Reverse

一応、秘密の…ホミンのお話置き場です。

ホミンだけ。ホミンの幸せが最上の幸せです。

七夕 7

2017-07-10 | 七夕



「そうですよね。仕事は楽しいですけれど、そればかりでは…」



チャンミンは言葉を返しながら、時折、目を伏せ、はにかむ。緊張感と恥じらいと、分かり易い好意を見せてくれるからか?

いじらしさに心を揺さぶられ…思わず、手を延ばしたくなる。





「あ、あの!」


「どうしました?」


突然、張り上げられた声は何を意味するのだろう。

まだ待てと…薄れがちな自制心を戒める為か?

妙な動揺は奥へと隠して、笑顔を取り繕う。






「ユノは…今までに…恋をした事はありますか?」

「…え?」

「僕は今まで、人に興味を持った事はありませんでした。でも…ユノの事は違います。もっと知りたくて堪りません…」

「……」

「…もう夫婦になると決まっていますが…僕は今、ユノに恋をしています。だから…」


消え入りそうな告白を聞いてしまった。心を強く揺さぶられる。何もしないでいるのは無理だ…。

途切れてしまった言葉の続きを期待して、自身の気持ちを解き放つ。




「俺も同じです」

「…え?」

「生まれて初めての恋を…今、この瞬間にも…しています」

「……」

「どう言った手順を踏むのが正しいのか、俺には分かりません。だから、無礼を働いても…お許し下さい」

「あ…」



抱き合うだけでは、満足出来ない。無理に引き寄せ、華奢な身体を腕に閉じこめて…自由を奪う。

手のひらを頬に添えてから、滑らせた指先で顎を上げる。




「…ユノ」


「…チャンミン…」



互いの名前を囁き。同時に目を閉じる。

躊躇いを乗り越え、温もりを重ねた瞬間。


甘美な幸せが…至る所へ広がった。











ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 七夕 6 | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

七夕」カテゴリの最新記事