goo

焼き魚定食 600円[あすか@神奈川新町]

恒例になりつつある月曜の「あすか」です。


焼き魚は真鯛とクロムツということなので、クロムツを
頼んでみました。



凄い面構えですねぇ(@_@)

そしてこの大きさ!

クロムツというと私の中では刺身か煮魚というイメージが
あったのですが、焼いたのも中々いいものですね。塩加減も
良くて醤油やレモンは不要でした。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

キノコ




道端に生えていました。

美味しそうだけど、危険ですよねぇ、キノコは。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

アド街効果

アド街効果と言っても子安ではありません。

昨日のアド街は岩本町。



5位と20位に「おやじ」が入っています。

こちらの記事ですね。

この頃はまだケータイで写真を撮っていたんだなぁ。
「鈴与」の「よっちゃん」こと生田與克氏のブログも
リンク切れになっています。今はこっちに移ったのだけど、
当時の記事は残っていません。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

青森りんご

中延商店街を歩いていたら、こんな光景が。



「りんご王国津軽弘前ふれいあキャンペーン」って言うのかな?

で、ジュースとジャムとこんな林檎を買ってきました。



シナノゴールドという種類だそうです。結構しっかりした
酸味があって甘みとのバランスがいい感じでした。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

スパコン仕分け

「次世代スーパーコンピュータの開発と利用」が事業仕分けで
予算削減と判断されたのは、当たり前のことだと思って
いたのですが、随分と波紋が広がってますね。

11月現在のスーパーコンピュータのランキングはTOP 500のサイト
載っていますが、1位はCray Inc.のJaguar 2位はIBMのRoadrunnerです。
納入先はどちらも国立研究所ですが、開発は一企業が行っています。
そしてランキングを見ればわかる通りIBMは他にも沢山の納入
実績があります。要するにメーカーのビジネスとして成立して
いるのです。


これに対して「次世代スーパーコンピュータの開発と利用」は
事業主体は理化学研究所ということになっていますが、理研
自体はメーカーではなく実際に作るのは富士通、NEC、日立の
連合体でした。しかし、NECと日立は5月に撤退、富士通だけが
残っている状態です。この3社もスーパーコンピューター
メーカーですが、トップ争いをできるレベルではありません。
そして撤退した2社はビジネスとして成立しないと判断して
いるのです。

ビジネスとして成立しないから国が予算を投入するというのは
一つの政策ではあり、実際プロジェクトが開始した時はそういう
構図だったのですが、今では予算を投入されてもビジネスとして
成立しなくなってしまったものに、これ以上お金をつぎ込むのは
いかがなものかと思うのであります。


さて、ちょっとだけ技術的な話をすると、撤退したNECと日立が
開発していたのはベクトル型と呼ばれるもので科学技術計算に
特化したものです。一方、IBMやCrayが使っているのはスカラ型と
よばれる汎用のものでパソコンのCPUと同じタイプのものです。
と言うか、Crayに至ってはOpteronを使っていますから、まさに
パソコン用CPUそのものです。

専用品と汎用品、どちらが安く出来るかは言うまでもありません。
勿論1個だけなら専用品の方が速いのですが、汎用品は安価
ですから、数を沢山使えて結局は性能が上になってしまいます。*1)
それが現在のハイパフォーマンスコンピューティングの状況です。

ところで残った富士通ですが、実はスカラ型を開発しています。
「次世代スパコン」はベクトル型とスカラ型のハイブリッドの
予定だったのですが、2社の撤退によりスカラ型に変更と
なりました。だったらIBMに対して競争力がありそうなもの
ですが、IBMが使っているCPUは旧MacやPlayStation3に使って
いる物の派生品、一方の富士通は上位サーバー用のSPARC
ですからコスト的にはやはりIBMの方が有利でしょう。

ということで、「次世代スパコン」はあまり素性のいいものとは
言えません。従って予算の見直しは順当だと思うのであります。

まぁ技術的にはスーパーコンピューターの性能向上はCPUよりも
インターコネクトの構成が重要なんていう話もありますが、
それはここではおいておきます。


そうそう、それじゃ日本のスーパーコンピュータはお先真っ暗
かと言えばそんなことはなくて東工大のTSUBAMEはコスト
パフォーマンスを意識したシステムとなっていて低予算ながら
7位に入ったことがあります。今は56位に沈んでいますが、次の
世代ではまた順位を上げることでしょう。まぁトップ10以内は
難しいでしょうけどね。なんせ今は技術力よりもお金で勝負する
世界ですから。

*1)女性が二人いても5ヶ月で子どもを生むことはできない*2)のと
 同様に計算の種類によってはCPUを沢山使っても処理が
 速くならない場合もありますが。
*2)プロジェクト管理の古典的名著「人月の神話」の冒頭部分に
 書かれている話。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

これは酷すぎる

毎日新聞によると富山県のフグ中毒は肝を出していたそうです。
日美丸さんの想像が当っていました。

それにしても
 「これまでアンコウの肝を出していたが、今回はなかったので
  (フグの肝を)使った。過去に自分で食べたことがあったが
  大丈夫で、小さいフグは毒がないと思っていた」
って・・・

大きさからしてフグではアンコウの代わりにはならないんじゃ
ないかな? きっとアンコウがなかったというより「過去に
自分で食べた」のが美味しかったから使ったんでしょうね。

フグは毒のある種でも個体によって毒の強弱のバラツキが
大きいので「前に大丈夫だったから」というのは通用しないの
ですが、講習では習わなかったのか忘れてしまったのか?
それとも出席はしたけど昼寝していたのか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ふるさと行きの乗車券

JRの帰省キャンペーン切符「ふるさと行きの乗車券」って
元ネタはこちらですよね。



あまり適切な曲ではないような気がするのは私だけでしょうか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ポークソテー 700円[しづ澄@子安]

おとといに続いての「しづ澄」です。



ポークソテーをいただいてみました。

生姜焼きと同じお肉ですね。

美味しいけど、味付けがもう少し甘い方が私は好み
ですねぇ。

このお店、料理によって味の方向性が全然変わるのが
面白いです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スブタ 700円[餃子菜館@神奈川新町]



餃子菜館で酢豚をいただいてみました。
お味は・・・普通に酢豚ですね(^^;
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とりてり焼き定食 700円[しづ澄@子安]

今日は和食の気分ということで「しづ澄」でランチを
いただきました。



鶏の照り焼きなんですが、ハム会社の真空パック製品
みたいな見た目、そして味の方もそんな感じなんですが、
あの手のくどさは気にならないし、この店でそんなもの
使うかな??と疑問一杯なのであります。

いずれにせよ結構好みの味なので、そのうち確認できるかなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

焼き魚定食 700円[あすか@神奈川新町]

あすかを覗いたら今日も「さば」の文字が・・・

またさばかぁ、他の店にしようかなぁと思ったのですが、
良く見たら味噌煮じゃなくて焼き魚でした。

ということで・・・



脂はあまりのっていませんが、私はこの位の方が好き
なんですよねぇ。

ということで、ご馳走様でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これは酷い

富山県でふぐの食中毒があったそうですが、読売新聞の記事によると

 「同店の話では、提供したのはフグやタラなどを入れた寄せ鍋で、
22日は普段使っている種類と異なるフグを市場で仕入れ、身の
部分だけを鍋に入れたという。」

 「県によると、店長はフグに関する講習を受け、県にも届けを
  出していたが、店側は「この日は名前を知らないフグを使った」
  と説明しているという。」

身が強毒のふぐだっているのですから、名前もわからないふぐを
使うなんて酷すぎます。

そうそう、記事では「意識不明」となっていますが、ふぐ毒の場合
確かに「不明」ではあるのですが、意識はあるけど麻痺して体が
全く動かない状態になっていることが多いそうです。本人の近くで
葬式の相談などしてしまうと回復した後で気まずいことになるとか。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

島長鮮魚 (長原商店街@大田区上池台)





東京都大田区上池台1丁目13-6
03-3729-9972

魚屋さんなのだけど野菜も売っているという面白い店です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モンブラン



先日、家内の誕生日に買ってきたケーキです。

会社帰りに川崎のラゾーナで買ってみたのですが、これが
大ヒット。今まで食べたモンブランの中で間違いなく最高の
お味でありました。香り、滑らかな軟らかさ、適度な甘み、
見事なバランスです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ET 2009

木曜日にET 2009に行ってきました。



このご時世ですから、どこも開発費、出展費を絞って
いるのでしょう。これといった目ぼしい展示はありません
でした。

そしてやはりこのご時世、ブースも空きだらけ・・・・
かと思ったら意外も殆ど埋まっていました。主催者も
頑張ったのでしょうね。

どう頑張ったかというと、地域ぐるみの出展が増えて
いるのです。



新潟市のコーナーです。こちらではアンケートに答えると
こんなものをくれました。



「組み米」とは・・・笑ってしまいました。




横浜市。




中国地域。




こんなのが歩いているのは・・・



おなじみの東北コーナーです。革靴を履いたなまはげ
というのはいかがなものかとは思いますが・・・(^^;

で、なんかお酒が写っておりますが、木曜の夜はこれが
振舞われます。去年までは地酒大盤振る舞いは東北だけ
だったのですが、今年は新潟市、ちゅうごく地域も参入して
下手な利き酒会を凌ぐ種類の日本酒が集まりました。
いったい何の展示会なんでしょうね(^^;









日本酒の梅酒なんてあるんですね。


ちなみに、主催者側もビールと軽食を用意していますし、
他の会社もワインなどを振舞います。


そして、この後は更に飲み会。



組み込み技術者の交流会がありました。
やはりこのご時世、参加者は減っていますが、常連さんは
大体出席してたかな。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ