Reverse

一応、秘密の…ホミンのお話置き場です。

ホミンだけ。ホミンの幸せが最上の幸せです。

ホットケーキの続き

2017-01-25 | ケーキ屋さん







卵に砂糖に小麦粉にバター。さっくりと合わせた生地を熱したフライパンに落とす。



「うわ!」
「どうした、チャンミン」
「ユノ様!もう美味しそうです!」
「まだ少しも焼けてないのにか?」
「はい!」


かなり気の早いチャンミンは、お皿を手にし、待ち構える。


「チャンミン。ふわふわに焼くには弱火で時間をかけないと駄目だ。お皿は置いて…苺のヘタを取ってくれるか?」
「はい!ユノ様!」


チャンミンは大きく頷いて、お皿を台に置いていた。

言い付け通りに苺を並べ、ヘタを取る間にも。チャンミンはちらちらと視線を向けてくる。

それはアーモンドを取り出す時も、くるみやナッツを刻む時も。

何をしていても、フライパンの中身が気になるようだ。





「ユノ様!甘い香りがしてきましたよ!もうひっくり返しますか!」
「ああ、そうだな」
「ユノ様!傍で見ても良いですか!」
「ああ」



返事を喜ぶチャンミンは、ペタリと背中にくっつく。そんな位置での観察は…身動き取れず、問題な気もした。

でも、そんな事はないと…幸福感に包まれながら、ホットケーキにフライ返しを差し込んだ。




「うわっ!」


無事に返ったホットケーキを見て、チャンミンが嬉々とした声を上げる。



「ユノ様、美味しそうな焼き色です!」
「ああ、そうだな」
「ユノ様っ!ふわふわです!」
「もう少しだからな。焦るのは駄目だ」 
「ああっ。ユノ様!早く食べたいですっ!」

 

芳ばしく漂う甘い香りと、均一についた綺麗な焼き目に夢中で、注文品の事はすっかり忘れたのか。チャンミンは、背中に張りついたまま、短い声を洩らしてばかりいた。








 




ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は何の日。ホットケーキ... | トップ | ホットケーキ編の続きの続き »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ケーキ屋さん」カテゴリの最新記事