ボッケニャンドリの思ったこと

思ったこと感じたことを書いているけど間違い、勘違い、思い込みも(^^;

今更だけど仕切り直し@足の親指

2017年03月13日 09時16分39秒 | 健康

 元々の病名は粘液嚢腫だったけど骨髄炎で2ヶ月入院。指切断にはならなかったけど指先の骨、末節骨の根本がボロボロになりかけたのでその部分を削ったりした。退院してもうじき1年になる。退院当時、痛みは残るかもしれないと医師に言われたがそれが具体的にどういう痛みなのか聞きそびれた。聞いたところで色々な可能性を曖昧に並べられるだけだと思ったからだ。

 医師と話す度に思う。こちらの聞きたいことを聞きそびれたり、医師の予想外の言葉に面食らってる間に話が先に進む。そして会話が途切れると診察はお終い。もう少し時間を割いて欲しいけど中々そうも行かなそう。

 今になって思ったけど何故リハビリしなかったんだろ。最初の担当医は菌が骨髄から全身を回るのにビビッて身体を動かさない治療方針にした。なので切った部分の癒着も多かったと思われる。担当医が変わり治療方針も変わった。今度はなるべく動け。お陰で退院する頃にはまぁまぁ歩けるようになった。それだけにリハビリは必要無いと判断されたのか、それともたかが親指と軽視されたのか。

 だけどいまだに痛みが残ってるのは癒着のせいじゃなかろうか。図の赤で囲んだ辺り痛む。不思議なのは甲側の筋が痛いということ。というわけで今月初めくらいから遅ればせながら肘の時のリハビリと似たような事をやりだした。足指は肘の関節ほど色々な動きは無いのでただ曲げたり伸ばしたりだけ。どうなるか分からないけど何か変わるかもしれないという淡い期待。


甲側の筋が痛い理由が分からない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逆走も身近なり | トップ | 公共料金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事