サックスとかドラムとかバイクとか

趣味のことをゆるゆると。レビューはあくまで個人的な意見です。気に触ることがあったらすみません。見逃して下さい。

サックスストラップ Jazzlab saXholder

2017-06-18 16:19:09 | 楽器小物レビュー
この数ヶ月はバリトンサックスを中心に練習している。
練習は1日に2時間くらいなのだが、ストラップで悩んでいた。
これまで持っていたバードストラップやブレステイキングでは、首の耳の下あたりが圧迫されて、練習中に貧血を起こしたような状態になってしまっていた。

そこで、BGのショルダータイプS02Mを使ってみた。

これで、首の圧迫は無くなったが楽器の安定感が悪く、右手親指の負担が大きくなって辛い。

いろいろ試してみたが、先日、JazzlabのsaXholderを使っている人がいて借りてみたところ………ビックリした。
重量のあるバリトンサックス、さらにはカイルベルトのシャドーという、特別に重い楽器が、まるで、アルトサックスのように軽く感じたのだ‼︎
これは良い‼︎ と、早速手に入れた。


で、しばらく使ってみた感想を。

とにかく、サックスの重さを感じないのは良い。
ただ、自分の身体にフィットさせるのが難しい。
肩に当たるアームを身体に合わせて曲げるが、かなり力が必要となるし、かなりの時間、試行錯誤を行う必要がある。

もう一つ、問題がある。
私の体型が、前後に厚い(太い)ため、肩のアームの長さが足りない。
よって、アゴ下の余裕が少なく、下を向くとアゴがストラップに当たってしまうのだ。
これでは、演奏中の身体の自由がかなり拘束されるし、なによりカッコ悪い。

総評。
自主練での使用には問題なし。
人前での使用はちょっと考えてしまう。

以上、久しぶりの更新でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« J.KEILWERTH SX90R SHADOW バ... | トップ | バリトンサックス Bambu Liga... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。