Reverse

一応、秘密の…ホミンのお話置き場です。

ホミンだけ。ホミンの幸せが最上の幸せです。

今日は何の日。ホットケーキの日編

2017-01-25 | ケーキ屋さん



「ユノ様っ!」
「どうした、チャンミン」


いつものように、勢いよく飛び込んでくるチャンミンを受け止めながら、苦笑いを浮かべる。

店先から聞こえた鳥の声に、こうなる事は予想出来た。

何度、同じような事を繰り返しても…チャンミンの反応は初々しい。緩む口元を自覚しながら、問いかけてみた。



「また鳥から何かを聞いたのか?」
「まだ聞いてません!」
「聞いていないなら、何があった?」
「お手紙です!」
「え?」
「キュちゃんがお手紙を持ってきました!」
「…手紙?」


チャンミンがハッとして手を差し出す。握り締められていたのは、小さく折り畳まれた紙。首を傾げていると煩い鳥がやって来て、賑やかに騒ぎ出す。




「それ!注文書!」
「注文書?」
「まあ、読んでみて!」
「……」


胸元へしがみつくチャンミンが興味津々な眼差しを向けるから。仕方なく、鳥の言う事を聞く。


開いた紙には可愛らしい文字が連なっている。最初に見えたのは…ホットケーキの文字だ。


「…ホットケーキの注文なんて、受け付けてない」
「まあ、良いから、続きを読んで!あっ、チャンミンにも分かるように、声を上げて読んで!」

「……」

「ユノ様!僕もお手紙、聞きたいです!!」

「…そうか?」


チャンミンのお強請りなら、応えるだけ。続きを読み進める。


「…トッピングはクリームたっぷりでチョコソースに、てっぺんにはおっきな苺。追加が可能なら、クリームにも苺を。可愛いピンクのクリームにアーモンドスライスと…。

バナナとチョコレートソースの組合せも捨てがたい…

って、何だ、これは…」


最後まで読み上げてから、鳥に視線を向ける。



「だから、それ、作って!ボクのファンの兎ちゃんに持っていくから!」
「は?」
「いつも遊んでくれる兎ちゃん、今日がホットケーキの日だって言ったらさ。食べたいなって、話になって!美味しいホットケーキの店を知らないかって言われたから、ここを紹介した!」
「だから、うちは…」


ホットケーキを商品として扱っていない。勝手に注文を受けてくるなと言うつもりだった。

けれど、鳥は器用に羽根を動かし、合図を送る。

その先にあるのは…



「ユノ様っ!」

「チャンミン…」

「僕もホットケーキ、食べたいです!」
「……」

「あっ、そうじゃなくて…注文なら、喜んで用意したいです!」



ハッとして、本音を訂正し、はにかみながらの…キラキラ眩しい瞳を見てしまえば…断る選択肢は打ち消される。



「チャンミンはバナナと苺と…クリームとアーモンドで良いのか?」
「えっ!?僕のもありますか!」
「そこの鳥。トッピングは何が良いんだ」
「ボクはくるみとピーカンナッツ!」




まんまと鳥の策略に嵌まった。けれど、チャンミンの笑顔が見られるから。俺は笑いながら、注文品とチャンミンの為の特製ホットケーキの準備を始めていた。















ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は何の日。ケーキの日編 | トップ | ホットケーキの続き »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ケーキ屋さん」カテゴリの最新記事