ロリカリアな日々

These Are The Days Of Our Loricaria

バルバトスってもうコリじゃないんですね。その2

2016-11-29 | 熱帯魚

 

 

毎週のことですけど、水換え風景です。

 

 

お風呂用ポンプで排水しています。

楽といえば楽ですけどね、

 

 

水槽が20本以上あるのでそれなりに時間はかかりますね。

 

 

熱帯魚部屋の温度は26度固定。

 

 

 

こちらはオトシン水槽。

 
 

 

下は主にファロウェラ水槽としています。

 

 

 
 
 
 
水換えついでにいくつか写真を撮ったので紹介しますね。

(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 ヘミロリカリアの怒りポーズです。

 

 

普段の様子がこちら。

 

 

 

 

でもって、

 

 

 

威嚇のポーズ。

  

「この水槽は俺が守る!」

 

 

と言っているのでしょうか。

(・ω・)

 

 

 

Katsuさんからいただいたダークエビルの親です。

 

 

 

3回の産卵でチビチビダークがたくさんになりましたよ。

1回目の子は6匹でしたが、大きくなったのでジェイズアクアリウムさんのところに里子に出しました。

 

 

こちらはHさんにいただいたヒパンキたち。

 

 

ヴィッタータのオス。

  

 

 

イミックスも飼い込むうちに貫禄が出てきました。

 先月産卵しましたがカビて全滅しました。(泣

 

 

黒い三連星。

 

 

 

モロウィ

 

 

テフェアナ

 

 

 2代目ベレンでお迎えした子です。

 

 

 

 

並オトシンが休憩していたのですけどね、

 

 

 

何となく模様がゼブラっぽいなと。

マクロスピルスの模様違いでしょうけど、模様探しも面白いですね。

 

 

 

 

先週のことですが、

 

 

 

メリニの頬のあたりに、できものができてました。(汗

 

 

 

薬を溶かして、薬浴していました。

 

 

 

果たして治るでしょうか。

 

 

とりあえず、魚自体は元気です。

 

 

 

 

 

豊橋アマゾンさんからバルセロスが到着しましたよ。

 

 

 

本物のバルセロスでした。(^-^) 

 

 

 

 

この細かいひび割れ模様はバルセロスですね。

 

やっぱり、きちんとしたお店で買うと外れませんね。

 (とりあえず御三家揃いました。)

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

この1週間ほど、海外の方といくつか のやりとりをしていましたよ。

 

 

香港にLDFを送りました。

いつも仲良くしているBCさんです。

 

 

ロリカリアを勉強するのだとか。

 

 

とりあえずマクロミスタックスの繁殖を狙うのだとかで、大量に買ったそうです。

 

 

頑張って欲しいですね。

(^-^)

 

 

続いて、これはレインボーフィッシュの絵ですね。

 オーストラリア在住のJWさん。

 

 

その辺の川にいるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

そんなこともさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

バルバトスネタです。

 

 

マリオピニェイロさんと言うかたに相談されたのですよ。

 

 

ブラジルはリオデジャネイロ在住の輸出業者さんです。

 

 

本を探しているのだとかで、日本のフィッシュマガジンに過去投稿したのだそうです。

 

 

大切な本なのですが、小屋が全焼して亡くなってしまったとのこと。

 

 

バルバトスに関する記事だったようで、

 

 

僕がバルバトスのイラストを発表したので手がかりがあると思ったみたいです。

 

 

1986年から1987年の雑誌でアクアライフかフィッシュマガジンとのこと。

 

 

手がかりのタイトルなんですけどね。彼が言うには

 

 

 

" barbatus my life"

 

 

 

だそうです。

 

 

我が人生のバルバトスってところでしょうか。

 

 

今回、いろいろな方に聞いて見たのですが、おぴよさんがそれっぽいのを持っていました。

 

 

これです。

おぴよさん、この度は本当にありがとうございました。

 

 

電話で相談したのですが、当然よもやま話で盛り上がって長電話に。

 

 

夜分遅くにご迷惑をおかけしました。でもめちゃ楽しかったです。

(^-^)

 

 

早速写真を彼に送ったのですけどね、

 

 

どうもフィッシュマガジンかもとのことです。(汗

 

 

フィッシュマガジンはご存知の通り、廃刊していますね。

 

 

なので、なんとか緑書房さんに連絡をつけたのですよ。

 

 

そうしたら見つけてくれました。

(^-^)

 

 

 

タイトルは、



「バルバの故郷リオに踊る」MARIO PINHEIRO



全然違うじゃん。(爆



1997年のフィッシュマガジン7月号でしたよ。

 


ヤフーショップで1冊だけ見つけました。

 

 

 中古で400円。

 

 

来週送ると言ったらめちゃ喜んでいましたね。

 

 

相談があったらなんでもして欲しいとのこと。

 

 

ブラジルに来たら歓迎するそうですよ。

(^-^)

 

 

いけないって。(笑

 

 

そうそう、

 

 

頼まれごとといえばもう一つ、この原稿を描いている時に来ましたよ。

 

 

Fábio Roxoさんからロリカリア科のイラスト依頼です。

(最近オトシンクルス ダニを記載された方です。)



何かに掲載するのだとか。



どうなるやら。



詳細はまた今度ですね。

 

 


(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 



Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

バルバトスってもうコリじゃないんですね。

2016-11-29 | 熱帯魚

 

うちの前からの景色です。

 

 

紅葉もそろそろ終わりですね。

 

 

 



と、思っていたら。






11月というのに雪がどっさり降りました。

(・ω・;)

 

 とりあえず交通機関が動いたので良かったです。

 

 

そんな最中、うりは相変わらずのマイペースです。

 

 

 

土曜日は急遽仕事になっちゃって、どこへも行けなかったので、

 

 

とりあえず駅ビルでスイーツを食べましたよ。

ワッフル専門店のマロンワッフルです。

 

 

 

デパ地下のいなげやで夜食を買って夜中に食べました。

 意外と侮れません。おいしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

お魚ブログなので、お魚の話題でも。

 

 

アシペンサーロリカリアですけど、僕にしては長生きさせてます。

 

 

ラディノロリカリアとセゥドロリカリアの同居です。

これならもう3〜4匹お迎えして、繁殖をと考えてしまいますよね。

 

 

ヘミロリカリア ハセマニィです。

 

 

ファラックスと並んで、我が家ではおそらく一番長いです。 

5年ですかね。 

 

 

 

バルセロスで入荷したテフェアナです。

 このくらい網目が出てると間違えないんでしょうけどね。

 

 

飼育してみないとわからないって時もありますよね。

 

 

実は今日、1匹だけ在庫していたバルセロスを注文しました。

 

 

明日届きますよ。

 

 

本物だったら、メリニ、テフェアナ、バルセロスの御三家を並べて写真撮りたいです。

 

 

本物のバルセロスだったら。。。

 

 

Hさんから頂いたヒパンキですけどね、元気ですよ。

 

ブリーダーさんが良い個体をお分けしてくれたからでしょうね、

 

 

めっちゃ丈夫です。

 

 

でも、プレコなんで水を相当汚しますね。

 

 

ファロウェラとどっこいです。(汗

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

 

月下美人さんに頂いたグァテマランですけどね、



120cm水槽に入れていたんですよ。



大きい子を小さい子が追いかけ回すようになりまして、それが2ペア。



なので、月下美人さんに電話してアドヴァイスを頂いたんですね。



水草を浮かせていると良いとのことなんで、早速45cm水槽に水草浮かして隔離しましたよ。



沢山生まれるそうなんで楽しみです。

 そうそう、

 

 

写真では分かりにくいですが青いような紫のような色になってきましたよ。

(^-^)

 

 

 

最後にイラストネタを。。。

 

 

 

ちょいちょい絵を描いてますよ。

 

 

アクアF東京さんのブログに、非常に魅力的なバルバトスの写真がアップされていたんですよ。

 

 

なので、さっそく許可頂いてイラストにしましたよ。

 

 

トレース終了時の写真がこちら。

こういう細かい模様系は実は描きやすかったりします。

 

 

手間はかかるけど、グラデーションが少ないので、色構成がシンプルなんです。

 

 

着色完了。



トレースラインと並べて、完成です。(^-^)/

バルバトスはコリドラスからScleromystaxに属が変わったんですね。



描いていると部分的ですが、形態的な差がはっきり分かりますね。





(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら


Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

A4 Size Drawing List

2016-11-29 | Drawing Li...

A4 Size Drawing List

 

No Flame Paper only.

Printing Photo quarity paper. 


Corydras


Discus

 

Gourami

 

Killi Fish

 

Loricaria01

 

Loricaria02

 

Otocinclus

 

Pleco Large

 

Pleco Small

 

Rainbow Fish(Large)

 

Rainbow Fish(Small)


Tetra

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Post Card List 01

2016-11-29 | Drawing Li...

Post Card List 01

 

 

Apistogramma agassizii

Apistogramma baenschi

Apistogramma bitaeniata

Apistogramma cacatuoides

Apistogramma diplotaenia

Apistogramma elizabethae

Apistogramma guttata

Apistogramma sp“JUrua Emerald

apistogramma steindachneri

Apistogramma trifasciata

Scleropages aureus(GoldenArowana)

 Scleropages formosus(Blue Arowana)

Scleropages legendrei (Red Arowana)

Scleropages macrocephalus(Silver Arowana)

 

Barbinae Pethia nigrofasciata(Black Rubi)

Barbinae Puntius titteya(Cherry Berb)

 

Beta Blue

Beta Red

 Beta Violet

Beta White

Carnegiella strigata(Marble Hatchet)

Cichlid Thorichthys meeki(firemouth cichlid)

Corydras adolfoi

Corydras aeneus

Corydras arcuatus

Corydras baderi 

Corydras burgessi

Corydras concolor 

Corydras duplicareus

Corydras paleatus

Corydras panda

Corydras parallelus

Corydras sterbai 

Corydras trilineatus

 Devario aequipinnatus

Discus Brilliant Turquoise

Discus CUIPEUA

Discus Red Turquoise 

 

 Gourami Trichopodus leerii (Pearl Gourami) 

Parosphromenus sp. 'Sentang'

Sphaerichthis vailanti(Chocolate Gourami) 

 

Trichogaster chuna(Golden Honey Dwarf Gourami) 

 

Trichogaster lalius var.(Sunset Dwarf Gourami)

Trichogaster lalius(Dwarf Gourami)

Trichopodus microlepis(Silver  Gourami)

 Trichopodus trichopterus var(Marble Gourami)

Trichopsis pumilis(Pygmy Gourami)

 Poecilia reticulata var((Guppy Mosaic)

Poecilia reticulata var(Guppy Blue Glass)

 

Poecilia reticulata var(Guppy Wienemerald)

Hypseleotris compressa 

Aphyosemion australe

Aplocheilus lineatus

Austrolebias nigripinnis

Chromaphyosemion bitaeniatum

Fundulopanchax nigerianus

Fundulopanchax sjostedti

 

Nothobranchius korthausae 

 

Nothobranchius rachovii 

 

Pseudepiplatys annulatus  

 

Hemiloricaria eigenmanni

Hemiloricaria melini

Loricariichthys hauxwelli

Planiloricaria cyptodon

Pseudohemiodon laticeps

Pseudohemiodon sp cf apithanos

Pseudohemiodon sp peru-I

Pseudohemiodon sp Peru

Rhadinoloricaria omation

Sturisoma festivum

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Post Card List 02

2016-11-29 | Drawing Li...

Post Card List 02



Acestridium dichromum

Corumbataia tocantinensis

Hisonotus chromodontus

Hypoptopoma psilogaster

Hypoptopoma sp 'Peru'

Hypoptopoma sp(Queen Giant Oto)

Otocinclus cocama Type I

Otocinclus cocama Type II

Otocinclus mimulus

Otocinclus sp Colombia

Otocinclus vittatus

Oxyropsis wrightiana

Parotocinclus dani 

Parotocinclus sp 'Peru'

Nannostomus Beckfordi

L25 Pseudacanthicus sp 'Ultra Scarlet Trim'

Panaque armbrusteri

Pseudorinelepis sp L95(Archer Fish)

Pterygoplichthys gibbiceps

L014 Scobinancistrus aureatus

L046 Hypancistrus zebra

L121 Peckoltia braueri

L134 Peckoltia compta 

L173 Hypancistrus sp

L201 Hypancistrus sp

L250 Hypancistrus sp

L260 Hypancistrus sp

L397 Panaqolus sp

 Poecilia sphenops(Black Molly)

Poecilia velifera(Serufin Molly)

 

Pterophyllum altum

 

Bedotia madagascarensis

Chilatherina alleni

Chilatherina axelrodi

Glossolepis incisus

Glossolepis Wanamensis

Melanotaenia boesemani

Melanotaenia corona

Melanotaenia lacustris

Melanotaenia praecox

Melanotaenia rubrivittata

Melanotaenia trifasciata

 

 

Iriatherina werneri(New Guinea Reinbow Fish) 

Kiunga ballochi

Kiunga bleheri

Pseudomugil cyanodorsalis

Pseudomugil furcatus

Pseudomugil gertrudae(Butterfly Rainbow Fish)

Pseudomugil mellis

Pseudomugil tenellus

Rhadinocentrus ornatus(Blue)

Rhadinocentrus ornatus(Purple)

Rhadinocentrus ornatus(Red)

RoachBotia striata(Zebra Roach)

RoachChromobotia macracanthus(Crown Roach)

Scleromystax barbatus

Axelrodia riesei(Ruby Tetra)

Boehlkea fredcochui

Gymnocorymbus ternetzi

Hemigrammus bleheri

Hemigrammus erythrozonus(glow light Tetra) 

Hyphessobrycon sweglesi

Nematobrycon palmeri

Paracheirodon axelrodi(Cardinal Tetra)

Tucanoichthys tucano

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

記載写真の塗り絵

2016-11-23 | Otocinclus

 

記載種の写真を元にイラストを起こしたんですよ。

 

 

以前に描いたレインボーフィッシュなんですけどね、



ANGFA magazineという雑誌に掲載されるらしいんですよ。

 

 

なので、公表は控えていたんです。

 

 

依頼者のDerekさんにそろそろオープンにしていいかどうか尋ねたんですけどね、

 

 

Go nuts.

 

 

と言われました。

 

 

直訳すると、




行け、木の実



もしくは

 

 

行け、ウ○コ

 

 

 

。。。。。

 

 

 

これはどういう意味なのでしょうか。

 

 

辞書を引くと、「頭がおかしい」という意味と「夢中になる」という意味に別れましたよ。

 

 

なので、本人に直接聞いてみたんですよ。

 

 

僕の翻訳ソフトは2つの違う意味を出すからわからないと。

 

 

yesかnoかで答えて欲しいと。

 

 

そうしたら、もちろんyesだということでした。

 

 

彼の中でGo nutは「Have fun」という意味だそうです。

 

 

 

というわけで、ブログに載せることにしました。

 

 

Melanotaenia coronaです。

 

 

上がトレース直後の白黒の絵、下が記載写真です。

知る人ぞ知るレインボーフィッシュの1種類で、

 

 

生きた姿は誰もみたことがないそうです。

 

 

なので、イラストのみが色付きで紹介されているわけですが、

 

 

僕の他に数人のイラストレーターに再現させるという企画みたいです。

 

 

ちなみに僕はイラストレーターなどではなく、ただのヘタレアクアリストです。

 

 

そんなわけで、Derekさんのご指導の元に出来たのがこちらです。

 

 

ややグリーンバージョン、これが採用だそうです。

 

他にも制作過程でいくつかの色のバリエーションを作りましたよ。

 

 

イエロー

 

レッド

 

 

ブルー

どれが本物に近いんでしょうかね。

 

 

一説によると絶滅したので検証のしようがないという話もありますよ。

 

 

 

 

 

でもって、






ここ最近話題になったのですけどね、

 



 

 

パロトシンクルスが記載されたそうなんですよ。

 

 

その名も、

 

 

パロトシンクルス ダニ(Paraotocinclus dani)

 

 

です。

 

 

タパジョス水系に生息しているそうですよ。

 

 

早速記載者の一人、 Claudio Oliveiraさんにおめでとうのメッセージを送ったんですよ。



でもって、ブログへの記載写真の掲載とParaotocinclus daniの絵を描かせてもらうことに。

 

 

これです。

 

 

標本写真と並べたのがこちら。

 

トレース直後の絵

日本の業者の皆さん、タパジョス川に住んでいるそうですよ。

 


 

ぜひぜひ、入荷をお待ちしております。

(^-^)

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

4天王とか

2016-11-22 | ヘミロリカリア属

 

日の出と檜原村で紅葉狩してきましたよ。

(・ω・)ノ

 

ヒノキばかりの村ですが、意外と紅葉があって綺麗なんですよ。

 

観光地じゃないから道も混んでませんし、お気に入りなのです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

ダークエビルさんですが、3腹目です。

 

 

Katsuさんからいただいたペアの産んだ子なんですけどね。

めっちゃ元気です。 

 

 

プレコの稚魚って高速で移動するんですね。 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

 

水換え中にお魚写真をパシャり。

 

 

 

 

 

 

 

 

Hemiloricaria sp

 

 

 

Otocinclus mimulus.

 久しぶりに出てきました。

 

 

 

 

 

ここのところ、小型のレインボーフィッシュを描いていたのですよ。

 

 

Kiunga ballochi

 

 

 

Kiunga bleheri 

 

 

Pseudomugil tenellus

 

 

 

 Rhadinocentrus ornatusは3匹も描きましたよ。

 色のバリエーションがいろいろあるのですよ。

 

 

まるで別物のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スモールレインボーが完成したので、

 

 

 

 

 

 

 

大きなレインボーと小さなレインボーのA4サイズの絵が完成しましたよ。

 

 

大きい方。




小さい方。







 

 

 

 


 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 4天王です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 

Comments (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴマシオの正体?

2016-11-07 | ヘミロリカリア属

大統領選挙がおわりましたね。

 

うちでも占って見たのですよ。

  

とぅるるるるるるるるる。。。。。

 

じゃじゃん。

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

 

 

いやあ、

 

 

 

エリツィンさんおめでとうございます。

 

 

  

  

じゃなかった

 

 

 

 

トランプさん大統領おめでとうございます。

 

 

びっくりしましたね。

 

 

とりあえず、

 

 

大統領に決まったとたん、しょぼんとなるのはやめてくださいね。(笑

 

 

あと

 

 

選挙中にいろいろいってたこと、

 

 

ご自身のWEBサイトから消えているそうですけど、

 

 

何か問題でもあったんですか?

 

 

万里の長城のように、メキシコ国境に長城ができるんですねえ。

  

 

観光地化しますかね。

(・ω・)ノ

 

  

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

もはや定例報告ともいえるイラストネタですよ。

 

 小型レインボーを描いてます。

 

 Pseudomugil cyanodorsalis

 

Pseudomugil mellis

 

 

それからベタ4種。

 

 青とか

 

  

紫とか

 

赤とか

 

 

白とか

一つのデータから色を変えただけなんですけどね。

  

それから、

 

shigeさんというかたに写真を提供していただいて、ワイルドディスカスを描きました。

 

 

 

 

これで黄色いディスカスが揃ったので、以前からやりたかったあれができますよ。

 

 

信号機。

 

 でもって、

  

イラストの数も132枚となり、ポストカードが2冊目に突入しました。

1冊で120枚入るのです。

 

 

そうそう、

 

 

今日カレンダーを3冊ほど送りましたよ。

 

  

以前、ブリーダーさんからいただいたヒパンキですけどね、

 

 

 

CF系統ではありませんでした。

(^-^;)

 

 

CF系統は後日いただけるそうなんで、楽しみです。

 

 

120cm水槽もようやく回復して、ファロウェラ水槽としています。

ファロウェラはすごい水を汚すので、底物はあまり入れないようにしました。

 

 

でもって、

 

 

しごと帰りに、ひさしぶりにベレンに行ってきましたよ。

 

 

 

カレンダーと以前のタイプの南米河川地図を置いて行きました。

 

 

ベレンは2回目ですね。

 

 

2回目ベレンです。

 

 

この子をお迎えしましたよ。

  

販売名はリオナナイでした。

 

 

ててんてん模様ですよ。

 

 

背ビレ

 

 

尾ビレ

問題はこの尾ビレの下の方が欠損しているってことですよ。

 

これが再生すれば、正体がハッキリします。 

 

あれじゃないかと思うんですけどね。 

 

つり針模様とてんてん模様。

落ち着くまでしばし様子見です。

 

 

うちの水槽に馴染んでくれるでしょうかね。

 

 

 

  

 

そんなことはさておき

 

 

 

 

 

 

"ゴマシオロリカリア"こと、Hemiloricaria sp amazoniaなんですけどね、

 

 

 Hemiloricaria sp anazonia

 

 

 

FBで話題になっていたんですよ。

 

 

ラファエルコバインさんいわく、



Hemiloricaria platyura



とのこと。



コメント欄で他の一般の人といっしょにあーだこーだ騒ぐのもいやなんで、

 

 

メッセージで直接本人に聞いたんですけどね。

 

 

ラファエルさん曰く、



背中のKeelsが典型的とのこと。

 

 

Keel...



日本語でいうと竜骨(船首から底を通って船尾まで貫通し船を支える材)



建築でもドームなんかのアーチ状のフレームをkeelと表現するあれです。



側面のゴツゴツの連続した部分をキールと表現したりはするのですが、背中とは。。。



背中のごま塩のようなボツボツのことを言っているんですかねえ。



で、



標本写真が見たいと言ったら、置いてある場所を教えてくれましたよ。

 

 

Hemiloricaria platyura標本写真がこれです。

 

 

 うーんと、

 

 

Hemiloricaria sp anazoniaと同じように見えますかねえ?  

 

 

ちなみに、背中ではなく側面にキールがあるヘミロリカリアといえば

 

 

Hemiloricaria Phoxocephala

 

 

 

 

Hemiloricaria castroi

 

 

 

でもって、

 

 

この件についてNさんとエバースさんにも聞いたんですよ。

 

 

Nさん

 

 

Hemiloricaria platyuraである可能性はある。

 

 

でも、確証は持てない。

 

 

とのことです。(汗

 

 

 

 

 

エバースさん。

 

 

Hemiloricaria platyuraとamazoniaは別物

 

 

との意見です。

 

 

 

 

 

うーん。

 

 

 

 

 

以前、ラファエルさんに同定していただいたHemiloricaria stuwartiですけどね、

 

 

morrowiが見分けがつかないといったじゃないですか。

 

 

あれから飼いこんでますがますます外見上の区別は不可能なんですよ。

 

 

どこかで15000円くらいで遺伝子検査グッズ売ってないですかね。

 

 

タカラトミーさん、どうか出してください。

 

 

トイザらス直行しますから。

 

 

話を戻すと。。。

 

 

僕の中ではシノニムじゃないかと考えているんですけどね。

 

 

今回の件も、amazoniaとplatyuraは同じ個体で別の呼び名がされているだけで、シノニムではないかとも考えられますよね。

 

 

一方で、確信が持てるほど標本がamazoniaに激似かといえばそうとも言えない気もするんですよ。

 

 

パルヴァの標本くらいしっかり似てくれるとありがたいのですが。

 

 

とりあえず生息地を調べてみました。

 

 

Hemiloricaria platyuraですけどね、

 

 

Lナンバーが付いているんですね。

 

 

L042だそうです。

 

 

ちなみにL046はあの有名なインペリアルゼブラプレコです。

 

 

生息地はフランス領ガイアナ(ギアナ)のMana川だそうです。

 

 

この地域はラファエルさんの大好きフィールドですからね。

 

 

もしかするとご自分で採集してらっしゃるかも。

 

 

ということは、スチュワーチ同様、アマゾン川で生息するものと同じなのかもしれませんね。

 

 

とりあえずこの件、

 

 

保留です。(笑

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 
 

 

 

Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

外出

2016-11-06 | イラスト

 

先日購入したメリニですけどね、

 

 

トリートメントタンクから飼育水槽に移動しましたよ。

 

 

 

 

写真を撮ったので、いくつかご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらが大きくなったら見ごたえあるんでしょうね。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、人に頼まれてイラストを描かないcraftですが、

( 本職ではないので。。。 )

 

 

 

 

 

 

 

気まぐれに受けることがあるのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

これです。

 海外の依頼です。

 

 

 

ホームページの表紙につかうそうですよ。

 

 

 

20分くらいかかったでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前購入した、Amazonasのロリカリア特集ですけどね、

 

 

ちょっと目を離した隙に

 

 

ロリカリアが出かけようとしていたんですよ。

 なんでもランチにいくのだとか。

 

 

 

うりも行き先が気になるようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありますよねそういうこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ないない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 
 
Comments (10)
この記事をはてなブックマークに追加

メリニがきました。(^-^)

2016-11-03 | ヘミロリカリア属

 

レインボーフィッシュを2種類ほど作りましたよ。

 

Chilatherina alleni

 

 

写真とツーショット

 

 

Chilatherina axelrodi

 

 

 

写真とツーショット

 

でもって、

 

 

 

それぞれのトレース画像です。

 

 

 

Chilatherina alleni

 

 

 

Chilatherina axelrodi

 

 

ウロコを1枚ずつ描くのがしんどいんですけどね、

 

 

これをやらないといまいち似ないんですよ。

 

 

アクリルの額縁に入れて飾ってみました。(^-^)

 

 

 

レインボーフィッシュが描きたいから誰か写真を提供して欲しいと言ったら、

 

 

ゲイリー ラング(Gary Lange)さんという方を紹介されたのですよ。

 

 

この方、レインボーフィッシュの専門みたいで、

 

 

この方の名前をとった学名もついている魚もいるようですよ。

 

 

この度は写真を有難うございました。

(^-^)

 

 

実はこのほかにも、どっさり写真を送ってもらったんですよ。

 

 

写真のリストをあげるとこんな感じ。

 

Chilatherina alleni

Chilatherina axelrodi

Chilatherina bleheri

Chilatherina fasciata

Glossolepis dorityi

Glossolepis kabia

Glossolepis maculosus

Glossolepis multisquamata

Melanotaenia duboulayi

Melanotaenia ericrobertsi

Melanotaenia fredericki

Melanotaenia garylangei

Melanotaenia garylangei 

Melanotaenia goldiei

Melanotaenia herbertaxelrodi

Melanotaenia nigrans

Melanotaenia parva

Melanotaenia picta

Melanotaenia rubrivittata

Melanotaenia sexlineata

Melanotaenia synergos

Melanotaenia vanheurni



ほとんど日本で見たことが無い気がするのは僕だけでしょうか。

(・ω・;)



 

こうして写真を見ていると欲しくなりますねえ。。。

 

 

国内で販売されているのは定番種ばかりなので、

 

 

こういうのががバシバシ輸入されたら、レインボーフィッシュのカテゴリーが脚光を浴びるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことはさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずいぶんとcraftグッズが溜まってきましたよ。

 

 

 

 

 

リビングに展示専用の棚を設置しました。

 

 

A4サイズの絵

  

 

 


 

 

ポストカード

 

 

 


 

 

 

Osakana Craft イラスト集

 

 

 

LDFやODFなどの書籍

 

 

 

 

 

 

でもって、





やっと完成したカレンダーです。

 

 

 

カレンダーをバラしてカットすればそのままA4サイズの絵となります。

 

カレンダーの販売価格は3000円です。



A4サイズの絵が1枚2000円しますから、かなりお得ですよ。

(^-^)



というわけで、


 

これでようやく自分の部屋が整理できました。

(^-^)








そうそう、








グッズといえば、



ロリカリアTシャツですけどね、



ペルーの川に行ってきたようですよ。



Nさんが写真を送ってきてきくれました。


 

彼が着ているのはこれです。

僕はおそらく南米に行くことはないでしょうけど、

 

 

彼と共にTシャツはちょくちょく旅をしそうですね。

 

 

新作ができたら送ろっと。

(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこともさておき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はいい天気でしたね。

 

 

 

こんな天気の日にどこにもいかず、

 

 

宅急便を待っていたのです。

 

 

うり専用のペットボトルの水2リットル4箱。(24本)

 

 

うりは超軟水でなければ下痢をする猫なんですよ。(汗

 

 

産まれたプレコの発送待ち

 

 

購入したカレンダーの金具

 

 

 

 

 

 

そしてアクアF東京さんに入荷した

 

 

 

 

 

メリニです。

 

到着しました。

(^-^)

 

 

 

小さいサイズながらメリニです。

 

 

 

 

 

やっぱりメリニはきれいですねえ。

 

 

 

さっそくトリートメントタンクに収容しました。

今回はメリニだけの飼育なんで、そのまま飼育水槽に入れてもいいんですけどね。

 

 

しばし様子を見ます。



午前中に宅急便が到着したので、お昼ご飯食べに出かけたのですよ。



天気がいいのでドライブがてら熱帯魚屋さんにいくことに。



で、着いたのがですね、






なんと







アクアF東京さん(笑

 

 

 

 

 

 

だったら、通販じゃなくて買ってくればいいじゃんというですね。

 

 

しかも、追加でもう1匹買っちゃいました。



オトシンとかもいろいろ欲しかったんですけどね、



近々入荷があるとか聞いたので、ちょっとお財布をセーブしておかないと。。

 

 

熱帯魚屋さんで魚を買うことって、滅多にないんですよ。

 

 

久しぶりで新鮮でした。

(^-^)

 

 

あといろいろお話もしまして、

 

 

店長さんが何故、忠というのかが判明しましたよ。

 

 

ホームセンターの島忠からきているニックネームだそうです。

 

 

納得しました。

(^-^)

 

 

ついでに完成したカレンダーの見本を置いてきましたよ。

 

 

もしよかったら買ってくださいね。



数に限りがあるのでお早目に。

 

 

 


(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 
 
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年熱帯魚カレンダー

2016-11-03 | イラスト

 

予約していたカレンダー用の留め具が到着しました。



というわけで、

 

 

2017年のカレンダーが完成しましたよ。

 

 

表紙

 

 

1月

 

 

2月

 

 

3月

 

 

4月

 

 

5月

 

 

6月

 

 

7月

 

 

8月

 

 

9月

 

 

10月

 

 

11月

 

 

12月

 

 

サイズはA3です。

 

 

限定15個販売します。

 

価格は3000円です。

 

送料別で着払いでお願いします。(おおよそ1000円くらいでしょうか。)

 

購入希望の方は

 

rineloricariafallax●gmail.com

(●を@に変えてくださいね。)

 

 

までメールお願いします。 

 

 

アクアF東京さんに見本がありますから、実物を見たい方は言って見てくださいね。

 

 

 

 

(・ω・)ノ

 

 

 

 

craft

 

 

 
 
 
 
 

 

A4サイズの絵のカタログはこちら

 

↓ ブログ村に参加していますよ。
 
 
 
 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-Room過去ログ48

2016-11-03 | O-room過去ログ

O-Room過去ログ48

 

 

 

エルドラード? (anonymous)

2016-10-30 00:26:09

trans-lucentさん こんばんは。

去年のタイガージェットですが、なんか色黒でしたよね?

未だに地域変異だったのか、亜種だったのか。。。分かりません。

しかも最低2種類は混じっていましたので余計考えさせられます。

 

貴方の写真の2匹はソイル水槽でしょうか?

かなり色が濃いですが、尾びれの模様も濃い気がします。

本当にコルンバタイアの尾みたいな模様になっていますね。。。(-_-;)

 

ルテオの標本をみますと、根元の斑以外は色が薄いんですよね。

特に上葉には先端付近にしか色が入りません。

http://imgur.com/PqPG62Q (2年前に来た子)完璧!(笑)

http://imgur.com/bELq9xd (去年の個体です)うーん。。。

 

②の個体はギリギリセーフ的な尾びれですかね?でも背中にメラニンが

入りすぎている気もします。(別種だというわけではありませんが。)

まあ、地域変異なのでしょうかねぇ?

 

あと、強いて言えば去年の個体群は薬品に弱かったですよ。

恥ずかしながら自分は10ヶ月くらいしか飼育出来ませんでした。(´;ω;`)

でも2年前の子は何をしても平気でした。(今も健在です)

なので、やはり生息地が違う印象を受けてしまいます。

それと。。。

transさん「派手さがなく。。。」

ワシ「ちょ、ちょっ....、ちょっと待ったーー!」(爆)すいません。

 

条件がはまると良い色になりますよー。ホントに。

ルテオ(黄色)の名に恥じないくらいに。。。

http://imgur.com/UO1PCca

 

写真では上手く撮れなかったですが、夜間には金色に輝く時も。。。

http://imgur.com/DwNmcsL

 

まあ一般的に“派手”とは言えないかもしれないですが、“オトシンとしては

十分派手”くらいに言っておきましょうかね?(笑)

 

ちなみにですね、この色が良い時の写真は。。。pH7.5だった頃

なんですよ。(;´ω・) (現在はpH6.6で写真①のような色です。)

こういう魚の反応をみますと、やっぱりオトシンは適切な水質で

飼ってあげると、最高の姿を見せてくれると感じるんですねー。

(^^)/では

 

 

Unknown (trans-lucent)

2016-10-30 21:53:41

anonymousさんこんばんは

 

タイガージェットいいですよね♪ 

柄もしぶく色合いも淡く、泳ぎ方も舞い降りるような独特なホバリング動作を見せてくれ

学名ルテオフレナートゥスの響きも綺麗。うちにいるオトシンの中でもお気に入りの種類です。

 

ですが・・・anonymousさん 世間一般の方たちの感覚ではやはり(地味)にうつると思いますよ。

おそらくネグロと同じ程度の印象のような・・・

それと模様体色ですが、低床の色水質と光量水草流木の有無によってかなり短時間に変わる為

基本色を持った保護色という認識を持っています。

前回貼った画像は低床が黒系のソイルの場所にいる個体達ですが

 

http://i.imgur.com/Eyo1tnn.jpg  WF1 10/30撮影

別水槽にいる低床が明るめの砂で飼育しているこはまったく違った感じになります。

私としては渋い緑の濃い体色の方が好みのため低床は黒いソイルを使っています。

 

ちょっとブレブレですがホバリング動画を

 https://www.youtube.com/watch?v=kzmJ0xsBzFQ

 

私はホバリング遊泳をする魚が大好きで、水中で止まってこちらを覗いてくるような姿に癒されています。

もう一つ大好きなのがグリーンファロエラがエイリアンのようにひらひら泳ぐ姿。見たことのある人も

多いと思いますがこっちは不気味でキモカワイイです。 滅多に見せてくれませんが・・・

 https://www.youtube.com/watch?v=G5zl2M2lKu4  もっと綺麗な動画ないですかね?

だれかこのグリーンファロエラ泳ぐ動画撮ってないですか? この姿を見ればグリーンファロエラも人気に

なると思うんですが。

 

ズレてる? (anonymous)

2016-10-31 00:04:38

trans-lucentさん

 

でっ、ですよねー。(冷や汗)( ̄▽ ̄;)

タイガージェット地味ですよねー。いやー失礼いたしました。(笑)

最近オトばかり見てるので“地味”の感覚が世間様とずれ始めております。

 

ダイクロは水草を独り占め状態ですか?楽しそうにホバリングしてますね。

ちなみに喧嘩をする時もあの姿勢なので、全然迫力ないですよ。(笑)

(ダイクロの喧嘩はみたことないですが。。。)

そういえばブラジルのグリーンファロ、また来てほしいですねー。

もうシーズンが。。。(-_-;)

 

Unknown (trans-lucent)

2016-11-01 00:13:24

今年1回だけブラジルのグリーンファロ入荷してましたけど画像からでは判別ができず

スルーしたんですよね、何かの混ざりだったのかちょっと信じ切れませんでした。

 

それもですが今シーズングリーンファロエラは入って来ているのに混ざりの報告がまっ

たくないのも寂しいですね、探しに行きたいけど近所のショップにはグリーンファロエラ

自体入荷したことないんですよね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-Room過去ログ47

2016-11-03 | O-room過去ログ

O-Room過去ログ47

 

 

 

Unknown (みい)

2016-10-26 13:23:57

・・・しまった。エスケレートか!

エスケープと似てるな~と思って勘違いしちゃいました(^。^;)

 

エスケレートね、エスケレート、エスケレープ。。。。。。。。。大丈夫だろうか。。。エスケープと間違えないだろうか???(ないない)

 

肝心なところ (anonymous)

2016-10-26 21:09:34

みいさん こんばんは。(-ω-)/

すみません、肝心なところを書き忘れてしまいました。

 

この魚は1つのシッパー、1つの問屋、1つのお店を経て販売

されたんですよ。もともと連携が良さげなルートなのですが、

このルートを遡って名前を憶えてもらえば、とりあえずこの

シッパー問屋から売られる場合はエスケレートとして流通すると思います。

実際に名前が定着するかはこの両者がどれだけ魚を売るか

にかかっていると言って良いでしょうね。

かなり時間はかかる気がしますよ。

 

少し覚えにくいですかね?自分は“エスカレーター”が邪魔をしますが。(笑)

英語のスケレトンと同語ですので、人の骨格標本を想像していただければ

覚えやすくなるかもしれませんよ。かも。。。ですが。(-_-;)

 

 

別件でもう1つあるんですが、ルイさん。

ミムルス残して頂いて有難うございました!

今後ともどうぞお手柔らかにお願いします。(笑)

ではー。

 

Unknown (みい)

2016-10-26 22:24:32

anonymousさん、有り難うございます。

スケレトン。。。。エスケレート。納得です。よくわかりました(^^)/

 

それと外国のお魚が来るのって、そういう感じなんですね。

ひとつお利口になりましたよ(^-^)

 

 

 

 

新記載種 (anonymous)

2016-10-29 12:50:11

craftさん、大変ご迷惑をお掛け致しました。<m(__)m>以後気を付けます。

それでは本文になります。

 

皆さん こんばんは。今月記載されたオトシンの話です。

前回は標本の画像を使うわけにもいかなかったのでサラッと紹介

しただけでしたが、少し進展がございましたので改めて

少しお話をさせて下さい。

 

まず、名前は Curculionichthys karipuna といいます。

 

ホロタイプの採集地は アマパー州・オイアポケ rio Cassipore(カシポレ)です。

他にはジャリ川の支流からも採れたようですが場所の詳細は不明で、おそらく

かなり北西の方かと思われます。下がホロタイプ採集地付近になります。

httpsを先頭に付けて下さい)

://www.google.co.jp/maps/place/Ponte+Do+Cassipore/@2.9548699,-51.48983,1/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xb4d89ba33cff866b!8m2!3d2.9548699!4d-51.4197922?hl=ja

 

論文は一般公開されておりませんが、標本を載せているサイトは

見つかりましたよ。

://novataxa.blogspot.jp/2016/10/curculionichthys-karipuna.html

 

これでクルクリオニクティス属は トカンチンス・シングー・タパジョス 

というアマゾン河南側地域だけではなく、北方にもいることが証明された

ことになり、興味深い発見だと言えるでしょう。

 

さて、ここまでで思ったのは「まあ、生きている魚はどうせ見られないだろう」でした。。。

 

がっ!! (ノ・ω・)ノ(笑)

思い出したんです。オイアポケのオトシンを過去に見たのを。

 

Planet Catfish の掲示板だったと思います。そこに登場していました。

こちらがその魚になります

://www.planetcatfish.com/forum/download/file.php?id=13148&mode=view

 

。。。。。(-_-;) 皆さん今「うーん?これって“あれ”じゃないか。。。」

って思っていませんか?(笑)

 

飼ってらっしゃる方は既に何の話かお分かりでしょう。

すばり、色黒な タイガージェットオトシン に見えますね。

 

比較用にタイガージェットの写真です。

http://imgur.com/PqPG62Q

 

2種の外見上の違いは、まずカリプナの方が総じて黒っぽいこと。

(頭部あたりにスポット模様が無いのも重要らしいです。)そして

もう1つは尻ビレ基部にあるメラニンの入り方で、カリプナは不規則な塊状に

色が入る点になります。

あとカリプナのメスの方が吻部が長い印象を受けます。

 

こちらがタイガージェットの尻ビレ基部。

http://imgur.com/sBMZXKm

 

PCFの写真の個体のお腹をみないと断言は出来ませんが、おそらくカリプナかと思います。

この写真は長い間気になっておりましたので、やっと答えが出てきてくれてスッキリした気分になっております。(笑)

 

 

それと、個人的にはこちらも早く記載してほしいのですが。。。

http://imgur.com/OJSptPq

 

いつも思うのですが、オトシンは本当に色々な場所にいるんですねー。

なかなか漁師さんが持ち帰ってくれないのが悲しいですが。。。( ̄▽ ̄;)

 

それでは、このへんで失礼します。<m(__)m>

 

Unknown (trans-lucent)

2016-10-29 21:08:22

こんばんは

 

新記載種ですか昨年ヒソノートゥスから分かれてクルクリオニクティス属ができ、そこにルテオフレナートゥス(タイガージェット)が

編入、今回追加記載、少しずつ整理されているようですね。

書籍等をみると未記載種で似た特徴を持つ個体の画像も幾つもあるので、クルクリオニクティス属は今後増えていくかもしれません。

今回記載された種の学名【karipuna】はオイアポケ周辺の先住民族からっぽいですね

 

  http://i.imgur.com/OD9AE5T.jpg そしてうちにいるタイガージェット 10/29撮影

 

派手さがなく流通もほぼなく価格もそこそこしますが、適応水質も広く丈夫、水槽内繁殖も可能非常に飼育しやすいオトシンです。

見た目的にはどちらかというとヒソノートゥスよりニューネグロ(コルンバタイア属)の小型種っぽい印象です。

1種しか飼育経験はありませんが手に入れる機会があれば、丈夫なクルクリオニクティス属のオトシンはおすすめです。

 

http://i.imgur.com/utqH7cS.jpg

http://i.imgur.com/oDNg97H.jpg

エスケレート 臆病ですが思ったより簡単に環境になれ、水槽前面に出てきてくれるようになりました。

 

最近水質安定で四苦八苦していたのですが一つの方法が結構いい効果を出してくれているようです。

それはオトシン水槽のタンクメイトに小型のコリドラスやドジョウを入れること、水質悪化の原因になりやすい残餌を比較的問題の

ない糞に分解してくれるうえ糞は掃除で回収しやすい。低床は選びますが混泳の相性はいいようです・・・いまさらですか?

 

オトシン好きとして記載種が増えて判別しやすくなるのは嬉しいですが、学名がつくと輸出規制対象になりやすくなる印象もあるため

ちょっと微妙です。

 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-Room過去ログ46

2016-11-03 | O-room過去ログ

O-Room過去ログ46

 

 

 

 

結果発表 (anonymous)

2016-10-25 19:17:47

皆さん こんばんは。

新種の名前の件ですが、どうやら決定した感じですかね?

 

「 オトシン エスケレート 、Hypoptopoma sp.Esqueleto

 

(注:Oルーム的にはナノプトポマではなく、正式名の

ヒポプトポマを使用した方が良いと思いました。)

これでよろしいでしょうかね? 

一件落着ということで! (`ω´)b OK?

 

craftさん、trans-lucentさん、ルイさん、みいさん

ご意見等 どうも有難うございました!<m(__)m>

皆様のお陰でこの素晴らしい新種に名前が付きました。

個人的にもかなり納得出来る名前になって、大変嬉しく思います。

 

それにしても、輸入を決定させた当人が名付け親になるとは。。。

なんとも喜ばしいことではないでしょうか。

これからも全部お願いしましょうかね? 秘技「丸投げ」?!(笑)

 

話は変わりますが、ルイさんやtransさんが書いておられる通り、

エスケは“隠れたがり”の性格ですよね。

現地では岩の隙間などに身を隠しているのでしょうか?

 

そんな彼ら彼女らを撮影するのは結構大変です。

なんとかならないかと、水槽の奥に引っ込んだ子らを

強引に撮影しょうとしたらこんな恐怖の写真が撮れました。。。

http://imgur.com/9DQXqRR

 

エスケレートさん。やっぱりあなたは“ホラー系”ですよ。(笑)

こわカッコいい??

 

Unknown (みい)

2016-10-25 22:41:36

あ、名前決まったんですね(^-^)v

エスケートうん、ぴったり~!憶えやすいし私も賛成です~。

 

でも、素朴な疑問なんですけど・・・・・この名前を定着させるのって、どうするんですか?

 

Unknown (trans-lucent)

2016-10-25 23:46:20

皆さん、こんばんは

 

決まりましたね 『オトシンエスケレート』骸骨オトシンさん

見た目も名前の響きも久々にぐっと来るオトシンさんです。

 

生態については結構【隠れたがり】で【低棲】主に夜間消灯時

隠れ家をはなれて水槽内を徘徊しているようです。

 

うちで似た生態を持っているのはグリーンファロエラ(ダイクロ)が

隠れたがりですが、なれてくると日中も前面に出てくるようになった

のでエスケレートも環境に慣れれば表に出てきてくれるかもしれません。

(水槽に顔を近づけると一目散に逃げますが)

 

anonymousさん 画像亡者の軍団ですか !?

光るオレンジ色の目がおっかなかっこいーですね!

 

ルイさん今晩は mozo店でそのうちお会いできそうですね。

エスケレートの体型ですがひょっとすると雌雄差なのかもしれないので

今後増やされる場合は狙われてみるのもアリかもしれません。

情報なさすぎて感でしかないですが。

・・・ミムルスの多数飼羨ましいです。

 

 

作戦は。。。 (anonymous)

2016-10-26 01:25:57

みいさん どうもです!

今回の名前はスペイン語ですので、「現地のシッパー

日本の問屋お店」まで一貫して同じ名前が使えるように

なっているんですよ。

 

特定の漁師が採っているので、もしかしたら漁師もこの名前を

覚えてくれるのかも知れません。ペルーに注文を出す段階で

「エスケレート採って来て!」という感じになるかと。

日本に送られてくるリストにもこの名前が使われますし、当然

各お店も使うことになるでしょう。

 

まあ、とりあえずそういう作戦です。(笑) どうなりますかね?

多くの入荷を望めない種類ですが、ジワジワと浸透していけば

いいのでないかと思います。今の所はOルーム用の名前という

位置付けですけどね。

 

transさん、亡者の軍団って良い表現ですねー。(`ω´)b

有難うございます! 

あ、もうこんな時間。。。汗  ではでは。

 

名前 (craft)

2016-10-26 09:12:02

コモンネームの場合、最初に輸入されたときに付いた名前を僕は重要視しますね。

今回のエスケレートはシッパーも覚えやすいし良い名前ですね。

そのまま学名になっていただきたいくらいです。

(・ω・)ノ

 

コモンネームとはいえ、せっかく決まった名前ですから、混乱を避けるためにも、今後入荷した場合は熱帯魚屋さんにはこの名前で統一して欲しいですね。

それ以前にバンパイアと区別できるスキルがあるかどうかですが。。

(^_^;)


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

O-Room過去ログ45

2016-11-03 | O-room過去ログ

O-Room過去ログ45

 

 

 

Unknown (trans-lucent)

2016-10-23 02:33:16

こんばんは。

 

読まれている方も多いと思いますが、本日F東京店さんのブログにて

例のヒポプトポマspの名前をご提案されていました。

 

Hypoptopoma sp esqueleto  オトシン エスケレート

Hypoptopoma sp llanura    オトシン ヤヌーラ

 

エスケレート・・・骸骨  ヤヌーラ・・・・扁平 

スペイン語だそうです。

今回の種の採集地がスペイン語圏であることからの選択のようです。

 

ごめんなさい私 エスケレート に票を入れさせてください。

anonymousさんすいません 『エスケレート=骸骨』似合っているし

カッコいいと思っちゃいました。

 

そしてやっと我が家にもお越しいただきました。

  http://i.imgur.com/hKNX8Lg.jpg  状態が良さそうでホッとしています。

それともう一種

  http://i.imgur.com/FuCEVPt.jpg  ミムルス

 

リセット後の久々のお迎えびびりながら様子を伺っています。

 

Hypoptopoma sp カッコいいですね状態も良く、到着時かなり模様もはっきり出ていて

F東京店店長さんの指摘されるとおり髑髏とアバラ骨を思わせる模様はファンタジー

に出てくる骸骨兵(スケルトン)のようで素敵です。

怪物好きなので大満足なのですが、水槽放流後見えない位置に陣取ってしまいちょっと不安。

 

ミムルスですが全国的に出回っているわけではないようで、中部のリミックス系ショップ

で購入できるようです。 ちなみに今回はリミックスmozo店さんで購入しました。

店員さん曰く今回はワイルドとのこと、愛知ではかなり頑張られているショップさんです。

 

寒くなってきました 熱帯魚飼育には適した環境なのですが寒さによる病気が発生しやすい

時期でもあります。 新しい生体の購入の際は白点病などに注意しましょうね!!

それではまた。

 

 

 

 

 

エスケレートに1票 (anonymous)

2016-10-23 10:23:51

trans-lucentさん

Hyp.spとミムルス入手出来ましたか!良かったです。ミムルスはmozo

にもいたんですか。スポット柄が強い個体で綺麗になりそうですね。

ちなみに自分はインター店から買いました。結構人気があったみたいで

注文した時には既にラスト3匹。。。焦りましたよ。(笑)

こういうオトシンの人気が出てきたのでしょうか?それとも、もともと

名古屋はオトシン好きが多いのでしょうかね?

 

それと投票ありがとうございました。

別に謝らなくてもいいですよー。(笑) むしろ名前の候補が増えて良かったと

思ってますから。

 

ちょっと票が割れてしまったので、ここらで一回整理しますと。。。

・ヴードゥー オトシン 1票(ルイさん)

・ファンタズマ オトシン 1票(私)

・オトシン エスケレート 1票(transさん)

 

になっております。皆さんに2つくらい選んで頂けると票が1つに

集まると思います。どうぞよろしくお願い致します。<m(__)m>

 

オトシンの名前 (craft)

2016-10-23 20:33:52

個人的には3つの中だとエスケーとですかね。

単純にスマートな名前だからなのと、略して言う場合にエスケとか言えそうだからです。

ファンタズマはファンタになって、これはこれで楽しそうですけど。(笑

 

ミムルスとヘンテコ (ルイ)

2016-10-24 00:14:20

anonymousさん

残り3匹になってたのは入荷7匹のうち4匹を私がかっさらったからですよ(笑)

プチリセット前だったので様子見も兼ねて半分だけにしときました。

水槽が万全なら買い占めてたかも知れません。

 

trans-lucentさん

私も昨日はmozo店に伺いました。またまたニアミスですね~。

ミムルスも状態良さそうだったので追加しようか少し悩みました(笑)

 

うちにも扁平ヴァンパイアが届きましたが、皆さんのほど平たくはない個体でした。

水槽に放流したら隠れて見つけられなくなったのはtrans-lucentさんと同じです。

 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加