goo

大丈夫かな?

どこのブログも年が明けたとたんに大量の
書き込みがあると思うのだけどサーバーは
耐えられるのかなぁ?

gooブログはこんな暢気なこと書いているけど、
大丈夫ですか?
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

メゾン・ド・プティ・フール@長原のケーキとチョコ

長原でメゾン・ド・プティ・フールという洋菓子屋さんを
みつけました。入ってみるとケーキが美味しそう
なので買ってきてみました。

うちの近辺の店としては凝った作りになっています。
お値段は400円と420円でした。

お味の方は結構いけます。流石に一流どころには
及びませんが、その直後にはついている感じです。
うちから歩いていける範囲ではNo.1かな。


ついでにチョコレートも買ってきました。

これは上の子が欲しいと言って選んだものです。
従って、私は食べさせて貰えず、味はわかりません(;_;)
上の子曰く「おいしい」だそうですが・・・

ここは、これからも買いに行くお店になりそうです。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

とりあえず回復

とりあえず回復して年賀状の宛名書きを
終わらせました。まだ書いてなかったんです(^^;
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

やや回復

やや回復しました。
只今体温37.1度です。
昨晩は38.6度まで上がりましたが、
午後からは回復傾向です。でもまだ
だるいのでそろそろ寝ます。
おやすみなさい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダウン

昨日あたりから体調が悪かったのですが、
今朝から更に悪化、ずっと寝ております。
只今の体温38.1度(;_;)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

消えたぁ・・・

今まで一時間ほどかけて書いたものが
全て消えました。すごく悲しい・・・

どうもこのパソコンのキーボードが
おかしいのですよねぇ。Nキーロール
オーバーがちゃんと働いていないようで
<A HREF=を素早く打つとBSのコードが
入ってしまうことがあるみたいです。
BSが入るとIEは一つ前のページに戻って
しまい、打ち込んだテキストは全て
消えてなくなると・・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仔羊 1000円[プチプラ@目黒]

今日は今年の最終勤務日ということで、
年内の目黒のランチも最後です。となると
少しいいところへ行きたくなります。

そんな訳で向かった先はプチプラです。
今日は4人で行ったので入れるかどうか
不安ではありましたが、運良くテーブルが
一つ空いていて入店しました。

今日のランチは肉が仔羊、魚はサヨリ
ですが、当然選択は仔羊です。

実は単に「仔羊」なんていうメニューでは
なく、「仔羊肩肉ローストなんたらソース」
だったような気がするのですが、例によって
正確なところは忘れてしまいました。

味は・・・当然のように美味しいです。

もっとも、最近は山川さんじゃなくて若い人が
料理していて、彼の味付けは山川さんより
薄塩の感じがします。多分この方が一般受けは
するでしょう。私はもう少し塩気があっても
いいのですが、これも十分美味しいです。

あと、今日はいつもより少し強く火が通って
いました。この方が食べやすいのですが、
中が半生で簡単に噛み切れず、噛んでいると
美味しい肉汁が出てくるのがここの特徴でした。
ちょっとした火加減で随分と感じが変わる
ものです。


つづいて、デザートです。

今日はリンゴのタルトでした。こんな小さな
ケーキなんだけど、これがあるとないとでは
満足感がかなり違います。

一年を締めくくりとして満足のいくランチで
ありました。

ちなみに、他にサラダ、パン、紅茶が付いて
います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スモークチキンとポテトのトマトソーススパゲティ 950円[タパス・タパス@目黒]

早めに会社を出て昨日入れなかった
タパスタパスへ行ってきました。
ここは都内に十数店舗あるチェーン店の
一つで、味もチェーン店そのものなの
ですが、目黒駅近辺でちょっとまともな
パスタを食べられる貴重な店でもあります。

いただいたのは日替わりのパスタです。
スモークチキンとトマトソースが本当に
合うのかどうかという怖いもの見たさで
頼んでしまいましたが・・・やはり選択を
誤ったようです(^^;

まぁ、本当に美味しいパスタが食べたければ
pianopianoまで行くのですが、今日はそんな
元気がなかったので、これでよしとしましょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ギンダラ味噌漬け焼き定食 850円[鳥Q@目黒]

体調良くないし、寒いし、お疲れだし・・・
ということで、近場でランチにしようと
向かった先はタパスタパスというパスタ
屋さんですが・・・店の前には行列が。
まぁ、ここは混んでいることが多いの
ですけどね。

仕方ないので踵を返して鳥Qへ。

いただいたのはギンダラの味噌漬け焼き
です。西京漬けに近いものを連想して
いたのですが、もっと味噌っぽいと言うか
醤油漬けに近いような味でした。

ちょっとしょっぱい感じはしますが、
これはこれで美味しいし、添えられている
筍の煮物のあっさり味と良く合っていました。
うまく味を組み立てるものです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

素早い!

今朝、JR五反田駅に貼ってありました。
このサイズのプリンタを持っているんですね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

まぐろ・かつお歳末謝恩セール

これも年末の買出し情報です。
ただし、築地ではありません。

暮れの風物詩ということで、テレビニュース
等にも登場するのでご存知の人も多いと思い
ますが、「日かつ連」の「まぐろ・かつお歳末
謝恩セール」
が29,30日に行われます。

カツオ、マグロだけではなく正月用の魚介類も
色々と出るそうです。昔はうちの親が毎年の
ように行ってタラバガニを買ってきていました。

場所は九段で靖国神社の裏になります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

年末築地買出し情報の情報

築地の魚河岸関連のブログというとここでは
鈴与の若旦那のブログをよく紹介していますが、
実は他にもあります。

それは、魚屋の映画日記というブログです。
名前の通りメインは映画に関する内容なの
ですが、たまに「本日の一匹 一魚一会」と
いうエントリーがあって魚の話が書いて
あります。

そして、今は年末ということで、
「歳末築地大冒険」
という特集エントリーがあります。

年末は築地で買出しだぁ!
と考えている人には参考になると思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BSEとトレーサビリティ

トレーサビリティという言葉をご存知
でしょうか? 普通の人にとっては一番
身近なのは食品のトレーサビリティだと
思います。

大雑把に言うと、食品がどこでとれてどの
ような経路を通ったかを消費者が知ることが
できるかどうかという意味です。

ちなみに、食品でなくても工業製品等でも
どの工場でいつどんな部品を使って作られた
かを把握可能かどうかという意味でもトレーサ
ビリティという言葉が使われます。


さて、すでに話題としては旬が過ぎたかも
しれない米国からの牛肉輸入ですが、実際に
輸入牛肉が出回るのはこれからです。

そして、これから牛肉を購入する場合には
それがどこで生産されたかが気になります。
すなわち、トレーサビリティが重要になって
きます。


では、ここで久々のブログ検索をしてみましょう。

gooのブログ検索を使って過去一ヶ月の
プログ記事を調べてみました。
 「牛肉 輸入」を含むものは2,933件。
 「牛肉 輸入 トレーサビリティ」を含むものは7件。
という結果でした。

うーん、トレーサビリティという言葉はまだまだ
一般的ではないんですねぇ。

ついでにBSEでも調べてみましたが、
 「BSE」を含むものは1,557件。
 「BSE トレーサビリティ」を含むものは17件。

どうやらBSEというちょっと専門的な用語を
使う人の方がトレーサビリティという言葉を
使う傾向は若干高いようです。


いずれにせよトレーサビリティという言葉は
一般にはまだあまり使われてはいないようです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

「反社会学の不埒な研究報告」

パオロ・マッツァリーノ 著
二見書房
ISBN4-576-05171-7
1,500円

パオロ・マッツァリーノ氏の「反社会学講座」に続く
第二作です。

念のために書いておくと「反社会 学」
ではなく「反 社会学」です。

第一作の「反社会学講座」は世の中で
当たり前のように語られていることの
胡散臭さをコミカルに指摘した、面白くて
インパクトのある本でした。著者のwebでも
大半を読むことができます。ご存じない
方は是非読んでみてください。

「つまらない学問は罪である」と主張する
著者ですから、この第二作となる「反社会学の
不埒な研究報告」も面白く仕上げてあります。
そして面白いだけでなく学問の世界にも
インパクトを与える内容になっています。

何が面白いって、なんと言ってもその
語り口です。リズム感がありスラスラと
読み進むことができます。しかし、それ
だけではありません。所々に埋め込まれた
皮肉がいいアクセントになり、脳に刺激を
与えてくれます。

こういう本、私は大好きです。


ところで、第一作との比較ですが、残念
ながら第一作を超えるような内容では
ないため、若干インパクトが薄れています。
続編として読んで面白いことは面白いの
ですが、第一作のインパクトが強すぎて
しまったのでしょう。

勿論、著者は鋭い人なので第二作では
第一作にない何かを入れる必要性は
認識しており、新しい要素も入れています。

小さいところでは、出だしの章から対話
形式になっています。従来が漫談だったのに
対してこちらは漫才です。

そして大きなところとしては、なんと最後の
章を小説にしてしまっています。

この小説、得意の皮肉が効いておりそれなりに
面白いのですが、この著者の持ち味の一つである
データを使って鋭く切るという点が霞んでいるのが
残念なところです。


まとめると・・・なんだかんだ言っても面白い本です。
なんて乱暴なまとめかたでしょう(^^;

amazon.co.jpのページへ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ア・ラ・カンパーニュ@目黒のケーキ

新装となった目黒駅ビルに入った洋菓子屋さん
ア・ラ・カンパーニュのケーキを買ってみました。

右がタルト・オ・バナーヌ450円。
左が・・・失念(^^; 500円。

ちょっと高いですが、サイズが大きめ
なので妥当な値段かもしれません。

この大きさだと味の方は割りと単純、
すなわち私の好みではないような・・・
ということで、買ったのは2個だけです。

さて、実際に食べて見ると・・・
予想した通りに大味でした。
ユーハイムをちょっと高級にした感じかなぁ。

ということで、ここで生ケーキを買うのは
これが最初で最後になりそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ