goo

栃木県のお米

お米をいただきました。



うーん、栃木産・・・自分では買わないなぁ。

大田原市紫塚ってどの位汚染されているんでしょう?
と、調べてみると。


(群馬大学早川教授の汚染地図を加工しました。)

うーん、微妙な場所ですねぇ。

こうなったら測ってみるか?と言っても食品を測る測定器なんて
どえらく高価なので自分では買えません。

しかし、需要があれば供給もあるということで、測定サービスを
する会社がいくつもあります。そんな中で安くて信頼できそうな
ところ、ということで「食品・土壌 放射能測定サービス」にお願い
しました。料金は検出限界が10Bq/kgなら2800円、5Bq/kgでも
4980円です。さらに50% OFFクーポンが使えたので今回は5Bq/kgを
選択しまた。

さて、発注するとこのような箱が送られてきます。



中には試料を入れる容器と返送用の伝票が入っています。
(返送の送料はこちらもちです。)



で、これにお米を詰めます。



850g入りました。

そして送られて来た結果がこちら。



Cs134がかろうじて定量されていますが、Cs137は検出されす。
とは言えスペクトルを見るとCs137のピークも僅かに見える
ような気もします。

まぁいずれにせよ5Bq/kg以下でしょう。Cs134の数値もこの
程度の値だと精度は低いと思った方が良さそうです。

ということで0ベクレルを求める人にはNGなお米ですが、
一般的には気にしなくて良いレベルのようです。

ちなみに、このお米、精米度がやや低い上に糠が結構
混じっていました。



左が今回のお米、右が普通の白米です。
セシウムは米自体より糠にたまり易いらしいので、良く
研げば更にセシウムは減ることでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ケータイが・... レインボーマン »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。