goo

日替わり海鮮丼 980円[太助@目黒]

久しぶりに低価格路線から脱却です。

カウンター席に座って何にしようかなぁ・・・
って考えていると、大将が「海鮮丼?」と言うので
あります。こういう時は素直にそれにするのが吉、
ということで・・・



うーん、やっぱり海鮮丼にしてよかった。この
左側に並んでいるブリが素晴らしいのなんのって。
脂がのっててトローンと口のなかでとろけます。
勿論、他の具もいいのですが、なんと言っても
ブリが飛びぬけていたなぁ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ブレーキなし



ランチの帰りにブレーキ無しピストをみかけました。
なかなか過激な仕様ですね。その割にチェーンリングが
小さいような気もするけど、ピストってこんなもの
なのかな?
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

Bランチ 600円[某社食堂@目黒]

雑居ビルの地下にある食堂に入り込んでみました。
とりあえず誰でも入れますが、宣伝をしている
訳でもないので、基本的にはテナント向けですね。
ということで「某社」としておきます。



カツ丼、小松菜と厚揚げの煮浸し、味噌汁です。

さて、お味はと言えば・・・うっ、薄っ!
っていう感じの薄さです。昨日の中華丼とは正反対。
とは言えちゃんと味はあって美味しいです。社員の
健康を考えて塩を控えているのでしょうか?

ただ、味噌汁だけは塩分は薄いものの味噌味は
かなりしっかりしたものでした。

これで600円ならコストパフォーマンスは高いですね。
さすが社員向け食堂です。ただ、意外に空いていて
外に食べに行く人が多いのは、飽きがくるからなかぁ?
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

中華丼 600円[千味家@目黒]

前々から気になっていたこちら。



高砂自動車というタクシー会社の二階部分です。
社食みたいなものでしょう。

入り口はこちら。



この螺旋階段、錆びてボロボロになっておりまして、
見た目はちょっと怖い感じがしますが、実際に登って
みると、意外にしっかりしています。

それはともかく食堂ですが、階段を登ってから奥の
方へとかなり歩くと、小さなお店が出現します。
もう少し大きな空間を想像していたのですが、意外
でした。やはりタクシーの運転手さんは出先で食事
することの方が多いのかな?

そしてメニューはというと定食、麺類などいくつか
あり、更には小鉢類を単品で足すこともできます。
で、いただいたのはこちらの中華丼です。



セルフサービスになっていて、カウンターで注文
して、そこで待つのですが、すぐに出来上がって
きました。具は作りおきなんでしょう。レトルト
でも暖めていたらこんなに短時間では出来ないと
思います。

味はと言えば、かなり濃い目で旨みが強すぎます。
調味料を沢山使っているのでしょう。これが中華屋
だったらNGですが、この手の食堂としてはまぁまぁと
いったところでしょう。具の方はかなりふんだんに
入っていて好感が持てます。

お店のおねぇさんも感じがいいし、他の物も食べて
みたいなぁと思わせてくれる所でした。

そうそう、この中華丼、面白いことに味噌汁と
沢庵が付いていました。日替わりの丼物に必ず
付くのでしょうね。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

但馬屋の煎餅

目黒駅からの権之助坂(恵比寿側)を下る途中に
但馬屋というちょっとレトロな感じの店があります。



このガラス戸には塩豆とか落花生のチラシが
貼ってあり、この時期になると節分豆が主役に
なります。

そんな訳でてっきり豆屋だと思っていたの
ですが、先日ふと視線を動かすと店内にある
煎餅が目にとまりました。

そうですかぁ、煎餅あるんですかぁ、そりゃぁ
買ってみましょう! ということで・・・







勢いで買ったのはいいけど、結構高いです。
おかきが680円で草加煎餅が420円だったかな?
値段程のことがあるのかかなり疑問です。
まぁ、食べてみなきゃ分かりませんけどね。

ということで、いただいてみましょう・・・


ん!?

旨いじゃないですかぁ!

いやぁ、予想を遥かに超える出来です。

煎餅もおかきも醤油がおとなしくて舌をあまり
刺激しません。それでいて醤油の香りはしっかりと
出ています。そしてお米の甘味と香りも感じられ
ます。

固さも適度です。私の好みはかなり固めなので、
それからするとちょっと柔らかい感じですが、
それが欠点と思えない位に味と固さがマッチ
しています。

今まで気がつかなかったのが悔やまれます。

# ところで、煎餅を「スイーツ」に分類していいものかどうか・・・
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

餅クリーム

目黒のアトレに入っていた武蔵野菓子工房が撤退し
その跡にMOCHI CREAMなる店が出来ました。

そこで売っているのがこちら。



簡単に言ってしまえば雪見大福みたいな物です。
ただし、中に入っているのはアイスクリームでは
なく生クリームのような気がします。半分凍った
状態で食べているのでよくわからないのです。
そのクリーム以外にもフルーツのペーストの様な
物も入っています。

そんな構造の物が30種類位あるのですが、他には
商品は何もありません。これ一本で勝負して
いるみたいです。お値段は1個157円。

お味の方はと言えば、まぁ美味しいですね。
この値段ですから素晴らしい!とか絶品!という
ことはありませんが、食事の後にちょっと
物足りない時にデザートに1個なんていうのには
適していると思います。おやつとしては1個では
ちょっと物足りないかな?
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ガレット・デ・ロア その3 [メゾン・ド・プティ・フール@長原]

去年も購入したメゾン・ド・プティ・フールの
ガレット・デ・ロアです。



去年よりちょっと端が厚くなっているでしょうか?
王冠も去年とは変わっていますね。

フェーブは中から出て来ました。



綺麗にしてみましょう。



袋を担いで運んでいるお兄さんですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とん金@西五反田

こちらのブログで紹介されているとんかつ屋さん。
とにかく量が多いらしい。そしてとんかつ以外にも
炒め物なんかもあるらしい。

これは行かねばいけませんね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ガレット・デ・ロア その2 [パティシエ・シマ@麹町]

今年の第二弾はパティシエ・シマです。

この店にどうやって辿り着いたかと申しますと・・・

ガレット・デ・ロアを売っている店を探すべく
検索してみると、クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デロア
なるものを見つけました。簡単に言ってしまえば
ガレット・デ・ロアを作っている店の集まりです。
そして会長がパティシエ・シマの島田進氏なのです。

となれば、買いに行くしかありません。



外見は普通にガレット・デ・ロアですね。

断面を見てみましょう。



綺麗なクリーム色をしています。レシピを見ると
アーモンドは使っていないようです。味は
カスタードクリームに近い感じかな?とても
美味しいです。

さて、フェーブはというと・・・



人形ではなくアーモンドが出て来ました。

実はこの店ではフェーブは中には入れず、
ガレット・デ・ロアの上に乗せています。

そのフェーブと王冠です。



フェーブをアップにしてみましょう。



細かい仕事をしていますねぇ。


ということで、第二弾も美味しいガレット・デ・
ロアでありました。今年はあと幾ついけるかな?

そうそう、お値段は2625円でした。サイズは大と
小があって、これは小の方です。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「ぼうずこんにゃく」でお食事

さて、今度は「ぼうずこんにゃく」のお料理です。

まずはマンボウの腸。



たれを付けて串焼きにしていますが、このタレが見事
です。そしてマンボウの腸のシコシコした食感。
流石「ぼうずこんにゃく」と名乗るだけのことは
あります。

残念なのは写真が手ぶれしてしまったことですね。


そしてこちらは天ぷらです。



魚は何かわかるでしょうか?これで分かったら
超能力者かも(^^;

これはニギスです。一般的な天ぷらで「きす」というと
シロギスですが、それに比べると甘味、旨みとも
強く、しっかりした味です。かといって大雑把
ではなく繊細さも持っています。

そしてとどめはこちら。



大穴子(マアナゴ)のシロ焼きです。太さは市場で
普通に見かける穴子の倍はあるでしょうか。
このクラスになると天ぷらにはしにくいのですが、
シロ焼きは最高なのです。このふんわりした食感、
そして旨み。久しぶりに味わいました。

普通の穴子を白焼きにしたのではこの食感は出せ
ません。


さて、魚と言えば刺身ですね。勿論刺身も食べたの
ですが、写真はボケボケなので割愛します。魚種は
ホウボウ、フエフキダイ、ブリ、マグロ、ヒラメ、
サバ、他にも何かあったかな?

実は、私、刺身とステーキに関しては自宅派なのです。
だって外食するといきなり値段は3倍ですから。
そして、残念ながらこの店をしてもそれを覆すことは
できませんでした。率直に言ってしまえば、うちで
食べる刺身の方が美味しいです。

もっとも、居酒屋で出る刺身としては最上級では
あります。それに、この時期ですから刺身用の魚を
集めるのは大変です。もう少し海が安定してくると
もっといい刺身が出るかもしれません。


お料理は今のところこんな感じでした。まだ開店
間もないですし、海も安定していないので、本当の
実力は発揮できていないと思いますが、それでも
「これはっ!」と唸らせる料理があります。
是非一度行ってみてください。

なお、この店は普通の居酒屋のつもりで知っている
魚を注文することもできます。でもそれでは全然
面白くないです。できればカウンターに座って
板さんに相談しながら何を食べるか決めるべきです。


気になるお値段ですが、一人5千円弱でした。
と言ってもぼうずコンニャク氏と一緒だったので
ディスカウントになっている可能性もあります。
ただ、メニューを見た感じではそんなに高いとは
思わない、というか普通の値段でした。

それから、ぼうずコンニャク氏は経営には一切
関わっていません。あくまで買出しに港まで
一緒に行くことがあるだけです。念のため。


住所 東京都目黒区上目黒1-22-4 中目黒勧業ビル5F
電話 03-3719-3225

営業時間 18:00~27:00
土・祝前 18:00~28:00
   日 18:00~23:00
 定休日 年中無休

アクセス:
中目黒駅の改札を出て直進し横断歩道を渡ります。
渡ったら線路に沿った右側の道を少し行けば、
左側にひょろんとしたビルが見えます。このビルの
5階が「ぼうずこんにゃく」です。

ビルはエントランスもなく、いきなりエレベーターで
驚かされます。ちょっと入りにくい感じはありますが、
エレベータを降りてすぐ店内という訳ではなく、廊下
部分に出ますので、いきなり人と顔を合わすことは
ありせん。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

漁師居酒屋 ぼうずこんにゃく

中目黒に「ぼうずこんにゃく」という居酒屋が
オープンしまた。



なんとも変な名前ですが、ピンと来る人も少なくは
ないと思います。そう、「市場魚貝類図鑑」
ぼうずコンニャク氏がからんでいます。

そんな訳でここで出す魚は漁港から直接
運ばれています。



この「直送」というのがこの店のコンセプトです。
築地のような市場には大量の魚が入って来ますが、
その種類は意外に少ないのです。

数がまとまらないとか、知名度が低い等の理由に
より、中央市場には流れず地元で消費されている
魚も少なくありません。いや、それどころか
捨てられてしまう魚もあります。

それらの魚は不味いのかといえば、そんなことは
全くありません。いやむしろ美味しい魚も沢山
あるのです。そういった魚を発掘してネット上に
情報を流して来たのがぼうずコンニャク氏であり、
それに触発されて出来た居酒屋がこの「ぼうず
こんにゃく」なのです。


さて、店内はと言うと、こんな感じです。



このライトは漁火をイメージしているのでしょうか?
そしてカウンターの前には魚や貝がならんでいます。

こちらは刺身用の魚。綺麗に並んでいます。



なかなかお洒落な感じにまとまっていて、今の中目黒に
似合う店に仕上がっていますね。


それはともかく、何を食べたかですが・・・
ここまでが長くなってしまったので、別記事
ということで・・・
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

本当?

日経BPの記事に「トレードオフは対応する日本語が
存在しない英語だが」と書いてあるのですが、本当かなぁ?
わたしゃずっと「天秤にかける」という意味だと思って
いたのですが・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

カルビステーキ 680円[J's GRILL@目黒]



この看板、気になりますよねぇ・・・

ということで・・・



カルビでステーキって、どうするのかと思ったら
一枚ではなく、サイコロステーキ風なんですね。

ちょっと量は少ないけど、お肉はこの値段にしては
美味しいです。ただし、ソースの味は強烈過ぎます。
私は持参の塩をかけていただきました。塩で食べて
美味しいのですから、そこそこいい肉なのだと
思います。

そして、スープはこんな感じです。



ベーコンとキャベツで、まぁまぁ良く出来て
います。よくある申し訳程度のスープではあり
ません。

これで680円なら上出来です。ただ、ボリュームは
少なめなので、その点ではちょっと物足りない人も
いるかもしれません。


ちなみに、このお店、以前はT's DINNERという
ダーツバーがあって、ランチはハンバーガー等を
出していたのですが、今は東口に移転して、跡地に
このJ's GRILLが出来たのでありました。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ユッケジャンクッパ定食 800円[よっちゃん@目黒]



引き続き低価格路線で・・・
と思っていたのですが、標準コースに戻ってしまい
ました(^^; まぁ、リバウンドで千円超えには
ならなかっただけよしとしましょう。

「よっちゃん」でも生姜焼きと焼き魚は750円なの
ですが、それではこの店の持ち味は出せません。
かと言って800円を超えるのもどうかと思ったので
このユッケジャンクッパに落ち着いた次第です。

お味の方はと言えばいつもながらに美味しいの
ですが、久しぶりに食べると辛さがこたえます。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

牛丼 380円[吉野家@目黒]

仕事が一区切り付くまで・・・と思っていたら
12:45になっていました。しかも13時から会議。
ランチの時間が15分しかない(;_;)

こんな時は吉野家ですね。



久しぶりに吉野家の牛丼を食べました。実は
BSE問題の発生前も吉野家にはあまり行って
いなかったのです。

ということで、昔の味はよく覚えていないの
ですが、まぁ、こんなものだったんでしょうね、
きっと。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ