サックスとかドラムとかバイクとか

趣味のことをゆるゆると。レビューはあくまで個人的な意見です。気に触ることがあったらすみません。見逃して下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バリトンサックス Bambu Ligature バンブーリガチャー

2017-06-21 19:37:35 | 楽器小物レビュー
今回、バリトンサックスのために、新しくリガチャーを入手した。

バリトンを手に入れてから約半年、ずっと付属のマウスピースとリガチャーを使ってきた。
約半年、ほぼ毎日吹いていたのだか、先月、メンテナンスを受けた時に、マウスピースの買い替えを勧められた。どうやら、付属のマウスピースはかなり変わった形状をしていて、音の表現力が無く、自由がきかないものだったらしい。
で、セルマーのマウスピースを入手したのだが、これが、付属品より若干細かった。
結果、リガチャーが目一杯締めても緩いという状態になってしまったのだ。
付属のリガチャーは、約半年の使用で伸びてしまったらしい。

で、リガチャーを探してみたのだが、バリトン用で在庫ありのものとなると、地元で入手するのはほとんど不可能な状態。ホントなら試奏して選びたいのに。
それでなくても、バリトン用となると、マウスピースもリガチャーも選択肢が極端に少ない。
で、通販となるのだか、ネットでのバリトンでの評価記事(できれば個人の評価で、企業が絡んでない記事)を探しても、バリトンがいかにマイナーな存在なのかを再確認させられるだけ。

仕方がないので、お手軽な金額で、いろいろなマウスピースに適合できるといことで、バンブーリガチャーを通販で買ってみた。失敗してもギリ、諦められる金額だった。



黒いサックスには赤だよね!

ということで、現在のセッティングは、
・カイルベルト、シャドウのバリトンサックス
・セルマーの80D
・バンブーリガチャー
・ヴァンドーレンのリード3
・サックスホルダーのストラップ
である。

バンブーリガチャーの入手前に気になっていたのが、演奏中にヒモが緩まないのか? だったがまったく心配なかった。
最初のころは装着に手間取ったが、装着の方法を『ヒモを締めて固定』から、『ヒモは固定で、リガチャー本体ごと押し込むようにリードを固定』としたら、随分と楽になった。
ヒモ自体、なかなか緩まないので一度大きさを決めてしまえば、しばらくは装着に時間を取られることはなく、すぐに演奏できる。

演奏の感想としては、もともと使っていたリガチャーが金属製の安物だったので、比較しても意味が無いような気がするが、まず気付いたのか、楽に出せる音域が広くなったということ。
それによって、使えるリードの数が増えた。
また、未だ新しいマウスピースに慣れてないこともあると思うが、高音の、特にパームキーを使う音が、細くなったと思う。
高音の出方はしばらくの間様子見だな。
ただ、低音については元のリガチャーより迫力が増して、吹いていて気持ちが良い。

総じての評価としては………買って良かった。

将来的には、メタルのマウスピースにするつもりなので、セルマーのマウスピースと共に、それまでのつなぎと軽く考えていたが、このセッティングでも結構気に入っている現在であった。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サックスストラップ Jazzlab ... | トップ | BULLSEYE フルートヘッドバラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

楽器小物レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL