ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

多少暑くても空いてるところが良い

2017年07月17日 09時24分22秒 | 山とか壁を登る

 365連休の男にとって世間の連休なんて関係ないと思われるかもしれないけどそうでもない。暑いから涼しい岩場に行きたいと誰もが思うところ。だけど好天の3連休に小川山になんて行ったら門前払いくらいそうだし、もっと涼しいカサメリだと車を林道脇に駐めるはめになりそう。

 ならばちと暑いけど近所で登ることにした。1日目は市内の標高800mくらいの岩場。風が通って比較的涼しいエリアで何もしなければ汗は出ない。気温は27℃くらいかな。登ったのはヘルメットかぶろうかなってきっかけになったルート。だけど登ると汗は出るし指がふやける。再び皮が剥けないように気をつけた。


岩が脆いので2本目にプリクリックして登った


 2日目は隣町にある標高が1000mちょいで沢にある更に涼しいところ。岩場に行ったらちょっと下で都会の人が水遊びしてたけど直ぐに居なくなった。帰りに沢の水で手を洗ったけど水は凄く冷たかった。水遊びするには冷たすぎ。それでもこの高さでは蚊は出てくるし登ればそれなりに汗は出る。やはり今の時期は標高1500mくらいの所が良いなぁ。


木陰で沢があるので休んでると涼しい


 帰りにヨメは足を伸ばしてランを見たいと言い出した。ま、3日目の今日はヨメは仕事なのでのんびり出来るからいっかと遠回り。さすがに標高が2000mを超えると車の温度計は20℃を割って19℃になっていた。ランが咲いてる所に行くと今年は今までで一番株が多かった。増えたのかな。


ラン@標高2100m

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛みの原因は関節包か?@足指 | トップ | 白内障対策にサングラス@晴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む