツしています。

まるでゴジラのようです。

上から見ると三角形の頭部をしています。

脇腹に黒くて太いラインが見られ、遠目からでもモロウィとわかります。

胸ビレは丸みを帯びていて、アイガンマナイが1本ラインが入るのに対し、本種はまだら模様です。

点々が多数あるといった表現がよいでしょうか。

背ビレトップに大きな黒い斑紋がみられます。

非常におとなしい種類で、アイガンマナイやファラックスを捕まえるのにてこずりますが、モロウィはほぼ逃げないので簡単に手で捕まえられます。

 

 

 

ヘミロリカリア ハセマニィ

(Hemiloricaria hasemani)

 

これは長い間謎のロリカリアでしたね。(汗

わかっていることは、アマゾン川下流のベレンあたり、もしくトカンチンス川に生息するということです。

この名前も長い間アイガンマナイもしくはアイガンマナイタイプにつけられてましたね。

ハセマニィはトカンチンス川で採集される外観がアイガンマナイに似た種類なのだろうと勝手に思い込んでいましたよ。

本当に思い込みはダメですね。

頭は常にニュートラルにしておかないと、正しい理解を邪魔しますね。(汗

4年か5年前でしょうか。

アクアランド ハナトミさんに5匹のロリカリアが販売されていたんですよ。

写真を見るとファラックスに見えなくもない。

当時はCatfish Atlasも持ってなくて、枝支部のybkjさんの記事が唯一のファラックスの情報だったんですね。

ファラックスであって欲しいと期待を込めて、5匹のうち、4匹を購入したんですけどね、

まだ小さくてよく特長がわからないんです。

(^-^;)

たまたま4匹のうちの1匹を調べてみたのですが、その1匹がよくなかったんです。

ybkjさんが言っていたファラックスの特徴である「つ」のマークが見つからないんですよ。

実はそれこそがハセマニィでして、残りの3匹はファラックスで「つ」のマークがちゃんとあったんですよ。

そのことがわかるのは半年以上経ってからのことでした。

4匹全部がファラックスだと信じて大喜びしていたんですよ。

ある日、ファラックスだと思っていた中に1匹だけ違うのがいることに気づくんですね。

外観上のスタイルはファラックスと非常に似ているのですが、「つ」のマークがないんですよ。

そしてファラックス最大の特長である背中の、(●)のマークも見当たらない。

でもってきわめつけは尾ビレがアイガンマナイ同様、1本ラインなんですよ。

ファラックスの尾ビレはメリニなどに近いマダラ模様ですからね。

で、この1匹は何なんだと。。。

もともとハナトミさんで購入したときのインヴォイスネームはスチュワートだったんですよ。

なのでもしかしてこのロリカリアはHemiloricaria stewartiではないかと。

その後本物のスチュワーチに出会うわけですが、ややこしくなるのでそれはここでは紹介しませんよ。(笑

そんなある日、ハセマニィの標本写真を見つけたんですよ。

反り返った鼻先はファラックスに似ていて、尾ビレの1本ラインはアイガンマナイそっくり。

ファラックスとアイガンマナイを足して2で割ったような標本写真なんですけどね、

どう見てもプロポーションがスチュワーチと呼んでいるうちの子と似ているんですよ。

そんなことで悶々としているある日、ある人と出会うんですね。

いや、ネットの中ですけど。(笑

魚類学者のラファエルさんですよ。

いろんなことに行き詰まっていまして、もう魚類学者の方でないと手に負えないなと考えていたんですね。

Planet Catfishの管理人さんに魚類学者を紹介してほしいと頼んだんですよ。

で、紹介していただきまして。

その方に画像を送りまして、特長を伝えたんですね。

彼曰く、スチュワーチはこんな間延びしたプロポーションをしていないというんですね。

「ハセマニィはファラックスとプロポーションが似ていると考えるけどどうですか?」

という僕の質問をしたところ。


彼曰く「yes」


で、「おそらくハセマニィでいいと思う。」という回答をいただいたんですね。

ようやくハセマニィに出会えた瞬間ですよ。(笑

とまあ、前置きが長くなりましたが(笑

ヘミロリカリア ハセマニィの特長ですよ。


全体的なプロポーションはファラックスに酷似しています。

ツンと上を向いたような鼻先です。

アイガンマナイは下を向いた感じですよ。

背ビレ、尾ビレは1本ラインです。


僕の勝手な推測なんですけどね、ハセマニィという名前は以前からポピュラーに使われていたんですよ。

なので、この種類はブラジルの輸出が制限される前は、実はよく来ていたんじゃないかと推測しているのです。

それがベレン産、マナウス産のお魚自体が自由に来なくなって、結果としてハセマニィもこなくなったんじゃないだろうかと。

南米からお魚を直接輸入するのに送料だけで1回100万円近いと聞きます。

当然ながら1匹1000円程度のお魚メインで輸入なんてできるわけないわけですよね。

なので高級プレコとか、ディスカスとか、そういうもののついでに相乗りでやってくるんじゃないでしょうかね。

ハセマニィ自体はおそらく普通に採れるロリカリアだと思うんですよ。

でも、商業ルートに乗らないので滅多にこないんじゃないでしょうか。

つまり、最もよく名前が知られている幻のロリカリアというわけなんですよ。

 

 

 

ヘミロリカリア ファラックス

(Hemiloricaria fallax)

 

このロリカリアを一言でいうなら、「出世魚」でしょうか。(爆

かつて1匹数百円で販売されていたロリカリアですが、いまでは五千円くらい払わないと手に入らないですからね。

聞くところによるとその理由はヘミロリカリア メリニにあるそうです。

メリニはその模様が非常に美しいロリカリアで人気が非常に高いです。

そのためメリニを採りに漁師さんも出るようになったのだとか。

一方でメリニと一緒に取れるのがファラックスなんですけどね、売り手側としては一緒の値段で買い取ってくれということらしいんですよ。

一緒に1匹いくらで買ってくれないなら売ってやらないというですね。

ファラックスはいらないけど、メリニは欲しいから一緒に買うしかない。

買ってしまった以上ファラックスも売らなけらばいけないので、高値を付けざるをえないと。

聞いた話ですけどね、そういうことみたいですよ。

ファラックス自体は地味な魚なんで、これを高額な値段で販売せざるをえない熱帯魚屋さんも相当苦戦しているようです。(汗

そうはいってもコアなロリカリアマニアにとってはファラックスは非常に魅力的なロリカリアです。

特徴的なのは背中の上に鎮座する(●)マーク。

顔にホクロ、背ビレ上部分のボディにつけられた「つ」のマーク。

胸ビレ、尾ビレはメリニやテフェアナと共通のマダラ模様。

丈夫で飼育しやすいお魚です。

非常に俊敏ですので、水槽からの飛び出しにはご注意ください。

反り返ったプロポーションなどは、やはりアイガンマナイとは違った上品さがありますよね。

海外では繁殖例も聞かれますが、なかなか繁殖に成功しません。(汗

産卵まではいくのですが、なかなか育てるまでにいかないんですよ。

主にネグロ川で採れるロリカリアですから、やはりブラックウォーターを再現しないといけないんでしょうかね。

 



でもって最後に、 この種類を紹介したいと思います。

 



ヘミロリカリア ミクロレピドガスター

(Hemiloricaria microlepidogaster)

 

これは謎のロリカリアですね。

昔からミクロレピドガスターの名前で販売されますが、そのほとんどがアイガンマナイかアイガンマナイタイプであってミクロレピドガスターではありません。

入手したこともないので、写真もありませんよ。(汗

もしかしたら、ピグミーロリカリアがそうなんじゃないかと、海外の論文収集家のTさんと検証してみましたが違っているようです。

ミクロレピドガスターの標本写真は手に入れましたので、いつか出会えるといいですね。

わかっていることは、

パラグアイ水系で採集される、学名のついた種類であること。

名前の由来の通り、小さな(ミクロ)ウロコ(レピド)が、体の底部(ガスター)にあるロリカリアですよ。

Catfish Atlasにも本種の記載はないです。

なぜなら、同定が著しく困難だからです。

以下はCatfish Atlasのエバースさんに聞いた話です。

(Nさんも同じこといってましたが。)

理由その1 

いろいろな個体の標本写真がミクロレピドガスターとして記載されており、「一体どれやねん?」状態であること。

理由その2

ホルマリン漬けの標本を失くしちゃったこと。

ということはつまり、現代で有効な同定方法である遺伝子分析ができないってことですね。

誰が失くしちゃったのか、戦争で紛失しちゃったのか。。

いやあ、やっちゃいましたね。(^-^;)

でもなんとかして、手に入れたいですよねえ。

ヘミロリカリア最大のミステリーの一つ、それがミクロレピドガスターです。




 

 

えーと、以上で紹介おわりです。

(^-^)




 

 

いかがだったでしょうか。

 




 

たかが並ロリカリア、されど並ロリカリア。

 



 

ヘミロリカリアの一般種も集めてみたくなりませんか?


これらの種類はみな丈夫な種類です。


混泳しても問題ありませんから、同じ水槽で飼育して、違いを楽しむのも面白いですよ。

 






ところで、







うちで繁殖させた子ですがだれか買いません?(笑

(・ω・)


ヘミロリカリア パルヴァ 1匹1500円 (5匹まで)

ヘミロリカリア アイガンマナイ 1匹1000円 (2匹まで)

サイズはそこそこ成長していますよ。

 

送料は着払いでペットボトル便です。

 

 

興味を引かせておいて販売情報流すというですね。



まるでテレビショッピングみたいなやり口ですが。(笑



興味がある方はメールください。。


(・ω・)/

 

craft

 

craft shopはこちら。

 

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 


Comments (14)
この記事をはてなブックマークに追加

コンディとナッテリーお迎え

2016-04-06 | Otocinclus Data File

Pseudohemiodon Apithanosなんですけどね、

 

口の大きさで見分けられるという情報を手にいれたぞといってたんですよ。

 

発信元はドイツのアクアリストHHさん。


プレコの世界じゃ有名な方ですよね。

 

 

 

結局、いろいろと言われてショボーンな感じに。

(^-^;)

 

 

 

頑張れHHさん。(笑

 

 

それを受けてか、

 

 

ドイツのアクアリストNさんがセゥドヘミオドンの確実な雌雄の判別方法をわざわざ特別公開していますね。

(内容については、僕は以前から直接聞いていましたが。)



「 ロリカリア好きな仲間に伝える 」と題して。



なぜか8人のアクアリストの中に僕も入ってますよ。

 

 

ありがとうございます。

(^-^)

 


彼はセゥドヘミオドンの繁殖家であり、スペシャリストですからね。


 

ロリカリアのことはなんでも知っているんじゃなかろうかっていうNさん。

 


いろいろ教えてくれますが、よほどのことじゃない限り自分から情報発信しないんですよ。


 

僕は僕でロリカリア専門の魚類学者に聞いてみたんですよ。

 


彼曰く、


 

「ラディノロリカリアと勘違いしているんじゃないのか?」

 


とのこと。






へえー、そうなんですか。






。。。。。。。。




 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

それはそれで初耳ですよ。。。(笑


 

craft「ラディノロリカリアは口の大きさや形でオスメスが判別できるの?」

 


彼曰く「Yes」

 


ということらしいですよ。


 

熱帯魚屋さん、



ペア販売は是非ともラディノロリカリア(=アピストロリカリア)でお願いします。(笑


 

「じゃあ、セゥドヘミオドンはどうなの?」


 

「それは知らない。検証は可能だろうけどしたことない。」

 


だそうです。(汗


 

ツチノコロリカリアの繁殖をしたこともないヘタレアクアリストのcraft。

 


いつか繁殖させたいものですね。

 

 

そうそう、

 


いつもいろいろ教えていただいている魚類学者の方に、お礼としてロリカリアTシャツ送ることを申し出たんですよ。

 


すごい喜んでくれましたよ。


 

メアドも聞いたので、いろいろと情報交換できそうですよ。

(^-^)


 

人と人がつながるって本当に楽しいですよね。

 


実は今回の件で、僕の収穫はそっちの方だったりします。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アピストロリカリア コンディ


改め


ラディノロリカリア コンディ


がやってきましたよ。

 

 まだ幼魚サイズですよ。

 

 

細い体にハクション大魔王のようなヒゲしてますね。

 


単にレアだからでしょうか、このロリカリア人気がありますよね。

 


でもって、


 

きました。

 



ファロウェラ ナッテリー。

 

でかい!

まるで一角獣のようなロリカリアですねえ。

 

 

僕は大好きなファロウェラなんですけどね。

 


なんでしょうか、海外の仲間からいまいち受けが良くないんですよ。(笑

今にも死にそうなくらいな肌荒れな感じなんですけどね、こういう模様です。(汗

 

 

前の子もそうでしたが、これでいい状態なんですよ。(笑 

 

 

 

 

おまけ、

 

 

 

 

ファラックスのオスです。

 ヒゲもっさもさ。



このくらいわかりやすいといいんですけどねえ。(笑

 

 

あと、そうそう。

 

 

ポストカードのコリドラス、ロリカリア、プレコが完売ですよ。

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

(・ω・)/

 

craft

 

craft shopはこちら。

 

 

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 

 


 

Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加