ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

背が高くない背高泡立草(セイタカアワダチソウ)

2016年10月20日 08時36分39秒 | 植物

 ボッケ集落の空き地の一角に毎年この花が咲く。去年と今年は数が少ないのは草刈りの回数が多かったからかも。




 この花を近くで見てアキノキリンソウみたいだなと思ったが実際キク科のアキノキリンソウ属だった。ただ花の密度はこちらのがずっと高い。




 もう秋だから花には何も居ないのかと思ったらハチ、アブ、コガネムシ、ハエなどが何匹も居た。昨日は今頃にしては暖かかったからかな。洗濯物を取り込み忘れて夕方入れたけど冷たくなかったくらいの陽気だった。


春か夏のような賑やかさ



花を覗くとハチだらけ


 ハチは背中に黄色い丸が2つある分かり易い特徴を持つフタモンアシナガバチ。それが何匹も居た。もうアシナガバチの巣は何処も空き家だけにこんなに居るとは意外。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無駄に厳しい世界@農業 | トップ | 自転車で回りたい@松本市街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む